新居

昨夜、次男の新居を見てきました。
オシャレで清潔な建物です。


充分な広さがあって、収納もタップリあります。
寝室のクローゼットの中にタンスもハンガーもおさまるので、部屋の中がスッキリしています。
小さなタンスに、「トイストーリー」のウッディとバズライトイヤーが大きく描いてありました。
次男は、目で喜んで、引き出しの中身を確かめて、自分の使っている衣服を見つけて、ますます喜んでいました。
ヘルパーさん達とケアマネージャーさんが次男が喜ぶように用意してくださったのでした。
ありがとうございました。

次男が新居でも問題なく生活できることを願っています。





スポンサーサイト

昨夜は、大きな雨音でした。
今夏は雨が多いように感じます。

今朝は曇りですが、激しい雨の後は、空気がきれいなように感じます。

2015-8-30-1-1


2015-8-30-1-2


今朝は次男が起きている気配したので時計を見ると 4:30  でした。
次男が目を覚ます時刻としては、ふつうの時刻です。
5:00 に「おはようございます!」と廊下から声をかけてきました。

今日も良い一日になってほしいです。

京都 まんがミュージアム

次男たちは、ボランティア リーダーさんに引率していただいて「京都 まんがミュージアム」に出かけました。

集合場所に、次男が先に到着しました。
私は、何本か後の電車に乗って追いかけました。

雨が降って来たので次男の携帯電話に連絡しました。

私:「次男くん、傘、持ってる?持ってない?」

次男:「持ってる!」

私:「そう、よかった。」


続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

映画「お茶と同情」

実家の父は、ヨクボケジジイ で イロボケジジイ です。
頭を抱えるようなエピソードが山ほどあります。
そのうえ超の字がつくくらいに健康体なので、今後もエピソードの数は増えていく予定です。

そんな父なのに、映画青年であった父の映画履歴は素晴らしいものです。
逆に言うと、いくら良い映画をたくさん見ても、人間形成には影響がないってことだろうか。。。。そう思うと、とても悲しいなぁ。
よい映画は、人生を変えるほどの影響力があると思いたいのだけどなぁ。。


「お茶と同情」
古い映画です。
名作中の名作です。

1956年 アメリカ 原題:Tea and Sympathy(そのまま、「お茶と同情」)
監督: Vincente Minnelli ヴィンセント・ミネリ

Deborah Kerr デボラ・カー (Laura Reynolds)
John Kerr ジョン・カー (Tom Robinson lee)


ブロードウェイで91週間興業の記録をもつロバート・アンダーソンのオリジナル戯曲をアンダーソン自ら脚色、ヴィンセント・ミネリが監督した話題作。
主演は「王様と私」のデボラ・カー
まだ映画出演3回目の新人のジョン・カー。
主演2人は舞台でも同役で出演。

つまり、誰もが、このふたり以外には考えられないと思ったほどの適役だった。

続きを読む

テーマ : 私が観た映画&DVD
ジャンル : 映画

免許証の更新手続き

警察署で、免許証の更新手続きをしました。

なにせ、乗りませんので、無事故無違反ですから、金色の「優秀運転者」です。オホホ (^.^)

5年ぶりに警察署に行くと建て替わっていて美しい庁舎になっていました。
玄関を入ってすぐにロビーがありました。
ソファに、「どう見てもその筋のおじさん」が半ば寝転びながら大声でスマホで話していました。
おお!(@_@;) かなり、うるさい。

カウンターで、「更新の手続きにきました。」と伝えて、名前を呼ばれるまで待っている間、おじさんはずっと大きな声で話し続けていました。
私の他には1名の女性がまっていました。
私から見える範囲の中に、大勢の制服をきた警察官が居て、それぞれに事務仕事をされていましたが、み~~んなおじさんを無視していました。

警察署のロビーで、大勢の警察官がいて、ひとりの警察官も、「大きな声で話すと迷惑ですから、外で話してください。」と言わないの。

おじさんは警察官を舐めているのか、警察官がおじさんを舐めて無視しているのか。。。
両方かな?



一般庶民の存在は、どちらの眼中にもなかったようでした。
おじさんは、そういう種類の人でしょうから、それがふつうの態度でしょうが、警察官のそれは、おかしいよね。




続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

銀杯

私なら、100歳のお祝いの銀杯はいらないわ。

100歳の先輩方、「私はほしくないわ。いらないわ。廃止すべきだわ。」と言ってください。

厚労省は、1963年度から100歳を迎えたお年寄りに銀杯を贈っていますが、初回、153人だった対象者は、2014年度には2万9357人に増えました。



2015年も2万人余りの100歳になる予定の先輩方がいるのでしょう。
そのうち何人が自分の意見をもっていて、それを言葉にできるのか。。。。それを知りたい。


テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

読書メモ- 宴のあと   三島由紀夫

宴のあと

発行日:1960年11月15日

『宴のあと』は1961年(昭和36年)3月15日、モデルとされた有田八郎からプライバシーを侵すものであるとして、三島と新潮社が訴えられ、長期の裁判沙汰となり、「プライバシー」と「表現の自由」の問題が日本で初めて法廷で争われた。



とても主人公の夫妻は、とても魅力的に描かれている。
とても良い作品だと思う。
でも当人達にとっては、存命中だったし、イヤだったのでしょう。

わかりやすい。
読後感がよいです。

続きを読む

テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

覚書-厚生年金保険料

平成16年の法律改正により、厚生年金保険の保険料率は、平成29年9月まで毎年改正されることになっています。


わかっていますが、通知が来るたびに気持ちがドヨ~~~~ンと沈みますわ。
(>_<)
自分の給与だけでなく、社員全員の給与を知っているわけで、それぞれのご家庭で堅実に生活されている様子を漏れ聞くわけで。

官僚たちは、わずかのこと。。。。て、思っているのでしょうが。

庶民の痛みがわからんのでしょうね。


少子高齢化で、年金保険料を納める人口が確実に減っていくのですから、保険料を上げざるをえないのは理解できますが。
徴収した保険料を無駄に使われてきたことに怒りが湧くのです。

公的年金流用問題

公的年金制度によって集められた年金保険料が、本来の年金給付以外の用途に安易に使われていた。
年金給付以外の用途に使われた額の累計は56年間で6兆7878億円に上ることが判明している。



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

マジックと皿回し

今日の仲間つくり教室は、ちょっと変わった趣向でした。

ロープマジックのさわりと、ストローマジックのさわりと、皿回し でした。
マジックは、マジックに見えるけれど、マジックではなくて、当たり前のことが起こっているのだけど、カッコ良い手さばきですると、マジックに見えるのでした。

マジックがマジックに見える面白さは、次男にはちょっと難しいと思いますが、繰り返し、繰り返し紅白のロープを引っ張って、

スルスルスルッ! 白のロープが赤に代わり、
スルスルスルッ! 赤のロープが白に代わり


楽しんでいました。

2015-8-23-2-3





紙のお皿の下に、紙作ったリングを貼り付けて、お箸を挿し入れてお皿をサッと回すと、あら?上手!

みんな上手にクルクルクル!
ニコニコニコ!

2015-8-23-2-1


2015-8-23-2-2


テーブルの列ごとに皿回し競争をしました。
列の一等賞同士で教室の一等賞を選びました。

上手に回せる人は、何時間でも回せそうです。


教室に、うれしそうな顔がいっぱい咲きました。

こんなにウケるなんて。
正直に言うと、予想以上でした。
今日のプログラムの内容を聞いたときには、ちょっと無理じゃないかなぁ。。。。と思いました。
みんなついていけないのじゃないかなぁ。。。と思いました。


先生方、ありがとうございました。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

理解できない

昨日、行方不明だった少年が遺体で発見されたそうだ。
痛ましい。
手を合わせて冥福を祈りたい。


少年も先に発見された少女も、公開された画像は、年齢よりも幼い感じだった。
よけいに痛ましくて。

同時に、こんな幼い様子の子どもたちが深夜から明け方にかけて商店街を徘徊していたことが、驚きだ。
深夜徘徊は、今回が初めてではないらしい。

世の中には、頭の固い私には、理解できないことがたくさんある。



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

映画「美女と野獣」2014

日本公開から1年を経ずにDVDが発売されている。
そんなに早くてもいいの?

興業成績も良くて、早い時期のDVDの発売が望まれるほどに好評だったのか。

日本では11月1日に全国154スクリーンで公開され、1日・2日の2日間で興行収入1億6707万7800円、観客動員13万6028人を記録し、映画動員ランキング第3位となった[7]。12月7日までの1カ月間で興行収入10億235万8200円、観客動員76万9122人を記録し、日本語吹き替え版の上映が急遽決定した。

2015年1月には興行収入11億円を記録した。



なるほど。

2015-8-24-2-1

続きを読む

テーマ : 私が観た映画&DVD
ジャンル : 映画

毎日が奇跡

子どもが無事に帰ってくることって、大げさに言ってしまえが、奇跡なのだと思う。

どんな人だって、1秒先のことだってわからないからね。


だからってビクビクて部屋に閉じこもっていても、部屋のなかで、若年でも心不全だって起こりうるし。


先のことはわからないから心配したって仕方がないけれど、心配しなさ過ぎなのは、責任放棄だから。


まずは、無事に帰って来ていることに感謝。
多くの人たちが支援してくださった1週間に感謝。


来週も気持ちよく支援していただける次男でいられるように、月曜日の朝に気持ちよく出かけさせてやれるように、親としてガンバです。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

トーマスの電車

週末は、出来るかぎり、次男と出かけるようにしている。
それなのに、この「トーマス柄」の電車には乗ったことがない。

次男とホームで電車を待っているときに、「トーマスの電車が来てくれたらいいのになぁ。。。」と思っているのだけれど、どういうわけか縁がないのだ。

次男が大喜びする。。。。わけではなくて、”フフン♪フフン♪”と目と頬でをちょっと嬉しそうな顔をするだけなんだろうけど。
乗せてやりたいなぁ。


そう思っていると、私がひとりでホームに居る時にやってくるのだ。
私の前に停まったのは、ゴードンだった。
皮肉ね。

2015-8-20-1-3


2015-8-20-1-2


2015-8-20-1-1




テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

双頭

雨が降っていることが多くて、早起きしても家で静かにしていることが多い。
今朝は、植木をカットした。

6月にホームセンターで買ったラウリンゼは、3鉢ともに双頭だった。
棚に3鉢だけが売れ残っていた。
双頭だから売れ残っていたのかな。
嫌われたのかな。
企画を外れると、嫌われるから。


キューッ  と、胸のどこかが鳴った。
おばちゃんのウチへおいで!   と、3鉢とも買った。


2015-8-20-2-1

単頭のラウリンゼよりも貧弱に見えるけれど、良いじゃないの。
夏を乗り切って、少し涼しくなったら、切り離してやりましょう。。。。と思った。

続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

痛ましい

中学生の少女の遺体が発見されたそうだ。
とても痛ましい状況で発見されたそうだ。
ひどいことだ。
冥福を祈ります。。。。決まり文句だけど、それ以外に出来ることが無い。

一緒に行動していた少年の行方がわからない。
見つかってほしい。


家出をするつもりで出かけたのだろうか。
本当に「帰らない。」つもりなら、もっと荷物を持って行ってもよいように思うのだけれど。
防犯カメラに映った映像は、とても身軽のように見えた。


お金を充分に持っていたら、荷物はいらないのかもしれないが。。

12日の夕方にいなくなって、14日に捜索願が出されるのは少し時間が経ち過ぎではないのか。。。。。と考えていたら、思い出したことがあった。



たぶん10年くらい前jか、もっと前か、免許証の更新に警察署に行った。
私が、カウンターで受け付けしてもらっている時に、すぐ隣でお母さんが取り乱していた。
「未成年の娘がいなくなった。」と訴えていた。
男性の警察官が応対していた。
その時の印象は、「警察は積極的に探すことはしない。」と感じた。

いや、そう言ってしまっては警察に酷かもしれない。
ふだん通りに警ら活動をしていて、「あれ?」と感じるのは、明らかに学齢期の少年、少女が学校に居るべき時刻なのに街中に居る場合だけだろう。
大人びて見える子であれば、もし、街中ですれ違っても、「行方がわからなくなって捜索願がでている子」だと、わからないだろう。

健康に見える障害者もきっと見つけられないな。。。。と思った。
私が見つけなきゃ。

スマホや携帯電話を持っていても、電源を切っていると、追跡できないだろうし。



まれ

お惣菜が安い日なので、デパ地下に行ってみました。
そしたら、こんなのを見つけました。


2015-8-18-1-2

買わなかったので、帰宅してから調べました。

2015-8-18-1-1

3月30日にスタートした連続テレビ小説「まれ」のライセンス商品です。
石川県能登産のブルーベリージャムと横浜銘菓ありあけハーバーがコラボレーションしました。



このマスコット人形が、可愛くないと思うのは、私だけでしょうか。
私は少数派なのかもね。

続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

ipad 復活

昨夜、次男のipad が充電できないことに気がついた。
充電量が7%と表示してある。

ipad のコードとアダプターは、apple の 純正 だ。
それらを、ipad にきちんと接続しているのに、充電できないのだ。

インターネット上で調べて再起動をしてみた。
コードとアダプターを接続して一晩充電してみたが、充電はできないままだった。


なんとかしなくっちゃ。
次に次男が帰ってくる金曜日の夜までに、なんとかしなくっちゃ。

ipad を持って出勤した。

会社の帰りにアップルストアーに行くことになるかな。




続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

ナイトガーデン

植物園の「ナイトガーデン」にいきました。

2015-8-16-2-3


2015-8-16-2-2





テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

ヒマワリ

次男のヒマワリもガンガンに咲いています。

2015-8-15-2-1

居場所があることは、とても幸運です。
幸運を大切にしたいです。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

4:53

ピョロロロ~~~ン♪

PCの起動音がしたので時計を見たら、4:53 でした。
次男がPCを起こしたのです。

子が健康であることはなによりありがたいことです。
ありがたいと思いながらも。。。。(~_~;)


諦めて、私も5:00に起床。
玄関ポーチを掃き掃除してからウォーキングに出かけました。


2015-8-15-1-1


2015-8-15-1-3


2015-8-15-1-2

百日紅はえらいなぁ。。。

ガンガンに暑い時期に、ガンガンに咲いています。

ナイトZOOに行きました

人がいっぱい!いっぱい!いっぱい!いっぱい!
すごいよぅぅぅぅ。。。(@_@;)

でも、ライオンさん達が昼間よりイキイキしていました。


オオカミ達もすごく元気で部屋の中を走る、走る。
映画の中で、夕闇せまる頃にオオカミの群れが獲物を探して動き出して、やがてどっぷりと沈んだ闇のなかにギラン、ギランとふたつづつ光るものが何十と。。。。。。。というシーンの少し前の様子なんだなぁ。。。と思いました。


2015-8-14-2-4


2015-8-14-2-1

2015-8-14-3-1


2015-8-14-3-2

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

覚書-成年後見人

昨年、次男の成年後見人になった。


もともと、私が65歳か70歳になったら、つまり私がボケる前に、次男の成年後見人を選定しようと思っていた。
お世話になっているヘルパーステーションのケアマネージャーを信頼しているけれど、利害関係にあるので裁判所はケアマネージャーを次男の後見人として認めない。
だから、どうしたものか。。。社会福祉士。。。。司法書士。。。弁護士。。。。。

ところが、弁護士による被後見人の資産の着服事件が後を絶たない。
被後見人が、大きな資産を持つ場合だけではないのだ。
障害者年金と親が持たせてくれた少しの貯蓄とほんの少しの就労収入だけなのに、それを横領する人がいるのだ。

いったいどういう世の中なんだ。
弁護士ですら、「貧すれば鈍す。」なのだ。

頭を抱えるわ。


それに、自分が「成年後見人」をやったことがないのに、次男の「成年後見人」を誰かに託すのはおかしい。
まずは、私がやってみるわ。。。。。で、申請しました。

当然、問題なく任命されました。
登記も済みました。

特別に難しいことはなにもありません。
面倒なだけ。

続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

トロールビーズのブレスレット


以前に、TVで、「トロールビーズ」なるものを紹介していた。
可愛らしいなぁ。。。。と思ったけれど、なかなか高価だった。

不器用なのに、コトコトなにかをいじるのが好きなので、どこかで材料を仕入れることができたら、組み合わせてみたいな。。。と思っていた。

材料が集まりました。
以前に盟友がくれたネックレスについていた猫ちゃんのペンダントヘッドを加えて出来上がり。

2015-8-12-2-1

猫ちゃん、猫ちゃん、いつかもう一度猫ちゃんと暮らしたい。
でも、今のところ可能性が見えないので、この猫ちゃんで我慢します。




続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

本を読む速度

私は本を読む速度が遅いです。
だから、読書量が少ないです。

真剣に速読講座があれば、私が通うことができる時間帯で、通うことができる距離にあれば、受講したいと思っています。

でも、それとは逆に、本はゆっくり読むものだわ。。。とも思います。
特に時代小説はゆっくり読みたいです。
日本語が母国語でよかったなぁ。。と思います。

山本 周五郎
藤沢  周平
宇江佐  真理
葉室  麟

くらいしか知らないけれど、日本語で読むことができて幸運です。
もしも日本人以外に生まれたり、帰国子女だったりして、翻訳で読むことになったら、もったいないわ。


続きを読む

買い物

次男が買い物メモを書いて、私の財布に貼ってくれます。

2015-8-10-1-1

了解です。
買いますね。

「あるべき物がないと、ちょっと落ち着かない。」という次男ですからね。
「お母さん、お願ね。」というかわりにメモを書くのでしょう。

自閉症の特徴だよ。。。。それは確かだけど、悪くない特徴だと思います。

今週もよい1週間になってほしいです。




テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

トリックアート展

風がなくて蒸風呂のような一日でした。
こういう日は涼しい屋内へ行きましょう。
それでも、お客さんは少ない様子でした。
みんな外に出たくないですよね。

トリックアート展は、
その場でポーズしている本人は、どんな様子に見えているのか、わからないのです。
スマホやデジカメで撮ってその場で画像確かめると、


”えっーーーーー!!”


と、ビックリするのです。

断崖を滑り落ちる人、海から大きなサメがぁーー!!

2015-8-9-2-1

次男はノリノリでポーズしていました。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

30年

きれいなツアートラックです。
ディズニーオンアオスのトラックです。
あら、今日からだわ。

これの初期に行きました。
息子達が幼児のころです。
気合いタップリでないと乗り切れないイベントです。
大きな会場でのイベントは、子どもが迷子にならないように、大人も迷子にならないように神経がピンッ!と張って大変でした。

皆さん、楽しんでね。

2015-8-8-1-2


2015-8-8-1-3




続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

言えなくて、我慢してた。

先日、ケーブルTVのチャンネルが3局だけ受信できなくなって、メンテナンスに来てもらった。
ブースターをつけてちゃんと映るようにしてくれた。

原因は、マンションに設置してある受信機にあって、ウチを含めて4軒だけに障害がでたらしい。
4軒で1区分らしい。
たくさんあるチャンネルの中で障害がでたのは、3局だけだから、その3局を視聴していなければ気がつかなったわけだ。

たまたま、私が見ているチャンネルに障害が及んだから気がついたのだった。
そして私なりに他のチャンネルを点検してみたら、次男が好きな「子ども向けのアニメーション」ばかりを放送している局も受信できなくなっていた。
この局は、いつから障害が出ていたのだろう。
私はなんで気が付かなかったのだろう。

次男はディズニーチャンネルをよく見ていて、私もいっしょに見ていて、ディズニーチャンネルが映れば不自由がなかったのかもしれない。
いや、それよりも、次男には、


「お母さん、このチャンネルが映らなくなったよ。」


という短い言葉を言うことが難しかったのだ。

もしかしたら、1か月間くらい我慢していたのかもしれない。
それに気がついて、

”そうか、そんなに難しいのか。”  

と、少なからずショックだった。


次男なりにがんばって、少ない言葉でなんとか暮らしている。
ありがたいことに、次男はいろいろなことにとても恵まれて、充分に支えられて生活しているので、私は次男の不自由さをちょっと忘れていた。
言語によって情報を伝える。。。がとにかく難しい。



次男が、言葉で訴えることができなくて、我慢していたのだろうとやっとわかってショック。
私がたぶん長い間気が付かないでいたのだとわかってダブルでショックだ。

ブースターは、マンションに設置している受信機の調整が終わってから回収に来てくれる手筈になっている。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

プルプル

「竜宮城プルプル」 ほしいなぁ。。
私のスマホはau ですよ。

2015-8-5-1-1

au ショップでスマホを提示したらもらえる。。。。。とサイトに書いてあるけど。。。


金太郎飴の時にau ショップに行ったら、とてもそんな雰囲気じゃなかったよ。。
お姉さんたち、少しも相手にしてくれなくて、
諦めて、すごすごと後ずさりして帰ったよ。

おばちゃんの割には肝心なところで押しが弱いのです。


夏の敷物

テレビの前に敷いてあるラグは冬物です。

以前に使っていた夏物のラグは、畳の表のようでした。
気持ちよい手触りで好きでしたが、古くなってささくれてしまいました。

新しい敷物を買わなくちゃ。。。と思いつつ。。。
次男とお出かけすることに集中してお金を使っているので、買えないままでした。



なんとか、やっと、買えました。
明日届く予定です。
うれしいなぁ

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR