FC2ブログ

墨絵のような雲の下 「障害児と生きる日常(58952)」

今朝も公園で、次男の背中を追いかけていると、墨絵のような空でした。
雲が山並みを描いているようでした。






今はシッカリ雨が降っています。
傘をさして出勤するのは、とても気が滅入るけれど、今朝は、大きな墨絵を見ることができたので、”良し!”としましょう。

次男は、昨日のプールが気持ちよかったらしいです。
昨日は、気持ちよさそうに”寝息”を立てて熟睡してました。

昨夜、遅くに、先週も付き合ってくれた元の同級生から、メールがありました。


今週の土曜か日曜に長居に行こうと思うんですけど次男くんもどうですか?

私:土曜日がいいです。日曜日はスポーツフェスタに参加申し込みをしています。

~~~待ち合わせ時間と場所の案内~~~
土曜日の10時でよいですか?
行く場所は、長居障害者スポーツセンターです。


私:OKです。(^o^)丿 いつもありがとうございます。

駅まで宜しくお願いします。

私:はーい!(^o^)丿 わかりました。

そんなやり取りをしました。
ありがたいなぁ。。。と思います。
次男には、前日になってから話そうと思います。
実現したらいいなぁ。。と思います。


また、先日見た、東田 直樹君のドキュメンタリーフィルムを思い出して、切ない気持ちになりました。
彼の通学していた養護学校だって、高等部からは、外部の中学校から養護学校に進学してきた生徒がグン!と増えるはずだから、東田くんとお話したり、いっしょにボールを追いかけたり、マクドナルドやミスタードーナッツにいっしょに行けるお友達ができたかもしれないです。
高等部を卒業してから、障害のない人と関わる機会を増やしても良かったのではないかと思います。

タラレバの話は意味ないですけどね。
我が子ではない子に、想いを馳せる余裕は、私にはないですけどね。

今朝は、墨絵のような空の下を、そんなことを思いながら、歩いていました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:墨絵のような雲の下(10/14)

週末、またまたニアミスの予感が~。^^

Re[1]:墨絵のような雲の下(10/14)

kukuminnさん
>週末、またまたニアミスの予感が~。^^
-----
ハハハ~~
次男の傍にいるブタオバサンが私です。(>_<)

Re:墨絵のような雲の下(10/14)

東田 直樹君の事 私もそう思っていました。
長男もですけど 学力が一応あると親ってみんなと同じ土俵でって期待してしまいます。
でも 自分のどうしようもない障害を深く背負っている意識の強い子は やっぱりそのハンデを認識し、自覚した方がいいのだと思います。

Re[1]:墨絵のような雲の下(10/14)

☆まる母さん
>東田 直樹君の事 私もそう思っていました。

胸が痛くなりますよね。


>長男もですけど 学力が一応あると親ってみんなと同じ土俵でって期待してしまいます。
>でも 自分のどうしようもない障害を深く背負っている意識の強い子は やっぱりそのハンデを認識し、自覚した方がいいのだと思います。

自覚いていたつもりでも、「普通の高校生」と「普通ではない高校生(自分)」との差の大きさに、驚いちゃうのでしょうね。
差があっても、違いがあっても、いいのですよね。
だけど、知っておかなければなりませんね。
本人も親もね。

次男のお友達ね、ちゃんと「障害者スポーツセンター」と書いてきました。
自分は「障害者」だとわかっているわけです。
もちろん、養護学級、養護学校に通ったのですから、あたり前ですけれど、”障害者であることに、臆するところがない。”感じがして、”とても良い感じ”だと思います。(^^)
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR