FC2ブログ

恐竜柄のクッション

買い物の目的がなくても、100円ショップを覗くのが楽しみです。

昨日、次男を集合場所まで送って行った後、キャンドゥ を見つけたので早速探索しました。

ランチョンマットが気に入りました。

IMG_8327.jpg

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

「箕面昆虫館&龍安寺であそぼう」

昨夜は雨が降っていて、”今夜は降ってもいいけれど、明日の朝は止んでほしいなぁ。。。” と念じていました。
晴れてくれて、ありがたいです。

帰宅後に次男に、「昆虫館に行ったの?」と、インタビューすると、

ちょうちょ!!
クワガタムシ!!
 
と答えてくれました。

お昼ご飯は何を食べたのか、訊ねるのが恒例になっていて、

サバ!味噌汁!  と答えたので、サバ定食を食べたようです。


調子に乗って、「それは、焼き魚?煮魚?」と訊いてみましたが、「・・・・・・・・・・・」 無言でした。

質問が難しかったのか、”サバは、サバでいいやんか!” ということか。


ごめん。訊き過ぎたかな。


次男は昆虫は得意じゃないと思うけれど、みんなと出かけると、興奮して委細構わず状態になることができて、楽しめるのでしょう。
今日も無事に帰していただいて、ありがとうございました。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

ウールとフエルトのバック

ご近所に公立のスポーツセンターがあって、フェスタをしていた。
にぎやかしに立ち寄ってほしいと言われていて、そうさせてもらった。
何かを買わなくちゃならない雰囲気なので、困った。
かわいいものがたくさんありすぎて、決めかねた。

う~~~んとね。。。と困っていたら、ウールのハギレを見つけた。
けっこうな大きさの生地が、100円だったので、とりあえず購入した。


え~~~~とね。。。と唸って、A4の書類や角2封筒が入るバックを作ることにした。
100円ショップの、合皮、接着芯、フエルト、カバンテープを組み合わせた。
ファスナーは、古くなったけれど、捨てる決心がまだ付かないバックからとった。

できた!!\(^o^)/

IMG_8309.jpg

横着者で不器用な私にしては、上出来です。




続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

鹿園-子鹿公開-興福寺-中金堂勧進

2018/6/17----

6月は、奈良公園の鹿園で子鹿を公開しています。
本当に小さくて可愛いです。

奈良公園には雌鹿が約700頭生息し、毎年5月中旬から7月頃まで赤ちゃん鹿が誕生するシーズンを迎えます。人と鹿とのトラブル防止策として、毎年4月から妊娠しているお母さん鹿を「鹿苑」に保護し(約200頭)、赤ちゃん鹿がお母さん鹿と一緒に行動できるようになる7月中旬までの期間中に、特別イベント「子鹿公開」を開催し、可愛らしい子鹿を公開しています。



駅から鹿園に歩いていきます。
ちょうどよい距離です。
道々にも、たくさんの鹿がいます。
次男もビビリながら鹿せんべいをあげます。
鹿の目は優しいね。

次男は、ヨークシャテリアとか、チワワとか、小さな犬でも、大きく迂回して避けるほど苦手です。
鹿は小型犬よりも随分大きいのに、近くによっても大丈夫なのはナゼかな?
鹿はムダにキャンキャン吠えないから良いのかな?


2018-06-17_11-45-32_573.jpeg

blog-1-2_201806171936294e8.jpeg

鹿園の入場料は300円です。
眺めているだけでも良いし、紙コップに入ったエサを買って、ポイ!ポイ!と鹿達に投げても良いのです。

blog-2-1.jpeg

次男の買ったエサに「当たり!」の券が入っていました。
ステッカーをいただきました。

次男は、「アッタリ!」と声に出して、嬉しそうでした。
次男が素直に嬉しそうな顔をするので、係のお姉さんもニッコリ!!
私も嬉しい。
次男て、イイコだな。

blog-2-2.jpeg


妊娠中の母鹿に、栄養タップリのドングリを上げることができます。
ドングリは、冷たいです。
低温保存されているようです。

blog-3_20180617193633251.jpeg

鹿はボリボリボリ。。。と、大きな音を立ててドングリを食べます。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

キツネのダンス

キツネのダンス??ジャンプ??

かわいい表情です。

次男は、ゴキゲンです。

今日も、ありがとうございました。

2018-10-20_15-30-06_545.jpeg


テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

ビッグバードの人形遣い引退

ありがとうございました。
大変お世話になりました。
どんなに助けられたことか。

オスカーも演じておられたとは。
ビックバードとオスカーは、まったく性格がちがうので、ビックリです。

加えて、84歳まで演じておられたとは。
ご健康でいらしたのが一番のことでしょうが、ビックバートとオスカーとセサミストリートを深く愛しておられたのだと思います。

ありがとうございました。


【ニューヨーク=吉池亮】米教育番組「セサミストリート」の制作団体は17日、1969年の番組開始当初からビッグバードなどの人気キャラクターを演じてきた、人形遣いのキャロル・スピニーさん(84)の引退を発表した。

 番組でスピニーさんは、黄色い鳥をモチーフにした長身のビッグバードの着ぐるみを担当したほか、ゴミ容器の中で暮らす風変わりな緑色の生き物、オスカーの人形も演じ、それぞれの声も担当していた。今後は後任の2人の人形遣いがビッグバードとオスカーを分担することになるという。

 スピニーさんは17日に出したコメントで「ビッグバードのおかげで私の心にも豊かさが育まれた」と振り返り、半世紀近くにわたって命を吹き込んできたキャラクターとの別れを惜しんだ。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

バックインバックを作ったら

インターネットで、「バックインバック」を見て、”これ、ほしいなぁ。。” と思った。
バックの中で、ものが動かなくて、じっとしていてきっと良いよね。

2018-10-17-08-54-31_060.jpg

これ、自分で作れないだろうか。。。

100円ショップで60cmx70cmのフエルトを買ってきて、作ってみた。

2018-10-17_08-54-31_068.jpeg

外側にポケット4
内側にもポケット4

モコモコしちゃって、バックの中に入れると場所を取りすぎる。。。

圧縮できたらシャキッ!! スキッ!! となるのかもね。
でも、それができないから、バックの中に入れるのは、諦めた。

無駄な作業をしたか。。。て?

そんなことはないよ。
作ってみたから、納得できたのよ。


小物入れに使うことにしました。

2018-10-18_20-46-51_812.jpeg

黒猫のペンケースが落ち着きました。
これは、これで、役に立っています。





テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

シャンプーとコンディショナー

次男が  “お買い物メモ”  私のサイフに貼り付ける。
他の物 といっしょに、シャンプー  と書いてあった。
私は間違って、詰め替え用のシャンプーを2袋を買ったつもりで、詰め替え用のシャンプー1袋とコンディショナー1袋を買ってしまっていた。
でも心配していなかった。次男はいつも袋の表記を読んでいるから。
コンディショナーを隠しておかなくても、次男はちゃんと詰め替え用のシャンプーをシャンプー容器に詰め替えると思っていた。

が、私が入浴してシャンプーを頭につけて気がついた。
泡立たない。。。。。。。?あ~~~~~! 次男くん、これは、コンディショナーですよ!
しまった。

私がコンディショナーをどこかへ隠しておいてやれば、次男は間違えなかったのに、私が横着をして、間違わせてしまった。
浴室のドアを静かに開けて、詰め替え用のシャンプーを取りに行った。

詰め替えようと、シャンプーの容器のフタを開けて覗いてみた。
最近詰め替えたにしては、随分と量が減っている。

きっと次男が、シャンプーのつもりて頭につけたコンディショナーが気持ちよく泡立たないので、  “オカシイなぁ?“    と不思議に思って、繰り返し、繰り返し、ポンプを押したのだろう。
次男は、  “お母さん、なんだか、オカシイよ。シャンプーが泡立たないよ。”   という気持ちを言葉に変換することができない。。
次男は、“  おかしいなぁ。。困ったなぁ。。。”  を飲み込むしかなかったのだ。
そんな気持ちをたくさん飲み込ませ過ぎたら、きっと気持ちがダメになる。

ごめんね。次男くん。悩ませてしまったね。
横着したらダメだよ。。。。。と自分に言った。
次男には、知的障害があるのだ。
そのつもりで、次男が迷わないように、混乱しないように、準備してやるのが親の仕事だよ。
次男が上手く対応出来る場面が続くと、ついつい、  “これくらい、大丈夫よ.。”     と、思ってしまう。

シャンプーとコンディショナーは、危険なことではないから良かったけれど。
いつか、なにか危険な横着をしてしまうかもしれない。

気をつけよう。
私は、反省している。

アルフォンス・ミュシャ館

知らなかった。
堺市にアルフォンス・ミュシャ館があったなんて。
ああ、そうか。
「明星」「みだれ髪」「与謝野晶子」つながりなんだ。
行ってみたいなぁ。

a.jpg

b.jpg
堺 アルフォンス・ミュシャ館
ミュシャの挿絵やイラストが、明治時代の文学雑誌『明星』において、挿絵を担当した藤島武二により盛んに模倣された。
ミュシャの有力コレクションの一つは日本にある。堺市が所有し、堺市立文化館アルフォンス・ミュシャ館で一部が展示されている「ドイ・コレクション」である。「カメラのドイ」の創業者である土居君雄が、ミュシャの知名度がさほど無かった頃から個人的に気に入り、本業の商品の買い付けや商談の為に渡欧する度に買い集めた。また、ミュシャ子息のジリ・ミュシャとも親交を結び、彼の仲介によってコレクションの中核が築かれた。1989年には、土居にチェコ文化交流最高勲章が授与されている。土居が1990年に他界すると遺族は相続放棄し、1993年、土居夫妻が新婚時代に居住したことのある堺市に寄贈された。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

歯科健診

次男と私、歯科健診をうけました。

私の歯は、順調に衰えてきています。
念のためレントゲンを撮りましょう。。。と言われて、撮影して、わかりきっていることを言われました。

今、治療は必要ありませんが、「できるだけもたせましょうね。。」

ええ、そうですね。
ヤダわぁ。。。。。悲しいわぁ。。。。゚(゚´Д`゚)゚。
レントゲン代も悲しいわぁ。。。



次男も、虫歯がありませんでした。
クリーニングとフッ素塗布をしました。



よかったぁ。

身長が180cmくらいある次男が歯科治療が必要になったら、どんなことになるのか。


もう、ほんとうに、どんなことになるのか。
考えると冷や汗がでてきそうです。

小学校1年生だったか、乳歯に虫歯ができてしまって、治療を受けたときの阿鼻叫喚。
たぶん、歯学部病院の語り草になっていることでしょう。

今、クリーニングとフッ素塗布をおとなしく施術されているだけでも、次男くん、えらいなぁ。。。と感心しています。


次男は、永久歯になってからは、虫歯になっていません。
次男本人も、歯みがきすることに注意しているのでしょうが、每日規則正しく生活できるように指導してくださっているヘルパーさんの尽力のおかげだと思います。
ありがとうございます。

次男は、良いことも、悪いことも習慣化してしまいます。

監視する意味ではないけれど、細やかな注意があってこそ生活が成り立つ人なのです。
今日からの半年間も、きちんと生活して、きちんと歯磨きしてほしいです。

長男は、9月に健診を受けたそうです。
虫歯を含めて問題なかったそうです。
よかったです。

長男が独立する前から、3月9月に歯科健診を受けることを恒例にしていました。
そのころは、私が3人分の予約をしていましたが、長男は独立後も3月9月に健診を受けているのです。
長男も、けっこう、きちんと生活しているのかもしれません。


テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

セサミストリート柄のカットクロス

昨夜、会社からの帰路に、100円ショップのダイソーに寄りました。
キッチンの流し台の排水口の水切りネットを買いに行きました。
うちの流し台の排水口には、ストッキングタイプが良いです。
あった、あった。よし、よし。


台所用品の棚のひとつ向こうの棚が手芸の棚でした。

ぶらりと覗いてみた。
ほしいと思う生地はないなぁ。。。私が行く時が、たまたまそうなっているのだろうけれど、なんか、地味に思える。

きっと、きれいな柄は、もっと早い時刻に来るお客さんが買ってしまっているのかな。

そんな風に思っていると、一つだけ気になる生地がありました。

DZM4VCnVMAAd7xf.jpg

おお!セサミ!かわいいなぁ。

2枚だけありました。
じゃ、2枚買いましょう。

何を作ればよいのか、わからないけれど、とりあえず、買って帰りました。



続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

ニュースより  「息子を殺害 73歳の母親逮捕 「介護に疲れた」

軽軽に、ああだ、こうだ と語ってはいけない。

次男が健康で、適切な支援を受けられているのは、たくさんの小さな奇跡が積み重なったからだ。
運がよかったのだ。


10/8(月) 12:45配信
徳島・鳴門市で、体の不自由な49歳の息子を殺害した疑いで、73歳の母親が逮捕された。


母親は、7日午前0時すぎ、自宅のベッドに寝ていた次男(49)の首をロープで絞め、殺害した疑いが持たれている。

家には、母親と父親(76)、息子の3人が暮らしていて、体が自由に動かせない重い病気を患っている息子を、かよ子容疑者が10年にわたり介護していたという。



次男が50歳になると、私は77歳になっている。


わが身に、私たちにも起こり得ることなのだ。



続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

世界的なソプラノ歌手モンセラート・カバリエさん死去 85歳

【AFP=時事】(更新)世界的に有名なスペイン人ソプラノ歌手のモンセラート・カバリエ(Montserrat Caballe)さんが、同国バルセロナ(Barcelona)で死去した。85歳だった。治療を受けていた病院の関係者が6日、AFPに明らかにした。



ヤフコメに、

彼女と言えば、私にとってはクイーンのフレディと歌い制作した曲・アルバムのバルセロナ。
曲もアルバムもどちらも素晴らしかった。フレディと彼女が日本語と英語で歌うラ・ジャポネーゼは感涙もの。CDを引っ張り出して聴きたくなりました。合掌。



というのがあったので、検索してみた。



続きを読む

テーマ : QUEEN
ジャンル : 音楽

読書の秋

美術教室へ行きました。

読書の秋ですね。

blog-1_20181006170532f95.jpeg

もとの絵は、葛飾北斎で、くだけた装いで読書する美人の上をホトトギスが飛んでいったところです。
次男の絵では、ポケモンみたいに見えるけれど、ホトトギスですよ。


次男は今日もゴキゲンです。
親孝行です。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR