FC2ブログ

卒業後の進路-冊子-育誠420号より 「障害児の親として(10946)」

大阪養護教育振興会が発行されている冊子育誠の420号より転載。

以前に許可をお願いした時もOKだったので、今回もOKだと思います。






^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




こちらは、次男が卒業した年度の表です。


意外にも、卒業生全体の人数は減少しているとわかります。

職業安定所を介しての就職のほとんどは、次男が卒業した養護学校の卒業生だと思われます。
次男は、職業安定所を介した就職ではありません。
次男は、そういうレベルの人ではありません。
縁故による就職の欄に入りました。

今も、次男の数少ない会話は一語文です。
だから、学校に、卒業後の居場所を探してほしいと、お願いできないと思っていました。
次男が小学生のころから、私が、作業所にお手伝いに行って、次男の学齢期以後の居場所を探していました。

親が探せば、成人した今も、一語文しか発しない人にも、居場所を見つけることができますよ。

職業安定所を介しての就職と、授産施設、作業所、厚生施設に通所との間に、相当数の縁故による就職が存在するべきだと思います。

授産施設、作業所、厚生施設に通所させる場合も、親が以前からお手伝い、ボランティアとして携わって”ウチの子は、こんな子なんですよ。今度、いっしょに連れてきていいですか?”と、引き合わせてみるといいと思います。
子どもの問題点が見えてきます。

施設にも、学校にも、文句を言えなくなりますけどね。(>_<)


え!?ウソォ~~。
それでも、文句はイッパイ言うタイプでしょう??  ってか。
当たり~~~~!!(~_~;)



学校の先生には、ご相談しても、実際に調べて、頭を下げるのは、親の仕事だと思います。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
今朝の東の空



今日は、体育の日ですが、ありがたいことに、デイサービスが開所していますので、出かけました。
午後からプールへ行くそうです。
プールが大好きなので、ルンルンですね。
それも、母と行くとひたすら泳がされるけれど、デイサービスの指導員さんや参加者と行くと、楽しいですもんね。
ラッキーな人です。
彼の弱点のひとつは、自分がラッキーだと知らないことです。


11/16(日) チャリティージャズメッセ2008

いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。



もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」

いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!


アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり


ビックリするほど美味しい梅干です。
つぶれ梅
梅干し-ハチミツ-木酢液      
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:卒業後の進路-冊子-育誠420号より(10/13)

ここずーと 中2年のりきの進路について いろんな方と相談しながら 悩んでいます。本人は 「勉強したい」って言います。「ぼくは 一度も英語を習っていない」と 言います。歴史のテストと数学の点数は普通学級に入っていても合格点をとっています。高等養護学校にも幾度か見学に行きました。なにか手に職を 何かこの子の希望にかなった なにか得るものはないのか とおもっているのですが 「動物の勉強がしたい。」と言います。まだまだ 彼の考えていることを理解できません。
資料参考にさせていただきます。

Re:卒業後の進路-冊子-育誠420号より(10/13)

『学校の先生には、ご相談しても、実際に調べて、頭を下げるのは、親の仕事だと思います。』

仰る通りだと思います。ずっとそう思っていました。
親がなりふり構わず必死にならなくて、
誰が手を差し伸べてくれるでしょう・・・

そんな思いで、いろいろとボランティアに出かけているうちに、
施設や作業所の利用者さんたちにすっかりハマり、
息子のことは後回しになってしまっていますが(笑)



Re[1]:卒業後の進路-冊子-育誠420号より(10/13)

りきkkぱぱさん
>ここずーと 中2年のりきの進路について いろんな方と相談しながら 悩んでいます。本人は 「勉強したい」って言います。「ぼくは 一度も英語を習っていない」と 言います。

中一で、英語の授業を受けられなかったのは、残念ですね。
中一ならば、受けられたでしょうに。。。。

次男は、中一は、普通学級で英語を受けていました。それと、公文教室で英語のプリントをしていました。
学校で成績をとる為ではなくて、”趣味”と思っていました。

次男が卒業した養護学校高等部は英語の授業はありませんでした。
でも一年に何ヶ月かは、外国人のアシスタントティーチャーが来てくれていて、発音が妙に良い次男はよく褒めてもらえてニコニコだったようです。
きっと、美人の先生だったのでしょうね。(^^)

Re[1]:卒業後の進路-冊子-育誠420号より(10/13)

火の国のHAHAさん
>そんな思いで、いろいろとボランティアに出かけているうちに、
>施設や作業所の利用者さんたちにすっかりハマり、
>息子のことは後回しになってしまっていますが(笑)
-----
ハマリましたかぁ~~(^^)
それは、火の国のHAHAさんのお心が広いからですよ。
私なんか、自分の子だけでイッパイ、イッパイですもの。
反省です。(~_~;)

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR