FC2ブログ

そうか、接触事故を起こして保護されたのか 「ひとりごと(36387)」

無事保護されました

もしも、交通事故の加害者が冷酷な人で「この子なら、車のナンバーも覚えてないだろうから、このまま、走り去ってもいいな。」と思っていたら、この少年は未だに保護されていなかったのだろう。

事故で重症を負っていたら、尚のことそうであったことだろう。

人里離れた場所に遺棄されたかもしれない。

神か仏が人を遣わされたのかもしれない。
無事を喜びたい。

喜んだうえで、

1ヶ月以上もの間、薄着で夜中に徘徊する小柄な少年を見かけた人は何人かいたのだろうと思う。
「ちょっと待て!君、こんな夜遅くになんでウロウロしてるんだ。」と声をかけるお節介なおじさん、おばさんはいなかったのだろうか。

夜遅い時刻に、塾の帰り道のこども達が歩いていることはよくあるものね。
迂闊に声をかけたのでは、変質者と思われてとんでもないことになるかもしれないしね。。

遅い時刻に未成年がウロウロ家の外にいる社会でなかったら、もっとはやく保護されていたのだろうか。

(ええ、ええ。
ど~~せ、私の中は化石ですよ。(-_-;))
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは(01/11)

登録、ありがとうございます。
ウチの長男も放浪癖があります。でも必ずどんなに遅くても、家に帰ります。
でも、彼は、、もっと何かしら悩みを抱えているように思います。

彼は「家出しています」と自分から言っています。
試食や小屋で寝泊りする術も身に付けています。
知的障害の枠では納まらない何か悩みや諸々の
こと、、あるように思いました。

でも、余りにも有名になってしまって、今後は、普通に歩いていても目立ってしまいますね。

元気に年を迎えられて良かったですよね。

Re:そうか、接触事故を起こして保護されたのか(01/11)

TV(ワイドショー)で見ました。
コメンテーターがGPSの携帯を持たせたらどうかと話していました。
彼は食事や夜、どう過ごしていたんでしょう。
無事見つかって何よりでしたが・・・。

Re:そうか、接触事故を起こして保護されたのか(01/11)

以前 うちの店の前を 入るでもなしうろうろしている
ちょっと 障害のありそうな青年を見かけたことがあります。もしかして 彼もお腹がすいていたのでしょうか?でも お金がなければ もらえない っていうことは わかっていたんだと思います。

 見かけたその青年は しばらくすると消えていました。冷血にも 私は「家族の人はなにしているんや!」と さえ思っていました。

私みたいな 考えが その子を1ヶ月も ひもじい思いにさせてしまったのかもしれません。詳しい状況がわかりませんが よかったです。

Re:そうか、接触事故を起こして保護されたのか(01/11)

こんばんは。

みつかっって本当によかったです。
実は冬休みに帰省していた家の、すぐそばで保護されていた!と知り、正直驚きました。
「早くみつかってほしい!」そんな会話も家族の中でしていました。

いずれ親元から旅立つにせよ、放浪癖があるのなら
親御さんの心配は今後も尽きないと思います。
うちは重度の子ですから、学校と家の往復だけは一人で通学していますが、小さい頃から一人っきりでの外出はさせた事がありません。常に目を光らせていなければならなかった子でしたから。
だから寄り道をする術も知らない子です。
それが良いことなのか悪いことなのか、
自立ができているのかできていないのか…、
まだよくわかりません。

健康上、問題がなかったという事を知り心から安心しました。

Re:こんにちは(01/11)

てんでつむじ風さん
>登録、ありがとうございます。

こちらこそ、ありがとうございます。
作業所のお話なんど、興味深く、拝読させていただきました。

>ウチの長男も放浪癖があります。でも必ずどんなに遅くても、家に帰ります。
>でも、彼は、、もっと何かしら悩みを抱えているように思います。

>彼は「家出しています」と自分から言っています。
>試食や小屋で寝泊りする術も身に付けています。
>知的障害の枠では納まらない何か悩みや諸々の
>こと、、あるように思いました。

>でも、余りにも有名になってしまって、今後は、普通に歩いていても目立ってしまいますね。

>元気に年を迎えられて良かったですよね。

消化できない想い、言葉に出来ない想いを抱えきれなくなった時に、スイッチが入ってしまうのだと思います。
自閉症であったり、知能が低かったりしても思うことはあるはずです。次男もたくさんの想いを抱えているのだと思います。それを消化させようと、運動やイベントやただ単純な室内用トランポリンやジムボールを用意してきました。どれがヒットしているのか、ヒットしているのか、わかりませんが、ともかく、放浪癖はいまのところないです。すべては結果オーライなので、私もこの少年の保護者も今、無事であることを喜んで明日も無事でいてくれることを祈るしかないですね。


Re[1]:そうか、接触事故を起こして保護されたのか(01/11)

kukuminnさん
>TV(ワイドショー)で見ました。
>コメンテーターがGPSの携帯を持たせたらどうかと話していました。
>彼は食事や夜、どう過ごしていたんでしょう。
>無事見つかって何よりでしたが・・・。

以前は、NTTドコモが、携帯よりも小さい「P-ドコ」というサービスをしていました。次男のウエストポーチに忍ばせていましたが、今はそのサービスはなくなりました。小さくて、発信できる期間の長いGPSを用意してほしいです。

Re[1]:そうか、接触事故を起こして保護されたのか(01/11)

りきkkぱぱさん
>以前 うちの店の前を 入るでもなしうろうろしている
>ちょっと 障害のありそうな青年を見かけたことがあります。もしかして 彼もお腹がすいていたのでしょうか?でも お金がなければ もらえない っていうことは わかっていたんだと思います。

> 見かけたその青年は しばらくすると消えていました。冷血にも 私は「家族の人はなにしているんや!」と さえ思っていました。

>私みたいな 考えが その子を1ヶ月も ひもじい思いにさせてしまったのかもしれません。詳しい状況がわかりませんが よかったです。
-----
冬の1ヶ月を過ぎておうちに帰ることができたのは、奇跡だと思います。よかったです。

Re[1]:そうか、接触事故を起こして保護されたのか(01/11)

sugar’sママさん
>こんばんは。

>みつかっって本当によかったです。
>実は冬休みに帰省していた家の、すぐそばで保護されていた!と知り、正直驚きました。
>「早くみつかってほしい!」そんな会話も家族の中でしていました。

温かい、過ごしやすい気候の地方に移動していたのでしょうか、幸運が重なったのでしょうか。


>いずれ親元から旅立つにせよ、放浪癖があるのなら
>親御さんの心配は今後も尽きないと思います。
>うちは重度の子ですから、学校と家の往復だけは一人で通学していますが、小さい頃から一人っきりでの外出はさせた事がありません。常に目を光らせていなければならなかった子でしたから。
>だから寄り道をする術も知らない子です。
>それが良いことなのか悪いことなのか、
>自立ができているのかできていないのか…、
>まだよくわかりません。

>健康上、問題がなかったという事を知り心から安心しました。

そうですね。ウチの次男も「何かを買いに行く。」「どこかへ行く」と設定がないと出かけられません。設定がないと行動できないほどに能力が低いといえます。
”ふらりと散策”が出来ないので、行方不明になりません。不自由な安全、なのだと思います。これを自立、自律とはとても言えません。親としては”手詰まり感”を感じています。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR