FC2ブログ

ジョージアのワイン

私は、相撲に詳しくありません。
でも、次男が通わせていただいている美術教室の先生が大相撲ファンなので、以前よりも気にかけて、ニュースを見るようになりました。
それでも、いまだに関取の名前が覚えにくいです。

これは、ニュースで大きく取り上げていたので、わかりました。

大相撲初場所で、ジョージア出身の栃ノ心優勝しました。
30歳で初優勝は、選手生命が短い大相撲の世界では、大きくこみ上げてくるものがあると思います。

日本語とグルジア語の辞書がないころから、入門されたのかもしれません。
今も教本は少ないそうです。
ジョージア出身の先輩に黒海がいます。
誰でも、どんな仕事でも、そうですが、遠くの国から来日して、異文化に飛び込むなんて、大変な勇気が必要だと思います。
心から尊敬します。
本人も周りの人達も、大変なご苦労があったこと思います。
優勝、おめでとうございます。

ジョージア国は古代から数多の民族が交るシルクロードの中継地であり、68種類もの言語が話されることから世界文化のクロスロードとも呼ばれるコーカサス地方に位置する。
そのブドウ醸造文化は8000年以上の歴史があり、アルメニアとならび、世界最古ともいわれるワイン生産地である。



陶器のビンがすてきなので、買ってみました。
辛口の赤ワインです。
空になったら、一輪挿しにします。
かっこいいです。

2018-1-29-1






スポンサーサイト



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

赤いニットの帽子

月曜日の朝、次男は赤いニットの帽子を被って出かけました。
金曜日に被って帰ってきた黒い帽子ではなくて、赤いニットの帽子をえらびました。

「今日は、黒い帽子じゃないの?」 と、声をかけると、「赤ぁ。。」と応えました。

どうして??  という問いかけの仕方は、次男には難しいので、「寒い?耳を隠したい?」と訊いてみました。
次男は、それには応えないまま出かけました。
ちょっと、ムッ! としたかな?

お母さん、訊き過ぎた? ごめんね。

次男は、自閉症といっても、「レインマン」「フォレスト・ガンプ」「アイアム サム」とは、違います。
あんなに話せないです。

「海洋天堂」のターフーのタイプです。
ほとんど話せません。

それでも、”今日は、赤いニットの帽子にするの!” と意思表示できてよかったです。



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

西宮神社-西宮1day 紀行

久しぶりの雪です。

2018-1-27-1

2018-1-27-2

この程度でも、珍しいことです。

集合場所でもとても寒かったです。
参加者は、みんなお洒落な装いでした。
ご家族に大事にされているようすが伺えました。

次男も、ヘルパーさんとお買い物に行って選んできたジャケットを着て行きました。
よく似合っています。
次男も”フフン。。カッコイイ。。。。”と気に入っているようで、ニコニコです。
よかったです。

今日は酒蔵の街を散策する予定です。
大人も気に入る素敵な街ということです。

2018-1-27-3





続きを読む

眠れない夜は、

眠れない夜がやって来る。

次男がいる間は、タップリ動くので、タップリ疲れます。
次男も私もグッスリ眠ります。

月曜日、次男が出勤して、私も出勤すると、眠れない夜がやって来ます。
ベッドの中でノタリ、ノタリとジュゴンのようにのたうっているは、もったいないです。
ナニかしないと。。。

本を読むのも好きなのですが、ずっと読んでしまってはダメなのです。
眠らなきゃ。

ナニをしたらいいのかな。。

続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

横顔

来月から、美術教室の場所がかわります。
今日は、先生が新しい教室へ案内してくださいました。
まだ、内装工事中でした。

今の教室よりも、駅から近くなります。
ありがたいです。

次男を待つ間、私は教室の近所を探検しようと思います。
楽しみです。

来月から行く教室を後にして、今の教室に戻りました。
次男は、走って戻りました。

2018-1-20-1


次男は、これを描きかけていたから、気になってしかたがなかったのでしょう。
次男の大切な時間です。

走って帰って続けたい作業があるって、いいことですよね。
幸運なことです。
ありがたいです。


テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

新成人を祝う会

今日のプログラムは、「新成人を祝う会」でした。
新成人はもちろんですが、先生方もきちんと正装してくださって、ありがたいです。
私の子でなくても、きちんとお祝いしてもらえて、嬉しいです。

セレモニーは、どうしても待ち時間が長くなります。
受講生は知的障害があります。
障害の程度、こだわりの有り様が、それぞれにちがいますが「待ち時間」がつらいのは、共通すると思います。
それでも、セレモニーは必要です。

正装の先生方、7名の新成人、保護者が見せてくれる写真とメッセージ。
自分達が多くの人たちに大切にされてきたのだと改めて知ってほしいです。
大切な節目だと知ってほしいです。
おめでとうございます。
先生方、ありがとうございました。

2018-1-14-1


自分達なりに、精一杯がんばっている毎日ですが、それでも、理解できないこと、納得できないことが多い受講生達です.
葛藤する部分が多いと思います。
それを言葉にすることがむつかしい受講生達です。
それだけに、大事にしてやりたいです。

親も”どうしてやればいいのか。。”と悩みながらの毎日だったはずです。
これから先も、そうです。
だいぶ以前に成人式をすませた次男も、親の私も、ずっと思案しながら暮らしています。
成人式を終えてからの人生が、成人式以前の何倍も長いです。


新年の抱負を述べるコーナーがありました。
発表した皆が、抱負のなかに、「仕事を頑張ります!」をいれていました。
”がんばるぞ!!”という気持ちがあらわれていて、胸が熱くなりました。
職場があって、グループホームがあって、充実の様子を感じました。

先生方、ありがとうございました。



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

ゴージャス!!

美術教室に、次男を迎えに行きました。
今日も一心に描いていました。

「うわっ!ゴージャス!!」 と私は思いました。

2018-1-13-4

次男が気持ちよい時間を持つことができて、嬉しいです。
ありがとうございました。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

ツアートラック-ドリームズ・カム・トゥルー

以前にも見たことがあるけれど、おもしろいねぇ。。

2018-1-13-1

続きを読む

テーマ : 日常
ジャンル : 福祉・ボランティア

太らせてしまった。。

次男を太らせてしまった。

いつもたくさん歩かせているのに、体重が増えている。
ここ何年か、ずっと太り続けている。

太りすぎだと思っていたが、”いや、いや、いや” とごまかしていた。
ケアマメージャーに指摘されて、反省した。

次男は、具だくさんの汁物、スープが大好きなので、いつもムシャムシャ食べる具だくさんにしようと心がけている。
次男自身も、お味噌汁にワカメをたくさんいれるのが好きで、ムシャムシャ食べるお味噌汁を作っている。
朝食前に、ヨーグルトにチアシードを加えてを食べている。
それでも、体重が増えてしまった。


次男の年齢が上がって、エネルギー消費量が少なくなったのだろう。
それなのに、食べる量が変わらないから太るのだ。
知的障害者は、デップリしている人が多い。

次男は、次男なりに精一杯にアンテナを張っているのだが、どうしてもわからないことが多い。
次男は、いつも五里霧中を歩いているのだろう。
いつも小さく神経が震えているのだろう。
そんな次男の神経は、食べる作業中が一番落ち着くのだろう。
幸せそうだ。


きげんよく食べて、健康でいてほしい。
出来れば容姿もスッキリがよい。

スッキリ体型のほうが加齢臭の発生時期を遅らせることができるかもしれないし。
そういうイメージがする。
根拠はないけど。

加齢臭が強いと、ヘルパーさんの負担が大きくなってしまう。
どうにかして、防ぎたい。
いつも身ぎれいで、スッキリした様子であってほしい。



次男は、ごはんは一膳と自分で決めているようだが、その一膳をおしゃもじでギュー!と押し付けるようにご飯茶碗によそっている。
一膳と決めているけれど、いっぱい食べたいのだろう。

「フワッとよそうのがいいよ。」と言っているのだが、聞こえてないふりをする。
ご飯の量を減らすことは、理屈で納得できない次男にはできないことだ。
いや、理屈が理解できる私にだって、ご飯を減らすのはむつかしい。

コンニャク成分の加工食品で、マンナンヒカリというものがあるそうだ。
お米の粒に似せた形状で、お米と一緒に炊いて食べるらしい。
カロリーを2/3にできて、植物繊維が多いらしい。
商品レビューを読むと、好評だ。

さっそく注文した。
次男が帰るまでに試してみよう。
おいしい割合、水加減を探り当てよう。




テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

草間彌生展-建仁寺-霊源院-法観寺八坂の塔-清水寺

今日もよく歩きました。

花見小路はすごいことになっていました。
警備員さんが何人も出ていて人並みを整理していました。
立派なカメラを抱えた人たちが本当に何重にも並んでいて、舞妓さん達の「出待ち」をしていました。
なんとか、人波をくぐり抜けて、祇園甲部歌舞練場を目指しました。

弥栄会館にも「出待ち」の列。

2018-1-7-1

2018-1-7-2

フォーエバー現代美術館 祇園京都
(祇園甲部歌舞練場内八坂倶楽部)
草間彌生My Soul Forever

2018-1-7-3

2018-1-7-4

八坂倶楽部は築100年以上の歴史ある建物です。
靴をロッカーに入れて、スリッパに履き替えます。
畳、板廊下がきもち良いです。
庭を見ながら座禅をするスペースがあります。
座禅しやすいように、普通サイズの座布団と、お尻のしたに当てる小さい座布団がセットで並べてあります。

庭用スリッパに履き替えて、庭を散策出来ます。
ミュージアムショップとカフェもあります。
草間彌生イメージの水玉模様のスィーツがあります。
とても可愛くて、食べてみたいと思いましたが、スィーツでは次男のお腹は膨れませんので、カフェには入りませんでした。
しっかり昼食を食べるのが肝要です。

2018-1-7-5

2018-1-7-6

2018-1-7-7

これは、撮影可の作品です。
舞台に映えます。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

風神

三日に三十三間堂に行きました。
本当に、いっぱいの人、人、人!!!
私達もその中のふたりです。
私達は、その気になれば、いつでも参詣できるわけですから、前の列に加わらずに、最後列から人の後ろ姿と後ろ姿の間から拝見しました。

今日は美術教室でした。
次男が描いたのは、風神でした。

2018-1-6-1

2018-1-6-2

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

エド・シーラン、エリック・クラプトンの「いとしのレイラ」をカヴァー

エド・シーランが、大晦日恒例のTV特番『Jools Holland's 25th Annual Hootenanny』に出演し、米ビルボード・ソング・チャート1位の「パーフェクト」とエリック・クラプトンによる1971年の名曲「いとしのレイラ」を披露した。



テーマ : YouTube Music Video
ジャンル : 音楽

嵐電-渡月橋-モンキーパーク-虚空蔵法輪寺-天龍寺

お出かけ-お出かけ-次男はお出かけしないではいられません。

今日のお目当ては、嵐電に乗ること。
行き先よりも、嵐電に乗ることが重要です。

2018-1-3-2

2018-1-3-3

2018-1-3-1

路面を走る区間、小さい駅舎。。ちんまりした可愛い電車です。

2018-1-3-4

嵐山は、雪でした。
さっぶい!!

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

京都国立博物館-三十三間堂

昨日は、初日の出を見て、初詣をしたあとは、お雑煮食べて、おせち料理を食べて、のんびりぬくぬくしました。

今日は、もう、どこかに行かなくては、次男はもちません。

ありがたいことに、京都国立博物館は今日から開館です。
トラりんも登場してくれるので、会えるかもしれません。

2018-1-4-1

2018-1-4-3

2018-1-4-2





続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

初日の出2018

町中の初日の出です。
ビル街を越えて朝陽が顔を見せてくれました。

2018-1-1-1


次男を説得することが出来ました。
今日は、元日だからゴミの収集がないことを納得してくれました。
よかった。。。

玄関にゴミの袋を積み上げたままだけどね。
ゴミ置き場に持って行かないことを了承してくれただけで上出来です。

きっと今年も良いになるでしょう。




続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR