FC2ブログ

タンチョウの親子 「障害児の親として(10946)」

北海道・釧路の丹頂鶴公園で、ヒナかえる

ヒナは晴れた日には元気に歩き回っているが、寒くなると、母の背中に潜り込む。

7月末には飛べるようになり、年明けには独り立ち。
甘えられるのは今月いっぱい。




私も次男を抱っこしたり、負ぶったりしてました。
どこまでも歩いていってしまうし、呼んでも止まらないし、呼んでも自分に名前があるってわからないようだったし。
疲れたら、歩かないし、しゃがみこんで動かないし、負ぶってやると眠ってしまって重いし。

しんどかった。
つらかった。

でも負ぶってやれる時があってよかった。

タンチョウの子は年明けには独り立ちするのか。。。
早いなぁ。。
早くていいなぁ。。。と思ったり、もったいないように思ったり。

でも、お母さんはいつまでも役に立つわけじゃないものね。
お母さんがボケないうちに、次男を託す形を見つけないとね。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:タンチョウの親子(05/15)

早いのがそんなに良いわけじゃないですね。
遅すぎるのも悪くはないと思います。

私の後輩が、脳性麻痺の子供さんを育てています。どんなに疲れた顔をしているか、同窓会で顔を見て驚きました。若々しくて輝いているのです。その子のおかげで家族が一致して、助け合って、幸せな様子をアルバムを持ってきて見せてくれました。
必要があれば、必要な力や知恵が与えられるって、教えてもらいました。

Re:タンチョウの親子(05/15)

私も人の何倍も二男を抱っこして、おんぶして。。。
たくさん追いかけました。
大変だったけど母の醍醐味も人の何倍も味わっていると思ってます。
二男は何時離れても、抱きしめ足りないとは思わないけれど、
長男は、もう少し抱きしめておけばよかったかな・・・なんて思うのは贅沢ですかね(笑)

Re[1]:タンチョウの親子(05/15)

tomotyan8080さん
>早いのがそんなに良いわけじゃないですね。
>遅すぎるのも悪くはないと思います。

自分がどこまで役にたってやれるのか、がんばれるのか、自信がもてないです。。トホホ

安心。。。とまでは言えなくても、
いや、やっぱり、親の私よりも若い世代に託して、安心したい。  というのが偽らざる気持ちです。


>必要があれば、必要な力や知恵が与えられるって、教えてもらいました。
-----
力も知恵も不足しています。
与えたまえ、導きたまえ、と念じる毎日です。
トホホ (*_*;

Re[1]:タンチョウの親子(05/15)

火の国のHAHAさん
>二男は何時離れても、抱きしめ足りないとは思わないけれど、
>長男は、もう少し抱きしめておけばよかったかな・・・なんて思うのは贅沢ですかね(笑)
-----
そうなんですよ。(泣く)
やり足りてないことがたくさんありすぎて、残念でなりません。(泣)

Re:タンチョウの親子(05/15)

託せる場所を探す。。。。
通勤寮が欲しいです。
娘にちょうど良い通勤寮が。
一つ一つ、問題をクリアしていくしかありませんね。
がんばります。

Re[1]:タンチョウの親子(05/15)

ねりらくさん
>託せる場所を探す。。。。
>通勤寮が欲しいです。
>娘にちょうど良い通勤寮が。

本当にそうです。
次男が小学生のころから、TVで放送された、通勤寮のドキュメントフィルムを取り寄せて、楽しみにしていたのに、通勤寮という制度がなくなるのでしょうか。

いったいどうしたらいいのか。。。(-"-)
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR