FC2ブログ

CHARITY JAZZ MESS 2007 「障害児の親として(10946)」

次男とチャリティー ジャズ メッセ 2007(第26回コンサート)に行きました。




朝倉 聖氏

第1部も素敵でしたが、第2部のジャズ ミーツ タンゴ はとてもとても素敵でした。
宮川真由美氏 のピアノ演奏、とっても華やかでした。
ラテンピアノ大好き!!



次男も手拍子をしていました。
次男の手拍子はずれていますが、確かに楽しんでいました。
長い足は大きく広げて前の座席に当たらないようにしていました。


第1部、第2部が終わって、知的障害者共同作業所「スイング」に目録が授与されました。


「スイング」を代表して、僕がお礼を申し上げます
とメモを見ながらお礼の挨拶をされた青年の明朗で素直な声に聞き入りました。

いただいたものは、大切に使わせていただきます。
ミュージシャンの皆さん、スタッフの皆さん、コンサートに来てくださった皆さん、ありがとうございました。
私達は、これからも、仕事に遊びにフルスイングでがんばっていきます。
皆さん、京都にいらしたら、是非スイングに遊びに来て下さい。



大きな拍手が湧き起こりました。

あらぁ~~、うらやましいなぁ。。

たぶん、誰から訊かれても確実に答えられる言葉は”自分の名前だけ”ではないかと思われる次男の母である私は、そう思わずにはいられませんでした。

それでも、2時間のコンサートを次男といっしょに楽しむことができる今の幸せは、どんな言葉でも表せません。
神仏は、次男の傍におられるかも。。とさえ思える年月がありました。
叶うなら、このまま、守りたまえ、導きたまえ。。

フィナーレは、出演者全員と観客で歌った

千の風になって

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています



ユーアーマイサンシャイン

You are my sunshine, my only sunshine
You make me happy when skies are gray
You'll never know dear, how much I love you
Please don't take my sunshine away




11月25日 ビフロスト-障害者のための美術学校(デンマーク)訪問報告会


10月6日~11月25日
エイブル・アート(障がいのある人たちのアート)「仲間たち」展


11月22日~27日 山根 由香 個展
クリンもだん美術教室最古参の 山根 由香さん の30歳を記念する個展です。



クリンもだんパンフレット
クリンもだん美術教室、デイサービスは、地域活動支援センターに移行します。

ビフレスト A Place in the Sun 就労継続支援B型作業所
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。

ヒマラヤロックソルト
身体が芯からホッコリしてシットリする入浴剤です。”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。Protea Mama談(^_^)

アラビア石鹸
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方におすすめの石鹸です。
カサカサ、ピラピラがラクになりますよ。
アラビア石鹸お徳用、入荷しました。

もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」

ビックリするほど美味しい梅干です。
つぶれ梅
梅干を注文しました。
期せずして、梅干の注文をとりました。

アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:CHARITY JAZZ MESS 2007(11/18)

親子でジャズ、オシャレですね。^^
映画やコンサートなど、座って楽しむ娯楽は長女の課題です。(落ち着きない多動なので)

Re[1]:CHARITY JAZZ MESS 2007(11/18)

kukuminnさん
おっしゃる意味がよくわかります。
次男のチケット代を払っているのに、次男をヒザの上に座らせて見せている時代が長く続きました。
途中で諦めて帰る時もたくさんありました。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR