牛乳パック

これは、次男が用意している牛乳パック。

2017-8-30-1

美術教室に持っていく。
絵の具を使うときにパレットになる。
先生に、「持ってきてね。」と言われた時から、ずっとそうしている。
パックを洗って、水が切れたらハサミで切って、展開して、紙袋にいっぱいになったら、嬉しそうに教室に持っていく。

他の受講生は、たぶん持っていかない。
次男だけが嬉しそうに持っていく。

次男は、なにか仕事や役目があると、すごく嬉しい。
卒業した特別支援学校でベルマークを集めていたのを、今も続けている。
砂糖の袋やフリカケの袋にベルマークがあると、チョキチョキ!!と切り取って缶に集めている。
たくさんになると、私が特別支援学校に郵送する。

たくさんの人の支援を頂かなければ生きていけない次男だから、できることを探すことが大事と思う。
上手にできることが少ないけれど、できることを探して、見つかったら、必要とされる限り続けたい。
”恩返し” という言葉を当てると大げさすぎるけれど、自分にできることを続けることは、そういうことなんだと思う。
自分ではない誰かの役にたつから。


都立永福学園高等部で、熱中症で倒れた男子生徒のその後の容態を知りたい。

都立知的障害特別支援学校における部活動中の事故(熱中症)について

8月25日(金曜日)
午前11時
当該生徒の意識は回復していない。




まっとうな親なら、特別支援学校に通う子が玄関を出るとき、つい、つい、”がんばってね。” と言ってしまう。
知的障害があって理解力が劣るせいか、技術の習得が上手くいかないこともある。
結果的には上手にできてないけれど、決して頑張っていなかったわけではないとわかっているのに、それなのに、”がんばってね。” と言わずには、いられない。
本人なりに、充分にがんばっているのだけれど、尚、”がんばって!”と言ってしまう。

男子生徒も、そんな親の声を聞きながら、15歳になったのだろう。
がんばってきたのに。
がんばってきたのに。

顧問は、サディステックな性行を隠し持っていたのではないだろうか。
素直に指示に従って、本当に倒れるまでがんばる知的障害のある生徒たちの様子を見て、快感を感じたのかも。
自分が特別な権力者になったように思えて、残忍な欲望がむき出しになったのではないだろうか。

スポンサーサイト

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

炎天下に罰でペナルティーのランニング

異常な指導だ。
死なせるつもりだったのか。

親は、子どもを、特別支援学校に送り出すときに、”気をつけてね。先生の言われることを、よく聞いてね。がんばってね。” と言うのだ。
息子の残り少ない学齢期が充実したものであってほしいので、そう言うのだ。
私もそう言った。

それを、それを!!




東京都によると、8月21日午後1時ごろ、杉並区、都立永福学園(特別支援学校高等部)で、バスケットボール部の顧問の教員(31歳)が15歳の男子生徒ら7人に、校舎の周り450mを走るよう指示した。

教員は、目標タイム1分25秒以内を超えた生徒に、上回った秒数だけ走るというペナルティーを課し、43周を走るよう指示された生徒は、21周まで走ったところで体調が悪くなり、練習を終えた。

この生徒が、翌々日の23日の午後3時過ぎ、気温が30度を超える中、ペナルティーの残り22周を走り、午後4時ごろ、自転車置き場でうずくまっているところを発見された。

保健室で応急処置をしたが回復しないため119番通報。
意識不明の重体。



炎天下に、ペナルティーとしてランニングをさせられた男子生徒が、熱中症で重体。
23日午後3時すぎ、東京・杉並区の都立特別支援学校の高等部で、知的障害のある男子生徒(15)がランニング中に倒れ、意識不明の重体となっている。
東京都によると、生徒は教員から目標タイムを43秒オーバーしたペナルティーとして、校舎の周りを43周(およそ20km)走るよう指示され、2日前に21周走っていた。
この日も気温30度を超える中、ランニングした生徒は、熱中症による脱水症状を起こしたという。
学校は25日夜、保護者会を開いて、経緯を説明した。

都立永福学園・朝日滋也校長は「(保護者から)体がつらいのに、頑張るって言ってしまう子どもの特性は、教師として受け止めるべきではないかというご意見がありました」と話した。  



保護者が発した言葉は、本当に、こんな言葉だったのだろうか。
今日は、28日。
経過を知りたい。

バスケットボール部の顧問は、なにか事故が起こっても、状況を言葉で説明する能力をもつ生徒はいない。。。。と思っていたのか。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

飛行機

良いお天気です。

2017-8-27-1

2017-8-27-2

小さく飛行機の後ろ姿が見えます。

次男の後ろ姿に、「次男くん、飛行機が飛んでいくよ!」と声をかけたら、


振り返って、「だ め で す!」(`o´)


と、返ってきました。


次男は、警戒しているようです。
”飛行機には乗りません!!!” と言いたいのでしょう。

今は、何も計画してないよ。
大丈夫よ。
飛行機に乗ろう!。。。。て、言ってないよ。
心配しなくていいよ。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

雷雨

午後4:00くらいから強い雨が降り出して、豪雨 と言える様子にかわった。


幸いなことに、私が勤める事務所は高台にあるので浸水の恐れは全くなかった。

豪雨ながらも空の一部分では曇が割れて陽が差し込んでいて、大きな雨粒に叩かれながら池の表面がキラキラ光っていた。
今夏はこんな変な降り方によく出くわしている。
次男と奈良 法隆寺を訪ねた日もこんな様子だった。


すっかり豪雨が降り止んでから会社を出た。
すでに、傘を持って歩く人はいなかった。
やって来たバスに乗り込むと、時々バスに一緒に乗る機会のある青年がイスに座っていた。

彼は、いつも、一人椅子に座っている。
作業所の帰り道なのだと思う。
他の利用者が乗っていると、彼はいない。
彼が乗っていると、他の利用者は一人もいない。
他の利用者は賑やかにお喋りしながら乗っている。
彼は、一言も話さない。


彼は、一言も話さないで、一人で窓の外に顔を向けている。
後ろに飛び去る景色を目で追っている。
薄い瞼の下で、せわしく目玉が動いているのが見える。


彼は、いつも髪を短く刈り込んでいる。
清潔な身なりをして、リュックサックを自分の前に抱えて膝の上に置いている。
キチンと両足を揃えている。
もしかしたら、彼に知的障害があるとは、誰も気がついてないかもしれない。
私は気づいている。

今日の豪雨に遭って、彼の長ズボンの膝から下はずぶ濡れになっているのが見える。
バス停に歩いて到着するまでに、濡れてしまったのかな。
”きっと雨はすぐに降り止むから、作業所を出るのを少し待ったらいいよ。” と言ってくれる人がいなかったのかな。



次男がバスに乗っていたら、不必要に体を揺らして落ち着かない様子だろう。
小さい声でCMやドラマの再現をしているかもしれない。
他の乗客は、イラッ!! としていることだろう。
すいません。


次男は次男の精一杯で暮らしている。
幸運なことに支援体制が整っている。
次男の能力の凸凹を埋めてもらっている。
次男の出来ることを最大に活かしてもらっている。
ありがたい。




彼は、実家に帰宅するのかな。
自分のアパートメントかな。
グループホームかな。

帰ったらシャワーするのかな。
濡れた衣服を取り替えてね。
家族か指導員が、彼に声をかけてくれるかな。

”あ、おかえりー。濡れたね。雷が鳴ったよね。ビックリしたよね。”

”体が冷えたでしょ。ご飯の前にシャワーする?お腹が空いてるから、まず、ご飯にする?”


と、声をかけてくれるかな。


それとも自分で夕ご飯の支度をするのかな。


彼を見かけるたび、彼から目が離せなくなる。


------------
バスを降りて駅についたら、改札口の前に大勢が立ちつくしていた。
落雷の為、架線が停電したので、電車は運転取り止めになってしまった。
あらぁ。。。復旧を待つしかない。
お家や会社に連絡を入れる人の声が改札口の前でワンワンと響いていた。

それでも、57分後に運転は再開されました。
ありがたいです。
お家に帰ることができました。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

創作-メタル風フレーム

「仲間つくり教室」のプログラムは、創作でした。
ジャジャン!!

公益財団法人大阪特別支援教育振興会

2017-8-20-1

金属に見えるでしょ?
かっこいいでしょ?

金属ではないのです。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

とりえ

次男のトリエ?取柄?取得? どういう字を当てるのかわからないけど。。

決めたことをやる。。。ことだと思うよ。
やった方が次男は気持ち良いのだ。

それが次男の生活を拓いてくれると思う。

2017-8-19-1

美術教室に、次男を迎えに行ったら、受講生がいっぱいだった。
次男の授業は、他の受講生に迷惑をかけないように、受講生が少ない時間帯に設定しているのだが、今日はそれでも重なってしまったようだ。

次男は、描きながらブツブツ。。独り言を言うので迷惑にならなかったかなぁ。。。

気になったけれど、他の受講生がいたので、先生に訊きそびれた。
気になるのだけど、訊きそびれた。

次男はイイコなんだけどなぁ。。迷惑をかけないで生きていくことができない次男。

とっくに成人している息子を イイコ と表現してしまう私はイビツな親だなぁ。。
そうはわかっているけれど、じゃぁ、なんと表現すればよいのか。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

ゴミの収集日

明日は、ゴミの収集日です。
夕飯が終わると次男がゴミの袋を縛って玄関ドアの近くにおいてくれます。
普通ごみとカンとビンは、別の袋にまとめてくれます。

まだ、お盆休みなので、念のため市のアプリで収集日をたしかめました。
大丈夫です。
明日は収集日です。

私が死んだ後も生きていく次男ですから、毎日を出来るだけキチンと生活していくことが大事です。
次男ができることをこれからも増やしていきたいです。

日本は人口が減ってきます。
ふつうに考えると、福祉施策は痩せていくのです。
だから、次男が出来ることを増やしていくことは、気持ちの問題だけでなくて、経済の問題としても、とても大事なことだと思います。

私は悲観論者ではなくて、現実を見て備えていきたいです。



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

なかったことにする。

奈良の山奥に出かけました。
渓谷に大きな鉄橋がかかっています。
あら、バンジージャンプの施設ができていました。


高いところが苦手な次男に、「次男くん!バンジージャンプがあるよ!」 と呼びかけると、

次男:「 だ め で す。 」(`o´)


静かにハッキリ と答えました。
いや、やってみよう。。。と呼びかけたわけではなくて、見て! と呼びかけたのだけれど、一瞥もしなかったね。
視界に入れるのも、イヤみたい。


帰宅して夕飯のあと、「今日、バンジージャンプする人がいたね。」と言ってみると、

次男:「 い な い。  」(`o´)

記憶からも抹消したいようです。

断固拒否ですな。




テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

ケーブルカーぶどう狩り-アスレチック-山歩き

天気に恵まれました。
自分で摘み取ったぶどうを食べて、お腹がいっぱいになりました。
堪能しました。

2018-8-13-1

2017-8-13-2

2017-8-13-3

2017-8-13-4

2017-8-13-5

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

暑さにも負けず

次男は、カレンダーの印を確かめます。
美術教室があるとわかると、ニコニコです。

2017-8-12-1

一生を通して楽しみになってほしいです。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

奈良 法隆寺

今日は、JR大和路快速 でお出かけしました。
次男は、座り心地のよいシートに座ってゴキゲンです。

法隆寺駅から奈良バスで5分。
歩ける距離ですが、暑い季節はバスが良いです。

2017-8-11-1

2017-8-11-2

2017-8-11-3

2017-8-11-4

2017-8-11-5

中門が修理中なのが残念です。
平成30年ごろまで続くそうです。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

なんで、スタートレック ビヨンド なんだ?

次男と少し遠出をするときには、ゲームやビデオをダウンロードしておく。
私のタブレットで無料でダウンロードできるゲームには、飽きたようで、最近はビデトを見てることが多い。

「マダガスカル」「ドラえもん」とか、可愛い映画をダウンロードしてある。
次男は、タブレットのONのボタンのありどころを知っている。
ビデオのアイコンも知っている。
ダウンロード済みのビデオの選び方も知っている。

大和路快速電車の座席に気持ちよく身を沈めてから、タブレットとイヤホンを次男に渡した。
次男は機嫌よく鑑賞していた。
しばらくしてから、”今日は何を見てるのかなぁ。。” とタブレットを覗いてみた。

次男は、「スタートレック ビヨンド」を見ていた。

2017-8-14-1



なんでだ!?

アクションものは、言葉が理解できなくても見易いとは思うけれど。
この映画には、次男に見せたくない場面があったっけ?
なかったっけ?
どうだっけ??


て、心配するのが面倒だから、「キッズ」というジャンルから選んでダウンロードしてあるのに。
私が観るためにダウンロードしてあるビデオから選ぶとは予想してなかった。

次男と出かける時は、私用のビデオを削除しておいたほうが無難だわ。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

娘のために遊園地を建てた米男性 総工費56億円

お金の使い方は、人それぞれに自由だから、人様のお金の使い方に文句を付けてはいけない。
そうは思っても、文句を付けたい人がたくさんいる。
お金持ちで、もったいないお金の使い方をする人がたくさんいる。

このパパさんは別。
私も富豪に成りたいものだ。
私が大金を使えたら、きっと良い企画を実現できると思う。

いや、いや、違う。
お商売を成功させる才能があるから、良い企画を思いつき実行させる能力もあるのだわ。
まずは、稼がなくては、なにも始まらないのだわ。

娘のために遊園地を建てた米男性 総工費56億円

続きを読む

台風一過

昨日は、電車が止まってしまうかもしれないということで、急ぎの作業だけをして早退させてもらった。
風雨が激しかったけれど、幸い何事もなくやり過ごすことができた。
長男も、次男も大丈夫。
ありがたい。

2017-8-8-1


2017-8-8-2

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

晴明神社

今日のおでかけ先のメインは、晴明神社。
陰陽師の安倍晴明の居宅跡にあります。

1005年に晴明が亡くなると、その時の天皇一条天皇は晴明の遺業を賛え、晴明は稲荷神の生まれ変わりであるとして、1007年、その屋敷跡に晴明を祀る神社を創建した。当時の境内は、東は堀川通り、西は黒門通り、北は元誓願寺通り、南は中立売通りまであり、かなり広大であった。しかし度重なる戦火や豊臣秀吉の都市整備などにより次第に縮小し、社殿も荒れたままの状態となった。幕末以降、氏子らが中心となって社殿・境内の整備が行われ、1950年には堀川通に面するように境内地が拡張された。



2017-8-6-11

「東は堀川通り、西は黒門通り、北は元誓願寺通り、南は中立売通り」と言うのを、自分で、勝手に、京都考古資料館の平安宮復元図に落とし込んでみました。
図の右下にある現在の二条城の大きさと比較してみました。
本当に広大だったのですね。
納得しました。

晴明神社は、いつも参拝者で賑わっているそうです。
いろいろなお守り、お札があって、今の季節限定なのは

2017-8-6-1

2017-8-6-2

2017-8-6-3


徒歩の行程は、鴨川の河原-京都御苑-晴明神社-京都考古資料館-北野天満宮-嵐電、北野白梅町駅。
5kmくらいです。
ちょうどよい距離です。
帰路は、次男のお気に入りの嵐電(一部分、路面電車)に乗って帰ります。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

目視で確認

朝の6:00、ピンポーン!! とドアフォンが鳴った。

え!? 6:00 だよ。誰だろ!?

「どなた?」  「はい。オレ。」


オレ、オレ詐欺か!!  いや、長男だった。

長男が入浴に使っている石鹸を取りにきたのだった。
いくつかを取り出して、手頃な紙袋に入れて渡した。

「お!さんきゅ!」で、すぐに帰った。
「なにか、必要な物がある?」と訊くと、「う~~~~~、ない。」 とのこと。


時々、私は長男に安否確認のメールをする。

”生きてるかい? 死んでないかい?”

長男からは、”はい、はい” と返事がある。

業務連絡をすると、”了解” と返事がある。


まぁ、それだけでも良いのだけど、今朝のように姿を現してくれると、尚、良い。


長男は、健康そうで、清潔な身なりをしているように見えた。
腰までのロングヘアーを後ろでひとつに括っていて、それが少女マンガのようにゴージャスに波打っている。

つまり、心身も髪も、栄養が足りているのだろう。
それに、パーマをかけない分、痛みがない。


私も学生時代にロングにしていたけれど、長男ほどきれいに維持できなかった。
私はトリートメントパーマをかけていても、上手く維持できなかったので、傷みがあるところから段々と短く切っていって、ついにショートカットになってしまった。


すごいな、長男。
特別に丈夫な髪質なのだろうか。

ともかく、生きてりゃいいので、細かい注文は付けないこととしよう。

シャーク!!

美術教室がある土曜日は、次男はとてもゴキゲンです。
エネルギーが気持ちよく出て行くようです。
次男に「居てもいいよ。」と言ってくれる場所を得ることができて、とても幸運です。

2017-8-5-1


これは、300円ショップで買ったストレリチア。
大きく育ってきてちょっと場所ふさぎになってきました。
頑健な性質の植物なので、大きく育つのが当然なのでしょうけどね。

2017-8-5-2

う~~ん。
ちょっと、大きくなりすぎた。





テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

レンジでチン!

玄関ポーチが半開きになっている。
次男が帰宅して、キチンとしめないままになっているのだ。
次男はかなりの「キッチリさん」で、たいていことはことはキチンとこなすのだけれど、どういうわけか、玄関ポーチを時々半開きにしてしまう。

「ただいま!」と玄関ドアを開けると、次男がすっ飛んで来て私の手から通勤カバンや買い物袋を受け取って居間まで運んでくれる。
次男は、すぐに、買い物袋の中から生ものを取り出して冷蔵庫に入れる。
次男が私の財布に貼った「買い物メモ」と、買い物内容を見比べて、フンフンと頷いて「買い物メモ」を剝がして捨てる。
次男の連絡帳や日記帳は、テーブルの上に並べてある。

私が用意しておいた次男の夕飯は既に食べた様子なので、「おかわりした?」と訊くと、「した!」と答える。
手紙に、オヤツに冷凍庫の中にアイスクリームを用意してあると書いておいた。
アイスクリームは、宝物探しのように、冷凍食品の中に隠すように置いたので、「見つけた?」と訊くと、「見つけたぁ~。」と語尾を引っ張って答えた。
次男は、うれしそう。
夕飯もオヤツも気に入ってくれたようだ。


私は、「お母さん、汗ダクだから、先に着替えて顔を洗ってくるよ。」と言いおいて自室へ行った。
顔を洗ってサッパリして居間に戻ったら、ランチョンマットの上に、冷たいサラダとご飯があって、箸と箸置きも置いてあって、レンジでチン!したおかずがあった。

あら!いつもは、私のオカズのチン!は私がやっているのに、今日は、次男がしてくれたんだ。
今日のオカズが次男のツボにストライク! だったのかな。
冷たい麦茶をコップ一杯に入れてコースターの上に置いてある。


次男くん、さんきゅです。
玄関ポーチを半開きにしていることもあるけど、ありがたい人です。



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

「平安初期の最大規模の邸宅跡」 が発見された

ニュースで、「平安初期の最大規模の邸宅跡」 が発見されたと知ったけれど、中京区とあったけれど、いったいどこだろう。。。。
そんな大規模な発掘調査ができる場所は。。。学校か官庁の敷地かな??と思っていた。


なるほど、島津製作所の敷地だったんだ。
路面電車が島津製作所の前を通ります。
路面電車の窓から見える建物の向こう側かな。
説明会、いきたいなぁ。。いけないけど。

平安宮散策マップから、現在の地図に平安宮を落とし込むと、

2017-8-3-1

なるほど、近い。


続きを読む

テーマ : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル : 地域情報

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR