FC2ブログ

大掃除

今年は、お出かけが制限されて、運動不足だ。
自宅にいても、なんとかして運動量を稼ぐことができないか。。と思案しながらの1年だった。
来年も半年くらいはきっとこのままだ。

頑張って、体を動かしましょう。

大掃除の洗剤で、毎年、ガラスクリーナーは、スプレー式のものを使っていた。
シューと吹きかけて、ワイパーを踊るように使って、泡泡を取っていく。
一番下段は、雑巾でふきとる。。のが次男のお気に入りだ。

でも今年はスプレー式のガラスクリーナーが見つからない。
残念。

代わりに、掃除する場所ごとに、使い捨てのティッシュを用意した。

2020-12-30_09-09-25_801.jpeg

新しいゴム手袋とスポンジも用意したよ。

次男くん、二人でがんばろうね。


続きを読む

スポンサーサイト



ひげそりの替刃

次男から買い物のリクエストがあったので、替刃を買ってきた。
インターネットで調べると、「刃は2週間で取り替える。」。。とあるので、2週間ごとの日付を書いて、次男に渡している。

blog-29.jpeg


2週間と言っても、次男がひげ剃りをする機会は、金曜日の夜から月曜日の朝までなので、替刃は4週間ごとに取り替えて良いのではないか。。。と思う。

でも、ま、いいか。。。と2週間ごとの日付を書いている。

だけど、どうも、私が予定している日付よりも早く、次男から買い物リクエストが来るように思う。

次男が特別ひげが濃いわけではない。
ひげが硬いのか??

わからない。

たぶん、次男の感覚の問題だと思う。

剃刀は、新品のときが一番剃り易い。
そして、使えば鈍る。
でも、”これくらいなら、まだ使える。。。” という期間があってから、”もう、取り替えましょ。” になる。

次男は、”これくらいなら、まだ使える。。。” の期間が短いのだろう。

皮膚感覚 とか、時間の感覚 とか、目に見えないものは、説明が難しい。
次男に、「替刃を2週間使ってね。」と納得させる方法がみつからない。


テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

招福

次男が描いた絵と消しゴムハンコを合わせました。

絵画教室で、大きく描いた絵をスキャンして、縮小して、大きい消しゴムに彫ったハンコを縮小して、かっこ良くできました。
親ばかになれることは、幸運なことです。

blog-1_20201228092645515.jpeg

疫病退散!!! 招福!!!

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

本年最後の大安

今朝、アレクサが、

「今日は、本年最後の大安です。お正月飾りは、大安の日に飾ると縁起が良いと言われています。」

と、言うので、飾ってみた。

blog-1_20201227121858f79.jpeg



来年は、安全なワクチン接種ができると、良いなぁ。

松ぼっくり

玄関ポーチの飾りを取り外した。

blog-1_20201226124714af1.jpeg

茶色の松ぼっくりは、大きくて、大人の手の平ほどもある。
金銀の松ぼっくりもけっこうな大きさがある。
全部100円ショップの部材だけど、重ねて吊り下げると、ゴージャス!


落ち着いた色合いになって、とても気に入っている。
また、来年もよろしくね。。。と声をかけて、ダンボール箱に入れた。

続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

離れて居るのが良い

朝のウォーキング、掃除を終わってから、私もシャワーを浴びた。
次男は、ウォーキングから帰ってからすぐにシャワーしてから、掃除機をかける。
フロアーモップをかけて、次男の掃除の担当分は終わり。。
洗濯機が止まるのを待っている。。
次男のルールで洗濯物を干したいから、私に洗濯物を触らせない。。
次男なりの決まり事を乱されるのはとてもイヤなのだ。
洗濯機が止まったので、洗面所から次男に声をかけた。「次男くん、洗濯機が止まったよ。」
「おお!」えらく野太い声の返事が聞こえた。。
何?
慌てて居間に行くと、長男が来ていた。。
2、3業務連絡をして、長男は出かけた。。
次男に、「○○君に、バイバイは?」と促がすと、次男は長男を見ないで、「バイバイ」と言った。。
長男の姿が消えてから、次男に、「お兄ちゃん、来たね。」と声をかけると、「やめて、離して、○○君。離して!」と一連の独り言。。
ええ、ええ、わかっていますよ。。
長男と次男は一緒に居ると、お互いにストレスを感じるのだ。
私は、長男に、長男だから我慢しろと言わない。
次男にも我慢しろと言わない。
幸いにも、離れて暮らすことが出来ているのだから、このままで良い。





テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

子宮がん検診

やっと、検診結果 を訊きに行った。

結果は、問題なし。

よかった。

あくまでも子宮がん検診だけだからね。
他の場所はわからないよね。

でも、無料のクーポンで検診を受けられて、ありがたいです。
ありがとうございました。

次男を、次男を看取ってくれる世代のヘルパーさん達に託すまで、元気でいろよ、私。
ボケるな、私。

今のヘルパーさん達の手元に、次男の生活の記録が積み上がっていく。
宝の記録だ。
キラキラの記憶。
ありがとうございます。

次男の生活の記録は、きっと、次の世代の幸せにつながるに違いない。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

クリスマスリース

次男と朝ウォーキングできるのはありがたい。
お天気が良いと気持ちよい。

2020-12-13_09-29-10_409.jpeg

コロナウィルス感染者数が増加しているので、自宅に居よう。
次男と自宅にいても退屈させるのはマズイ。
なにか、作業をみつけなくては。

今日は、クリスマスリース作りにしよう。

2020-12-13_12-38-08_808.jpeg

まず、私が作り始めて、「次男くんの分の材料もあるよ。」と声をかけたら、「い~~や!」と返事された。
あちゃ。。。

ま、いいか。
ダメ、元か。


続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

インパチエンス と シクラメン

夏の花のインパチエンス と 冬の花のシクラメン が一緒に咲いている我が家の玄関ポーチ。

blog-1_202012121211200e9.jpeg

我が家の玄関ポーチは、日当たりが悪い。
その日当たりの悪さが、インパチエンス と シクラメン には丁度良い。
上出来、上出来。

テーマ : 花と生活
ジャンル : 趣味・実用

お祝いのケーキ

先日、次男の誕生日があった。

当日は、平日だったので、ヘルパーさんと外食に行ってお祝いしてくださった。
美味しい顔の次男のスナップ写真が送信されてきて、安心した。
ありがとうございました。

お祝いしてもらうと、次男は嬉しいだろうし、自信になると思う。
自分は大事にしてもらっていると感じると思う。
次男は、それを言葉にして言えないけれど、次男が萎縮しないでノビノビと生活していることが感じ取れる。

幼児や少年の障害児を可愛がってくださる人はいる。
障害児が本当に可愛い反応を見せるときもあるし、そうでなくても、常識的な大人の行いとして優しくしてくださる人もいる。

でも、体が大きくなると、警戒されるし。
可愛く見えない。

当然のことだけど、親にとっては切ないことだ。
この人を置いて、私は先に死なねばならない。。。と、ずっとわかっているが、慣れない。
胸に何かが差し込む。

それでも次男がだいたいにおいて、ニッコリしているのは、多くの人の善意と仕事に守られ支えられているからだ。
ありがたい。

週末は、私と住むマンションに帰ってくるので、夕飯の用意をして、いつもの置き手紙に「お誕生のお祝いのケーキを用意しているからね。お母さんが帰宅してから、いっしょにハッピバースディしようね。待っててね。」と書いておいた。

さて、私が帰宅すると、いつものように、次男は夕食を済ませていた。
後片付けも、きれいに済ませていた。
いつもながら、感心する。

お母さんが食事をしたら、いっしょにケーキを食べようね。。。。と言いかけて、

2020-12-04_18-36-06_497.jpeg

ビックリ!


続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

消しゴムはんこ

次男の年賀状に押す消しゴムはんこ を作った。

PCで「年賀状、消しゴムはんこ」と検索して、原稿にする画像を探した。
たくさんの画像が見つかって、次男に見せて、「どれにしようか。」と訊いた

次男は、指差して、「丑!」

一番簡単なものを選んだ。

あらぁ。。次男くん、賢くなっちゃってぇぇぇぇ。。

2020-12-06_10-22-41_150.jpeg

2020-12-06_10-24-11_129.jpeg

2020-12-06_10-26-02_671.jpeg

次男が難しいのを選んでしまって、彫っている間にジレてしまったら、私が手伝うつもりだったのに。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR