FC2ブログ

雨だけど、持って行ってくれるかな。。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今朝は雨です。
雨だけど、次男に事務所に持って行ってほしいものがあります。
次男の新居で使うひげそり用のT字型剃刀です。
自宅で使っているものと同型を買ってきました。
これだと慣れていますし、替刃も次男が自分で取り替えています。

もっとも、他のものでも同じような構造なのでしょう。
たまたま、それを買っただけで、他のものを買っていれば、それになったのだと思います。

新しいアンダーパンツ、シャツ、靴下も持って行ってもらいます。
でも、これからは、サポーターさんの判断でもっと「若者らしいもの」に挑戦してもらってもいいのです。

なにせ、オバサンはオバアサンになるのです。
次男には、次男に年齢の近いアドバイサー、サポーターが必要なのです。



知的障害者が年齢よりもかけ離れて老けて見えるのは残念です。
外見とは不釣り合いな可愛い格好をしているのも残念です。


次男のプールセットの腰巻タオルには、「くまのプーさん」の模様のものがあります。
あれは、お母さんがもらいましょう。(~_~;)
トドがプールに行く時に使います。

次男くんには、もっとカッコイイものを新しく買って持たせましょう。








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:雨だけど、持って行ってくれるかな。。(04/22)

次男君の様子は如何ですか?

長男は、週一回の宿泊施設での体験を楽しみにしている毎日です。

夫は、まだまだ手放す用意がないみたいですけど、本人は至って健全な成長をしていて、精神的には既に自立しているようです。

後は、夫の子離れをどうしていくか。。

なんだか他の事に手を拱いています。

案外次男君も、一人での生活、楽しみにしているのかもしれませんね。

Re:雨だけど、持って行ってくれるかな。。(04/22)

次男さん、独立の準備をされているのですね。
すばらしいことです。
なかなか難しいことですが、何年も何十年も見据えて準備をして差し上げること、mamaさんも周囲の方もいろいろ努力してこられたのですね。

次男さんもその生活を楽しんで、おうちの時間も楽しんで、幸せに過ごしていけるようにと心から願います。

Re[1]:雨だけど、持って行ってくれるかな。。(04/22)

harmonica.さん

私はまだ、一言も説明していません。目で見ないと理解できないだろう。。。と思うので、新居に荷物を運びこんでから、月~木はここで生活する。。。と言ってもらおうかな。。と思っています。それでも次男はすでに、どこかに、「お泊り」にいくのだなぁ。。。と感じて、ニコニコして楽しみにしているようです。母。。。妙に賢いところがあります。(~_~;)


>次男君の様子は如何ですか?

>長男は、週一回の宿泊施設での体験を楽しみにしている毎日です。

>夫は、まだまだ手放す用意がないみたいですけど、本人は至って健全な成長をしていて、精神的には既に自立しているようです。

>後は、夫の子離れをどうしていくか。。

>なんだか他の事に手を拱いています。

>案外次男君も、一人での生活、楽しみにしているのかもしれませんね。
-----

Re[1]:雨だけど、持って行ってくれるかな。。(04/22)

ドリカムハウス1106さん



とにかく、一歩踏み出します。
毎日に生活を重ねることで、見えてくる部分があると思います。本人よりもサポーターさん達の精神的負担が大きいと思います。見ているだけ。。。。の母は申し訳ない気持ちでいっぱいです。それでも、見ているだけ。。。。にします。


>次男さん、独立の準備をされているのですね。
>すばらしいことです。
>なかなか難しいことですが、何年も何十年も見据えて準備をして差し上げること、mamaさんも周囲の方もいろいろ努力してこられたのですね。

>次男さんもその生活を楽しんで、おうちの時間も楽しんで、幸せに過ごしていけるようにと心から願います。
-----
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR