FC2ブログ

高雄山 神護寺 -かわらけ投げ

今日は、私一人の時間を持つことができました。
ありがとうございました。

思い立って、「かわらけ投げ」をしてきました。

京都 高雄山 神護寺

JR京都駅からJRバスで50分、
520円(往復800円の切符がお得です。)

バスが京都市内を走りぬけてしまって、北野白梅町あたりからドライブ気分になれます。
バスがグングン山を登っていきます。
バスの運転手さんはプロですから大丈夫なのはわかっていますが、”え。。速くない?そんなに飛ばすの?”と感じます。
きっとちっとも飛ばしてないのでしょうけれど、私はバスがちょっと苦手なので、ビビッてしまいました。
紅葉し始めた山並みを眺めていると、山城高雄停留所に到着。

停留所からは、一度谷まで下って、赤い橋を渡ってから神護寺の参道の階段を登ります。
けっこうキツイです。
20分くらいです。

2015-11-3-1

2015-11-3-8

金堂や多宝塔もあるけれど、私がまずしたかったのは、「かわらけ投げ」

2015-11-3-5

2枚100円  です。
厄除 と書いてあります。

他の人h、どうされているのか、知りません。
私は、かってに、家から持参したマジックで何ごとか書きこんで、私しかいない状況になるまで待ってから、

2015-11-3-4

う”りゃぁ”~~!!!

どう表現したらいいのかわからない、変な声を出してしまった。


ああ、スッキリした。
腰に手を当てて、ウルトラマン スタイル。
これで、明日からがんばることができますわ。<(`^´)>


神護寺の宝物の中には、歴史の教科書、美術の教科書に載っていた「国宝 源頼朝像」があります。
宝物虫払い行事 5/1~5/5 に展示されるそうです。
見てみたいと思うけど、私は、参拝者が大勢の時期は避けるので、チャンスはなさそうです。

時間と交通費を使ってここまで来たからには、神護寺だけでなく、西明寺、高山寺も行っときましょ。



続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

杉本 章子- 東京新大橋雨中図

気にかけていることがあって、忘れないでずっと記憶の角に置いていると、ある日何かと繋がって、”ああ!ここで繋がったのか!”と膝を打つことがある。

1988年出版の単行本。
帯もついていて、誰かに読んでもらったことがないままに、古本屋の108円の棚にやってきたようだ。



東京新大橋雨中図 – 1988/11

2015-11-2-2

文明開化の光と影を描いて一世を風靡した“光線画”の異才・小林清親―その苦闘の軌跡と幕末から明治の激動に翻弄される人々の哀歓を浮き彫りにする渾身の長篇力作。



小林清親

2015-11-2-5


2015-11-2-6


2015-11-2-7






小林清親。。小林清親。。小林清親。。小林清親!!

これだ!繋がった!!

YASUJI東京1988/7
杉浦 日向子
データ

井上安治、風景画家。元治元年、浅草生れ。十四歳の時、 小林清親  に入門。明治二十二年没。二十五歳。安治は東京に何を見たのだろうか。明治の東京と昭和の東京を自在に往き来しつつ、夭折の画家井上安治の見た風景を追い、清親との不思議な師弟関係を描く静謐な世界。他に単行本未収録作品を併録。



2015-11-2-1

続きを読む

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

醍醐寺

豊臣秀吉が催した「醍醐の花見」の醍醐寺へ行きました。

JR京都駅からバス
京阪電車六地蔵駅からバス   
いずれも「醍醐寺前」という停留所があります。
便利です。

2015-11-1-0


上醍醐の「開山堂」まで行きました。
女人堂から上が、「上醍醐」です。

次男は、どんどん登ってきます。
次男くん、足が長いです。

母は、ゼイゼイッと息が上がってよろよろです。
時々、腰を伸ばしてあ”~~~~~!!!(@_@;)/と叫びながら追いかけました。

あ”~~~!!! が聞こえると、つづら織りの道の先から次男がヒョイッ!!と顔を出してくれました。
母を見下ろして、”ここだよう~~~!”と手を振ります。
母も次男を見上げて、”ここだよう~~~!”と手を振り返しました。

次男に赤いトレーナーを着させて正解です。
見つけやすいです。
私は黄色のトレーナーを着ました。
次男から私が見つけやすいように。

登りも下りも人に会えば「こんにちは。」とあいさつするのが基本です。
ところが、次男は「こんにちは。」と言っていただいているのに、「こんにちは。」を返すことができません。
次男が先に行って、私が追いかけて、次男が「こんにちは。」を返さなかった人に、「すいません。先に行っていたのは息子です。言葉が不自由で、ご挨拶できなくて、失礼しました。」と繰り返して、登り下りしました。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR