FC2ブログ

ビフロスト-障害者のための美術学校(デンマーク)訪問報告会 「障害児の親として(10946)」

ビフロスト-障害者のための美術学校(デンマーク)訪問報告会

がありました。
美しい写真をスクリーンに映して、美術学校の様子を話してくださいました。

感想は一言、

デンマークって豊かな国だなぁ。。。
豊かな緑、余裕のある空間。

日本ではどうして同じことができないのだろう。。。。
何が違うから、結果が同じではないのだろう。。。

人は70平方メートルより狭い住居に住むべきではないそうです。
ひとり暮らししておられる障害者の女性の住居は、
広いベッドルーム、キッチン、ランドリールーム(洗濯機、乾燥機つき)、バスルームがあって、70平方メートル以上の広さです。

70平方メートルって少し狭いマンションくらいです。
我が家では、3人がこのくらいのマンションに住んでいます。
ドヒャ~~(+_+)

これは、報告会の後の茶話会での様子。


次男は、、おとなしく、ミカンやポッキーをいただいていました。
次男は、騒がしくして人に迷惑になったりしません。
危ないこともしません。
でも、反面こういう人は集団生活(グループホーム、ケアホーム)になるとスミッコに追いやられてしまうのではないかと心配しています。

かと言って、今の次男に一人暮らしはできません。
一人暮らしとは、
食事できますか?と訊かれたら、
メニューを決めて、買い物に行き、食材を買って、調理して、食べて片づけができます。と答えられる人が、することです。

とても重要な説明があります。
ねりらくさんのブログ-学校卒業後


11月22日~27日 山根 由香 個展
クリンもだん美術教室最古参の 山根 由香さん の30歳を記念する個展です。



クリンもだんパンフレット
クリンもだん美術教室、デイサービスは、地域活動支援センターに移行します。

ビフレスト A Place in the Sun 就労継続支援B型作業所
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。

ヒマラヤロックソルト
身体が芯からホッコリしてシットリする入浴剤です。”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。Protea Mama談(^_^)

アラビア石鹸
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方におすすめの石鹸です。
カサカサ、ピラピラがラクになりますよ。
アラビア石鹸お徳用、入荷しました。

もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」

ビックリするほど美味しい梅干です。
つぶれ梅
梅干を注文しました。
期せずして、梅干の注文をとりました。

アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:ビフロスト-障害者のための美術学校(デンマーク)訪問報告会(11/25)

おはようございます

福祉王国の北欧などには、わが国とは比べ物にならない
税率の高さがありますよね
消費税はデンマークなどは25%です
それが確実に福祉に使われているようです
日本は経済が自立できていません
この国の根本問題が日本の場合はあるようです
国債を多発している今の日本にはその借金を返済する
それだけで精一杯の蔵事情があるようですね
しかしどうしてこうなったか・・・・です
国民の倫理観・道徳観のあまりのなさに言及されますが
豊かになったはずの日本ですが心の貧しさは
世界一なんでしょうか・・・

参考までに
http://www.eonet.ne.jp/~okajimas/sub110.html" target="_blank">http://www.eonet.ne.jp/~okajimas/sub110.html

Re[1]:ビフロスト-障害者のための美術学校(デンマーク)訪問報告会(11/25)

はちきんmamaさん
行き当たりバッタリの政治の結果なのでしょうか。
この差にどよ~~んと落ち込みましたわ。(-_-;)
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR