FC2ブログ

ボブ

銀行に行く用事があったので、いつも通る道とは違う道を通った。

ビックイシューの販売者がいたので、1冊購入した。

2020-10-30_14-46-41_430.jpeg

ボブが亡くなったことはニュースで知っていた。

いつか、ビッグイシューの販売者と出会ったら、購入しようと思っていた。
きっと、ボブが表紙になったビッグイシューがあるはずだから。

ボブは猫の姿をしているけれど、猫じゃないのかも。。。。と思っていた。

以前に飼っていた猫の「たま」ちゃんが私達の「ボブ」だったから。
長男と次男と私を助けてくれて、死んでしまった。
寿命はまだあったと思うけれど。
きっと、私達のために働き過ぎて、エネルギーを使い果たしてしまったのだ。


また、逢いたいな。
たまちゃん。
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

クレープケーキ

しまったぁ。。。たまごがない。
まったくないわけではなくて、2個しかない。
2個の卵は、次男が月曜日の朝に卵焼きをつくるので、使ってはダメなんだ。

そこで、卵を加えないで、牛乳で溶いただけのホットケーキミックスで、クレープらしきものを焼いて、重ねて、クレープケーキを作ることにした。

blog-1_20201026203615e36.jpeg

焼き立てのクレープ生地に、次男が好きなブルーベリージャム と マーガリンを交互に塗って重ねた。
冷蔵庫でクレープを冷たく冷やしたら、生クリームを塗ることができたのだけれど、チャッチャッ と作りたいので、冷蔵庫で冷やすのは諦めた。

私がクレープを焼いてジャムを塗っている間、次男は明らかに ウキウキしている。
もう、おっさん年齢なのに、幼くて、ニコニコしている。

その可愛さは、次男に知的障害があるところから来ているのだけれど、次男のかすかな鼻歌を聞いても私は悲しくならない。

なんとノーテンキなことよ。。。と、思う人達もいるだろうが、障害がある次男が、安心していて、クレープケーキの出来上がるのをウキウキしながら待っていることは、とっても上出来なことだと思う。

健康でいるだけで、上出来。
安心してニコニコしているだけで、上出来。

まず、そうであることが、大事。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

もっとどようくらぶ「さをり織り」

今日は、「もっとどようくらぶ」の日です。
電車に乗って、次男を集合場所まで送っていくのですが、次男は、私をまきたくて、トットト と大股で歩いて行きます。

私も頑張って早足で歩いて、やっとのことで同じ電車に乗りました。
駅を降りてから集合場所まで歩きますが、これまた距離を開けられてしまって、次男の後ろ姿を見失いました。
ああ~(´д⊂)

小さな地域の会館にたどり着くと、参加者とボランティアリーダーさん達の姿の中に次男を探しました。。。

次男くん、ちゃんと到着してる????

あ、いたいた。

先生にご挨拶して、母は引き上げました。

次男くん、たいていの場合は大丈夫なんだけど、時々、”あ、やばい。知的障害のある自閉症だったわ。” と身に滲みることが起こります。
だから、油断してはいけません。
先生、ボランティアリーダーさんに確実にバトンタッチするまで見届けなくてはいけません。

今日は、SAORI会館に行って「さをり織り」を体験学習します。
よろしくお願いいたします。





続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

ココナッツオイル

昨日まで液体だったココナッツオイルが今朝は個体になっていた。

blog-1_20201018102904253.jpeg



きょう18日(日)は、日本列島の上空5500mにー9℃という秋らしい冷たい空気が流れ込んだことや晴れたことなどが影響して、各地で冷え込みが強まった。午前6時までに、全国920地点のうち414地点と4割を超える地点で今シーズン最低気温を観測している。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

じゃじゃ丸ピッコロポロリ

今週末、次男がyou tube で熱心に見ているのは、何十年も前の幼児番組。。
私には、リアルタイムで長男、次男、私が見ていた頃の苦しさがこみ上げてくる。。
次男は、楽しい気持ちだけで見ているのだろうか。
そうであってほしい。
投稿してくれた人は、どんな思惑で投稿なさったのかわからないけれど、ありがとうございます。
次男は、食い入るように見つめています。

おだんご

「だんご粉」をぬるま湯で溶いて、コネコネ。
お湯に投入。
だんごがお湯の表面に浮き上がって踊ったら、すくい取る。

冷水に取ってもいいけど、温かいままでも良し。

次男に「きなこ と 小豆 と どっちがいい?」 「両方する?」 と訊いてみたら、「きなこ!!」 と言うので、きなこをまぶした。


小皿にきなこをまとったお団子を盛って、次男に渡したら、アッと言う間に食べてしまって、写真を撮る間もなかった。

もう少し味わって食べてほしい。(T_T)

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

マギー  アルフォンス・ミュシャ

1894年のマギーブイヨンの広告ポスター

Alphonse Mucha - Advertisement for Maggi late 19th century - (MeisterDrucke-42835)


次男が模写すると、模写にならなくて、別ものになる。
それが良いと思う。

2020-10-03_15-34-53_352 - コピー

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR