FC2ブログ

やたらに文句つけすぎでしょう--セサミストリート 「ニュース(231453)」

ついさっき、何となくニュースをみていたら、アメリカのニュース番組でやたらと文句をつけている人がいた。

クッキーモンスターがクッキーを食べすぎなので子ども達の悪影響。
オスカーの皮肉な性格が子ども達に悪影響。

象のスナッフィがビッグバードにしか見えない設定(イマジナリーフレンド)がいけない。等々
アロイシャス・スナッフルパガス (Aloysius Snuffleupagus) : アメリカ合衆国の子供向け教育テレビ番組セサミストリートに登場する、マペット・キャラクターの一つ。ビッグバード (Big Bird) の友達であり、「スナッフィ」 (Snuffy) と呼ばれることが多い。牙の無いモジャモジャした毛のマンモスを思わせる姿をしている。

クッキーモンスターがクッキーを食べすぎでなくなったら、「クッキーモンスターはクッキーを食べすぎだよね」って親が言えなくなるでしょ。
そういうのは、親の大切な仕事だと思いますよ。

他の件もしかり。

セサミストリート

セサミストリートオフィシャルホームページ

なんでもテレビのせいにするってどうかと思う。
「残酷すぎる場面を子どものみる時間に放送しない」とかいう規制には賛成だけど。

何年も前に、「マクドナルドがいろいろな景品やサービスを展開して子ども達を惹き付けるからウチの子どもは肥満体になった」と訴えを起こした母と息子がニュース番組に出演していたのをみたことがある。
母親も、ずっごい肥満体だった。

私の感想は、おい!おい!おい!

なんでもかんでも、文句言ったらいいってもんじゃないでしょ。
ハズカシ

私はかなりウルサク文句を言うこともあるけれど、なんでもかんでもってワケじゃないわ。
私には私の基準がある。
でも、ま、他の人からみたら、私もただのうるさいオバハンかもね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:やたらに文句つけすぎでしょう--セサミストリート(11/23)

アメリカは訴訟大国やから、けったいなんが
多いんでしょうねぇ。。。
しかし、私の会社の近所にもブツブツ
文句を言ってる人が多いです(N成区)。
でも、人には危害を加えないし
てめえの不始末でバカ息子をデブにしたことを
人のせいにして訴えるなんて人のやることじゃ
ないですね。

Re[1]:やたらに文句つけすぎでしょう--セサミストリート(11/23)

superiocityさん
きっと、なんでも訴えてお金にしようとする発想があるのでしょうね。そういうことを専門にしている弁護士がいるのかもしれませんね。
10年ごとに戦争を起こして、産業にテコ入れすることを繰り返している国だもの、国民の中に、こういう発想が根付いていても不思議ではないですよね。

セサミストリートには大変お世話になりました。ダウン症や身体障害のある子ども達も時々出演していたと思います。
今、NHK教育TVで放送していないのは、今の子ども達には残念なことだなぁ。。と思います。

Re:やたらに文句つけすぎでしょう--セサミストリート(11/23)

確かセサミストリートが教育テレビで出来なくなったのは向こうの制作会社とNHKの交渉が決裂した為に出来なくなったと記憶してます。

ここにも訴訟社会との関係が見えてきます

Re[1]:やたらに文句つけすぎでしょう--セサミストリート(11/23)

諸Qさん
私が小学生のころに放送していて、息子達の子ども時代にも放送していました。
次男の描く絵にはセサミストリートのキャラクターに似た絵があります。見せてやれてラッキーでした。きっと、今の子ども達にもウケルのに。。。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR