FC2ブログ

イーヨウゥー、ポポン!!!

4年に一度しか開催されないラグビーワールドカップ。
今度、日本で開催されるときは、私は生きているか、わからないので、出来る限り見ておこうと思っている。
次男もPCを触りながら、見るとは無しに、見ている。
で、次男も、「イーヨウゥー、ポポン!!」掛け声をかける。
それだけなんだけど。
嬉しいなぁ。。
楽しいなぁ。
日本が敗退してしまったけれど、観客席は満員の様子で良かった。。
(日本が敗退したから、その後の観客席には空席が目立った。) とか、になったら、ホスト国としては、遠くから日本に来てくれた選手や観客に、不義理だもんね。。
て、スタジアムに全く行かない私が言うと、無礼ですよね。
ごめんなさい。
すいません。
スポンサーサイト



少しだけ紅葉

お堀近くの桜の木が、すこしだけ紅葉しています。
blog-1_20191027104108bae.jpeg
紅葉がもっと進んでから、どこかにお出かけしよう。
真っ赤な🍁モミジの中をハイキングしよう。。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

ザリガニ3匹

次男はきげんよく出かけて、きげんよく帰ってきました。
今日のお出かけ先は、城山オレンジ園でした。



アスレチック、ザリガニ釣り、芋掘り、みかん狩り、などなど 楽しんできたようです。
「ザリガニは、釣れたかな?」 と 訊いてみると、「3匹!!」と答えてくれました。

先生方、リーダーさん達、城山オレンジ園のスタッフ様、ありがとうございました。

2019-10-26_17-38-12_978.jpeg


2019-10-26_17-39-40_478.jpeg

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

私のipadがロックされている

あら?
あら!
私のipad がロックされている。
パスコードを入力してください。。と表示されている。
えぇ!
基本的に、パスコードは解除したまま使っている。
次男が、私のipadを触るから。
自由に触って良いようにしている。
でも、ロックされている。
やったな、次男。😓
なんで、次男のipad ではなくて、お母さんのipad をロックするかな。
————————— 
心当たりがあるナンバーをパスコードに入力してみた。
全部ハズレ!
アララ。。
次男の帰宅を待って、「次男くん、パスコードを入れて、」と言ってみるか。
次男が、覚えているワケが無いよな。
もし、次男がパスコードを覚えていて、「ハイ。」と入力してくれたら、次男は療育手帳を受け取ってないよ。
アップルのページを検索して対応策を探した。
パスコードを削除。初期化。復元。
上手にできました。
やったね❣️ とひとりで悦に入る。
失ったデータは無いように思う。
ああ、良かったわぁ。。
でも、うまく復元出来て思うのは、やっぱり、次男に、「次男くん、パスコード、覚えてる?」と、訊いてやればよかった。。
待ってやればよかった。
後悔、先にたたず。

岩清水八幡宮-新しいケーブルカー

岩清水八幡宮のケーブルカーが新車両になったので、乗りに行かなくちゃ。。。と思っていた。
やっと行けました。

次男、ニコニコ。
私達が乗ったのは、「こがね」
降りてくるのは、「あかね」

2019-10-20_12-02-09_336.jpeg

2019-10-20_14-35-53_063.jpeg

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

ラグビー 日本対スコットランド

私はもの凄い運動音痴だ。
野球のルールは理解できるけれど、ラグビーのルールの大部分が理解できない。
何が起こって、なんで反則なのか、わからない。
ボールを前にパスしたらダメ。。。が、ようやくわかった。
そんなだから、ラグビーワールドカップは、ニュースでハイライトだけ見て満足していた。
それでも昨日の 日本対スコットランド戦は、歴史的な試合になるのかも。。と思ってゲーム開始から見ることにした。
見てよかった!!!
運動音痴の私にも、素晴らしい試合だとわかった。
震えた。。
日本でワールドカップを開催するために、尽力された方々全てに感謝したい。。
13日早朝からグラウンドを整備した人達、交通網の安全を確認した人達、スタジアムを埋めた観客、台風が荒れ狂う中で滞在中の各国のチームに不足がないかと心配りした人達もいたはずで、何万、何十万人の人達がワールドカップを支えているのだな。。と思って震えた。
でも元首相の森氏は大嫌いのままだわ。

しまだいギャラリー

「京都国際マンガミュージアム」の近くにあるギャラリー

前を通るたびに、「入ってみたいなぁ。。」と思うけれど、チャンスがない。

ギャラリーだから、見るだけでも良いのだろうけれど、まったく購入する可能性がないとわかっているのに、覗いてみるのは厚かまし過ぎるかな。。。と思う。

私が購入してもおかしくない物の展示をしていることがあるかな。。ないかな。。。

2019-10-13_14-24-57_102.jpeg

SHIMADAI GALLAERY KYOTO

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

台風に備えているけれど

たいへんなことになっている地方があると、テレビニュースで言っていて、心が痛む。。

私たちも、台風に備えて植木鉢をベランダの壁ぎわに移動させた。
雨戸や鎧戸がないマンションなので、何かが飛んできたらどうしようもない。。
きっとハイグレードなマンションには、カッコイイ鎧戸があるんだろうな。

養生テープをガラス面を補強すべきだったけれど、考えが及ばなかった。。
気がついた時には、ホームセンターで養生テープは売り切れてしまっていた。。
あじゃぁぁぁ。。
仕方がないから、神に祈るのみ。

それでも、風雨は想像していたほどではなくて、近所で大規模な工場の取り壊し作業の現場があるけれど、今日も作業続けているくらいなのだ。
ドンドン、ガチャガチャ と作業の音が聞こえている。。

だから、次男が、( 美術教室、行けたんとちゃうん。。。) みたいな顔をしていて、ちょっと面倒くさい雰囲気。。
”次男くん、行きは良い良いで、帰りは、電車は止まっている。。。て、ことは有るえるよ。。” と顔で言ってみるのだが、通じるはずもなく。

朝の体操の後、次男が日記帳に今日の予定を書くときに、「今日は台風が来るので、お家にいます。」と書いたらいいよ。。。と提案したら、「い~~~~~や!!!」と拒否されました。

不満があっても、何かに八つ当たりするような次男ではないけれど。。。
次男の不満に気づいてないフリをしよう。。お母さんは、鈍感です。鈍感です。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

台風19号がやってくる

強力な勢力をもったまま、台風19号が近づいてくる。

美術教室の先生から電話があって、12日(土曜日)は休講になった。

そうなるかなぁ。。。と心配していたから、驚かないけれど、次男はガッカリするだろうな。

可愛そうだ。

「ダメ!!!」「ダメダメ!!」と繰り返すのだろうな。

次男をなだめるのは、ちょっと、つらい。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

ジャズメッセ2019

仲間つくり教室の「スポーツ大会で、隣に座っていたお母さんたちが「ジャズメッセ」について話しておられました。

””え!? ジャズメッセの案内がもう届いているの?””(°_°)

家に帰ってから探して見たら、ありました。
封を切らないままで、レターラックに入れてありました。


img20191006_18573019.jpg


img20191006_18591844.jpg

今秋も楽しみです。





テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

スポーツ大会

「仲間つくり教室」のスポーツ大会でした。

たくさんの受講生が一度に集まるので、府立支援学校の体育館は熱気が充満していました。
先生方、ありがとうございました。
体育館を使わせてくださった支援学校のみなさん、ありがとうございました。


blog-1_20191006193427c34.jpeg

blog-2_201910061934299e5.jpeg

blog-3_20191006193430940.jpeg

受講生は、美味しいお弁当をいただきました。
ありがとうございました。

次男くん、よくがんばりました。
帰路にドーナツを買いました。


来年はスポーツ大会はあるのかなぁ。。
わからないです。


テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

カフェラテ色のネコ

次男が美術教室にいる間、以前はコンビニのイートインコーナーでカフェラテを飲んでいました。
ある日、テーブルに、「ご利用は30分をめどにしてください。」という掲示があったので、”あら、わたしのことだわ。” とわかったので、今は喫茶店で、私にとっては高価だなぁ。。。。と感じるカフェラテをのんでいます。


教室に次男を迎えに行くと、「カフェラテ色のネコ」がいました。
かわいいね。

今日も、次男はごきげんでした。
先生、ありがとうございました。

blog-1_20191005185147693.jpeg


テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

トマト缶

昨日はちょっと大変だった。

書類を持って、大阪-神戸間を電車を乗り継ぎ、乗り継ぎしてウロウロ。
ちょっと疲れた。

疲れて頭が回らなくなったので、ちょっと失敗。

献立を考える気力がなくなったので、カレーに決めた。
賞味期間がきれそうなトマト缶があったので、カレーにいれたら、トマト味が予想よりも強くなった。
トマト缶を半分にすればよかったのに、考えないで、一缶全部を入れてしまったから。

ああ、やばい。
次男が嫌いかも。。。

味の修正を試みだけれど、う~~~ん。
もう一つ効果がない。
トマト味が強く残っている。

う~~ん。
次男くん、ごめんなさい。
オヤツにゼリーをつけるから、許して。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

安楽死について

「安楽死」を扱った6月放送のNHKのドキュメンタリー番組が自殺を肯定する内容で、障害者や難病患者の尊厳や命が脅かされたとして、障害者らでつくる日本自立生活センター(京都市)が放送倫理・番組向上機構(BPO)に審議申立書を送付したことが1日、分かった。

 番組はNHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」。重い神経難病を患った女性が、スイスに行き安楽死に至る姿を追った内容だった。



私は、このドキュメンタリー番組を見た。
とても良いと思った。
安楽死は、認められるべきだと思った。

本人が熟考された様子がよくわかったし、姉妹の愛情も伝わった。
番組によって「障害者や難病患者の尊厳や命が脅かされた」とは思わない。




テーマ : 障害者の自立
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR