FC2ブログ

シクラメンの種

今朝、玄関ポーチに出たら、なにやら赤いポツポツが見えました。

blog-1_20190720104637d11.jpeg


なに?これ?

blog-2_20190720104638860.jpeg

シクラメンの種でした。

ガーデンシクラメンなので、小さな花ですが、毎年たくさん咲きます。
花ガラを摘むように心がけているのですが、毎年一つか二つの実が成って種ができます。
シクラメン鉢の根元にパラパラと蒔いておきますが、発芽したことはないです。
真面目に発芽専用鉢を作れば、発芽するかもしれません。

花が咲いたあとにちゃんと種ができるって、それだけで、ちょっとスゴイ感じがします。
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

野菜ジュース+クエン酸

次男は、パターンが読めると、大抵のことは”仕事のように”自分で仕切りたいのです。

だから、私が毎朝飲むことにしている野菜ジュースも、次男が作りたいのです。
昨日は、次男がシャワーをしている間に私が用意してしまったのでちょっと不満顔でした。

今朝は、次男がシャワーを終えてキッチンに戻ってくるまで手を出さないでまっていることにしました。

2019-07-15_10-19-16_123.jpeg



続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

膨らまなかったパウンドケーキ

なぜかな?
卵白がメレンゲにならなかった。

まっ、いいか。

今日は厚さの乏しいパウンドケーキになりました。


2019-07-13_15-24-00_171.jpeg


2019-07-13_15-30-29_188.jpeg

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : 趣味・実用

パズル

次男のアパートでの余暇に完成したそうです。
1000ピースですって。

blog_201907131036031a9.jpeg


ヘルパーさん達が次男の余暇時間に気を配ってくださって、ありがたいです。
次男は、「どうしたらいいいか、わからない自由時間」が苦手です。
なにかしら、課題があると、落ち着きます。
だから、お茶碗やお皿を洗うのも、掃除機をかけるのも、好きなのです。

次男は、なんにでも、仕事にように取り組んでしまいます。
それが、良いことなのか、悪いことなのか、わかりませんが、何かに集中している時間が心地よいのだと思います。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

プクプク マリンリウム

次男くん、ヘルパーさんに連れて行ってもらったそうです。

次男に訊いてみたら、「金魚!」て、答えたけれど、これは、「熱帯魚」ですよ。

「ネッタイギョ」は言いにくいものね。
当たらずとも、遠からず。。

231_main_pict.png


これは、キレイで涼しげなイベントですね。

その後は、大阪ガスの「ハグミュージアム」へ行って、「マシュマロサンド」 を作って食べた。。。とも言っていて、楽しかった様子。

ヘルパーさん、ありがとうございました。

いろいろなイベントがあってもそれを知らなければ利用できないわけで、親が気づいていないイベント、場所につれていってもらえてありがたいです。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

投票に行こう!!

日本に日本人として生まれただけで、成人すれば「投票権」が与えられるって、幸運なことだと思う。

ニュースで知ったのだけど、オーストラリアのアボリジニ族は、1960年代まで選挙権を与えられなかったそうです。

海の向こうから勝手にやってきたイギリス人に攻められて、土地を奪われて、中には不毛の島に押し込まれて餓死させられたり。

親から子どもを奪って、教育と称して白人の家庭でメイドに使ったり、なかには力ずくで妊娠させてミックスの子を産ませたり。

アボリジニの人口を減少させようという施策だったのだ。

人は、生まれてくるときに、どこに生まれるのかを、選べない。

私は、日本に生まれてラッキーだ。

もっと大きなラッキーがほしくて、常にジタバタしているけれど、これからも、ずっとジタバタするけれど、目の前のラッキーも大事にしている。

だから、私は、投票に行きますよ。
棄権しません。

すでに期日前投票を済ませました。

投票場の前で、NHKが出口調査をしていて、声をかけてきたけど、断りました。
選挙のたびに、出口調査は、断ります。応じません。

出口調査をなぜするのか、わからない。
余計なことだと思う。





テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

フエルト  たんぽぽ

作品展があります。
展示即売しています。

img20190709_15390983.jpg


img20190709_15395897.jpg

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

建仁寺-両足院-初夏特別拝観-半夏生

今日が最終日でした。
半夏生(ハンゲショウ)が美しくお庭に映えてました。

2019-07-07_11-25-55_274.jpeg

2019-07-07_11-33-05_656.jpeg

2019-07-07_11-38-56_982.jpeg

2019-07-07_11-39-10_058.jpeg

2019-07-07_11-32-44_597.jpeg

祇園四条界隈をタップリ歩きました。
観光客が多すぎる花見小路を避けて歩きました。

インバウンドは必要。
日本の人口、京都の人口が減っていくのだから、観光客にお金を落としてもらわなくちゃ、経済が成り立たない。。。
わかっちゃいるが、ちょっとシンドい。。。と京都の本当の住人さん達は思っておられることだろう。
私たちも観光客の中の二人です。
すみません。
あまり大きな顔をしないで、コソッと地味に楽しんで歩きましょう。。。と心がけています。

お昼ご飯に、次男は「鴨付け汁蕎麦」注文した。
美味しそうに食べた。
大盛りにしてもらったけれど、アッと言う間になくなった。
あの蕎麦はどこへ消えたのだ?

私は、「カニうどん」を注文した。
お汁があんかけになっていて、ボリュームがあって、美味しかった。





帰路の特急電車で、次男が二十代??三十代? と思われる女性の隣に座ったら、露骨にイヤな顔をされてしまった。
知的障害者だとわかったからだろう。
なるべく二人掛けの椅子であれば、私が次男の横に座ろうと決めているのだけれど、次男が空席を見つけて座ってしまったのだ。

次男に、「座らないで、立って。」と声をかけても、納得しないと思ったので、補助席が使える区間になってから、補助席を確保してから、次男に「こっちにおいで。」と手を掴んで移動させるようとした。

眠くなりかけていた次男が、「ビックリした。」と言いながら、素直に移動してくれた。

よかった。


次男が嫌われるのは、しかたないさ。
次男の様子がミョウチクリンに見えるのだから。

障害者の次男が嫌われて、とても理不尽なことされたら、キレるとして、大抵のときは、腰を低くしてやり過ごそう。

私だって、知らない自閉症、知的障害者が隣に座ったら、当たらず、触らずにするもの。
「彼」「彼女」の地雷原がどこにあるのか、快点がどこにあるのか、全くしらないわけだから。

露骨なイヤな顔はしないけどさ。



続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

今週も無事に帰ってきました。

次男は今週も元気に帰ってきました。
今朝もニッコリしてくれました。

2019-07-06_08-27-59_243.jpeg


2019-07-06_08-37-49_377.jpeg


健康でいてくれて、地味に親孝行です。
ありがとう。


良い職場、良い支援者、良い介護者に恵まれた幸運に感謝。


次男本人も頑張っているけれど、次男と同じくらいにがんばった人達が、全て、次男と同じくらいの幸運に恵まれているわけではないです。
次男の幸運も、どこで暗転するか、わからない。
わからないと覚悟した上で、今日を楽しみましょ。


テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

雨の朝

ウォーキングに行こうと支度したら雨が降り出した。
残念。

週末に、生駒山上から額田園地に歩いて紫陽花を見に行って、宝山寺の石段を登ったら、しんどかった。
日々の運動を心がけないと、次男とでかけられなくなると痛感した。

真面目に取り組まなくては。



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR