FC2ブログ

市職員給料をHP公開 「ニュース(231454)」

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(49)が、市のホームページ(HP)に2007年度当時の市長、教育長ら幹部を含む職員計268人の年収、給料、14項目の手当の明細を1円単位で公開しているそうです。
もちろん、名前などは伏せられているそうです。

早速、見に行ったけれど、探せなかった。
あら、残念。

よく、私たちが住む市の職員の給与が高すぎると話題になります。
実際の数字をみてみたいです。

市のHPから、「要望」をだしました。
実現するか、どうかは、????
でも、意見をだすのは、自由です。

阿久根市は、「年収700万円以上の職員が54パーセント、大企業の部長以上の給料を受け取る人間が過半数にもなる組織」だそうです。

えーーーーーーーーー!!
財政がひっ迫して当然ですよ。

我が市はどうなのでしょう。
知りたいです。
もっとすごいことになっているかもしれません。

竹原市長は、「税金の使い道の話だから公開して当然」といっているそうです。
なるほどそうですね。

みなさんも、要望を出してごらんになりませんか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

規模によるんじゃないか

阿久根と言う市がどの位の規模か分からないですけど
自治体の場合、規模(人口)で変わってくるんで
一概に金額だけを見て、高い安いは言えないと思います。

例えば政令指定都市で都道府県並みの権限(仕事量)が有る、大阪や堺、名古屋クラスの自治体が「大企業並」を出すのは当然と言えますが、一方小さな町村が大金を出すのは論外です。

Re:規模によるんじゃないか(02/24)

諸Qさん

はっきりした金額が見えないと、高いも低いも、規模の大きい、小さいも、言えません。
イメージだけです。

Re:市職員給料をHP公開(02/24)

諸Qさんの理論、私には理解できないです。役所がある場所によって、仕事の量や責任に差があるのでしょうか(もともと役人は責任なんて取らないし)。財政が黒字ならたくさん給料を出してもよくて、赤字なら少なくて当然、というのなら、地域格差はますます出ます。ラスパイレス指数が設定されているのは、公務員の給与を平準化するのが理想的だからじゃないでしょうか。少なくとも、給与の高低を比較するのは他の市町村ではなく、一般市民であることは確かだと思います。だって、役人よりはるかに給与が低い市民が(阿久根市民の平均給与は190万円余り)払った血税が給与になっているのですから。

Re[1]:規模によるんじゃないか(02/24)

mProtea Mamaさん
>諸Qさん

>はっきりした金額が見えないと、高いも低いも、規模の大きい、小さいも、言えません。
>イメージだけです。
-----
言葉足らずでしたが、私が言いたかったのは
民間より、課長級位迄は「年功序列」なんで
全員出さなくても同規模自治体とで
職種毎の初任給、勤続年数(5年毎位の)平均と
部長級以上の給料が出ていれば全員出さなくとも
住民は給料の高低の判断は可能なんじゃないか?
と言う事です。

ske3888さんが言っておられる「ラスパレル指数」の事ですが「ラスパイレス」なんて財政の悪い自治体は本来言ってられる状況じゃ無いです。
橋下知事じゃないが、「身の丈経営」をしない自治体が多いから起債比率がアップ、財政力指数が低下している訳だから・・・


Re:市職員給料をHP公開(02/24)

ともかく、公開すべきですよ。
きっともらいすぎている人達がたくさんいるはず。

会社も自治体も、経営難なら、給与はカットされてしかるべき。

「経営難だろうが、なんだろうが、オレ達の給与だけはタップリだせ」というのは、ムチャな話。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR