FC2ブログ

もっとどようくらぶ、新しい靴、新しいジャケット 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男くん、「もっとどようくらぶ」に出かけました。

「もっとどようくらぶ」は一日のお出かけプログラムです。
「もっとどようくらぶ」のHPは、リンクフリーではないので、検索してみてくださいね。

今日は、「神戸市立須磨海浜水族園」に行くそうです。
ここは、次男の就学前に、母子通園施設に通所していたころに遠足に行きました。
長男の幼稚園の遠足でも行きました。

あのころは、光が見えなかったなぁぁぁ(T_T)
冗談ではなくて、毎日、泣いていたなぁぁぁ


今は、泣いてはいませんわ。
楽観はしませんが、泣いてはいません。


次男くん、昨日は、新しい靴を買いに行きました。
サポーターのお兄さんと、いつも行く大型量販店の前で待ち合わせしたそうです。


「待ち合わせ」ができただけで驚きですね。
待っている人と合流することはできても、次男が先に行って人を「待つ」ことができたとは、驚きでした。

サポーターのお兄さんは、母親よりも次男を良く知っていてくれて、段階ごとに引き上げてくれます。
本当にありがたいです。

次男は、先について、自分で「試し履き」をしていて、サポーターさんは、ビックリ!!
次男は、サポーターさんの気持ちを受けて、次男なりに”エイ!ヤッ”と何かを飛び越えたのだと思います。

これが、買ってきた靴。






サポーターのお兄さんの「お下がり」のジャケットを着て、イマドキの青年の出来上がり!!

イマドキの青年からいただく「お下がり」はいいですよ。
母親が選ぶ衣服は、安全圏を選んでしまうので、どうしても、「イマドキ」からずれてしまいます。
本当にありがたいです。

福祉の現場に携わってくれる若者が、結婚して、家庭を持って、子どもを育てていけるように、収入が高くなってほしいです。
介護者、支援者の生活が充実しないと、次男の未来はないです。









今日は、赤の日ですね。
靴下も赤にしていました。
次男なりの「おしゃれ」だと思います。(^-^)


次男くらいの人が「おしゃれ」するって、たいへんなことだと思います。


---------追記ーーーーーーーーーーーーー

聞き取り調査によると、

お昼ご飯:カレーうどん
おやつ:ポップコーン

お土産
ときめきの水族館(クッキー)580円
クッピーラムネ550円




レシートから、

ペットボトル 130円
フライドポテト 250円
ペットボトル 130円



ニコニコで帰ってきました。
本人からは、詳しいことは聞き出せませんが、楽しんできたことは連絡を受けています。


「どようくらぶ」はマンツーマン対応です。
「もっとどようくらぶ」はグループ対応です。

次男は、ちゃんとステップを踏んでいるので、問題なく楽しめるのだと思います。

「もっとどようくらぶ」での場面ではありませんが、リーダーさんや指導員さんを独占したくて仕方がない人が多々います。
幼児なら可愛いのですが、年齢は成人に達していて、身体は大きくなっているとたいへんです。
しがみつくように、まとわりついたり、いたずらを繰り返したり、他傷を繰り返したり。
自分に注意を向けてほしい、自分だけをかまってほしい。。。という訴えなのです。
訴える気持ちはわかるのですが、結果は、指導員、リーダー、他の利用者を疲弊させるばかりです。
そればかりか、自分の居場所を狭めるばかりです。


年齢が幼いうちに、身体の小さいうちに、タップリとマンツーマンでかまってあげてほしいです。
その次にグループ対応でも楽しめる人になってほしいです。
その次に、「グループで協力して仕事や、日常生活をできる人」になれたらいいなぁ。。。と思います。
でも、「力を合わせて、協力して」ということは、知的障害がない人でも、自閉症でない人でも難しいことなんですよね。
それが容易なことであれば、世の中はもっと平和で暮らし易いはずですよね。((+_+))
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:もっとどようくらぶ、新しい靴、新しいジャケット(12/26)

こんにちわ!
mamaさんの次男君に対する想いって
単なる母親の愛情だけでなく、自閉症でも
こうあるべき! って強い意志を感じるので
私のバイブルです(笑

でも、まだはがい締めは出来てません(笑

Re[1]:もっとどようくらぶ、新しい靴、新しいジャケット(12/26)

superiocityさん
>こんにちわ!
>mamaさんの次男君に対する想いって
>単なる母親の愛情だけでなく、自閉症でも
>こうあるべき! って強い意志を感じるので
>私のバイブルです(笑

恐れ多いことでございます。<m(__)m>



>でも、まだはがい締めは出来てません(笑
-----
必要ないのが一番いいですよ。(^-^)
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR