FC2ブログ

マスクゴム

注文しておいたマスクゴムがやっと届いた。

2020-04-25_10-06-18_419.jpeg

1袋315円

届いてよかったけれど、私は気がついてしまったのだ。

マスクゴム よりも、100円ショップでタイツを買って、足の部分を3cm幅の輪切りにして、ビヨーンを引っ張れば、切端がクルッと丸まって、素晴らしい伸縮性で肌さわりの良いマスクゴムになることに。

2020-04-23_13-52-43_085.jpeg

マスクゴムよりも、こちらが良いのだ。

先に気が付けばよかったわ。

2020-04-24_02-59-42_550.jpeg

こちらは、長男のために作った布マスク。
とりにおいで。。。と言っても来ないから、次男のマンションのメールボックスに入れようとしたら、メールボックスが開かなかった。

ああ。。(ノ_<)

保管しておくしかない。

長男、取りに来いよ。


スポンサーサイト



開講が延期になった。

「仲間つくり教室」の開講が延期になってしまった。

コロナウィルス禍のせいだ。

多数の受講者が集まるわけだから、当然の対応なのだけど、次男が悲しむわ。(´・_・`)

blog-1_20200416173733445.jpg

次男が悲しむと、母も悲しい。(ノ_<)

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

布マスクを作るぞ!!

長男、次男、私の布マスクは準備できている。

私は裁縫が大苦手なんだけど、頑張って作った。
たくさん作って、あっちこっちに配った。

もらった人達は、無いよりマシだから、もらってくれる。

布マスクでウィルスをはねつけることはできない。
でも、自分がだれかに迷惑をかけることを最小限にできるかもしれない。

それに、人は気づかないうちに自分の鼻や口を触ってしまう。
その動作が、感染を広げるというので、マスクをしていると、鼻や口を触る代わりに、マスクを触ることになるので、マスクをしていることは大事なことだと思う。

それで、下手でも布マスクを作り続けている。

100円ショップ、手芸店に、ガーゼが無くなった。
マスクゴムが無くなった。
6mm幅のゴムも無くなった。

可愛い端布が無くなった。
ジーンズ生地の端布も無くなった。

木綿さらしがなくなった。


アマゾンに、マスクゴムを注文したら、「5/2に届く予定」ですって。
さらし木綿も売り切れているものもある。
以前は、10mで1800円くらいだったのに、今は2000円を超えている。

手元にあるものをかき集めて、布マスクを作ろう。
8mm幅のゴムは6mm幅のゴムより長くすると、なんとか使えます。

布マスクをたくさん作って、次男がお世話になっている人、場所に配りたい。

下手だけど、洗い替えの1枚として、受け取ってね。


これは、私の「お百度参り」かな。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

布マスクを頂きました。

次男が作業所から布マスクを頂いてきた。

正しくは、 「厚生労働省医政局経済課(マスク等物資対策班)
から事業所に届けられた布マスクです。
1枚です。

blog-1_202004111651056ef.jpg

blog-2_20200411165106d5e.jpg

blog-3_20200411165108298.jpg



「再利用可能なマスクを無料で配布しますので、御活用ください。」・・・云々。。とある。

う、う~~~ん。(´・_・`)

無料で配布してくださって、ありがたいですよ。
ありがたいですけどね。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

星の王子さま

帰路に必ず古本屋さんの前を通る。
お店の一番前にカゴが置いてあって、安価な商品がある。
いつも、横目で見ながら、スゥーッ と通り過ぎる。
昨夜は、これを見つけた。(^^)

200円。


2020-04-07_18-33-58_183.jpeg


2020-04-07_18-35-43_277.jpeg

電子書籍で、持っているけれど、紙の本を買ってしまった。

内藤 濯(ないとう あろう、1883年7月7日 - 1977年9月19日)は、フランス文学者、評論家、翻訳家、エッセイスト。

フランスの作家アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの『Le Petit Prince』(直訳すると「小さな大公」)を初めて『星の王子さま』と訳したことや、1908年に雑誌『音楽界』の中で「印象主義の楽才」として日本に初めて作曲家のクロード・ドビュッシーの作品を紹介したことで知られる。


テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

岡山県から「デニムマスク」が誕生。

かっこいいマスクですね!

岡山県総社市の障害者福祉施設が、市内のマスク不足を解消する目的でデニム地のマスクを製造。当初は市役所のみで販売されていましたが、ネット注文がスタートしたことでTwitterでも話題に。全国から注文が殺到しているといいます。



総社市

 

総社市内の障がい福祉施設(就労継続支援A型事業所,B型事業所)が、布製マスク“総社デニムマスク”を作りました。



kn_19denimu01_w480.jpg

きっと、たくさん売れますよ。(*^_^*)

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

仁和寺の薬師如来様の梵字

ツィッターから

仁和寺でお配りしている覆面(マスク)に押印している薬師如来様の梵字を再度アップいたします。瑠璃光をもって衆生の病苦を救うとされる薬師如来様。気軽に参拝する事も叶わない世の中ですから、皆様どうぞ画像保存などご自由にして下さい。これで少しでも皆様の不安が和らぎますように握った手 #仁和寺



ありがとうございます。
御室桜を見に行きたいのですが、今春は、諦めました。
薬師如来様の梵字 をブログに貼らせていただきます。
ありがとうございます。
EUzk1SeUUAIM0pO.jpeg

blog-1_20200405114959f9d.jpeg

公園の🌸もきれいです。(*^_^*)

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

エイプリルフール???

「今年のエイプリルフールは、コロナのネタは、やめましょうね。」。。。 ていう呼び掛けをしておられる人たちがいて、”ああ、そうだよね。それがいいね。” と思っていた。

読売新聞 2020/04/01 19:03
 安倍首相は1日、新型コロナウイルス感染症の政府対策本部で、国が買い上げた布製マスクを5000万余りの全世帯に2枚ずつ郵送で配布すると表明した。




これは、エイプリルフール???

コロナネタはやめましょうね。。。て、言ってたのに。。

え!?
本気なの??!!!
1世帯に、2枚ずつ???!!!

(*゚Q゚*)

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR