FC2ブログ

地の利、人の利 「障害児と生きる日常(58952)」

連休中、母は映画、DVD三昧です。
WOWOW、AXN、ムービープラスと”仲良し”しています。
昨日も今日も朝のウォーキングをサボってグーグー寝ていました。

次男は、キチンと起きて、ウォーキングの出かけて、デイサービスに行っています。

出かけていけるところがあるのは、なによりありがたいです。

問題は明日ですけどね。
障害者スポーツセンターも健康科学センターも休館です。
プールにいきたいよぅ。。
トホホ
体を動かすことができる公共の施設は、どこか、開館していてほしいものです。



昨夜は、DVDが2枚届きました。
ありがたいです。
こちらの地方では放送していないTV番組を録画していただいたものです。

1枚目は、自閉症である東田直樹君(高校1年)のドキュメンタリー
2枚目は、健常児と自閉症児の共学体制『混合教育』をされている武蔵野東学園のドキュメンタリーです。

東田君は、「普通の高校生活」に憧れて、憧れて、奮闘していました。
いじらしくて、いじらしくて、胸が締め付けられました。
ご家族の想いは、どこの家族も同じです。
「ダメだって、かってに諦めないで。僕があきらめる前に、かってに決めないで。」と息子に訴えられたら、「わかった。」と言わない母親がいるでしょうか。

16歳の少年詩人の幸福を祈りたいです。
私は、通信制高校というものを知らないです。
毎日、決まった時刻、決まった場所に、決まった交通機関で通うことが次男には欠かせないので、ちょっと想像できないです。


「混合教育」では、バディになることで、障害のある子も障害のない子も成長、自己変革していきます。
どちらの父兄も「ありがたい。うれしい。」と言っておられました。
もちろん、子ども達も。
障害のない子は言葉で、障害のある子は表情で、行動で、そう言っていました。
先生方も素晴しくて、理想の環境だと思いました。

我が子に、その教育が必要だと思ったときに、通わせることができる距離にいること。
経済的に応援してやれること。
お互いに力になれる友にめぐり合うこと。
いろんなラッキーが子ども達を支えています。


地の利、人の利だなぁ。。と思いました。


次男は、すべて公立学校へ通いました。
固定のバディではないけれど、たくさんの同級生が助けて、導いてくれてありがたかったです。
高校からは養護学校に進学しましたが、ここでも同級生に助けてもらっていたようです。
ずっと、先生方にも恵まれていました。
ありがたいです。
次男には、常に地の利、人の利があったと思います。
今も、そうです。
ありがたいです。


地の利があればいいなぁ。。
お金もタップリかけてあげられたらいいなぁ。。
時間もタップリかけてあげられたらいいなぁ。。

でも、そうでなくっても、親はベストを尽くすしかないです。
なにがベストであるのかは、自分で考えるしかないです。

いろいろな場所で、いろいろな形で、頑張っておられる様子を知ることが出来ると、ヒントになります。
勇気が湧いてきます。
ありがたいです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:地の利、人の利(09/14)

DVD借りられたようですね。良かったです。

 

お待たせしました。

最初のご依頼から、随分日が経ってしまいましたね。

映像も心配でしたが、いい形でお渡しできたようでまずは、一安心!!

教育もそうですが、何かを実現するということは、いろんな方の努力と愛の結晶なのだと、実感している昨今です。

一人の力は、本当にちっぽけなもの。
この子達は、人を動かせる奇跡の賜物なんでしょうね。

良い連休を・・。^^

Re:地の利、人の利(09/14)

>障害者スポーツセンターも健康科学センターも休館です。

長居も舞洲もやってますよ~。
今、HPで確認しましたから。^^V

Re[1]:地の利、人の利(09/14)

kukuminnさん
>>障害者スポーツセンターも健康科学センターも休館です。

>長居も舞洲もやってますよ~。
>今、HPで確認しましたから。^^V
-----
へ!?ほんとう???
HPの利用カレンダーを見たら、9/15は赤字になっていて「長居、舞洲同時休館日」、になっていると思ってました。(?_?)
長居に行こかなぁ。。

Re:お待たせしました。(09/14)

てんでつむじ風さん
ありがとうございました。
どこの家族も、それぞれの地域の条件やら、なにやらの中で悪戦苦闘していますよね。
へばらないで、がんばり続けてほしいです。

Re[1]:地の利、人の利(09/14)

ジェウニーさん
>DVD借りられたようですね。良かったです。

はい。ご心配かけてすいませんでした。
アトリエ ブラヴォのTV放送の情報もありがとうございました。楽しみです。(^^)
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR