FC2ブログ

カップヌードルミュージアム

次男は、何年か前にも連れて行っていただいています。
また、ニコニコで帰ってきましたので、楽しかったのだと思います。
ありがとうございました。

2018-08-04_09-36-33_594 - コピー


2018-08-04_09-36-42_711 - コピー


2018-08-04_09-36-53_269 - コピー


2018-08-04_09-37-19_418 - コピー


2018-08-04_09-37-57_292 - コピー

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

チームラボ 学ぶ!未来の遊園地

メールを受信した。
画像と映像が添付されている。
次男がすごく綺麗な場所にいる。

2018-07-26_18-00-23_825.jpeg

なんだぁ???? 
この綺麗なのはなんなんだ???
次男、どこにいるの?????

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

アリの巣コロリ

昨日は、迷った。


とんでもない暑さが続いていて、不要不急の場合は、自宅にいることが良いのだが。。

次男は、どこへも出かけないと、一日が長く感じられてジレてしまうだろうなぁ。。。
金曜日の夜から、次男がクシャミを連発していたので、”夏風邪かな・” ”暑さ疲れで体力が弱っているのかな?”。。。家に居るのが良いかも。。


家に居ることにしたら、夕方になる前にグズるかなぁ。。。。7月の予定表には、「ひまわり苑を見に行こう!」と書いてあるしなぁ。。
でも、この暑さの中を出かけて体調を崩したら、月曜日の朝に、物凄く大変なことになるだろうしなぁ。。
今日のグズるかもしれない大変さと比較にならないほどの大変になるよなぁ。。

と、逡巡して、逡巡して、頭の中がグルグルになった。

あ~~~!!(≧∇≦)

次男を説得して、家に居よう。
もし、グズったら、夕方から公園や歴史博物館にでかけよう。

と、決めた。


続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

カメさん

どんなに暑くても、次男の幸せな時間がやって来る幸運。

カメさん、水の中は気持ちよい??

2018-07-21_15-31-34_622 -blog

テーマ : 知的障害者の創作活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

酷暑

今週も、次男が無事に帰ってきました。
よかったです。

知的障害のある自閉症である次男がキチンと清潔に健康に暮らしているという幸運に感謝。


酷暑対策に、首の後ろに凍らせたペットボトルを日本手ぬぐいで巻いてくくりつけて、早朝ウォーキングに行きます。
早朝からガンガンに暑いです。

「不要不急のことであれば、すべてキャンセルして家にいてください。」と呼びかけておられるのは十分にわかっているのですが、次男は、じっとして動かないと、気持ちが腐ってしまうので、どうしても動かしたいです。

blog-1_20180721112438899.jpeg


地味な積み上げも、継続は、力なり。







テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

青春アミーゴ

早朝ウォーキングで汗をかいてお腹がすいて、しっかり朝ごはんを食べて、次男はスッキリとした様子。
シャワーを浴びてピカピカです。

午後は、「仲間つくり教室」があるとわかっているので、なおさら満足のようす。
予定がハッキリわかっていると、次男の気持ちが安定します。

「仲間つくり教室」のプログラムは、「カラオケ」でした。

blog-1 (1)

blog-1 (2)


プリントを見て自分の歌いたい曲のナンバーを紙に書いて先生に渡します。
MCの先生が、受講生を順番に呼んでくれます。
大人数なので、ひとりが1曲歌う時間しかない。
ステージで歌っている受講生に、大声で唱和している受講生もいる。
唱和すれば、自分が歌う時以外もずっと大騒ぎできて良いのだけれど、次男はそうはできないで、じ~~っとおとなしくしている。

本来、次男は大人数の行事が苦手だけど、苦手を全く避けてしまうのは良くない。
定期的に、苦手を体験したほうが良いと思う。
だから、「仲間つくり教室」という企画があって、本当によかった。

次男が、簡単な読み書きが出来るようになってよかった。
曲名を読めて、書けるからこそカラオケを楽しむことができる。

次男が小学校に入学するときに、「彼に読み書きを期待するのは、親のエゴだ。」と言った人達がいた。

エセヒューマニストは、たくさんいる。
彼らは、その場、その時だけ、自分に都合の良いことを言う。
自分がラクになることだけを言う。
次男の生涯時間を気にかけてはいない。

次男に、簡単な読み書きを教えたのは、私。
1年間だけ「養護学級」の担任をして定年退職していく先生方ではない。

なぜ養護学級の担任は、1年で交代するのか。
とても疑問に思った。
すべてにおいて理解しにくい、定着しにくい子を教育するならば、2年、3年と関わってもらいたい。

当時は、養護学級の担任の給与が、普通学級の担任の給与よりも10%多かったから。
定年退職前の1年は、養護担任になるのが、慣例になっていたのだ。
普通学級の担任で定年退職するよりも、養護学級担任で定年退職するほうが、退職金が10%多くなるから。

「先生の退職金増額のために、次男を養護籍で入学させたのではありません。次男に最適な教育を受けさせるためです。それがかなわないのであれば、転校させますよ。」と、はっきり言葉にした私は、彼らが初めて目にしたタイプの母親。
理不尽を理不尽だと言葉にしたら、怪物らしい。


簡単な読み書きと、PC操作は、知的障害者にも必要だ。
おとなしいタイプの人ほど、自分の時間を楽しくすることが大切。
次男の生きる時間は、まだまだ先がある。

次男は、どんな老年期を迎えるのか。
なにを準備してやらねばならないのか。
その準備は、可能なのか。
私にできるのか。

私の頭の中で、いつも何かがグルグルと旋回している。
音を立てて旋回している。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

目が怒ってる鶏

もの凄く暑い日です。

朝のウォーキングで汗ダクダクになりました。
暑すぎるのでウォーキングをお休みしたいけれど、お休みしたら、一日を長く感じるかもしれないので、頑張りましょ。

昼食の後、美術教室へ。
駅に歩くだけで、汗ダクダクになりました。
駅のアナウンスが、「気温の上昇により、各種設備の安全確認を行いました。20分の遅れがあります。」と告げていました。
鉄道会社が、”安全確認しなくっちゃ。。。。”と思うくらいの異常な暑さなのでした。

教室にたどり着くと、なおさら汗ダクダクになりました。

先生も暑さでグッタリの様子。
さて、次男は、ちゃんと課題にとりくむことができるのだろうか。

次男の受講時間が終わる少し前に迎えに行きました。

2018-07-14_15-28-33_904.jpeg

おお!

次男の顔を見ると、満足気の様子でした。
グイグイと塗り込めた鶏の様子を見ると、次男はタップリのエネルギーを注ぎ込めたのでしょう。
よかったです。
今夜もグッスリ眠ることができるでしょう。


テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

親子?

美術教室に、次男を迎えにいくと、珍しく人物を描いていました。

2018-07-07_15-41-47_478.jpeg


お父さんと息子かな?
なにか話しているのかな。


次男に、「二人は、なんて話しているの?」と訊いてみたら、

「知らない。(`o´)」


ごめん。お母さんは、余計なことをいいました。(T_T)

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

「サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝~江戸の名品勢ぞろい~」展

駅に、目立つチラシが置いてありました。

RxA.jpg

京都・相国寺承天閣美術館は、アクセスがよいです。
駅からポコポコ歩いて行けます。

駅からバスに乗って移動するのが苦手なので、駅から徒歩が嬉しいです。

鴨川、同志社大学、京都御苑も近いです。


「サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝~江戸の名品勢ぞろい~」展

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR