FC2ブログ

ありがとうのブレスレット2軒目 「障害児の親として(10946)」

これは、以前に次男がお世話になっていた美術教室の先生とそのご家族にさし上げるためにつくったもの。
先生はお母さんでお姉ちゃんと次女さんにも大変お世話になった。
13匹いた猫ちゃんにもお世話になった。
1匹は歳をとって亡くなった。
パパさんはカラオケ同好会を主催されていてそこにも参加させていただいた。
パパさんは、まるでクラブ歌手のように素敵に歌われた。
次男はカラオケで歌えるようになった。

先生は体調を崩されて、絵を描きにくくなった。
美術教室は休講になった。
次男はエネルギーの昇華の場所を失った。
次男は意気消沈した。

それを実家の母に話すと「アンタんとこと関わるみんな不幸になるわね。」と言った。
私は唇を噛んだ。

両親は次男のことを一切親戚、縁者に話すなと言う。
無論、会わせるなということだ。
実家へは出入り禁止だ。
ご近所に知れては肩身が狭くなるそうだ。
従わなければ援助をしないと母に脅されたので、従っている。

私のすぐ下の弟は、何度結婚しても娘が生まれても、息子が生まれても、その子どもたちが障害のない普通児であっても結婚生活は続かない。
原因は聞いてはいるが、本当のところは知らない。
なにせ私は前妻さんに一度も会わせていただいていないもの。
睡眠中無呼吸になることが時々ある彼は、だだっ広い自宅で血統書つきの愛犬といっしょにウルトラキングサイズのベットで眠る。
母が通いの家政婦のように世話をしている。
白い自社ビルは彼の墓標
対向車が思わず必要以上に道を譲る馬鹿でかいメルセデスベンツは彼の棺桶に見える。

クワバラ、クワバラ。


もう一人いる弟は、一流国立大学の学部と博士課程前期を終えて一流会社に就職し、これ以上は望むべくもない女性と結婚した。
妻は今の仕事を辞めて保育士になりたいというほど子どもが好きなのだそうだが、私は、ふたりは子どもを授からないという予感がする。
でも子どもを持つことが結婚の目的ではないでしょう。
幸せならいいじゃない。

母が内心彼女に嫉妬の炎を燃やしているのは明らか。
バカな女は要らぬと言っていたが、非のうちどころがないのも悔しいらしい。
私にしきりに同意を求めるが、私は取り合わない。
クワバラ、クワバラ。

父の携帯電話には、外国人の女性からたどたどしい日本語で電話がかかってきて、その後他に何人かを巻き込んでスッタモンダがあったそうだ。
母は泣きたいと思うほどの恥かしい思いをしたと私にこぼした。
何十年もの間、母が父を悪く言わなかった日は一日としてなかっただろうと思う。

クワバラ、クワバワ。

どうも、私の考える幸、不幸と両親の考える幸、不幸は違うらしい。
お金があっても買えないものがあるが、それには興味がないらしい。


先生は、今は絵筆をキーボードに変えて小説家になられた。
2冊の本を上梓された。
闘病はされてもお幸せだ。

両親は、何年か前のオリンピックの開会式に参加した米国の往年のボクサー、モハメッド・アリの姿を酷評した。
「アメリカ人はなんであんなみっともない惨めな姿をテレビに映すかナァ」
最近は、長島茂男氏の姿が気にいらないらしい。
「惨めな。あんなみっともない姿を世間にさらして」と言う。

ほ~~、みっともないですか。

実家の母がいうみんなとは誰のことなのか。
次男と関わってくれた他人様は全て幸福になっている。

私の息子たちと私の弟たちはほとんど会ったことがない。
その妻達とは一度も会ったことはない。
だから関わったうちにははいらんだろうと思う。
弟達の幸せ、不幸せは私達のそれとは連動していないだろう。

両親は自分たちが私の息子たちから多くのものを奪ったことに気がつかない。
母は、実家につれてきてはならないと言うかわりに私達の住む家に訪ねてきて、長男におこずかいを渡しながら、「パパにソックリやねぇ。DNAってこわいねぇ」と再三繰り返した。
それはほめ言葉ではなかった。
長男はこずかい欲しさに顔をいがめて耐えていた。
私が抗議すると、母は訪ねてくることもおこずかいをくれることも止めた。
母は長男に、自分たちは長男、次男の存在を喜んではいないことをネッチリ、ネッチリ教え込んだ。


両親のしていることは私の息子たちの服を引きちぎってどこの誰かをわからなくすることと同じ。
その代わり経済的援助をしてくれる。
服を引きちぎられるたびに私は息子たちに私の息子であるという服を着せてきた。
君らは私の息子たち。
君らは私の息子たち。
それ以上のものを与えてやれないが、これでこらえてほしい。

経済的援助がいかに重要なことであるかは知っているのでその分だけの感謝はしようと思うが私の胸の中には、憤懣やるかたない思いが蓄積している。

私達はその代わりに多くの人達に助けてもらえる運を得た。
次男と関わってくださった人達は全て温かい家族に恵まれる。
そして運が開けていく。
次男の周りに幸運が集まってくる。
なんと言うのか、次男は福助さん仙台四郎さんに近いものをもっているのかもしれない。


両親は、私達が運命に試されていることに気づいていない。
私に「次男のこと一切言うなよ」「この子死んでくれたら親助けやのになぁ」「施設に入れて、親のことも忘れてくれたら好都合じゃないの」等々いう度に自分たちのお金以外の福運を投げ捨ててしまっていることを知らない。
知らぬが仏。
クワバラ、クワバラ。


私達はセッセと幸せになりましょう。

これは先生に


七眼天珠:七眼天珠には物事を突き詰める力や頭脳が冴え渡る力がある

ユナカイト(Unakite) 8mm:心に受けた傷を癒し、安心感をもたらし、希望を運ぶ

茶水晶(Smoky Quartz )8mm:安らぎや希望をもたらし、また、潜在意識や潜在能力を開花させ、発想力を高める

レッドタイガーアイ8mm:(Red Tiger's eye )消費したお金を呼び戻し、富をもたらすと洞察力、集中力を高め、富と財産を増やす


これは先生の旦那さんに


九眼天珠:九眼天珠は眼系模様のなかの最高位と扱われ、権力や利益を倍増させる
ラピスラズリ(Lapis Lazuli)10mm:危険から身を守り、幸運を招く石
水晶(Quartz )10mm:悪運を退け、あらゆる力が宿る
タイガーアイ8mm:(Tiger's Eye)洞察力、集中力を高め、富と財産を増やす

これはお姉ちゃんと次女さんへ





ローズクォーツ(Rose Quartz )12mm、8mm女性の愛と魅力を高め、恋を成就させる

ロードナイト( Rhodonite )10mm
不安や恐怖から発生するいらだちを取り除き、また愛情表現を豊かにして、愛と優しさを育む

マザーオブパール(真珠貝)6mm


ピンクのアンティークガラスビーズ

甘い、甘い砂糖菓子のイメージ。
彼女達は花のような時代のただなかにいる。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:ありがとうブレスレット2軒目(02/09)

ブレスレット、綺麗♪
商品になりそうですよ。
オークション出品とかサイドビジネスでどうですか。^^

Re[1]:ありがとうブレスレット2軒目(02/09)

kukuminnさん
>ブレスレット、綺麗♪
>商品になりそうですよ。
>オークション出品とかサイドビジネスでどうですか。^^
-----
あはは、サンキュです。いつかはサイドビジネスにつなげたい、次男デザインシリーズも作りたいと思っていますが、今はプレゼントつくりで手いっぱいですわ。
あ、いそがし。あ、いそがし。(吉本新喜劇風に)

Re:ありがとうのブレスレット2軒目(02/09)

ドキドキしながら読んだけど、今のあなたはすばらしい。  
「幸せは歩いてこない、だから歩いて行くんだよ」って歌、思い出しました。人生はワンツーパンチです^^ 

Re[1]:ありがとうのブレスレット2軒目(02/09)

nori309さん
いつもサンキュでっす。究極の選択を迫られて初めて自分が見えてきたのだと思います。スッキリ、ハッキリできてよかったです。

先生から

私書箱にいただいたコメント

>>>ブログのコメント欄に書き込みが出来なかったので、以前送っていたアドレスにメ-ルを入れました。今から楽天に登録しようとしたら、この私書箱発見!見えてなかった。
さっそく書きます。
ブレスレットありがとうございました。
いつもブログ見ています。綺麗なブレスだなあ・・・って思っていたところだったので感激!
今日読ませて頂いた日記に一言、私はAliceboyに会えてドンドン喜びごとが増えてます。
私は親の遺伝と年でちょっと体調悪いけど、
本も書いてます、HPやブログを見てほしいです。心の中にはいつもAliceboyがいます。道ですれ違う男の子がAliceboyに似ているときは、スピ-ド出しちゃダメだよって思います。Aliceboyが開ける扉を一つ閉めてしまってごめんなさい。早く良くなりたいです。
頑張ります。Protea Mamaも家族三人ガッチリ固まって、心無い言葉に迷わされないでね<<<<

先生、ありがとうございます。
ゆっくり養生して下さいね。
先生公式サイトは、
http://www.nextftp.com/1503/hareruyatop.html" target="_blank">http://www.nextftp.com/1503/hareruyatop.html
です。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR