FC2ブログ

宇治旅行-2007/11/3~4 「障害児の親として(10946)」

次男は、午前中は どようくらぶ へ行きました。

クッキング:お雑煮
工作:宝船の色紙

を楽しんできました。

昨年11月3日~4日にもっとどようくらぶ(参加者は中学生以上の年齢)
の宇治旅行の写真をいれたCDをいただいてきました。

宇治へ-ああ!!パジャマ~~~!!
激渋?


その中から、

























いい体験してるでしょ。(^^)

ほとんど話せない次男ですが、ここではこの範囲にいたほうが良い。。とか
みんなが来るまで待っていたほうか良い。。とか
注文したものが、みんな揃うまで待っていたほうが良い。。。とかはわかります。

経験を重ねてわかってきたのだと思います。
ありがたいです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

わたしも、、

行ってみたいです。都会とかけ離れたこういう場所は、気分も落ち着くでしょうね。羨ましいです。
良い経験が重ねられていいですね。

Re:宇治旅行-2007/11/3~4(01/12)

親が可能性を決め付けて抱え込んでいてはだめなんですね。もちろん急にじゃなく 慣れていく過程を大事に育てていかなくちゃですね。

Re:わたしも、、(01/12)

てんでつむじ風さん
>行ってみたいです。都会とかけ離れたこういう場所は、気分も落ち着くでしょうね。羨ましいです。
>良い経験が重ねられていいですね。
-----
私達は本当に都会の下町でまとまりのない雑然とした場所に住んでいますので、こういう場所につれていっていただけるのはとてもありがたいです。
息子って、母親と歩くには基本的にウザイ様子なので尚更です。
(え!?お母さんがもっと素敵て若々しくあったら話は違うってか?)

Re[1]:宇治旅行-2007/11/3~4(01/12)

☆まる母さん
>親が可能性を決め付けて抱え込んでいてはだめなんですね。もちろん急にじゃなく 慣れていく過程を大事に育てていかなくちゃですね。
-----
本当に、ウンともスンとも言えない子だったので、(今も会話力はかわりません。)親よりも身体が大きくなる前に経験を積んでおかなくてはと連れまわって、正解だったと思います。素敵なお兄さん達、お姉さん達に恵まれて幸運です。でも次男もだんだんオッサンになるわけで、その時期は、お兄さん達、お姉さん達も家庭をもっているわけで、いつまでもこの幸運が続くのか、不安です。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR