死んでしまったの?

朝のアラームがひとつしか鳴らない。。。。。。

なんで?!


iphone が鳴らない。。。。。。
ブラックアウトしていて。。。。。どこを触っても、押しても、起きない。

お亡くなりになったのでしょうか。
丁度、今日で満1年なんですけど。。。。

あぎゃぁ!(*゚ロ゚)
スポンサーサイト

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

公園の桜が。。。。。。全く咲いていません。
つぼみです。

それなのに、学生がブルーシートを敷いて、花見の用意をしています。
バーベキューの道具を用意しています。
気が早すぎ。


日曜日は、晴れそうだけど、それでも桜はまだ咲かないでしょう。
次男をどこに連れ出そうか。。。


テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

詰め替え用のシャンプー

どこのおウチでもそうだろうと思うけど、シャンプーやボディーソープは詰め替え用を買ってくる。
シャンプーがなくなると、プラスチック容器をそのまま使って、詰め替える。

この詰め替え作業を次男は嬉々としてやってくれる。
”これは、僕の仕事!” と思っているようだ。
私が詰め替えようとすると、脱兎のごとく駆けつけてくる。
「次男くんが、するの?」と訊くと、 「はい!」と答える。
”僕の楽しみを取らないでよ!!” と言いたげな様子。



次男は外出から帰るとシャワーを浴びるし、夕飯の後は、浴槽にお湯を張って入浴もする。
次男は、いつも清潔で良い香りがする。
ありがたいなぁ。。
次男は、残していかねばならない人なので、これから先で出会う人達にも可能な限り好感をもってもらえるようにしたい。
まずは小奇麗でいなくちゃね。
同じ年齢、同じくらいの能力の障害者ならば、汚いオジサンよりも、清潔なオジサンの方が、接する人の負担が少ないです。
だから、清潔感のあるオジサン、おじいさんになってほしいです。


次男は、フン♪フン♪ と鼻歌交じりに詰め替え作業をする。
買い置きがなくなると、私の財布に「シャンプー」「ボディーソープ」とメモを貼り付ける。
次男が、毎日を自分のルールできちんと暮らすのはとっても良いことだと思う。
これからも、次男の生活が維持できるといいなぁ。

次男くん、出来たら、もうちょっとしぶとく、絞り出してほしいな。
次男がゴミ箱に捨てたフニャンとなった袋にけっこうな量が残っている。
お母さんは、それを拾って、自分が入浴、シャワーするときに使っています。
無駄にしてはいけません。

次男には、その都度、注意するのだけど、ナカナカ、改まりません。
誰だって、自分のやり方を注意されるのはイヤよね。
自閉症ならば、尚のこと、イヤよね。
わかっているけど、お母さんは、退かないで、しぶとく、

”次男くん、こうやって絞り出してね~~~。まだ、残っているよ~~~”

と、アピールしていこうと思います。。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

歩いても、歩いても

どうしたら良いのか。。。。。と、唸りながら歩く。
歩いても、歩いても、解決策が見えてこない。

2017-3-28-1

2017-3-28-2

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

プレゼント用クッションその2

メモ-プレゼント用クッションその2

ちょっと上手になったような気がする。
気がするだけだけど。

2017-3-27-1

プレゼントは難しいね。
値段がはっきりわかってしまうのは、ナンだし。
最近は、中古帯を使ったクッションカバー作りが気にいってます。

プレゼント用には、派手な古典柄がゴージャスです。
でも、中古帯を買って材料にするので、そういうのが嫌いな人もいるから、さしあげる相手に注意が必要かな。

プレゼントは難しいね。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

天神市-北野天満宮

基本的には、第4週の土曜日は、「もっとどようくらぶ」でお出かけですが、3月、12月は、プログラムがありません。
なので、次男の好きな「嵐電」に乗りに行きました。

次男は、運転手さんのじゃまにならないように静かに見ています。
自閉症独特の独り言も、一言も出ません。
もちろん、不要な動きもしません。

25日は天神市があって、梅苑も「見頃」と表示されているので、北野天満宮に行きました。

2017-3-25-1

2017-3-25-2


続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

成城石井

家の近くにあるモールが改装工事をしていた。
リニューアルオープンしたら、今迄は無かったお店が入っていた。

成城石井


ハイソな響きがあるわ。
だって、この辺りはめちゃめちゃバリバリの下町だからね。
でも、大規模な乗換駅でもあるから、客層は広いよね。


覗いてみた。
”大人気の「自家製プレミアムチーズケーキ」” を買いたかった。
オープンセールで限定特価だったから。

長蛇の列!!
あきらめた。


1週間が経って、また覗いてみた。
”リピーター続出のホットビスケット”を買ってみたかった。
まだ、長蛇の列。
あきらめた。


ウチとはご縁がないかもね。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

国際ローミング

私のスマホは、国際ローミングが出来ないことがわかった。
外国に行ったときも、ふだん、日本で使っているキャリアが、現地で契約しているネットワークと接続して、電話として使うことが出来るのが、国際ローミング。
通話料金は、1分間、100円。。と高いけど。


ちゃんと、「世界対応ケータイ」という設定なのに、

「設定」から「キャリア」の自動設定をはずすと、身の周りに飛び交うキャリアが表示されるはずなのに、

私のスマホは、「ネットワークが読み込めません」と表示する。

なにぃいいいい!?



昨日は、キャリアの店頭で点検してもらった。
SIMを抜き差しするやら、いろいろ試してもらったが、改善しない。
「アップルケアに相談してください。」と言われてしまった。
お手上げです。。。。と言っているのだ。


アップルケアに、相談してみた。
「ネットワークを初期化してみましょう。」と言われて、そうしてみたが改善しない。
「もう一度、キャリアの店頭でキャリアプロファイルを再設定してみてください。」と言われた。


キャリアの店頭を再び訪ねた。
なにをしても、改善しない。



ネットワークと接続できないと、ローミング出来ない。
二日かけて、ダメだ!!!  ということがわかった。
残念。


電話としては使えないけれど、free WiFi がある場所で、インターネットは使えるので、LINE を使うことはできるのだが。
それは、わかっているけれど。

端末機を購入したときに、ローミングできるか、どうかは、調べてなかったから、もしかしたら、購入時からダメだったかもしれない。

勉強になったけど、悔しいなぁ。

赤い靴

次男くん、新しい赤い靴を履いてでかけました。

次男は、

実家にいるときは、実家で買った靴。
出勤するときは、ヘルパーさんと買った靴。


と決めているようです。
どうしてかな。。
わからないけれど。



だから、昨夜は玄関に、”明日、履く緑の靴”をきちんと揃えて用意していました。
でも、次男がアパートから履いて帰った緑の靴は、よく履きこんで靴底が少しすり減っていて、雨が降る日は滑りやすいかもしれないので、日曜日に買った新しい赤い靴をすすめてみた。


「明日は、赤い靴を履いて行ってね。」と言うと、次男はしばらく考えていた。

そして、ダッ!!と赤い靴を履いた。

今、靴を履いて、どこかに出かけようと促しているのかと思ったようだ。

次男くん、なかなか、言葉だけでは理解することが難しいです。
今でも、難しいし、これからも、難しいと思います。


「今じゃないよ。明日の朝よ。」と何回も言ってみた。

しばらくして、なんとか、理解できたような。。。。な。。。かなぁ。。。



今朝、傘をもって、赤い新しい靴を履いて出かけたので、理解できたようです。
難しいことがいっぱいあるけれど、それでも私達は充分にラッキーよね。
お兄ちゃんも含めてね。
丁寧にラッキーを拾って集めていこうね。




テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

のんびりの日

今日は、おうちでのんびりする日でした。
朝のウォーキングで汗をかいたあとは、終日おうちでした。

次男はネットサーフィンとアニメーション鑑賞。

お母さんは、クッションカバーを縫いました。
赤いシクラメンを下さったおうちにさしあげました。
縫い目が変だけど。。。。。。ま、ま、ま。。。。貰いものだと思ってゆるしてくださいね。。

おやつに焼き芋を焼いて、ふたりで”おいしいなぁ。。甘いなぁ。。”  ”ムフフ(*^_^*)”

地味に幸福な一日でした。
ありがたいです。

2017-3-20-1

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

吊り橋

ハイキングに行って、吊り橋を渡りました。

橋長:280m です。
谷を渡る風が気持ちよいですが、ちょっと、揺れました。
わっわっわ!!!(゚д゚)

往復しました。
高いところが苦手な次男ですから、とても頑張ったと思います。


2017-3-19-1

2017-3-19-3

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

サメ!

サメ!

先生がおしえて下さったところによると、次男はサメを描くことに決まったときに、とても喜んだそうです。


次男くん、サメ、好き?


2017-3-18-11

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

赤いシクラメン

赤いシクラメンを頂きました。
ご自宅のベランダでお世話されて大きくされたシクラメンです。
ありがとうございました。

玄関ポーチは、陽当りが悪いのですが、誰かの目に留まるチャンスが多いので、玄関ポーチに置きましょう。
頑張って咲いたのだから、誰かに「あら、綺麗に咲いてるのね。」て、思ってもらえたら、シクラメンはきっとうれしいよね。

2017-3-17-1

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

ウグイス?

ウグイスかな?

ウォーキングしていると、”ホ、ホ、ホ、ホケキョ。。。。ケキョ、ケキョ。。。”と聞こえます。

練習しているようです。
スマホで録音したのですが、載せ方がわからないです。
トホホ。。


目がかゆいです。
クシャミもでます。
でも、鼻の中にヴァセリンを塗ると、随分ラクです。

長男が50歳、次男が48歳までは、動けてボケてないお母さんでいたいです。
がんばりましょ。
歩きましょ。



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

シクラメン

やっと咲きました。
他のおうちのシクラメンは、もう咲き終わっているころなのにね。
今から咲きますよ。
遅ればせながら、咲きますよ。
イイコ、イイコ。

2017-3-15-1

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

京キャラ博・京都ほんまもん祭

京都国立博物館、開館120周年!!

2017-3-13-1


日時
2017年3月18日(土)9:30~16:30
会場
京都国立博物館 庭園
料金
入場無料
※当日は、京都国立博物館名品ギャラリーも無料でご覧いただけます。
主催
京都国立博物館、京都府、京都府商工会連合会、京都府商工会議所連合会
主管
株式会社 キュー
後援
京阪電気鉄道株式会社、KBS京都、株式会社京都リビング新聞社、株式会社エフエム京都
出演キャラクター・出店ブース
詳細はFacebookページをご覧ください。



ちらしPDF


テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

神戸市立王子動物園

今日もお天気がよくてありがたいです。
梅田から30分です。
足場がよくてありがたいです。

動物園ですから、小さいこども達でいっぱいです。
次男が苦手なキンキン声がいっぱいです。
それは、しかたがないです。


2017-3-12-2

2017-3-12-4

2017-3-12-3

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

ダウン症の仏女性、念願のお天気キャスターに

良いニュースです。
ここにも、「恐れない少女(Fearless Girl)」がいます。
成功を祈っています。

【AFP=時事】ダウン症候群のフランス人女性が、念願だったテレビのゴールデンタイムで天気予報を伝えるという夢をかなえることになった。彼女をサポートしている擁護団体が8日、明らかにした。




2017-3-9-10

続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

「恐れない少女(Fearless Girl)」。

世界金融の中心・ウォール街。

少しも恐れず雄牛に対峙する少女像。

2017-3-9-1

2017-3-9-2

国際女性デーを翌日に控えた3月7日朝、設置された。
4月2日まで置かれる予定。

少女像を設置したのは「ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)」。世界第3位、2.47兆ドル(約282兆円)を運用する(2016年末現在)。
少女像についてのプレスリリースの中で、SSGAは投資する3500社余りに対して、女性取締役の数を増やすように求めると公表した。企業が行動しない場合、変化をもたらすために議決権の代理行使も辞さないという。
同社の投資先企業の時価総額を合わせると30兆ドル(3430兆円)を超える。ロン・オーハンリー社長兼CEOは声明で、

「効果的で独立した取締役会のリダーシップにつながる鍵は、考え方の多様性だ」

と述べた。





ビジネスの現場で、女性であることは、厳しい。苦しい。

ビジネス以外の場面でも、苦しい。

なぜなら全て場面においての後ろ盾は、経済力だから。




世界金融の中心・ウォール街に「恐れない少女像」を設置した意味。

ロン・オーハンリー社長兼CEOは、もともとリベラルなのか。

投資先を選ぶにあたり、「取締役会の考え方が硬直した企業は投資に値しない。」と気がついたのか。




「恐れない少女」とか、「恐れ知らずの少女」とか、訳してある。

私は、「恐れない少女」のほうが好きだ。

女性は、恐れをたくさん知っているから。

恐れをたくさん知っているけれど、なお立ち向かわなければならなくて、踏ん張っているのだから。

知らなくて踏ん張っているのは、ただ無知なだけ。

わかっているからこそ踏ん張っているのが、勇気。心意気。

2017-3-9-3

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

宅配便

宅配便に、とても感謝している。

毎朝飲む野菜ジュースなどは、通販で定期的に買うと、お店で買うよりも安価だったりする。
それに、車を持たない家庭には、重い品物を家まで届けてくれるのがなにより有り難い。

私は、新刊書以外は、ほとんど本屋さんに行かなくなった。
インターネットで本を探すと早い。
古本は、送料を払っても、安価だ。
帰宅して、メールボックスやドアポケットに本の包があると、うれしい!

今日、届いていたのは、こちら。

2017-3-8-1
本屋さんで買ったら2800円
古本は、送料込で考えても1/3以下。
もちろん古本屋さんの店頭で探せば、送料を払わなくてよいけど、本を探す時間が長くかかりすぎる。
時間がもったいない。


読んだ本がたくさん溜まって、置き場所に困った時は、また古本屋さんに売る。
価格はさらに安価になるけれど、価格は問題じゃない。
まだ読むことができる状態の本を捨てるのはもったいない。
それも、宅配便さんが取りに来てくれるからできること。



宅配業者さんとアマゾンさんがいないと、私達の生活はなりたちません。

でも宅配業界は、取り扱う量が増えて、人不足でとんでもない仕事量になっているらしい。
わぁ。。気の毒だ。

届く日時が指定できるものは、ちゃん家にいて受け取りますから。
再配達にならないようにしますから。
すぐに届かなくても良いから。
配達にかかる日数を増やしてくれて良いから。

料金を上げないでほしいなぁ。。。
配達日時を指定してある配達物は、不在で、再配達になったら、再配達料を支払う。。。という制度にしたらどうだろうか。
再配達を減らすことができたら、配達スタッフさんの負担を減らすことができるよね。

届くのが遅くなってもいいから、値上げしないでほしいなぁ。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

ガーデンシクラメン

ガーデンシクラメンのツボミを見つけました。

2017-3-7-4

2017-3-7-5

今年は、ダメかと思っていました。
もっと日当りが良いところに置いてやれたら良かったのだけど。
玄関ポーチの奥まったところだから、なかなかツボミを作れなかったのよね。
ごめんね。

でも、ジンワリ、きれいに咲くのよね。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

枝垂れ梅

枝垂れ梅は、ふつうの梅よりも遅れているさきはじめます。

お正月飾りの餅花しだれのように見えます。
かわいいです。

2017-3-7-1

2017-3-7-2

2017-3-7-3

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

要観察事項

次男は、12時とか、2時とか、夜中に起きることがあります。


機嫌が良いので、悪い夢を見たわけではないようです。

フンフン♪♪。。。と、鼻歌まじりで、夜中に歯を磨いて顔を洗っているので、寝ぼけているわけではないのです。
シッカリ目がさめていると思います。

居間でPCやipadでネットサーフィンしているようです。
カサ、カサ。。。と本のページをめくる音が聞こえます。
レゴを触る音も。

私は自分のベッドに入ったままで、

「お~~い、次男くん。まだ夜ですよ。
ベッドに戻って寝なさい。」

と呼びかけます。

すると、ノンビリした声で、

「ダ~~~メ。」

と返事が返ってきます。

「うふふ」 と聞こえてくることもあります。。

次男はホットカーペットをオンにしているはずだし、ひざ掛け用の毛布もあるし、肩掛けもあるし、ヌクヌクしていると思うので、風邪をひくことはないと思います。
ナイトガウン代わりの暖かいセーターも着ていると思います。

なにか危険なことだったら、夜中でも叱らないといけないのですが。

本当に起床しなければならない時刻に起きられない。。。とか問題があれば、強い対応をしなければならないのですが。

そうではないので、要観察事項。。。というところだと思います。

自閉症だから、毎日の生活のなかで頑張っているはずだから、神経が立つのかなぁ。
気持ちを整理整頓する時間が必要なのかな。。
昼間の時間ではなくて、夜中の時間が気持ちよいのかな。。。

日常の生活の中では、良い職場環境、気持ちよい住まい、行き届いたサポートがあるので、苦しそうな様子は見えないです。

次男は健康で、穏やかな気性で、清潔で、勤勉で。。。良いところがたくさんある人なので、これくらいのことがあってもいいかな。。。
許してやってしかるべき。。。かな。

次男には、どうしても必要な時間なのかな。

次男は、夜中の自分だけの時間を過ごしたあと、もう一度眠って、本来の起きるべき時刻にスッキリ気持ちよく起きるようです。
ニコニコしてくれます。


お母さんは、眠いです。
残念ながら、スッキリ起きられません。。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

京都国立博物館-特集陳列 雛まつりと人形

「特集陳列 雛まつりと人形」

2017年2月18日 ~ 2017年3月20日

雛まつりは古くから行われているように思われがちですが、人形を飾ってこの日を祝うようになったのは、江戸時代の初めとされています。当時の雛人形には、その時代の元号を冠して呼ばれる寛永雛(かんえいびな)・享保雛(きょうほびな)や、考案した人形師の名を付けたという次郎左衛門雛(じろざえもんびな)、江戸で誕生した古今雛(こきんびな)、公家の装束を正しく写した有職雛(ゆうそくびな)などがありました。この特集陳列では、各種の雛人形が勢ぞろいします。また本年は、明治時代の宮中の洋装化にならって製作された、洋装の御殿飾り雛を展示します。雛人形を中心に、嵯峨人形、御所人形、賀茂人形と、各種の京人形が集うこの展示で、一足早い春の訪れを感じてください。




2017-3-5-1

2017-3-5-2


我が家には、お雛様がありません。
そこで、毎年、京博に観にいきます。



明治時代の宮中の洋装化にならって製作された、洋装の御殿飾り雛
がすごいです。
ビックリ!!しました。

洋装の明治天皇と十二単の皇后が並んでいました。
馬車もあって、親衛隊?もいて、馬のたてがみまで精巧で、美しく豪華なお雛様でした。



金にあかして、よくもまぁ。。。。。

と思ってしまうのは、私のひがみです。
せっかく見せて頂いて、もんくを言ってすいません。(ノ_<)
ごめんなさいです。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

ハリセンボン

目つきが怒っているハリセンボンです。

2017-3-4-3

膨らんでハリを立てるのは、危険を感じた時らしいです。
だから、目つきが怒っているのも当然ですね。

次男はタップリとエネルギーを放出したらしく、気持ちよさそうです。
満足したようです。

夕食のハンバーグをモリモリ食べました。

テーマ : 知的障害者の創作活動
ジャンル : 福祉・ボランティア

ゴールデングロー

多肉植物の「ゴールデングロー」です。

ずっと「黄緑色」なのに、なんで、ゴールデングロー(黄金の輝き)という名前がついているのかなぁ。。。と不思議に思っていました。
寒くなって紅葉すると、オレンジぽくなるけれど、黄金の輝きにはほど遠いじゃないの。。。。と思っていた。

今朝、わかった。

2017-3-4-2


なるほど。
ゴールデングロー です。


植木鉢は、次男が支援学校の高等部の陶芸作業の授業に作らせていただいたものです。
次男は、中学校までは地元の学校にいきました。
高校で支援学校に進学しました。
本当に支援学校に進学して良かったと思います。
先生方、ありがとうございました。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

夜明けが早くなってきました。

夜明けが早くなってきました。
うれしいなぁ。

2017-3-4-1


次男が今週も無事に帰ってきました。
うれしいなぁ。
ありがとうございました。
月曜日の朝に、気持ちよく送り出したいです。


テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

ちらし寿司

3月3日は、ちらし寿司を作ることが多い。
今日も作りました。

でも、ちょっと寒いよね。


もっとボリュームのある温かいものが良かったよね。
作った途端に後悔してます。(ノ_<)


テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

ふられた。

旅行を計画しているので、長男に、「行かない?」と誘ってみた。

「行かない。」と返信がきた。

そう言うと思ってたけどね。

昨年は、用事があったので、日帰り出張みたいなことを2人でした。

用事をかたずけた後は、別行動をしてそれぞれの家に帰った。

ま、用事があればこそよね。

観光旅行は、無理よね。

テーマ : 障害児、障害者の兄弟、姉妹
ジャンル : 育児

ラジオ講座

いつも聴いているラジオ講座の先生が、昨年から病気療養をされていた。
テキストの中身は、アンコール放送になっていた。

自分で言ってしまうと悲しいけれど、知識が少しも頭に入らない。
読んでも、聞いても、憶えられない。
以前に憶えていたことも、忘れてしまう。

そんな調子だけど、ずっとラジオ講座を聞き続けていこうと決めている。
それなのに、講師の先生が病気療養されていて。。。
意気消沈。

講師の先生が、ようやく 3/6放送のテキストから復帰される。
テキストの制作は、ラジオ放送に先立って行われているわけだから、ずっと早くに回復されていたのだろう。
よかったです。

聞いても、聴いても、右の耳から左の耳に抜けていくわけだけど、それでも聞き続けていきますからね。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR