FC2ブログ

受講者が少ない日 「障害児と生きる日常(58952)」

今日は、毎月ある受講者が少ない土曜日です。
土曜日に他の活動も入れている受講者もいるからです。
次男は毎週の土曜日に参加しますが、水曜日の夜のクラスや今度新設される金曜日の夜のクラスにも今は、参加の予定はありません。

超早寝、早起きですからね。
とても無理です。
私の帰宅が遅いので私も送り迎えができません。
次男は道は覚えているでしょうが、夜に家から出すのには抵抗があります。





ツインズのHIROMITU君とUUGU君



紙袋にはまりっぱなしの次男





工作に夢中のENOGUCHI君














ゴメン!まん丸に撮りすぎちゃったよAYAKAちゃん。

デイサービス「クリンもだん」の「利用契約書」「重要説明書」「サービス利用説明書」原案書もいただいた。
ただし、書き込まれていないところがたくさんある。
利用料にしても役所から単価の発表がまだされていないらしい。
4月22日ごろ??
デイサービス「クリンもだん」以外でも、利用者は、4月は料金がはっきりしないサービスを受けることになる。

利用料金とは、
支援費支給額
支援費支給に伴う利用者自己負担額
家賃
共益費
光熱水費
食材料費
預かり金管理費用
の合計らしい。さて、いくらになるのだろう。

新法はどんなにいい加減なスタートを切ることになるのか、思いやられるというものだ。
耳をそば立てていなければ。

現段階でデイサービス「クリンもだん」の利用者は、2人。
うむむ。と言ったところか。
逆に考えると、こんな贅沢な機会はそうはやって来ない。
当事業所は「クリンもだん美術教室」の高校を卒業した受講生たちの居場所作りのために立ち上げられたデイ・サービスであるので、創作的活動を積極的に行うこととする。
という文言がたのもしい。

次男の通う月曜日は、2人の利用者対してに管理者1名、世話人兼調理人が1名。

聖公会生野センター
クリンもだん美術教室
544-0003 大阪市生野区小路東1-17-28
TEL 06-6754-4356 FAX 06-6754-4357
ikuno@nskk.org
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR