FC2ブログ

愛しの卵かけごはんと納豆 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男がいない平日は、「卵かけごはん、納豆」が私の朝食になることが多いです。
私の楽しみになっています。



長男も次男も「ヌルッ!」としたところが苦手らしく卵かけごはんを好みません。
それでも、旅行に行くと、周囲に合わせて朝食に卵かけごはんを食べるようです。

ふたりは、納豆も食べません。

関西で納豆が今ほどに食べられるようになったのは、いつのころからだったか。。。
学校給食にチューブに入った納豆がでるようになってからだと思います。


私が小学生のころは、今ほど食べられていなかったと思います。
昭和ヒトケタ生まれの父が、関東の大学に進学して初めて納豆を下宿先で出されて驚愕したそうです。
でも、父はその後も納豆を食べるようになって私達と同じ食卓でもときどき納豆を食べていました。

そのころに市販されていた納豆は。今よりもっと臭っていたと思います。
私は食べませんでした。

今、私は、昔よりも食べやすくなった納豆を美味しいと思って食べています。
長男、次男がいない朝に食べています。








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:愛しの卵かけごはんと納豆(11/18)

関西の方は、納豆が苦手だと、この間もテレビのワイドショーで言っていました。

狭い日本でも、場所によって、嗜好に差があるんですね。

海外暮らしには、困らないでいいと思いますけど、日本食の定番、やっぱり食卓にないと、長男は箸が進まないと思います。^^

Re:愛しの卵かけごはんと納豆(11/18)

私は、納豆を体が受け付けません。。。
何度かチャレンジしましたが、腐ってる!と
体が反応してしましまいます。

妻は、北海道出身で東側なので納豆大好きです!
(昨日も食べてました)

mamaさん。
ご飯にバターのせて食べれます!?(醤油を垂らしますが)
これ、北海道の定番らしいけれど妻は食べません。
でも、私は子供のころから食べてました。

世の中、わからんものです(笑

Re[1]:愛しの卵かけごはんと納豆(11/18)

milkyway.さん


地域差、個人差がありますね。(^_^)

息子達は全く納豆がアウト!です。



>関西の方は、納豆が苦手だと、この間もテレビのワイドショーで言っていました。

>狭い日本でも、場所によって、嗜好に差があるんですね。

>海外暮らしには、困らないでいいと思いますけど、日本食の定番、やっぱり食卓にないと、長男は箸が進まないと思います。^^
-----

Re[1]:愛しの卵かけごはんと納豆(11/18)

superiocityさん

たぶん、あなたが正統な関西人です。(^.^)/~~~

しょうゆ、バターですか。
ナカナカ衝撃的ですな。(;一_一)




>私は、納豆を体が受け付けません。。。
>何度かチャレンジしましたが、腐ってる!と
>体が反応してしましまいます。

>妻は、北海道出身で東側なので納豆大好きです!
>(昨日も食べてました)

>mamaさん。
>ご飯にバターのせて食べれます!?(醤油を垂らしますが)
>これ、北海道の定番らしいけれど妻は食べません。
>でも、私は子供のころから食べてました。

>世の中、わからんものです(笑
-----
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR