FC2ブログ

まったくの逆効果と思う。

民主党の小沢一郎幹事長は14日の記者会見で、永住外国人に地方参政権を付与する法案について「(党内に)賛否があるのは承知しているが、自分たちの政府が提案したことには賛成するのが普通だ」と述べ、反対の立場の党所属議員にも、採決の際は賛成を求める考えを示した。党議拘束を掛けるか否かは明言しなかった。



本来、永住外国人という言葉は、すべての外国からの出身の永住外国人を指すのだけれど、小沢氏の言う永住外国人は、特別永住者のことであろう


小沢氏は本当に、永住外国人の為を思っているのだろうか。

すべての永住外国人は、本当に永住外国人のまま参政権を得たいと思っているのだろうか。

帰化して、韓国名、中国名を名乗りつつ、参政権を行使している人も多数いるではないか。




小沢氏の行動は、まがりなりにも、微妙なバランス感覚のもとに、共生している、日系日本人、韓国系日本人、中国系日本人、在日韓国人、在日中国人の間に取り返しのつかないくらいの亀裂、断絶をもたらすのではないだろうか。


小沢氏の斟酌のない、人を人とも思わない恫喝、剛腕が、多くのいろいろ国籍の先輩たちが、慎重に、体温で温めるように作り上げてきた大切なものをガラガラと一気に破壊していくのではないだろうか。

永住外国人の中で、日本国内に住んでいても、外国人街に住み、外国人学校に進学して、外国系会社に就職して生活いる人は何%くらいいるのだろう。


そういう人達や、韓国に住む韓国人は、日本人社会に溶け込んで暮らしている人の生活を本当に気づかっているのだろうか。


息子たちが通った小学校では、40人弱の1クラスの中に、帰化している在日外国人(すでに日本人)、帰化していない外国人、本国名を名乗る人、日本名を名乗る人、さまざまのスタイルを含めて、3,4人の子どもたちが外国系であった。

特別、わけ隔ては感じなかった。
子どもたちは、国籍、人種で友を選ぶわけではない。


親の私も、好き、嫌いは国籍、人種ではなかった。

自閉症で知的障害のある次男をペットのようにナツカセタイと思ったが、次男がその娘を嫌って逃げたところ、「障害児はかまってもらえるだけでも感謝すべきよね。」と私に言った母親は、日本人だった。

国籍、人種と人間性は別ものだ。

私は今でもその母親が大嫌いだけれど、道で会えば、軽く頭を下げる。
わが子の為なら、下げたくない頭だって、何万回でも下げてみせる。


外国籍の人達だって、いろいろな想いを抱えて、グッとこらえて毎日の生活を積み重ねているに違いない。

それを、企業から献金させた莫大な金や警察官に守られた小沢氏が遠慮会釈なくかき乱していく。



小沢氏がいかにも悪役面で恫喝するたびに、

「参政権がほしかったら、帰化するわよ。ほっといてよ。」

と感じている人もいるのではないか。。。と思う。



共生を目指すなら、


日本国籍を有する=参政権を有する。
日本国籍を持たない=参政権を持たない。

二つに一つの選択しか許されないと思う。



共生とは易しいことではない。
易しいことではないという例は、たくさんある。



日本人の97%くらいが、こう思っているだろう。
yahoo知恵袋-民主党が外国人に参政権を与えようとしているのは何故なのですか?

いや、そう思う人を、小沢氏がドンドン増やしていると思う。
永住外国人に対する悪感情を呼び起こしていると思う。


どんどん感情も言葉も激しくなるだろう。


私が勤める会社には、1名だけ在日韓国人の男性がいる。
国籍は、日本か韓国か、あるいは北朝鮮なのか、知らない。
彼は、職場で小沢氏、民主党の話題がでるときに、居心地が悪くないだろうか。



小沢氏が、民主党が、「yahoo知恵袋」に述べられているようなことを、「日本人が大声で言わなければならない状況」を作ってしまって、何かが良くなるのだろうか。

ただ、ただ、騒然と反目を招くだけではないだろうか。


小沢氏を守護神のように、小沢チルドレンを親衛隊のように思ってたよりにしている人達もいるだろうが、まったくの逆効果と思う。

守護神ではなくて、疫病神ではないだろうか。
親衛隊ではなくて、紅衛兵ではないだろうか。

日本が瓦解していくように思う。
日本が日本でなくなるのかもしれない。

私は、次の選挙では、民主党、公明党に投票しない。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:まったくの逆効果と思う。(12/16)

全く同意見です。この法案が通り、私が中国政府なら、中国人を大量に日本に投入し、日本の中国化を図ります。日本を中国にしたいのかしらと思いたくなる小沢さんの言動です。

Re:まったくの逆効果と思う。(12/16)

同意見です。

そんなに「永住外国人」自身の意見が「地方参政権付与」に傾いてるとも思えないんですよね。
本気で永住資格者が欲しいと思ってんなら社会的影響力の有る永住者(例えば国民栄誉賞者でも有る王貞治さん、囲碁棋士の王立誠さん等が居ますがこ彼らはこういうキャンペーンには関わって無い

一方仰る様に社会的影響力の有る元・在日外国人が帰化し日本社会で活躍して「筋を通して」選挙権も行使している(例えばサッカーのラモス、あの蓮舫参院議員は日本人と結婚し帰化)ツルネン・マルテイ、白眞勲参院議員等身内にこんな有名な良き手本が居ながら
筋を通さずに地方参政権付与を言うのは
彼らは多分小沢氏に「馬鹿言うな!!」と本音では思ってんでしょうね。

バランス感覚

私は日本人の良識あるバランス感覚に期待します。

危険な方向に傾き過ぎると、また引き戻す感覚です。

私は金融のグローバル化にも危惧を感じていましたが、やはり世界恐慌に巻き込まれてしまいました。
でも、日本市場は難しい日本語のお陰で一種の鎖国状態であり、損害が少なかったというのです。
日本語を習得できない頭の悪い外国人から日本が守られます。

政治も、時々変な人が出てきますが、国民のバランス感覚で引き戻すことが出来ると思います。
日本人は優秀です。

Re[1]:まったくの逆効果と思う。(12/16)

akst237s5さん
>全く同意見です。この法案が通り、私が中国政府なら、中国人を大量に日本に投入し、日本の中国化を図ります。日本を中国にしたいのかしらと思いたくなる小沢さんの言動です。
-----
日本がチベットやウイグルのようになるのではないかと思います。
そうなったら、私達は先に死ぬけれど、息子達はどうなるでしょう。。
生存権はないですよ。

Re[1]:まったくの逆効果と思う。(12/16)

諸Qさん
>同意見です。

>そんなに「永住外国人」自身の意見が「地方参政権付与」に傾いてるとも思えないんですよね。
>本気で永住資格者が欲しいと思ってんなら社会的影響力の有る永住者(例えば国民栄誉賞者でも有る王貞治さん、囲碁棋士の王立誠さん等が居ますがこ彼らはこういうキャンペーンには関わって無い

>一方仰る様に社会的影響力の有る元・在日外国人が帰化し日本社会で活躍して「筋を通して」選挙権も行使している(例えばサッカーのラモス、あの蓮舫参院議員は日本人と結婚し帰化)ツルネン・マルテイ、白眞勲参院議員等身内にこんな有名な良き手本が居ながら
>筋を通さずに地方参政権付与を言うのは
>彼らは多分小沢氏に「馬鹿言うな!!」と本音では思ってんでしょうね。
-----
せっかく大事に育ててきたものを一気に壊されていく感じがします。
共生は、きっと、どの民族とでも可能だと思います。
ただし、小沢流はご免こうむりたい。

Re:バランス感覚(12/16)

tomotyan8080さん
>私は日本人の良識あるバランス感覚に期待します。

>危険な方向に傾き過ぎると、また引き戻す感覚です。

>私は金融のグローバル化にも危惧を感じていましたが、やはり世界恐慌に巻き込まれてしまいました。
>でも、日本市場は難しい日本語のお陰で一種の鎖国状態であり、損害が少なかったというのです。
>日本語を習得できない頭の悪い外国人から日本が守られます。

>政治も、時々変な人が出てきますが、国民のバランス感覚で引き戻すことが出来ると思います。
>日本人は優秀です。
-----
私も国民のバランス感覚に期待したいです。
人種はどうでも、日本に在住する人すべてのバランス感覚に期待したいです。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR