FC2ブログ

千葉県の障害者福祉施設、 感染者は86人に

千葉の福祉施設で、多数の感染者が発生したそうだ。

「入所者の中には、事態が理解できなくて、不安を感じている人がいる」という。

入所者の年齢が高いようだ。

すでに両親が亡くなっている人も多いと思われる。


次男をおいて、私が先に死ぬことは確実なことだから、千葉の福祉施設の入所者に次男の老年期が重なる。
次男が入所している場所で、なにかの病気に感染したら、次男の様子はどんなだろうか。
次男は、不安を感じても、それを言葉にできないまま、周囲の様子をながめているしかないのだろう。

私は、何もしてやれないのだ。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

曇り桜

昨日の雨で、花が散ってしまった桜の木もあるけれど、まだこれから咲きますよ。。。という桜もある。

blog-1_20200328112543b32.jpeg


blog-2_2020032811254496d.jpeg

桜は必ず来年も咲くから、来年の花見を楽しみにしよう。

今は、罹患しないことがなにより大事。

私は、家の中でもマスクをしている。
自分が罹患していると仮定して、次男に感染させないように。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

無事

次男は無事に帰ってきた。
ありがたい。

月曜日の朝に、次男も私も元気に出かけることができるように、明日も明後日も家にいるよ。

長男も無事。
ありがたい。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

アマビエ 様 疫病退散!!

ツイッターで、#アマビエ祭り
たくさんの人が描いておられるアマビエ様 が可愛い。

「お守りにどうぞ」とあるものをプリントアウトさせていただこう。

江戸時代後期の肥後国(現・熊本県)に現れたという。この話は挿図付きで瓦版に取り上げられ、遠く江戸にまで伝えられた[3]。

弘化3年4月中旬(1846年5月上旬[注 2])のこと、毎夜、海中に光る物体が出没していたため、役人が赴いたところ、それが姿を現した。姿形について言葉では書き留められていないが、挿図が添えられている。その姿は人魚に似ているが、口は嘴くちばし状で、目は菱形、黒目(虹彩)と白目があり、耳らしきものもある。髪と思しき直線的なものが頭部から伸び、その長さは体長に等しい。首から下には胴体があるが、鱗に覆われた魚体で、しかし、腕は見えない。これは描き手の稚拙さによるものか、髪と思しきものに隠されているだけなのか、それとも本当に無いのかと、可能性は様々で全くの不明と言うほかにない。胴体の下部、人間なら下半身にあたる部分は、尾鰭おびれのようにも足のようにも見える部位が三股に分かれており、体はその三股によってか波間で立ち泳ぎをしているように見える。

その者は、役人に対して「私は海中に住むアマビエと申す者なり」と名乗り、「当年より6ヶ年の間[注 3]は諸国で豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を描いた絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行った。




疫病退散!!


320px-Higo_Amabie.jpg


テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

青シソドレッシング

長男に「体調をくずしてない?」とメールしたら、「大丈夫。」と返信があった。
よし。よし。


次男と私も大丈夫。
しっかり眠れているし、野菜も食べているし。

て、言うか、普通の生活をしている。


朝、ウォーキングして、次男が朝ごはんの用意をしてくれる。

美味しい味噌汁を作ってくれて、ありがとう。
お茶碗にご飯をよそってくれてありがとう。
息子が作ってくれる朝ごはんを食べる幸せ。

キュウリ、ワカメ、シソ、ミョウガ のサラダにドレッシングをドバッ!! をかけてしまうのが、ちょっと。。
もったいないし、味が濃くなりすぎるよぉぉぉぉ。。(´・_・`)

blog-1_2020032112055772a.jpeg

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

桜と雪柳

3連休だけど、どこへも行かない。

私達が罹患したら。。。私達はたった二人なんだけど、迷惑をかけてしまう人の人数を数えてみると、作業所、ヘルパーセンター、会社。。。

美術教室、もっとどようくらぶ。。とか、数え上げたら、すごい人数になる。

だから、慎重にならなくちゃ。

次男くん、我慢しようね。

公園で、マスクしてウォーキングしながらお花見しよう。

blog-1_20200320122238f49.jpeg

blog-2_2020032012223933f.jpeg


テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

現金書留

現金書留を受け取った。
覚えているかぎりで、初めての体験。

なんのお金かと言うと、「もっとどようくらぶ」が2回キャンセルになったので、2回分を返金してくださったのだ。

気の毒です。

次男も含めて、お出かけを楽しみにしていた会員がかわいそうだけど、運営している先生方も気の毒です。

くやしいな。

それも、これも、中国が隠蔽工作でパンデミックを引き起こしたからだ。




テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

まだ、ジレていない。

次男は、ウォーキングして、掃除機をかけて。。。とお出かけできなくて運動量が減ってしまう分をどこで稼ぐべきかと考えているようです。


blog-2_20200315122414e74.jpeg

いや、考えていると言うと買いかぶり過ぎになるのでしょう。
退屈したくないのでよく動くのだと思います。
ゴミ箱のゴミ袋を取り替えたり、シャンプーの詰め替えをしたり、お米を洗ってくれたり。

次男に、日曜日は、お出かけしないでお家に居ようと伝えると、「コロナウィルス」  と返事します。
「コロナウィルス」の意味はわからないと思いますが、なにか理由があって、お出かけできないのだ。。。とわかっているようです。

次男は、まだ、ジレていません。
事態が収束するまで、次男の我慢がもつかな。。どうかな。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

ガーデンシクラメン

ガーデンシクラメンが、たくさん咲いています。
小さい花が勢いよく湧き出るように咲いています。
ありがとうね。
いっぱい褒めてやります。

blog-1_20200315122412198.jpeg

テーマ : ■お花が好き♪
ジャンル : 趣味・実用

hiver(イヴェール)

hiver(イヴェール)  は冬のこと。
フランス語かな。

ラテン語群は、Hを発音しないようだ。

hiver(イヴェール) - コピー

次男は今日もごきげん。
先生を独り占めにした。

贅沢過ぎて、バチが当たらないだろうか。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

-吉田誠治-ものがたりの家Ⅱ

この本、ほしいなぁ。

040030791978-6p.jpg

02bedcfd7ba784262aabd4efaa887b5c.jpg

よそのお家の中を覗く。。。みたいな事が好きで、そう言うと、変質者みたいで気持ち悪いけど、ドールハウスて、欲しくなかった?
私は欲しかった。

置く場所に困るから入手しないけどね。

だから、京都、 風俗博物館 も好き。



779058d86b331f368dc0ecba0a25628a.jpg



この本も好き。
私の本のコレクションの一冊。
私のコレクションは、保管するのではなくて、眺めいて、ページをめくって、次男が本棚から取り出しても好きにさせているので、もう、ボロボロになるけれど、それで良いのだ。

61J3815QSXL__SX360_BO1,204,203,200_




原種チューリップ

原種チューリップは、花が終わった後も植えっぱなしでよい。
手間いらずなので好きだ。
花が小さいけどね。

2020-3-12-1.jpeg

2020-3-12-2.jpeg

テーマ : 花と生活
ジャンル : 趣味・実用

スクールバス

郵便局へ行って用事を済ませた。
交差点で信号待ちをしていると、スクールバスが通った。
マイクロバスで支援学校のスクールバスだと思った。
生徒たちと介助の先生たちが乗っていたから。


あれ?休校じゃないの?

下校のバスなの???

わからないけど。

子どもたちも先生方も無事に乗り切ってほしいなぁ。

もちろん、私達も。


次男くん、スクールバスに乗る機会がなかった。
保育所、小学校、中学校は徒歩で通学したし。
高校は電車で通ったから。

次男くん、スクールバスに乗りたかったかもしれないな。

次男は記憶していないだろうけど、就学前母子通所施設に10ヶ月間通っていた間に、時々スクールバスに乗せてもらった。
あの頃の想いを思い出すと、今でも ”地下鉄のホームから跳ばなくて、よかった。” と思う。
自分を褒めてやる。

子どもが無事に成人することは、奇跡なのだ。
健康な体を得て生まれてきた子であっても、親の気持ちが折れてしまったら、子をどうにかしてしまうこともあるわけで。

成人した後も、”一日を無事に終えて、ベッドに入って、ヌクヌクして眠りに落ちる” のは奇跡の連続なのだ。
事故に合わなかった一瞬の連続、心臓が止まらなかった一瞬の連続が一日になるのだから。

次男が週末に帰ってきたら、月曜日の朝に無事に出かけて行けるように、丁寧に大事に生活しようと思う。

お世話になっている作業所に関わる全て人が大丈夫で、お世話になっているヘルパーステーションに関わる全ての人が大丈夫で、私も次男本人も大丈夫でないと、閉所や自宅隔離になる。
どこか一箇所に穴が空いたら、ガラガラとこわれていく。。

見えない災難と戦う。。て厄介だ。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

コンサートがキャンセルになった。。

それは当然のことだ。。
出演者のためにもその方が良い。。
悲しいけど。。
チケット代金は月曜日から払い戻しされる。。私はファミマで払い戻してもらう。。


戻って来たお金で本を買うわ。
映画館も行けないから、ひたすら読書に励むわ。。
電子書籍だってあるし。
退屈したり、気持ちを腐らせたらもったいないからね。


今日は、塗り絵をしている。

階上の騒音

もともと、上の階の騒音が酷い。。
生活音は仕方ない。。人が生活すれば無音ではいられない。。
そういう音ではなくて、ドーンと跳んでいる音。。ドンドンドン ドドン ドンとリズムをとって跳ぶ音がいやだ。。
ベランダに大量の水を落とされた時には屋外階段を駆け上って、ピンポン! した。。ちょっとキレていた。
「階下に住んでます。。大量の水が落ちてきました。。困ります。。洗濯物が濡れました。。毎日のドンドン跳ぶ音ももう少し控えて下さい。」
ドアが開いて女性が出てきた。。一言も発しない。。
細目を少しだけ開いてジーっしている。。
(え!外国人か?)
いや、管理人さんに相談した時に、日本人だと聞いた。。小学生の女児が2人と聞いた。。
ともかく、(こりゃ ダメだ。。) とわかった。。
相手にするべきじゃない人だ。


で、コロナ肺炎武漢コロナウイルスで臨時休校になって、騒音が増している。。
たまらん。。

新型コロナウイルスを「武漢コロナウイルス」と呼ぶ傾向が米国のメディアや専門家の間で広まってきた。
米国では発生の起源を明確にするためには「武漢」の名称を入れることが適切だとする意見。

JOB ミュシャ

ジョブ社は、ミュシャがポスターを制作した当時はタバコ用の巻紙で知られていた会社

刻みタバコを巻く"紙"を宣伝するポスター。

モデルが持っているタバコから煙が立ち上っていて、煙の描き方が特徴的。

次男にはタバコも煙も関わりがなくて、わからなかったと思う。

次男が描くと、ひょうきんな人魚みたい。(^∇^)


blog-1_20200314171359c87.jpeg

blog-2_20200314171400527.jpg


テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

自宅待機

自宅に居るしかないけれど、運動量が減ると良くないのは誰でも同じ。
だから公園はジョガー、ウォーカーがたくさんいます。
次男くん、ちょっとジレていますが、まだ大丈夫です。


いつもは空きスペースがないくらいの観光バスの駐車場も、2,3台しか留まっていません。
団体で、どぅ~~~~!!!と移動している外国からの観光客はいないけれど、1人や2,3人で散策している方々はけっこう見ました。

公園は誰でも自由に散策できるけれど、天守閣は休館です。

blog-1_2020030113051548c.jpeg

売店は営業しています。


せっかく遠いところから交通費をかけて来日したのに気の毒です。
私が楽しみにしていた外国旅行に行って、どこも休館だったら、ガッカリするもの。

私達は、ウォーキングして、あとは自宅でノンビリしています。
私は本が読めてうれしい。
次男はネットサーフィンとジグソーパズルです。


コロナウィルスが収束するまで、罹患しないで乗り切りたいです。

blog-2_20200301130517295.jpeg

blog-3_20200301130518e58.jpeg






テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR