FC2ブログ

来年はどんな年?? 「障害児と生きる日常(58952)」

今日の午後、本屋に本を探しに行ったのだけれど売り切れでした。
取り寄せをお願いしました。
タイトルは、
小倉昌男の福祉革命―障害者「月給1万円」からの脱出
小学館文庫

"宅急便"を発案、発行し、ヤマト運輸をトップ企業に押し上げた小倉昌男。会長を退いた後、彼が飛び込んだのは福祉の世界。だが、障害者の給与が「平均1万円に満たない」ことや、それが「仕方ない」で済まされていることを知り、怒り心頭。福祉の現場の人々を対象にしたセミナーを主催して経営の発想を啓蒙し、障害者が働く喜びを知り、真に自立するための場として「焼きたてパン屋」チェーンを実践。第一級の経営者ならではの理論と実行力が"小倉流意識革命"ともいうべき形で福祉の世界を変えていく。”



やはり皆さん心ひかれ気なって求められるのですね。
私も是非読んでみたいです。

本屋の帰りにワンコと出会って連れて帰ってきました。
wannko
ワンコに訊いてみます。
「来年はどんな年になるのでしょうか。」
ワンコは首を振って答えません。

障害者自立支援法案について
>>その理不尽なことは、江戸時代の生類憐みの令と同じくらいだと思う。<<と書いたら

>>生類憐みの令は悪法じゃありませんよ。
くだらない噂話がまことしやかにささやかれているだけ。<<
というご意見をいただいた。
あら、知りませんでした。
初めて聞きました。
生類憐みの令のついてはどこかで調べるとして、障害者自立支援法案が次男のどう作用するのかが気がかり。
気がかりだけれど今は何も見えてこない。

その次男は年越しそばを機嫌よく食べてベッドの中からテレビを見ています。
皆さま有難うございました。
温かくしてお過ごしくださいませ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:来年はどんな年??(12/31)

一足早く何と味のある ワンちゃんですね~aliceboy家を訪れたのですね~!しっかりしたご意見も持ち合わせていますね。障害者自立支援法案は私も大変気にしている事です。勉強会に何度か参加し陳情書も出して県議会で理解してもらいました。障がいのある人の実情を知った上の決定を希望します。大掃除の風景も見ました。息子さんたちは頼もしいですね。お母さんがしっかり育てた証拠なんですよねきっと!私もがんばろ~っと 新しい年もブログ楽しみにしています。色々勉強させてくださいね。

Re:来年はどんな年??(12/31)

あけまして おめでとうございます。本年もどうぞ よろしくお願い致します。本年も より良き年に!スワンベーカリーは 良く見学に行きました。広げて行きたいものです。

あけましておめでとう~~^^

2006年になったとたん、うちのお兄ちゃんが「おめでとう~~~」って叫んでおりました。
どんな時も 新鮮な気持ちで行きたいと思います。
いろいろしんどいことも多いですが お互い頑張って行きましょう~~^^ 

Re[1]:来年はどんな年??(12/31)

シュガーコート63さん
>息子さんたちは頼もしいですね。お母さんがしっかり育てた証拠なんですよねきっと!私もがんばろ~っと 新しい年もブログ楽しみにしています。色々勉強させてくださいね。<<
勉強にはならないと思いますよ。ハハハ
でも、なぐさめにはなるかも。
「あら~~、こんなにだらしなくてもイイんだぁ。」ってね。(本当にイイかどうかはわかんないですよ)でも年齢が高い子を持つ母のブログって貴重でしょう?(と、かってに存在意義を設定してしまいます。タハハ)

Re[1]:来年はどんな年??(12/31)

りきkkぱぱさん
>あけまして おめでとうございます。本年もどうぞ よろしくお願い致します。本年も より良き年に!スワンベーカリーは 良く見学に行きました。広げて行きたいものです。
>>本年もどうか、どうか宜しくお願い申し上げます。さすがりきkkぱぱさん!!!
すでにスワンベーカリーに見学に行っておられましたか!!私も行きたいです。

Re:あけましておめでとう~~^^(12/31)

nori309さん
>2006年になったとたん、うちのお兄ちゃんが「おめでとう~~~」って叫んでおりました。
>どんな時も 新鮮な気持ちで行きたいと思います。
>いろいろしんどいことも多いですが お互い頑張って行きましょう~~^^ 
おめでとうございます!お兄ちゃんには私からも”おめでとうございます!”とお伝え下さい。
nori309さんのおっしゃるとおり、いつも新鮮な気持ちでいたいと願っています。ともすればオバチャン臭をプンプンさせてしまう私です。nori309さんの瑞々しい感性に心洗われることが多いですよ。本年もどうか宜しくです。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR