FC2ブログ

勇気とは、---村上春樹氏、イスラエル授賞式で軍など批判

小説「ノルウェイの森」などで知られる作家・村上春樹氏が、イスラエルの文学賞を受賞し、15日にエルサレムで開かれた授賞式であいさつした。

たとえ話として、戦車や爆弾を「高い壁」、侵略される市民を「卵」にたとえ、「そびえ立つ壁がどんなに正しくても、私は卵のそばにいたい」と、名指しはしなかったものの、イスラエル軍やパレスチナの武装組織を暗に批判した。

外国人が、来日して、日本を批判しても、危険ではないと思う。
イスラエルを訪問してイスラエルを批判するのは、危険なのではないだろうか。
退役軍人、現役軍人、その家族達が街中にいるのだろうし。

それでも、村上春樹氏は、言いたかったのだ。
これを「勇気」というのだろう。

現地の新聞を翻訳サイトでウエブ翻訳してみると、

まず、Israel is not the egg. (イスラエルは卵ではない。)と書いてから、村上氏のスピーチを紹介している。



原文
So I have come to Jerusalem. I have a come as a novelist, that is - a spinner of lies.

Novelists aren't the only ones who tell lies - politicians do (sorry, Mr. President) - and diplomats, too. But something distinguishes the novelists from the others. We aren't prosecuted for our lies: we are praised. And the bigger the lie, the more praise we get.

The difference between our lies and their lies is that our lies help bring out the truth. It's hard to grasp the truth in its entirety - so we transfer it to the fictional realm. But first, we have to clarify where the truth lies within ourselves.

Today, I will tell the truth. There are only a few days a year when I do not engage in telling lies. Today is one of them.

When I was asked to accept this award, I was warned from coming here because of the fighting in Gaza. I asked myself: Is visiting Israel the proper thing to do? Will I be supporting one side?

I gave it some thought. And I decided to come. Like most novelists, I like to do exactly the opposite of what I'm told. It's in my nature as a novelist. Novelists can't trust anything they haven't seen with their own eyes or touched with their own hands. So I chose to see. I chose to speak here rather than say nothing.
So here is what I have come to say.

If there is a hard, high wall and an egg that breaks against it, no matter how right the wall or how wrong the egg, I will stand on the side of the egg.

Why? Because each of us is an egg, a unique soul enclosed in a fragile egg. Each of us is confronting a high wall. The high wall is the system which forces us to do the things we would not ordinarily see fit to do as individuals.

I have only one purpose in writing novels, that is to draw out the unique divinity of the individual. To gratify uniqueness. To keep the system from tangling us. So - I write stories of life, love. Make people laugh and cry.

We are all human beings, individuals, fragile eggs. We have no hope against the wall: it's too high, too dark, too cold. To fight the wall, we must join our souls together for warmth, strength. We must not let the system control us - create who we are. It is we who created the system.

I am grateful to you, Israelis, for reading my books. I hope we are sharing something meaningful. You are the biggest reason why I am here.

私は、恥ずかしながら、村上春樹氏の著書を1冊も読んだことがありません。(>_<)
スポンサーサイト



テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Re:勇気とは、---村上春樹氏、イスラエル授賞式で軍など批判(02/18)

主人とそのニュースを見ていて きっと彼はノーベル平和賞をとるだろう・・・と話しました。

Re[1]:勇気とは、---村上春樹氏、イスラエル授賞式で軍など批判(02/18)

☆まる母さん
>主人とそのニュースを見ていて きっと彼はノーベル平和賞をとるだろう・・・と話しました。
-----
世界中に酩酊大臣(当時)ニュースが配信されたそううです。村上氏のスピーチも、せめて、それと同じくらいの回数に配信されてほしいものです。(>_<)

Re:勇気とは、---村上春樹氏、イスラエル授賞式で軍など批判(02/18)

このスピーチ(の翻訳)を読んで本当に感激しました。

"わたしが小説を書くとき常に心に留めているのは、高くて固い壁と、それにぶつかって壊れる卵のことだ。どちらが正しいか歴史が決めるにしても、わたしは常に卵の側に立つ。壁の側に立つ小説家に何の価値があるだろうか。"

どちらが正しいか歴史が決めるにしても、なんですよね。

素晴らしいスピーチだと思いました。

Re[1]:勇気とは、---村上春樹氏、イスラエル授賞式で軍など批判(02/18)

ねりらくさん

胸にグッと熱いものがこみ上げるスピーチですね。

私達は、壊れやすい卵の中でも、特別に壊れやすい卵を授かりました。
今も、両の掌の中に大事に抱いているように感じます。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR