FC2ブログ

おいしい味噌汁

お味噌汁が出来上がると、お椀に少し入れて、次男が私に渡してくれる。
味見させてくれる。
今朝のお味噌汁も美味しかった。
「次男くん、上手にできたわ。おいしいわぁ。おいしいわぁ。」と、繰り返して言えるって、幸福だ。
次男は、自閉症のわりにはムラがあって、お味噌汁の味噌が濃いこともあるが、昨日、今日はとても美味しかった。
いつもの朝ごはんメニューに加えて、昨夜のサラダ(生ワカメ、キュウリ、ちくわ、リーフレタス)も、出してくれたので、ちょっと豪華に見える。

卵焼きが形にならなかったけど。
ネギが卵焼きの中に収まらなかったけど。(T_T)
自閉症の人は、習熟したことは、ピッタリ、バッチリ、崩れない。。。というイメージがあるけれど、次男は違う。
けっこうムラがある。
うまいこと、いかんもんだわ。

blog-1_20210228122910d31.jpeg


このブログは、「玄関ドアを出ると、一歩も歩いてくれない、次男を抱きかかえて、就学前母子通所施設に通所していた私」に読ませたいと思って書いている。


飛び込むな。
地下鉄の線路に飛び込むな。


美味しい味噌汁が待ってるよ。
今、飛び込んだら、息子が作った朝ごはんを食べる幸福を知らぬままになるよ。


ーーーーーーーーーー




ティラミスを作ったよ。
クリームチーズと生クリームとココアと硬くなったクッキーで美味しく出来るよ。

何を食べても、砂を食べるような気持ちがする日々に、終わりが来るよ。
だから、持ち堪えて。。

スポンサーサイト



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

テキストが、値上がりする。

ラジオ講座のテキストが、4月号から値上がりすると知った。

2021-02-27_14-06-07_786.jpeg

495円→550円
495円→580円

今までは、1000円あれば、テキストを2冊買えたのに。

私の収入は増えないのに、テキスト代だけが、値上がりするのか。

それでも、テキストを買うけどね。
「一生、何か、勉強する。」と決めたから、続けるけどさ。
ああ、やるせない。



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

不在票

自宅に帰ると、すでに次男がくつろいでいた。
おかえりなさい。。。と玄関に迎えに来てくれて、重い買い物袋を受け取ってくれる。
袋の中身を確かめて、冷蔵庫や棚に仕分けしてくれて、ありがたい。

お鍋を覗くと、ミネストローネスープが、本当に私の分だけ残してあった。
残してくれて、ありがとね。
着替えてから温めて食べよう。

次男くん、テールスープは、残してくれないけどね。
クラムチャウダーも、残してくれない時が多いけどね。

テーブルの上に、不在票があるので、慌てて電話した。
配達員さんが、電話に出てくれるのは、19:00までだからね。

「置き配」に設定していたと思うんだけどなぁ。。
念のため、ガスメーターボックスを開いてみたが、ボックスの中は空っぽだった。


ツゥルルルル----配達員さんが、応答してくれた、要件を伝えたら、「ほんの5分ほど前に、男の人に渡しました。」だって。

あれ? 「次男くん、なんか、受け取った?」 と訊いてみた。

「はーい」 と、たなびくような、のんびりしたで返事をした。


あら、そうですか。
””受け取ったら、受け取ったと言わんかい!!””  と思うけれど、次男が””荷物と不在票の関係””を理解するのは難しいかな。

難しいだろうけれど、訊いてみてやればいいんだよな。。。て、今さらだけど。

気持ちに余裕がないから、良いチャンスに気が付かないで逃してしまったけど。、、て、今さらだけど。

今度は、不在票を見つけたら、まず、次男に、「次男くん、なんか、受け取った?」と訊いてみよ。。。今さらだけど。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

自閉症オーラ と おばちゃんオーラ

バスを降りて、エレベーターに乗った。
駅の改札口は2階にあるから。

改札口に続くテラスを歩いていると、「あっちのエレベータ、壊れてるねん。」 と青年の声が聞こえた。
私の左側を青年があるいていた。
二十歳くらいか。

彼は、自閉症だ。
初めて会った青年だけど、わかった。
隠しようのない”自閉症オーラ”が見える。

「あっちのな、エレベーター、壊れてるねん。動かへんねん。」
少し知的障害もあるようだが、親が現実と向き合うことを拒否しているならば、療育手帳を持っていないかもしれないな。


「そうなんや。あっちのエレベーターは、壊れてるのか。」 と、私が相づちを打つと、青年は、「うん。」 と返事をして歩き去った。
満足したのか。

青年よ、君には”おばちゃんオーラ”が見えたのか。
このおばちゃんなら、話しかけても良いとわかったのか。
正解だよ。

他の人に、話しかけるなよ。


青年よ、また会おう。

----

次男は、帰宅途中に、誰かに話しかけない。

機嫌が良ければ、ひとりで、フン♪フン♪フン♪♪ と歌いながら歩いている。
なにか不安であれば、”助けて!”と言う代わりに、焦りながら独り言を繰り返しながら、帰路を急いでいる。

次男は、今、無事だろうか。
困っていないだろうか。

次男がアパートに帰れば、そこは、安全地帯だ。
ヘルパーさんが次男の様子を観察してくれる。
次男よ、早くピカピカのお家に帰りな。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

エビ🦐フライが食べたい

次男が、朝ごはんの用意をしながら、「冷凍庫がいっぱい。」と言った。
珍しく二語文だった。
これは、反応してやらなくちゃ。

「冷凍庫がいっぱいなの? どれどれ、見てみようか。」
と、言いながら、我が家の小さい冷蔵庫の小さい冷凍庫を開けた。

冷蔵庫が小さいのは、仕方がない。前の冷蔵庫がウンともスンとも言わなくなった時に、予算が5万しかなくて、なんとか探して購入したのだから。

なるほど、冷凍庫はいっぱいだ。
アレ?エビフライがないよ。

冷蔵庫を見ると、エビフライが4尾あった。
冷凍庫から冷蔵庫に移動していた。
エビフライは、自分で移動しないので、次男が移動させたのだ。

庶民的なデパートの地下階でタイムセールになっていたエビフライ🦐。
1000円の金券と500円玉を組み合わせて10尾買ったのだ。
エビがたっぷりと大きくて、カラッと揚がっていて、やっぱりプロの仕事は違うわね。それに、私がエビを買ってきて自宅で揚げると、この値段では収まらない。。。という逸品。

次男くん、4尾残ったエビフライが気になっているようだ。
「次男くん、エビフライが食べたい?」と訊いてみると、「ハイ!」と元気良く返事した。😄

は、は、は、次男くん、遠回りして、やっと 辿りついたねぇ。😊
どうやったら、お母さんが訊いてくれるのか、思案してたんだねぇ。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

次男のブーム スポンジ

次男には、時々、ブームが起こる。

この1ヶ月ほどは、食器洗いに使うスポンジを新しいものに取り替える事がブームだ。
スポンジをいつも清潔な状態にしておくことは、良いことだ。
良いことだけど、まだまだ新しいスポンジを、取り替えて、次男は「スポンジが新しい!」😄と誇らしげに宣言するのが気に入っている。。

まだ充分に新しいキレイなスポンジは、ゴミ箱の中だ。
だから、私は、100円ショップで、5個で100円のスポンジを頻繁に買う。
買って、棚の奥に入れておく。
次男は、すぐに見つけてしまうので、別の場所にも隠しておく。
クローゼットの中の食料備蓄箱の中にも隠しておく。。


うう~ん
このブームは、まだまだ続くのだろうな。😓
いいさ、別の場面で倹約するから、良いさ。


次男が好きなことの一つに、シャンプーやボディソープを詰め替えることがある。
次男がゴミ箱に捨てた空き袋を拾い上げて、再度絞って、箸で袋をしごいて、小さい蓋つきの容器に中身を入れる。。
充分に、2回分くらのボディソープやシャンプーが捨てられるのを免れるのだ。
お母さんは、マスマス、ケチになろう。



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

自己嫌悪で眠れない

いや、もう、だいぶ歳をとったのに、丸くなれない。

世間の尺で言えば、私はおばあさんだ。

丸くなって良い頃なのに、尖っている。

気が立って、眠れない夜がたくさんある。

まいるなぁ。

自分を持て余している。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

新しい炊飯器ー挑戦

次男がお米を洗って、炊飯器の予約炊飯を設定しようとしている。
ピピピっと、不審な音。
うまくいかないようだ。


私がキッチンに行くと、次男は逃げようとした。気まずいようだ。。
引き留めて、「だいじょうぶ、だいじょうぶ。一緒にやろう。」。。と炊飯器の前に来させた。。
まずは、「取り消し」
「予約」
時  のボタンを押して、分  のボタン  を押して
次男は、「6時!」と言ったので、「朝の6時? 夜の6時?」 と訊くと、
「夜!」 と答えたので、
じゃぁ、18時だよ。。と教えると、次男が炊きあがり時刻を、18:00 にセットした。
次男、ニッコリ!
6000円程の炊飯器だけど、ちゃんとご飯が炊けて、優秀だ。
私達には、たぶん、60000円の炊飯器で炊いたご飯と、6000円の炊飯器で炊いたご飯の差がわからない。。
タイガーさん、ありがとう。。
次男がボタンを無茶に押すと思うけど、頑張ってね。。
現在、我が家には、炊飯器が3台ある。。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

エアロバイク

コロナ禍で、お出かけを自粛しているので、みんな運動不足だ。。


先週から、次男のアパートに、エアロバイクを用意して、入浴前に運動させていると、ヘルパーステーションから連絡があった。。
ありがたい。。
お母さんも、がんばろう。。
とりあえず、スロースクワットだな。。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

方広寺大仏殿の塀礎石発見

豊臣秀吉が1595年に完成させた方広寺(京都市東山区)で、大仏殿を囲んでいた塀の礎石2基が京都国立博物館の構内で見つかったと、市埋蔵文化財研究所が10日発表した。

BB1dAeDI.jpeg

東大寺大仏殿(奈良市)をしのぐ大きさだった方広寺大仏殿は、秀吉死後の1602年に全焼し、息子の秀頼が再建。その後、落雷で全焼し、今は建物はない。秀吉が造営した当初は泥土で固めた築地塀で囲まれていた。

 見つかった礎石2基は東西に並び、南北がともに50センチ、東西がそれぞれ95センチと55センチの長方形。2基とも上面に柱を立てるためのほぞ穴が開けられ、上面と南面が丁寧に仕上げられていた。

 礎石2基の西約200メートルに築かれた秀吉期の石垣にもほぞ穴があることから、秀吉期の塀に関連しており、大仏殿の南東側にあったとみられる。

 大仏殿跡のすぐ南側に位置する三十三間堂の「太閤塀」(高さ5.3メートル)の柱の間隔は3メートル。これに対し、礎石2基のほぞ穴の間隔は3.3メートルと上回り、同研究所の担当者は「大仏殿の塀は太閤塀より大きかった可能性がある」と話した。 



houkouji_garan_zu_.gif

続きを読む

テーマ : 歴史
ジャンル : テレビ・ラジオ

iPhoneの復元

昨夜、iphone がアップデートしたあとに、「パスコードを入力してください」と要求して来た。
イヤな予感がしたんだ。
だって、パスコードを設定していないもの。
。。。。。
じゃぁ、パスコードを設定してしようか。。。
入力すると、ブルブルブル!!と震えて、パスコードが違います。。。だと。
ええ~!やばいかも。
iPhone は使用できません。1分後に試してくだい。。ええ~
その後、15分後。。。。l時間後。。。。。と表示が変わり、諦めた。

PCで復元するしかない。。
上手くいきますように。

しまった!!   ずいぶんと長い間、バックアップを取っていなかった。
いつ以来、バックアップをとっていなかったのか。。
2017/4/1  ですって。。
うわぁ、まいったな。。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

アップルパイを食べたい。

コロナ禍で、お出かけできないので、運動不足だ。

お天気がよくてウォーキングできる日と、雨が降っていてウォーキングに行かない日では、一日の長さがちがう。

今週末はお天気がよくて、ありがたい。

スーパーマーケットで買った500円(税込み540円)のアップルパイもありがたい。
次男喜び、私も嬉しい。
アップルパイを食べたいがために、ウォーキングに気合が入る。

2021-02-07_12-00-03_190 - コピー

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

アレクサ、おはようございます。

次男が、「アレクサ、おはようございます。」

と挨拶すると、うまく聞き取ってくれないことが多い。

次男の発音がアレクサには聞き取りにくいのか。

アレクサ!  という 呼びかけ の言葉 と次の言葉の間に1拍あると、アレクサは聞きとりやすいようだ。
次男は、その一拍をハッキリと空けられない。
明瞭な発音は、明瞭な休符から生まれるのか。。。

今朝は、次男が、

「アレクサ、 おはようございます。」 と挨拶すると、

「おはようございます。
寒いと運動不足になりがちです。
私が歌う”ダンス ダンス ダンス” に合わせて運動すると、良いですよ。
”アレクサ、ダンスソングを歌って!” と言ってください。」

次男、「アレクサ、ダンスソングを歌って!」

アレクサが歌い出した。♫


おおおおお!w(゚o゚)w  次男くん、今朝は大成功だ!!!!

最後のラインが効いていた。

♫ 見えないことが大事なこと♫ ♪WiFi みたいにね~♫

ですって!!!

WiFi が接続していないと、アレクサは死んでるものね。
(^∇^)

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

新しい炊飯器

今日は、新しい炊飯器が届く予定。
炊飯器の時刻設定が壊れてしまって、コンセントを入れ直しても、正しい時刻を表示しない。
いつも、8:30から始まってしまう。
どこを触っても、訂正できない。

次男が混乱するといけないので、買い替えることにした。
ヨドバシに行って、売り場を探検するのが好きだけど、コロナ禍なので諦めた。

Amazonで購入した。
世の中がAmazon一強になるのは、危険なことだと強く思うのだけと、今回は、仕方がない。

時刻表示が故障していても、ご飯を炊くことに支障はないのだけど。
次男くん、私が見ていない時に、時々頑張って、「予約炊飯」のセットをしようとしている。
コッソリと試みている。
だから、時刻設定が正しいことが大切なのだ。

ひょっとして、次男の挑戦が故障の原因かもしれないけれど。
だから、新しい炊飯器が届いても、また、壊れるかも。。

いいさ。
別の場面で、節約しましょ。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR