FC2ブログ

親の目には見えないもの 「障害児と生きる日常(58953)」

昨日、OTの先生と連絡が取れた。
7日に次男を見ていただいて、その評価を聞くために、先生の空き時間にTELしたかったのだけれど、私の勤務の空き時間にコッソリTELするので、タイミングが合わなくて、昨日になってしまった。

学校時代よりも落ち着いていますね。

私は、”学校時代は落ち着いていませんでしたか????” と思う。

次男は、家では不都合のない人なので、母親の私には見えないものがたくさんあるのだけれど、何ヶ月かごとに次男を見てくださる先生には、次男の変化がハッキリとわかるのだろう。

そもそも、OTの先生を探したのは、「親とは違う観察眼」を確保しておかなければならないと思ったからだ。

次男が小学校に入学する直前から関わっていただいている。
毎週が、月1回になり、2ヶ月に1回になり、今度は、6月になるそうだ。

そろそろ手を引きたそうな様子の先生に、「親の目には見えないものがありますから、是非、継続してほしい。」と懇願した。

母親の思考の幅は狭くなり勝ちなので、出来るだけ、”ブレーン”を持ちたいと思っている。
OTのU先生。
学齢期においては、学校の先生方。
次男の職場の皆さん。
「もっとどようくらぶ」の先生がた、リーダーさん。
月曜日に通う作業所の施設長。
デイサービスの指導員。
美術教室の先生、スタッフ。。。。等々

出来るだけ、私の脳を外気に晒しておきたい。
風通しをよくして、脳と気持ちが腐らないようにしたい。

本体ブログの大家さんのジョニーさんも、4月からは関西に居を移して新しい職場に取り組まれるので、次男と接していただける機会が増えるだろう。

かくして、私のブレーンはいよいよ充実していくのです。(^^)vニマリ








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:親の目には見えないもの(01/30)

親が一人で引き受けるよりも、いろいろな人の手を借りたり、目を借りたりするのが、良いと思います。

親は、本来も親であって教師でもないですしね。

proteaさんの意味することとは、違うかもしれないけど。若いお母さんには、特にそうした方がいいよと私はいいたいです。親が教えられることって限られてしまうと思うんです。専門家の知恵、手を借りられるっていいですね。

 こちらの方では、子供の頃はともかく大人になってから関わってくださる方、人材が少ないな~と残念です。探せばいいのでしょうが、最近は、そういうエネルギーも足りなくなってきてます。

Re:親の目には見えないもの(01/30)


毎日、側にいると気が付かないでいることってあるんでしょうね。

先生もそうだし、たまに実家に連れて行くと両親も空白の間の成長を語ってくれるので、本当にたまにですが・・、そういう目をありがたく思えます。

ちょっとした距離、親子でも取れると、もっと分かりやすいのかもしれませんね。^^

Re[1]:親の目には見えないもの(01/30)

ジェウニーさん
>親が一人で引き受けるよりも、いろいろな人の手を借りたり、目を借りたりするのが、良いと思います。

>親は、本来も親であって教師でもないですしね。

>proteaさんの意味することとは、違うかもしれないけど。若いお母さんには、特にそうした方がいいよと私はいいたいです。親が教えられることって限られてしまうと思うんです。専門家の知恵、手を借りられるっていいですね。


お母さん一人だと、アイデアがすぐに尽きてしまいますものね。閉塞感に襲われることもありますし。

> こちらの方では、子供の頃はともかく大人になってから関わってくださる方、人材が少ないな~と残念です。探せばいいのでしょうが、最近は、そういうエネルギーも足りなくなってきてます。
-----
私も年々エネルギーが減っていくのがわかります。
焦燥感にさいなまれています。(-"-)

Re[1]:親の目には見えないもの(01/30)

てんでつむじ風さん
>毎日、側にいると気が付かないでいることってあるんでしょうね。

>先生もそうだし、たまに実家に連れて行くと両親も空白の間の成長を語ってくれるので、本当にたまにですが・・、そういう目をありがたく思えます。

>ちょっとした距離、親子でも取れると、もっと分かりやすいのかもしれませんね。^^
-----
距離をとることって大事ですよね。
特に、女親が息子を育てることの難しさを感じます。

Re:親の目には見えないもの(01/30)

そうですよね。
親には見えてないものたくさんあると思います。
こと、男親なんかは絶対に知ってる事の方が
少ないですから。。。。


資料ありがとうございました!
昨日、出張から帰って来て
寝る前に読ませて貰いました。

横に居たタクに図工は好きかと聞いたら
好きだと言う。
4年生になったら土曜日に図工しに行こうか?
と聞いたら、図工は土曜日じゃありません。
月曜日ですって言われました(トホホ)

教室を理解させることからやらなければ・・・・

Re[1]:親の目には見えないもの(01/30)

superiocityさん
>そうですよね。
>親には見えてないものたくさんあると思います。
>こと、男親なんかは絶対に知ってる事の方が
>少ないですから。。。。

パパは仕事が忙しいですからね。(^^)

>資料ありがとうございました!
>昨日、出張から帰って来て
>寝る前に読ませて貰いました。

>横に居たタクに図工は好きかと聞いたら
>好きだと言う。
>4年生になったら土曜日に図工しに行こうか?
>と聞いたら、図工は土曜日じゃありません。
>月曜日ですって言われました(トホホ)

>教室を理解させることからやらなければ・・・・
-----
あら、月曜日に授業があるのね。(^^)
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR