FC2ブログ

映画メモ-パンズ・ラビリンス 「映画レビュー(4689)」

『パンズ・ラビリンス』(原題:El laberinto del fauno、英題:Pan's Labyrinth)


2006年のメキシコ・スペイン・アメリカ合作映画。
日本公開は2007年1

監督・脚本はギレルモ・デル・トロ。


「アーサーとミニモイの不思議な国」(2006年/フランス)のような可愛いファンタジーかと思ったら、大間違い。
どこまでも陰惨な暴力・殺人が繰り広げられ、PG-12指定はうなずける。
子供よりむしろ大人向けの寓話。




あらすじ
スペイン内戦で父親を亡くした少女オフェリアは、妊娠中の母親と共に母親の再婚相手であるヴィダル大尉に引き取られて森の中にある軍の砦に住む事になる。ヴィダルは独裁政権軍でレジスタンス掃討を指揮する冷酷で残忍な男。彼はもうすぐ生まれる自分の息子だけを欲しがり、オフェリアの事は疎ましく思っていた。妊娠中の妻の容態が悪化すれば、子どもを助けよと医師に命令する。母のお腹の中の弟に、「お母さんを苦しめないで出てきてね。」と懇願するオフェリア。

ある日、オフェリアは、昆虫の姿をした妖精に導かれ、自宅の庭の奥にある迷宮(ラビリンス)に入る。そこで半人半獣のパン(牧神)に出会う。パンによると、彼女は魔法の王国の王女の生まれ変わりで、満月の夜までに3つの試練を乗り越えれば本当の両親が待つ魔法の国に戻れるという。彼女はそれを信じ、3つの試練に立ち向かう…。




主人公オフェリアを可憐に健気に演じたのは当時13歳だったイバナ・バケロ。

「彼女にとってファンタジーの世界は現実逃避ではなく、現実と折り合いを付ける手段だったのです。周囲の女性を守ろうとした勇気ある女性。その強さをスクリーンに映らない部分まで表現するよう努力しました」と、インタービューに答えている。

なんという洞察力。


ハッピーエンドではない。

3つめの試練でのオフェリアの選択は、正しかった。
アンデルセンの人魚姫をハッピーエンドにしてしまうアメリカ人には理解できまい。

現実世界での結末には胸が締め付けられるが、選ばれるべき結末だった。
少しキリスト受難劇のような感じもして、キリスト教国で評価が高ったのではないだろうか。
仏教説話にも通じると感じるのは、「自己犠牲」という概念がいずれの宗教にもあるからだろう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR