FC2ブログ

気持ちは幼女でも。。。 「障害児と生きる日常(58952)」

去年も似たような光景に出会った。

スポーツフェスタに行くと、たくさんの知的障害者を目にすることになる。
タイプも年齢もさまざま。
20歳の次男の10年後、20年後を連想して、苦しい気持ちになることもある。

今年は、りんご型肥満の女性が、たぶん作業所か更正施設で仲間なのだと思われる男性を攻め立てていた。

女性:○○くん、私のこと好き?私のこと好き?

男性:あ、う、う~~

女性:ともちゃん、きいてるのよ。

男性:あ、う、う~~


これを次男と私の傍で延々と繰り返した。


次男が保育所に障害児枠で通所している間、同じクラスの女の子達が、ウンともスンとも言わない次男に、毎日尋ねてくれた。


次男くん、私のこと、好き?
小さい頃は、みんな可愛かった。
女の子達は、毎日訊いてくれて、何度も訊いてくれて、可愛いかった。
毎日訊いてくれたあの子達が、次男を育ててくれたと思っているし、今も感謝している。



女性も男性も30代と思われた。
男性は、上下ともトレーニングウェアを着ていた。
女性は、ズボン、長袖シャツ、ベストを着ていて、60代の女性が着るような地味な色の服装だった。
お母さんと同じものを着ているのかなぁ。。。

赤ら顔、眼鏡をかけていて、歯並びは極端に悪かった。
ブラジャーをしていない様子の胸は、せり出たお腹の上に乗っていた。
両足を大きく開いて立っていた。
競技にはエントリーしていないようだった。
”応援”に来ていたようだった。



私はだんだんつらい気持ちになってきて、次男に声をかけて、次男とともに席を離れて、観客席を一周してきた。

次男の出場する種目は既に終わっていたので、帰ってもよかったけれど、クリンもだんデイサービスで、日曜日だけ次男といっしょになるS井氏(男性30代後半)が1500m走に出場されるときいたので、観客席から応援したいと思い、残っていた。



私達が席に戻ると、女性は男性に別の質問をしていた。

女性:○○くん、帰るの。もう帰るの?

男性:あ、う、う~~

女性:ともちゃん、きいてるのよ。

男性:あ、う、う~~。。これから。。。

女性:ともちゃん、きいてるのよ。
これから。。。って、今、帰るの?
今から帰るの?

男性:あ、う、う~~。。今からじゃない。

女性:今からじゃないの。
いつからなの?
ともちゃん、きいてるのよ。


これがまた、延々と続きそうに思われた。
次男も私の顔を見て、つらそうな顔をした。。。と私には思えた。


帰ろうか。。


次男と荷物を持って、養護教育振興会の先生方にご挨拶をして競技場を出た。


男性は、いつも、あんなふうに、作業所か施設で、あの女性に攻め立てられているのだろうか。
もし、次男があの男性の立場だったら、きっと二次障害を起こしてしまうだろう。
とても、耐えられない。

立場が代わって、なにも話さない次男が女性に付きまとったらどうだろう。
間違いなく、触法障害者になってしまう。

重い気持ちを抱えて帰宅した。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:気持ちは幼女でも。。。(10/20)

私も施設でよく見る景色です。
幼女のような言動であっても、心は大人になっていき
恋心を露わに表現します。ヤキモチから乱闘騒ぎもおきます。。。。
私がボラで行く施設は上は六十近く、下は二十代前半。四十代三十代の方が多いので、恋愛騒ぎは日常茶飯事です。この感情が芽生えるのは当たり前のことなんですよね。
だからこそ、この子たちは心が子どものままだからと親の目だけでみてはいけないのだと感じます。
育てていく過程でかならず目覚める時期がありますものね・・・
次男さんは、ちゃ~んと理解できている様子ですね(^_^)v
うちは今が闘いの過度期かな?まだまだですが。

Re[1]:気持ちは幼女でも。。。(10/20)

火の国のHAHAさん
>私も施設でよく見る景色です。
>幼女のような言動であっても、心は大人になっていき
>恋心を露わに表現します。ヤキモチから乱闘騒ぎもおきます。。。。


あわわわ ((+_+)) そうなんですか。

>私がボラで行く施設は上は六十近く、下は二十代前半。四十代三十代の方が多いので、恋愛騒ぎは日常茶飯事です。この感情が芽生えるのは当たり前のことなんですよね。
>だからこそ、この子たちは心が子どものままだからと親の目だけでみてはいけないのだと感じます。
>育てていく過程でかならず目覚める時期がありますものね・・・
>次男さんは、ちゃ~んと理解できている様子ですね(^_^)v

いやぁ~~、どうでしょうか。。。
今までは、無事に来てますが、明日はわかりません。
できるだけ、仕事や趣味の時間を充実させて、家事もさせて、いろいろな時間をもてる人にしたら、少し、うまくいくかなぁ????
と思いますが、本当は、どうしたらいいか、分かりません。((+_+))

>うちは今が闘いの過度期かな?まだまだですが。
-----
がんばりましょう。
私は、のたうつ様に暮らしています。トホホ

いろんな関わりがありますからね。


作業所でも、よく話せてなんでもお節介を焼く利用者の女の子がいますが、アチコチに電話を掛けては、みんなを困らせています。

周りの目で、大分変わってきましたが、やはり、その時々での適切な支援、言葉添えが必要かな・・って、感じました。

親だけでは、どうにもできませんものね?!

Re:いろんな関わりがありますからね。(10/20)

てんでつむじ風さん
>作業所でも、よく話せてなんでもお節介を焼く利用者の女の子がいますが、アチコチに電話を掛けては、みんなを困らせています。

去年も、強烈な光景を見まして、ショックでした。
女の子(と自分で言っていた人)が男性をギャンギャン責めていました。

>周りの目で、大分変わってきましたが、やはり、その時々での適切な支援、言葉添えが必要かな・・って、感じました。

>親だけでは、どうにもできませんものね?!

そうですね。
手助けが必要ですね。
でも、親の姿勢がはっきり見えないと、手を出すわけにもいかないですし、親次第というはありますね。
(+_+) なんか、滅入ります。
まだ、ショックを引き摺っています。

女心

私の知る20代後半の助成は身奇麗にしてますけど人との距離がとれないでココロは純粋です。
彼が大好きなので送迎バスを降りた彼を誘ってあちこちつれまわします。彼のほうもまんざらではないですがふたりが帰ってこないので双方の家族が心配し作業所で親御さん交えて話し合いをしました。
女の子は「恋」の悩みを職員さんに話したがりまるで恋する乙女です。
だけど男性にはそういう感覚を感ずる気がないのでひとつ踏み外してしまうと結婚する気もない男性と(それ以前に女として相手を考える立場にない彼)と結婚したさに彼を押し倒しそうな彼女の間に既成事実ができてしまいそうです。
そこを一番心配しています。

今はとにかく職員さんが見守っていますね、でも本当に大人の年齢なので止めるにも限界がありみんなへろへろですけど。

Re:女心(10/20)

じろう.さん

うわぁ~~~\(◎o◎)/!

いやだ。いやだ。
”ともちゃん”に押し倒されたら、健康な男性ならば、”反応”してしまうのでしょうか!?

いやだ。いやだ。\(◎o◎)/!


>だけど男性にはそういう感覚を感ずる気がないのでひとつ踏み外してしまうと結婚する気もない男性と(それ以前に女として相手を考える立場にない彼)と結婚したさに彼を押し倒しそうな彼女の間に既成事実ができてしまいそうです。
>そこを一番心配しています。

”反応”してしまって、妊娠したら・・・・・
((+_+))

Re[1]:女心(10/20)

Protea Mamaさん
こわいですよ、ほんとうに。
作業所の事務所にはその娘さんの描いた絵が張ってあるんですけど自画像らしい絵の周囲に彼の名前と「H」「H」「H」という文字が飛び交っています。
を張る意味は「あなたの気持ちは分かるよ」みたいな感じでしょうか?
職員にたいする注意喚起の意味もありそうです。

色恋沙汰(見たいなもの)は実に多いですねえ・・・

Re[2]:女心(10/20)

じろう.さん
>>自画像らしい絵の周囲に彼の名前と「H」「H」「H」という文字が飛び交っています。<<<


え!?え!?え!?
なにを意味してるんだぁ~~~!!!
ワァ~~~~~~~!!!!!!!
\(゜ロ\)? (/ロ゜)/
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR