FC2ブログ

あ!靴ひもが。。。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

靴ひもがほどけた次男です。




昨夜の男子フィギュアスケートのシーンを思い出して、「織田選手、不運でした。。」とあらためて思いました。

ソリに貼るべきステッカーを剥がしてしまっていて失格になった選手
重りを間違えて失格になった選手もいて、バンクーバーオリンピックは、選手本人やサポートする人達にしてみれば不運だったり、他国の競技者から言わせれば、「理解できない」という言葉になったりしている。

次男くん、いまだにチョウチョ結びが不完全です。
紐を左右ともに輪に持ってそれを結んでいますので、普通にするチョウチョ結びよりもほどけやすいのだと思います。

でも良いのです。
何度も結び直せばよいのですから。
このまま、一生、普通のチョウチョ結びができなくても、そんなに不都合とは思いません。
少なくとも、母は気になりません。(^-^)










スノーボーダーの服装の件は、税金を使って着させてもらっているユニホームは、一般的日本人ウケするスタイルで着こなすべきです。
若者には好印象かもしれませんが、しっかり税金を払ってオリンピック選手を派遣させてあげているのは、中年以降の日本人ですから、それを忘れないでください。
私服は本人の勝手流におしゃれしていいのです。

彼は、ちょっと勘違いしたのです。
よきアドバイサーがいれば避けられたミスです。

会見で、「ちっ!るっせーな。。。。反省してまーす。」が余計でした。
早くからプロ選手になっているなら尚のこと社会的には一人前のはずですからバッシングされるのは当然です。

彼のドレッドヘアーは汚らしく見えます。
なんだか、犬の○○○がついているみたい。(>_<)




ドレッドヘアーと言えば、
フランスのテニス選手で褐色の肌でドレッドヘアーのヤニック・ノア選手がいました。
彼はかっこよかった。
日本でも香水のコマーシャルに出演していたほどでした。

今は歌手として活躍中。
若いテニスプレーヤーを支援したり、二度結婚して各元妻はすっごい美人らしいし、娘はモデルさんとして、息子はアメリカでプロバスケットボール選手として活躍中だし、父として大満足でしょう。
ヤニック・ノアは、今もフランスで人気が高いそうです。

*前歯のスキッパを直してほしい。。。とずっと思っているのはわたしだけでしょうか。
余計なことでした。すいません。 (*_*)


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

味噌汁に・・・

揚げ麩。。。

お勧めです!!

Re:あ!靴ひもが。。。(02/20)

どのスポーツのファンというのではなくてもオリンピックはつい見てしまいますねえ。

どれも自分ではかけらもマネできない競技ばかりですから。

ジャンプがいい感じで予選通過。
女子フィギュアも楽しみ♪
カーリングではクリスタルジャパンがイギリスに圧勝でしたね。

公式のスーツは日本代表として着るものですから、きれいに正しく着て欲しいですね。



Re:味噌汁に・・・(02/20)

superiocityさん
揚げ麩!?

焼き麩ではなくて、揚げ麩!?
気をつけて、探してみます。
食べてみたいです。


>揚げ麩。。。

>お勧めです!!
-----

Re[1]:あ!靴ひもが。。。(02/20)

ドリカムハウス1106さん

勝負や記録は時の運ですよね。
出来れば、自己ベストで勝ったり、負けたりしてくれたら本人も満足できるかなぁぁ。。。

出場するまえに失格になるのは、残念すぎますよね。
(T_T)


>どのスポーツのファンというのではなくてもオリンピックはつい見てしまいますねえ。

>どれも自分ではかけらもマネできない競技ばかりですから。

>ジャンプがいい感じで予選通過。
>女子フィギュアも楽しみ♪
>カーリングではクリスタルジャパンがイギリスに圧勝でしたね。

>公式のスーツは日本代表として着るものですから、きれいに正しく着て欲しいですね。
-----
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR