FC2ブログ

府立支援学校・高等支援学校4校の整備事業進行状況 「障害児の親として(10946)」

「泉北・泉南地域新校」13年度末完成

「北河内地域新校」14年度末完成

「豊能・三島地域新校」12年度末完成

「中河内・南河内地域新校」14年度末完成


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

寄宿舎廃止をセットでやらないと駄目

うちの県(三重)も私が養護学校(当時)に入学した1990年は7校で私の住む地域(県北部)には肢体不自由の養護学校(現・特別支援学校)は無く寄宿舎に入っていたんですが卒業後どんどん増え20年後の現在県立だけで15校
当時は無かった私の地区の肢体不自由支援校も卒業の翌年に完成し1998年に「空白区」は離島を除いて解消したんですが同時に問題化したのが「遺産」になった寄宿舎をどうするか?というのも15校中5校に設置されているんですが
盲、聾及び離島が学区に入っている3校を除き、残り2校は設置目的の「通学困難地域」が解消されてるので国の事業仕分け以上に「廃止が妥当」なんですが、多分全国的な問題ですが、新設や改修にもお金が掛るんだから通学困難地域が解消された支援校の寄宿舎は建物ごと売却するなりして改修費を確保するとか「新設時は寄宿舎廃止とセット」にしないと
要らん寄宿舎を維持したままの新設は我々が「無駄使い」をしてると言われても反論できなくなります。

Re:寄宿舎廃止をセットでやらないと駄目(04/27)

諸Qさん

寄宿舎・・・・・というのが、こちらではないので、なんとも理解しずらいものがあります。
次男の卒業した特別支援学校はスクールバスがありませんでした。他の学校も、スクールバスか、自力通学していると思います。

必要なくなったものは、他者から指摘される前に廃止しなくてはなりません。無駄は減らさないと、本当に必要な支援をお願いしたときに、取り上げてもらえませんよね。

>うちの県(三重)も私が養護学校(当時)に入学した1990年は7校で私の住む地域(県北部)には肢体不自由の養護学校(現・特別支援学校)は無く寄宿舎に入っていたんですが卒業後どんどん増え20年後の現在県立だけで15校
>当時は無かった私の地区の肢体不自由支援校も卒業の翌年に完成し1998年に「空白区」は離島を除いて解消したんですが同時に問題化したのが「遺産」になった寄宿舎をどうするか?というのも15校中5校に設置されているんですが
>盲、聾及び離島が学区に入っている3校を除き、残り2校は設置目的の「通学困難地域」が解消されてるので国の事業仕分け以上に「廃止が妥当」なんですが、多分全国的な問題ですが、新設や改修にもお金が掛るんだから通学困難地域が解消された支援校の寄宿舎は建物ごと売却するなりして改修費を確保するとか「新設時は寄宿舎廃止とセット」にしないと
>要らん寄宿舎を維持したままの新設は我々が「無駄使い」をしてると言われても反論できなくなります。
-----

大阪の場合理想的

はい大阪についても調べさせて頂いたんですが大阪市立、府立合わせ特別支援校39校中寄宿舎があるのは区域細分化が無い盲、聾合わせ3校、つまり学区制の肢体、知的障害の特別支援校は「寄宿舎無し」なんです。
最後に残っていた旧・大阪市立貝塚養護(貝塚市)(現在は光陽特別支援と統合)も08年度一杯で閉鎖になりましたが実はこれが理想形だと思います。

つまり通学区域が広域の盲、聾は残し寄宿舎職員配置
一方通学困難地域が解消した「無駄な寄宿舎は廃止」し保育所等別用途の含め有効利用の道を探るべきであり大阪を各自治体が手本にすべきです。

Re:大阪の場合理想的(04/27)

諸Qさん

大阪にも、よいところがあってよかったです。(>_<)


>はい大阪についても調べさせて頂いたんですが大阪市立、府立合わせ特別支援校39校中寄宿舎があるのは区域細分化が無い盲、聾合わせ3校、つまり学区制の肢体、知的障害の特別支援校は「寄宿舎無し」なんです。
>最後に残っていた旧・大阪市立貝塚養護(貝塚市)(現在は光陽特別支援と統合)も08年度一杯で閉鎖になりましたが実はこれが理想形だと思います。

>つまり通学区域が広域の盲、聾は残し寄宿舎職員配置
>一方通学困難地域が解消した「無駄な寄宿舎は廃止」し保育所等別用途の含め有効利用の道を探るべきであり大阪を各自治体が手本にすべきです。
-----

Re:府立支援学校・高等支援学校4校の整備事業進行状況(04/27)

コアな専門紙ですね(苦笑

私が営業活動している商品も建設ドップリですから
箱モノのニュースが大きく取り上げられるのは
理解できますが・・・・。

泉北地区にH13年ですかぁ。
タクマの進学選択肢が一つ増えました。
有りがたい事です。

また、嬉しいニュースをありがとうございます!!

Re[1]:府立支援学校・高等支援学校4校の整備事業進行状況(04/27)

superiocityさん

学校が作られると、いわゆる箱モノですから、それによって仕事が発生します。業界は聞き耳を立てます。税金もたくさん使われますから。それなりに保護者側も身を引き締めなければならないと思います。スクールバスの停留所で待つ保護者がたばこをポイ捨てする風景とか、つまらないところで批判を浴びてほしくないです。


>コアな専門紙ですね(苦笑

>私が営業活動している商品も建設ドップリですから
>箱モノのニュースが大きく取り上げられるのは
>理解できますが・・・・。

>泉北地区にH13年ですかぁ。
>タクマの進学選択肢が一つ増えました。
>有りがたい事です。

>また、嬉しいニュースをありがとうございます!!
-----

SBの停留所の件

そんな事する人が居るんですか

スクールバス(SB)の利用の仕方は都道府県によって事なるでしょうがうちの県の場合SBの路線(停留所)は民間のバス路線やコミニティバスの停留所をそのまま使う為
商店の前とか役所の前とかに設定されていてゴミ箱も有るんでそういうことはまずないけどバリアフリー化されてない停留所が多数でうちの最寄のとこなんかきつい傾斜が掛ってますから・・・

Re:SBの停留所の件(04/27)

諸Qさん

社会全体に余裕がないので誰でもがいら立っていますから、障害者やその家族を見る目は厳しくなっていると思います。
次男を優しい目で見ている人達ばかりではないはずです。毎日を祈るような気持ちで送りだします。

>そんな事する人が居るんですか

>スクールバス(SB)の利用の仕方は都道府県によって事なるでしょうがうちの県の場合SBの路線(停留所)は民間のバス路線やコミニティバスの停留所をそのまま使う為
>商店の前とか役所の前とかに設定されていてゴミ箱も有るんでそういうことはまずないけどバリアフリー化されてない停留所が多数でうちの最寄のとこなんかきつい傾斜が掛ってますから・・・
-----
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR