FC2ブログ

2009/11/14 デイサービス 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

デイサービスクリンもだんHP



今日のオヤツは、プリンとオートミールクッキー です。

いいでしょう(^v^)

プリンは、炊飯器を使って作るそうです。
おおお!!
母はビックリ!!
そういう使い方があるのですね。

オートミールクッキーは、簡単です。

「バターあるいはマーガリンをレンジで溶かします。
量は適当、ま、とりあえず200g

オートミールをカップ1杯
ホットケーキミックスを200g

生地の固さをみて柔らかければ、ホットケーキミックスを追加。
固ければ、少し牛乳を混ぜる。

生地をとって、小さいボールにして、保温にしたホットプレートに並べる。
並べ終わったら、ギューと指の腹で押して、160度で8分焼く
裏に返して2分焼く。


フライパンでも同じです。
温度や焼く時間は、生地の焼け具合を指で押して判断します。」

指導員さんの指導で、次男は、丸々としたボールを次々とフライパンに乗っけていきます。

次男は、指導員さんに生地をギューと平たくしてほしい様子。
さては、自分の指でギューとやって熱かった体験があるのねぇ。。とわかります。
ハハハ、わかりやすい奴です。





ちょっと、(ちょっとか?)焦げても気にしない、気にしない。


U君が、プリンに添える生クリームをホイップしてます。


プリンができました。


切り分けて



「オートミールクッキー」と「生クリームを添えたプリン」
なんて贅沢なオヤツでしょうか。





自閉症は、脳障害だから、どんな障害を併せ持っていてもおかしくないと思います。
コミュニケーション障害、言語障害、身体障害。。。等々

発作とか、お薬を飲まなければならないときは、医師の指示に従ってきちんと飲んだほうがよいのだと思います。

じゃあ、飲む必要がない人は、なにをしたらよいのだろう。。。
この人に、なにをしてやればいいのか。。。。

医学的な処置が必要ないのは、喜ばしいことですが、じゃぁ、ほっといていいのか。。
とてもそうは思えません。

次男は、ごく普通に健康なので、ごく普通に、75歳、80歳あたりまでの寿命があるのかもしれません。
寿命があることが苦痛にならない人にならせたいです。
小さい楽しみをたくさん感じられる人にならせたいです。

クッキー焼いてニコニコ、
掃除機かけて、ニコニコ。。。みたいな。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR