FC2ブログ

お人柄が良いのはわかったけれど。。。鳩山首相の「所信表明演説」 「ニュース(231454)」

所信表明演説に、先日訪問した日本理化学工業川崎工場の様子を語った鳩山さん。
うれしいし、ありがたいけれど、彼は本当に渡り合えるのだろうか。。

誰と?

魑魅魍魎と。





我々日本人は渡り合えるのだろうか。。

誰と?

アジアのつわものと。



国王、歴代首相、大統領が天文学的な蓄財をしていて、路上で生まれ、死んで行く人がたくさんいたり、幼児売春、腎臓売買が延々と続けられる国々って。。

近代国家でも法治国家でもないように思う。


日本は、延々と援助だけをたかられていくのではないだろうか。

たかられて、現地の民が救われるならまだしも、アジアの軍閥、財閥に不正蓄財をさせているだけではないだろうか。

外務省のアジアのODAのページをみると、大きな数字がたくさん見えるけれど、大きすぎて読めないくらいだけれ、これは、どれくらい現地の困っている人たちのためになっているのだろうか。。
途中で消えてなくなっていないだろうか。

外務省ー日本のODAプロジェクトーアジア -ASIA-

PDF:http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shiryo/kuni/08_databook/pdfs/01-00.pdf

2003度-2007年度 累計
円借款 152,545.49億円
無償資金協力 14,759.91億円
技術協力 12,429.49億円


この数字は、1円の無駄も出すまいとして暮らしている庶民の生活から納税した血税なのです。

日本人は、すてにタップリと「おめでたき人」なのではないだろうか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

その不安分かります

確かに日本理化学工業川崎工場の話は良かったと思う一方我々が戦力として企業で認めてもらうには
企業側が「この人なら戦力になりそう」と思ってもらう為に「戦力」と「戦力外」を障害の内容に応じて見極めてもらわないといけないのに
それをやる為に作った制度である自立支援法の「就労支援」は法の廃止が濃厚で振り出しになる可能性が大

良い所だけ例を出しても就労支援の具体策が無いと
なんだ~って事になると思います。

Re:その不安分かります(10/27)

諸Qさん

>それをやる為に作った制度である自立支援法の「就労支援」は法の廃止が濃厚で振り出しになる可能性が大

>良い所だけ例を出しても就労支援の具体策が無いと
>なんだ~って事になると思います。
-----
自立支援法があってもなくても、親は、真剣に子と向かい合って、どうしたらこの人は、「働く人」になれるだろうか。。。親が死んだ後も、支援を得ながら自分も周囲も楽しく生きていけるだろうか。。。と長い時間をかけて、試行錯誤しなければならないと思います。
自立支援法ができて、急に就労者が増えた現実は、親は、反省すべきことだと思います。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR