FC2ブログ

うれしい。。 「障害児の親として(10946)」

次男の小学校時代の同級生のママに、美味しいマグロや野菜をいただいたので、お礼にアラビア石鹸ロックソルトをお届けしようと思った。
昨夜、勤務を終えて、荷物を自宅に置いて、タタタと家を出た。
地元の小学校の同級生なので、家も近くなのだ。

すぐに、家に帰る途中の長男と出合った。
彼も勤務を終えて帰るところだった。

YUKIEちゃんのお家にお礼に行こうとしたことを言って、エビフライをしようとして、エビを買ってきてるから、母は家に帰って調理するから、長男に代わってくれるようにと頼んだ。

長男は、へへへ~と少し笑って、YUKIEちゃんのお家に歩いていった。
うれしかった。

長男も次男といっしょにYUKIEちゃんと仲良くしてもらっていた。
YUKIEちゃんのママは優しい人なので、ぶっきらぼうで口が重くて、可愛いお愛想が出来ない長男をも嫌わずにいてくれた。

自閉症の次男は別格だけれど、長男もとんでもなく口が重い。
関西人とは思えないくらいに重い。
もともと、そういう素質なのだろうけれど、やはり、大事な時期にタップリの手間と時間をかけてやれなかったことが影響していると思う。
どうしても手が廻らなかった。

少しのお愛想も言えない長男に、よそのお家に行ってお礼を述べて、プレゼントを渡してくると言うのはかなり苦痛のはずなのに、意外にもアッサリと行ってくれたので拍子抜けしてしまった。
かなりの確率で、「え~~、疲れてるのに~~」とか、「オカンが行けばいいやん!」とか言われて私が行くことになるだろうと思っていた。

お兄ちゃん、少しだけ生き易くなりましたか?
いやいや、まだまだ、修行が続くのでしょうか。

お母さん、ちょっとだけホッとしていいのでしょうか。
まだ、ダメかしら。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re:うれしい。。(11/13)

正社員でなければ・・というのはずいぶん後でも大丈夫そうです。周りを見ても・・この先若い人材はどんどん不足するのですから。
それよりもお兄ちゃんが今の陣地を固めて 少しづつ確実に社会的なことをゆっくり自分の物にしていくのは 大事なのかと思います。そしてそれをお母さんが「OK! すごいな 頑張ってるね!」って言ってあげて確認できることが きっとお兄ちゃんの心にあったかく貯まっていくのではと思います。

Re[1]:うれしい。。(11/13)

☆marusianさん
あらゆる意味で親の体力(耐力、経済力)がネックです。トホホ(*_*;
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR