FC2ブログ

歯科検診-20代でも歯垢が溜まる。。そうです。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男くん、無事に歯科検診を終えました。

ホッ (*_*)

実は、心配していたんです。

幸いにも、中学、高校での歯科検診では一度も問題が見つからなかったので、歯科医院には、小学生以来行っていなかったのです。

で、まず、あの施術椅子に座ってくれるかなぁ。。。と治療室までついて行きました。
すぐに先生に追い出されましたけどね。

歯科医は、地元の小学校の校医さんでもあるので、次男を見て、「ああ、大きくなって。。。」と言われました。

次男はもちろん「????」

アンタはダレ?!の表情。。。次男くん、そんなに露骨に顏で語るのはやめましょう。
母、汗がでました。((+_+))



待合室で「婦人画報」なんかを見るふりをしながら、耳をダンボにして聴いていると、先生の「はい、開けて、はい、噛んで」「はい、もう一度」という声が聞こえてきました。

”お、先生の指示に従っているのかなぁ。。虫歯がないといいなぁ。。。削るとなると、おとなしくはしていないよなぁ、次男くん。
小学生のころは、網にかかった魚のようにネットで巻いて動けないようにして治療してもらったけどなぁ。。。
今はそれはできないしなぁ。。
全身麻酔かなぁ。。。”と、頭の中ではオロオロオロ((+_+))


「お母さん、来てください!」と先生に呼ばれて治療室に行くと、次男のレントゲン写真をモニターで見せてくださって、

「良い歯ですね。虫歯の心配はありません。いい歯ですよ。」


”え!いつの間レントゲンを撮ったんだ!
レントゲン室で機械がグルッと一周する間、じっと静止できたのかい、次男くん。(@_@;)



「ただ、歯垢が溜まっていました。きれいに取りました。」

え!?20代でも歯垢が溜まるのですか?!
と、無知な母はビックリ!!

”え!!もう、歯垢のクリーニングは済んだってこと!!
え!!スムーズに出来たってこと?!
アレは嫌がると思ってたのに。”


「フッ素塗布したらどうですか。せっかく良い歯なんだから、半年に一回の検診と歯垢クリーニングとフッ素塗布をしましょう。」


「はい。施術しにくいようでなかったら、お願いいたします。」m(__)m


「大丈夫。ダイジョーブ。まったく問題ない!」(^^)v

先生、顧客ゲット!!と、表情に出ていましたわ。


これで、私も半年に一回の検診と歯垢クリーニングとフッ素塗布を断れなくなっちゃった。
案内のハガキが来てたけど、倹約して無視してたのに。。。((+_+))

歯科医院で会計を済ませると、次男も私も出勤しました。
4820円なり。
イタタ。
サイフが痛い。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:歯科検診-20代でも歯垢が溜まる。。そうです。(10/29)

次男君、先生は覚えてなかったけど、歯医者さんには馴染みがあったようですね。


ちゃんと、歯垢まで取ってもらって、きっとさっぱりしたことでしょうね。

暫くは安心でしょう。^^

Re[1]:歯科検診-20代でも歯垢が溜まる。。そうです。(10/29)

milkyway.さん
>次男君、先生は覚えてなかったけど、歯医者さんには馴染みがあったようですね。

検診だけで精いっぱいかなぁ。。。と思っていたので、ビックリでした。


>ちゃんと、歯垢まで取ってもらって、きっとさっぱりしたことでしょうね。

>暫くは安心でしょう。^^
-----
私は、歯垢って、30歳過ぎからのようにかってに思っていたのでした。
うまく、指示に従うことができて、驚きです。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR