FC2ブログ

どんな場面からインプットしたの???

自閉症の次男が独り言をいうのは、日常茶飯事で、気にしてないけれど、

今週末は、「NHK、なにやってるんだぁ。。」

「やさしく、あたたかく。」


が、お気に入りの独り言だ。

どんな場面からインプットしたのでしょう????
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

ダックツアー

次男がお出かけして、無事帰って来ました。
先生方、ボランティアリーダーさん達、ありがとうございました。
ダックツアーとは、水陸両用車で名所を観光するのです。
水陸両用車は、天井がないので、換気が良いので安心です。
暑さ対策に、凍らせたお茶のペットボトルを、手ぬぐいで首の後ろに縛ってツアーに参加しました。

次男は、ごきげんの様子で帰宅しました。
ありがとうございました。
お昼ご飯は、天丼、にぎり寿司を食べたそうです。
ーーーーー
朝、集合場所で次男と別れた後、私はひとりで街散歩。
馴染みのカレー店に寄って、チキンカレーを食べました。
次男も好きな、名物店のコロッケを買って、私もごきげんになりました。




ありがとうございました。

blog-1_20200831065253470.jpeg

blog-3_20200831065254a6f.jpg

メモ-ルイス・キャロル

地下の国のアリス (挿絵=キャロル) (日本語) 単行本 – 2005/2/16
安井 泉 (翻訳)  新書館 

1862-adventures under graund

ルイス・キャロル自身が描いたイラストで甦る、オリジナルの「アリス」!
1862年の夏、ボート遊びにでかけたルイス・キャロルが、アリス・リデルら三姉妹に語った物語が『地下の国のアリス』。
キャロルは物語に自筆のイラストをつけ、アリスにプレゼントしました。これが有名な『不思議の国のアリス』の原本なのです。
本書はキャロル自筆イラストのオリジナル版に加え、1886年版にあるキャロルの「序文」と「復活祭の挨拶状」「クリスマスの挨拶状」を収録。
『地下の国のアリス』、はじめての完全版です。



Alice's Adventures Under Ground (Illustrated) (English Edition) Kindle版
51wxD18YNHL.jpg
推定ページ数: 28 ページ 99円
28ページなら、がんばれる。

ルイスキャロルの手書きの文章と挿絵が微笑ましい。
Alices_Adventures_Under_Ground_-_Lewis_Carroll_-_British_Library_Add_MS_46700_f45v - コピー

続きを読む

テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

『スペシャルズ! ~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』

9月11日(金)TOHOシネマズシャンテ他全国順次ロードショー

【STORY】
ブリュノは今日も朝から大忙し。自閉症児をケアする施設〈正義の声〉を経営しているのだが、どんな問題を抱えていても断らないために、各所で見放された子供たちでいっぱいなのだ。〈正義の声〉で働くのは、ブリュノの友人のマリクに教育されたドロップアウトした若者たち。どこから見てもコワモテのふたりだが、社会からはじかれた子供たちを、まとめて救おうとしているのだ。その成果は現れ、最悪の問題児だったディランと、最も重症のヴァランタンの間に、絆が芽生えようとしていた。だが、無認可・赤字経営の〈正義の声〉に監査が入ることになり、閉鎖の危機に迫られる。さらに、ディランが目を離した隙にヴァランタンが失踪するという事件が起き──。ヴァランタンはどこへ消えたのか? そして施設はこのまま閉鎖に追い込まれるのか? 救いの手が必要な子供たちの未来は──?



次男には、居場所がある。ありがたい。 ずっと、ずっと、在ってほしい。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

家に居られる喜び

コロナウイルス禍で、家にいるしかない。

朝のウォーキングでタップリ汗をかいて、掃除機かけて、拭き掃除して。。。。。て、とにかく体を動かして、退屈しないようにしなきゃ。

本を読めるし、植木鉢の置き場所を交換できるし、良いこともあるさ。

なんとかなるさ。( ̄^ ̄)ゞ

ルイボス茶をいただいたので、ゆっくり味わって飲む。
私たちは、ラッキーだ。

2020-08-21_19-14-20_120.jpeg

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

「妖精の国で」

ちくま文庫から、1988年に出版された「妖精の国で」

1_20200820231150464.jpg

ちょっとクセのある顔立ちの妖精たちがたくさん登場する。
この妖精たちのお顔を見て、現代の子どもたちは”かわいい” と思うのだろうか。
ちょっとおどろおどろしくないか?

原本は、1870年の出版だから、違いがあって当然か。
ヴィクトリア女王の治世(1837年~1901年)で、お家の中に電灯はなくて、ロウソクを使っていた時代か。
お家のそこかしこに暗闇があって、屋外は夕方になれば、真っ暗になった時代。


これは、絵本なのか、詩集なのか。

挿絵を描いているのは、リャード・ドイル(1824-1883)。
シャーロック・ホームズの作者であるコナン・ドイルの叔父さんらしい。

コナン・ドイルも晩年は、妖精に傾倒して、変なおじさんになったらしい。





続きを読む

テーマ : 絵本・制作・イラスト
ジャンル : 学問・文化・芸術

コーヒーゼリー

朝食の後の食器洗いは、私の仕事なのに、次男が颯爽とゴム手袋を装着して食器洗いを始めた。
”あら、次男くんがしてくれるの?”
”はい。”
”ありがとうございます”
お小遣い帳を付ける次男に、”コーヒーゼリーがまだあるよ。食器洗いしてくれたご褒美に、コーヒーゼリー、出そうか?”
と声を掛けると、それはそれは嬉しそうな顔😊 をした。
ああ、狙っていたのね。
母はひっかかって、正解ね。😊


1000ccパックのコーヒー(甘さ控えめ)に、ゼラチン20g です。
蓋付容器5個か、6個に分けて冷蔵庫に入れると、4時間くらいで固まります。
市販のコーヒーゼリーは、100gも無いと思うので、満足感が得られます。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

暑いですね

今日は、とんでもなく暑い。。
「冷房をつけてください。」とインターネットニュースで呼びかけている。
冷房をつけたいです。
次男に「エアコンをつけよう。」と提案しているのだけど、「いや。いらない。」と拒否されている。
エアコンを夕食の後に作動させるのが常なので、変更を拒否しているのだ。
自閉症は、習慣を守りたい。
参るわ。
母は、扇風機をつけても、汗ダクダクです。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

やさしく、ていねいに

次男は、自閉症なので、時々。。ではなくて頻繁に独り言を言っている。。


最近、次男がよく言っているフレーズは、


やさしく、優しく、ていねいに。。。


無機質な平坦な調子ではなくて、優しい穏やかな声で言っている
どんな場面からの引用だろうか。
次男の脳内ライブラリーを覗き観たい。。。と切望する

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

勝手に喜ぶ

亡くなったデビッド ボウイ とイマン さんのお嬢さんが美しく成長されていることを、勝手に喜ぶ。

お誕生日、おめでとうございます。
時差があるから、15日だったのかな。

午前0:08 · 2020年8月16日·Twitter for iPhone


Happy Birthday, my heart, my pride, my angel, my love, my Lexi!
I’m proud to call myself your mommy #LexiLove

EfeHRnVWsAAy4Yl.jpeg

EfeHRnVXgAAg85Q.jpeg


常常思っているのだが。。。。おばさんは、鼻輪ピアス が、なぜ?オシャレなのか???わからない。
いや、よけいなことを、すみません。

EffEqwgXoAARZoV.jpeg



テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

鰻食べたし、ハモでごまかす

鰻丼食べたい。。
あまりに高値で手が出ない。
かと言って、中国産鰻なんか、食べるものか。
貧乏人にも意地がある。
ウィルスを拡散されて、こんなにも迷惑をかけらえた上に、儲けさせてなるものか。
わからないで購入しているものがあるだろうけれど、わかっているものは、買うものか。
ハモの肉厚のを見つけたので買って来た。
まずは、白焼きして、鰻の蒲焼のタレで仕上げた。
お吸い物に花の形のフを浮かべると、ちょっと華やぐ。
うん。悪くない。😊



テーマ : つぶやき
ジャンル : 福祉・ボランティア

殺人的暑さ

ニュースで、「殺人的暑さ」と言っていた。
本当に、そう感じる。
長男に、「生きてるか?」とメールすると、「生きてる」と返事があった。
次男も変わりなくニコニコしてくれる。
まずは、ありがたし。
朝のウォーキングで汗ダクダクになれることのありがたいこと。。
どうしたら良いのか、わからないけれど、コロナウィルスに罹患することなく、熱中症になることなく、夏を乗り切りたい。
コロナウィルスのワクチンは、きっと出来る。
でも、早くしてください。
コロナウィルスに感染しなくても、経済が死んでしまったら、庶民は死ぬしかない。

テーマ : つぶやき
ジャンル : 福祉・ボランティア

白玉だんご

白玉だんごが上手にできました。

歯ごたえがプニュンとあって、好きだな。

お店で食べると、パフェに、ほんの2個か3個の白玉が入ってたりする。
パフェが食べたいのではなくて、白玉が食べたいので、不満足になる。
家で白玉を作ると、白玉をメインにして食べられるので、嬉しい。


blog-2_2020081107294264f.jpeg

わらび餅は、きな粉。
白玉は、甘さ控えめの小豆 よねぇ。(*^_^*)

次男がニタリ。。(^-^)

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

慎重に生活する。

コロナウィルスの感染者数がドンドン増えていく。
ゾワゾワと恐ろしさが近づいてくる。
でも慌てても良いことは一つもないので、慎重に生活しながらワクチンの完成を待つしかない。
私も罹患したくないけれど、誰よりも、次男を罹患させたくない。
制約の多い療養生活は、本人にも、医療関係者にも大きな負担になるから。
誰でも、コロナウィルスに感染しないことが良いのだけれど。
1040人の死亡者があることは、とんでもないこと。
でも1億2600万人の人口での1040人という数字は、奇跡らしい。
たくさんひとが、マスクして、手洗いして、距離を保つように心がけているからだ。。
亡くなった一人ひとりにとっては、いくら奇跡でもその中の1人になりたくなかった。。。と思っておられることだろう。。
ごめんなさい。
blog-1_20200810101507aab.jpeg
新型コロナウィルス (COVID-19) 統計情報
日本の事例
更新日時: 8月10日 9:45 (現地時間)
感染者数
46,783
+1,344
死亡者数
1,040
+1
回復者数
32,312
+1,005
世界全体の事例
更新日時: 8月10日 9:45 (現地時間)
感染者数
19,769,560
+272,268
死亡者数
729,351
+5,497
回復者数
12,030,061
+206,956

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

名探偵ポアロ  死者の過ち Dead Man’s Folly

テレビドラマの名探偵ポアロ シリーズ が好きだ。
ポアロ役はテレビドラマの俳優さんが一番好きで、映画で他の俳優さんがポアロを演じていると、いやになるくらいだ。
リアルタイムで観ると、コマーシャルがイヤなので、録画しておいて、後日に観る。。
後日だと、コマーシャルをすっ飛ばして観ることが出来るから。
デヴィッド・スーシェ
ポアロ以外では、悪役が多い。
なんでかな?
探偵小説だから、誰かが死ぬはわかっている。
誰かが死なないと事件にならない。
でも、知的障害がある人が犠牲になる話は、たまらない。。
莫大な遺産を相続していても、それがために利用されて殺害されるなんて。
救いがない。
不憫でならない。

テールスープ

昨日、スーパーマーケットで牛テールを発見!!
いつもは、私がスーパーマーケットに寄る時刻には売り切れているのか、見たことがなかった。

ウヒョ!! と跳び上がった。
お肉がたくさんついているように見えるものを選んで購入。
うれし!!

圧力鍋にたっぷりの野菜と生姜と鷹の爪を入れて、20分加熱。

火を消した後は、そのまま放置。

今朝、味見。
冷たいままでも旨味がわかった。
少しだけお醤油を垂らして、野菜を取り分けて、温めて食べた。
朝だから、お肉を取らなかった。


冷たいままのテールスープを2つの容器に分けて入れて、冷蔵庫へ入れた。

毎金曜日の習慣で、次男にメモを書いた。

「テールスープです。
冷蔵庫の中にあります。
お鍋に入れて温めてね。
レンジでチンでもいいよ。」

グレープフルーツを、皮を向いてボウルに入れて、冷蔵庫へいれた。
次男は、少しのお砂糖か、ハチミツをかけて食べるだろう。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

覚書 エアコン

18年働いてくれたエアコンがオシャカになったので、取り替え工事をした。
先週の土曜日に電機屋さんに見てもらって、月曜日に見積りを出してもらって、昨日に取り替え工事をしてもらった。。
最速のサービスをしてもらってありがたいことだ。
以前にもお世話になったかなり高齢の電機屋さんだ。
既におばあさんと呼ばれてもよい私から見て(高齢)の電機屋さんだから、ひょっとして80代?か?
工事には、若手(60代?)と一緒にくる予定だったけれど、立ち寄ったコンビニで店員さんがコロナウイルス🦠に感染したとニュースで知ったので、念のために自主隔離すると決めたそうで、高齢の電機屋さん(社長さん)だけで来られた。
次男はお出かけプログラムで出かけたので、私が電機屋さんを手伝った。。
新しいエアコンの室内機は、改良されて軽い。。
室外機は、新旧ともに重い。。
軍手をはめて、車🚗から我が家まで2人で運んだ。。
屋外階段がメゾネットなので、我が家からは、階段を一層分移動しないとエレベーター階まで辿り着けない。。
階段を一層分と玄関から一番奥に居間まで、せ~の! ドッコイショ! と声を掛けながら脚立、道具類、新旧エアコンの室内機、室外機を運んだ。。
電機屋さんは、脚立に立って、私はイスに立って、室外機を持ち上げて、壁に取り付けた。
しんどかった。。今朝は筋肉痛。。
私の筋肉はすでに古いので、筋肉痛は遅れてくるのがいつものことなのに、今朝から痛い。。
電機屋さんは、私よりも頑張ったのだから、今朝の様子はどうだろうか。
心配になってきた。
新しいエアコンは、MITSUBISHI霧ヶ峰、165000円 工事費込み。。



プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR