笑顔

メールに乗って、次男のおだやかな笑顔がやって来た。
バーベキューを前にしてニッコリ!
白鳥ボートでニッコリ!

2015-4-29-3-1


吊り橋でニッコリ!?。。。。ひきつってる???

2015-4-29-3-2


ありがとうございます。


本当にリラックスしていて可愛い笑顔だ。
親バカ!(>_<)

次男には居場所がある。
幸運な人です。
できるなら、このまま、ヒネないで、クサらないで、いてほしい。

青年からオジサン、オジーサンになるのは避けられないけれど、何歳になっても、気持ち良く助けてもらえる人になってほしい。

祈るような気持ちでそう思う。




スポンサーサイト

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

え!?金箔貼り?

え!?金箔貼り?

2015-4-29-1-3

大阪城に黄金色の御座船が登場!
金箔貼りの御座船(和船)で、大阪城内濠を遊覧するお堀濠めぐりを期間限定で実施します。
四季折々の景色の中、大阪城の石垣を間近に眺めることができる貴重な機会です。



私はミーハーですから、見に行ってきました。

2015-4-29-1-1


2015-4-29-1-2


う~~~ん、見るだけでいいです。
乗りません。(~_~;)



どこからか、無料チケットをいただいたら、乗船します。



でも、こうやっていろいろ催し物をすることは、とてもよいことだと思います。
がんばってくださいね。


地域が活性化して人が動いてお金が動くと、次男達の居場所があると思います。
地域が豊かであってこそ福祉施策が成り立つと思います。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

映画「ウォールフラワー」

原作は、1999年にアメリカで出版され、10代から熱狂的な支持を獲得。社会現象を巻き起こした小説。
若者たちの支持を得て14カ国で翻訳。ベストセラーを記録した。

高校生のチャーリーが見知らぬ誰かに手紙を送るというスタイルで、思春期に体験する喜怒哀楽が綴られる。友と出会い、恋を知り、薬物経験が語られる。

2015-4-28-1-1

続きを読む

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

葉挿しその後

葉っぱ挿しは順調に育っています。
こういう地味だけど成果がハッキリ見える作業が好きです。

カラスがやってきて、パレットをひっくり返さなければ良いのだけれどね。
彼らは、私が楽しみにしていると、やって来るのよね。(`´)
悪魔のような奴らです。

2015-4-27-1-2


悪魔のように細心に!天使のように大胆に!
黒澤明

恐!

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

植物繊維

次男がワカメ、油揚げ、エノキ入りのお味噌汁を作ってくれます。
食物繊維がタップリでありがたいです。

2015-4-27-1-1

昨日は長男も姿を見せたし。
今週も良い一週間になってほしいです。


テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

開講式

昨日、次男はタップリ移動時間のある遠出を楽しんできました。
相当疲れたと思われますが、グッスリ眠って、今朝は4:00には起きていたようです。
次男くん、健康でなによりです。(>_<)


次男が今の年齢で、じっとしていたら、病気よね。


今日は、「仲間つくり教室」の開講式です。
次男はうれしくて、早起きしたようです。

大阪市教育委員会 が、公益財団法人大阪特別支援教育振興会 に委託して行っている「知的障害者のための青年教室」のことです。
ありがたいです。
どこの都市でもこういう企画があるわけではないようです。
30余年続いています。
ありがたいです。

次男が起きている気配に気がついて、母も4:00に目が覚めました。
開講式が始まる前、今年度の受講料を受講者が先生方にお支払いして書類を受け取る作業をしている間、母はイスに座ったまま居眠りしていました。

すみません。(>_<)
どうしようもなく眠かったのでした。
寝る子は育つと言いますが、もう、私は育ちません。
ボケる一方です。
ヤダヤダ、ヤダヤダヤダ。(>_<)


19人の先生方が指導してくださいます。
ありがたいです。


2015-4-26-2-2


2015-4-26-2-1


今年度は、「マジック」の授業があるそうです。
楽しみです。
先生がマジックを披露してくださって、受講生は大ウケでした。

今日の開講式は、特別支援学校の講堂でした。
いつもは、市民学習センターの教室で行われます。
次男たちは、さまざまな社会的資源に恵まれています。
ありがたいです。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

下見

次男のお出かけを見送ってから、アッチコッチに行きました。
ひとりで行動できる土曜日が毎月1回あると、ありがたいです。
先月、先々月はなかったのでした。


27日にグランドオープンする大型商業施設の下見をしてきました。
GWに、次男を連れていこうと思います。

2015-4-25-1-1

2015-4-25-1-6

ボルタリングジムもあるようです。

次男、やってみたい?  
 
ダメです。
高所恐怖症ですから。(>_<)
たぶん、この壁を見ただけで逃げますよ。


お母さんは、デブ過ぎてダメです。
ハズカシ!(>_<)

続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

明日もガンバです。

次男は無事に帰ってきています。
元気そうです。
ありがたいことです。
明日は、「もっとどようくらぶ」で神戸におでかけです。

母は昨日の疲れがまだ残っています。
昨日は、午前中は長男の用事に付き合いました。
午後は、次男が通所する作業所に行って支援計画の確認をしてきました。

ちょっと遠くまで行ってきましたよ。
ああ、しんど。。

ふたりに新しい風が吹いてきそうです。
楽しみです。

じゃぁ、風に吹っ飛ばされないように、お母さんがオモリになってあげましょうね。


明日は、次男を見送った後にたくさんの用事をこなしますよ。
あしたも、ガンバです。








ダーズベイダーかと思った。

ダーズベイダーかと思った。

2015-4-23-1-1




FC2 という会社について、考えたことなかった。
考えなきゃいけなかったのだろうか。
考えても、まったく知りえなかったと思う。

無くなってしまうのかな。
無料で使わせてもらっているので、突然無くなってしまっても、不平を言ってはいけないのだろうか。



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

プクプク新芽

葉っぱから新しい葉っぱが出てきましたよ。
小さくて、プクプクしています。

多肉植物の葉っぱでは当然のことなのですが、私には、とても不思議な光景に見えます。

2015-4-22-1-2


2015-4-22-1-3


これは、近くの公園です。
なんだか「森」のように見えるので、好きなアングルです。
朝6時台でも日差しが強くなっていました。
日焼け止めクリームを塗って出かけます。
それでも毎年日焼けしてしてしまって、それが沈着して何層にも重なって、肌のくすんだおばさんの出来上がりです。
トホホ(+_+)


2015-4-22-1-1



イヤホンをしてラジオを聴きながら歩いていたら、音が、ん!。。。あ!。。。。う!!。。。と途切れてやがてまったく聞こえなくなりました。

あ~~~あ。((+_+)) オシャカになったようです。
ご苦労さんでした。
バイバイね。

わたしもいつか力尽きるのだけど、できるだけ直前までケロッとしていたいなぁ。
で、  パタリッ!   が理想よね。

その前に、やっておかねばならないことが山盛りにあります。
ガンバです。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

特別展「スペイン奇跡の恐竜たち」

ゴールデンウイークは、気合を入れて、電車の時刻を調べて、遠くにいくプランと、地下鉄に乗って気軽に行くプランを用意しています。


こちらは、気軽に行くプランです。
特別展「スペイン奇跡の恐竜たち」

2015-4-21-1-1


広い植物園と隣接しています。
テーブルとイスも置いてあるので、お天気が良いとお弁当を作って持っていきましょうね。

蛍光灯の取り替え

土曜日の夜に、台所の天井についている長尺の蛍光灯が点滅を始めた。



あちゃぁ。。。やば。
手が届かないよ。
イズに乗ればやっと届くけど心もとないわ。

長男にメールした。
「天井についている蛍光灯を取り替えるのを手伝いに来てください。」
頼みごとだから、一応は、低姿勢。



返信なし。


くっ!(ー_ー)!!


あくる日曜日、盟友がおしゃべりに来てくれたのでピザを焼いた。
再び長男にメール。
「ピザ焼いた。」


長男がやって来た。
ピザを食べてから、長男と私がイスに乗って蛍光灯を取り外した。
長男に、取り外した蛍光灯を持って電気店に新しい蛍光灯を買いに行ってもらった。
長男、さんきゅ!

長男が新しい蛍光灯を買って帰って、再びふたりでイスに乗って新しい蛍光灯を取り付けた。



明るい!
もともとは、こんなに明るかったのかぁ。。ビックリ!!
台所の天井の蛍光灯を取り替えるのは、リフォーム工事をして以来だから、3年7か月余りがんばってくれていたんだものね。
良く頑張ってくれました。
さんきゅでした。

長男も、さんきゅでした。
こういう時は、長男が近くに住んでいてよかったと思います。
いかんですねぇ。
長男がいなくてもなんでも自分で片付けないとね。

雨でも

雨が降っていましたが、私達以外にもジョガー、ウォーカーがたくさんおられました。

ちかくに大きな公園があるのはラッキーです。
それに、4月末には大型のショッピングモールが開店するのですよ。

次男くん、探検に行きましょうね。

2015-4-19-1-2


テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

くまのプーさん展

ゴールデンウィークが長いです。
5/2~5/6  まで5日間あります。

えらいこっちゃ!
でも、頑張りますよ。
退屈させませんよ。
不死身の母になります。

これも行きたいです。
だれがいきたいの?
私です。

ディズニーのプーさんですけどね。

2015-4-18-2-2


世界中で愛されている「くまのプーさん」の魅力と歴史を紹介する展覧会が、美術館「えき」KYOTOで開催されます。「くまのプーさん」の歴史を語るセル画、キャラクタースケッチ、ラフアニメーションやマケット(模型・雛形)、コンセプト・アートなど、ウォルト・ディズニー・アーカイブス秘蔵の貴重な資料や立体作品などが展示されます。

2015年4月24日~5月17日
10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで) ※会期中無休

一般800円、大高生600円、中小生400円





プリマベーラ

いいわぁ。。。次男らしくていいわぁ。。。

2015-4-18-2-1

気持ち良い朝

次男は今朝も気持ち良く起床しました。
ありがたいです。

朝からグズグズきげんが悪い人だっているわけです。
次男はいつもニコニコしてくれます。
ありがたいです。

私はベッドの上で首をクリクリ回していると、

「5:31!!」


と声をかけてくれました。

起きてます。起きてます。
お母さんも起きていますよ。

2015-4-18-1-4

2015-4-18-1-3


桜が終わって、赤いハナミズキが咲き始めましたよ。
ピンク、白のハナミズキはまだのようです。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

ポールセンローズ、ジジ 再び

室内でも咲く。。。。というミニバラを寄せ植えにしました。
寄せ植えにした時に咲いていた花は、園芸の専門家が咲かせた花です。
いくつかあった蕾がすべて咲きました。
可愛くさいてくれてさんきゅでした。

さて、これから先は咲いてくれるかな。。。咲いてくれたらありがたいな。
咲かなかったら、ベランダに出してやらなくちゃ。。。。と思っていたら。


咲いてくれました。(^v^)

2015-4-18-1-1

ジジ です。

じじぃ  ではありません。
ジジです。

ボチボチでいいから咲いてほしいです。。

続きを読む

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ハガキが届いた

次男にハガキが届きました。

「仲間つくり教室」の開講式の案内のハガキです。


マンションの玄関にあるメールボックスを点検して見つけました。
自宅のドアを開けて、次男に「次男くんにハガキが来たよ。」と声をかけました。
次男がタタタッと走ってきて受け取りました。

「なんのハガキか、わかる?」

「開講式!」


次男はゴキゲンでハガキを自分の掲示版に貼りました。

よかったね。(^v^)

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

スーパーフード

次男が実家に帰ってくると、ウォーキング(ラジオ体操とストレッチ)とシャワーと部屋の掃除のあとに、ヨーグルトを食べることにしています。

ヨーグルトに少しのブルーベリージャムかマーマレードを加えて、チアシードも加える。
ピーナツやナッツ類、レーズン、シリアル、プルーンかデーツ も食べる。

チアシードは、中南米で多く栽培されているミントの仲間の果実の種子です。

2015-4-47-1-1



チアシードに含まれる栄養成分は、8種類の必須アミノ酸
オメガ3脂肪酸(鮭の8倍)
カルシウム(牛乳の6倍)・鉄(ほうれん草の3倍)・
マグネシウム・カリウム・リン etc…

ゴマのように擂らなくても、殻のままでも栄養の吸収されるそうです。
食物繊維が非常に多いので腹もちがよいそうです。

次男はなんでもおいしそうにモリモリたくさん食べるので、朝食の前にまず、チアシードをお腹に入れてもらうのが良いと思います。

次男には、「魔法のゴマ」と名前をつけて教えました。

2015-4-17-2-1


私は自分のダイエットには無関心ですが、次男のダイエットは真剣に考えています。
たくさんの人たちに支えてもらっている次男ですから、少しでも好ましく見えるようにしてやりたいです。
デブデブになってしまったら嫌われるかも。。。と思います。

幼児や低学年の小学生の知的障害児を可愛いと思ってくれる人はたくさんいますし、実際に可愛いです。
でも、オッサン期になると、そんなに可愛くみえません。

仕方ないことですが、困ったことです。
少年期は短いです。
オッサン期に入ってからの時間は長いです。
少年期の何倍もあります。


だから、次男を、できるだけ良い印象に見えるようにしたいです。
そんな、こんなで、母はいつもジタバタしています。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

現実の「誰も知らない」

2004年に公開された映画「誰も知らない」は、1988年に発生した巣鴨子供置き去り事件を題材としていて、観た人の気持ちを鷲掴みにする映画でした。

「誰も知らない」を観た後は、何日も、何か月も、観た人の気持ちの中に、子どもたちが住み続けることになります。
子どもたちに外界から救いの手が差し伸べられることはなくて、何の解決策が示されることもないまま映画は終わります。

レビューを読むと、子どもたちが救われないことに怒りを感じて「最低の映画」と評価している人もあります。
本当に、子どもたちになんだかの救いの手が差し伸べられるところまで描いてくれていたら、観客の心も救われるのに。。。と思います。
まったく、この胸の中に降りてきたとんでもない重さを、どうしてくれるんだ。。と言いたくなる映画です。


現実はさらに重いと思われます。

無戸籍の子122人、就学確認できず…支援へ


親が出生届を出さなかった「無戸籍」の子どものうち、少なくとも122人が小中学校に就学しているかどうか確認できていないことが分かり、文部科学省は、実態調査をして就学を支援する取り組みを始めた。(読売新聞)



就学していない子ども達は、社会との接点がありません。
子どもたちから誰かにSOSを発信することはできなくて、大人が、「あの子たち、ちょっとおかしいのじゃない?」と気がつかないかぎり、最悪な場合は、置き去りにされたまま死亡してしまう事件もあとを絶ちません。

学校に行かせることは、安否確認でもあると思います。
でも、それを学級担任にさせるのは酷です。
先生は仕事が多すぎます。

文部科学省よりも警察組織の中に、「児童、生徒の安否確認」の専門部門があるべきだと思います。
令状がなくても、通報だけで踏み込んで「児童、生徒の安否確認」する権限。
養育状況の確認ができるまでは、「児童、生徒を保護」して親、養育者と引き離す権限。
それくらいの強い権限を与えてほしいです。

きっと、エセヒューマニストは、「親と子ども信頼関係が大事」とか「官権が親子関係を壊してしまう恐れがある。」とか言うのでしょうが、生きていてこそ、教育を受ける権利を得られるのですから。

親が出生届を出さなかった「無戸籍」の子どものうち、少なくとも122人が小中学校に就学しているかどうか確認できていないことが分かり、文部科学省は、実態調査をして就学を支援する取り組みを始めた。

 子どもの現状を調べ、各教育委員会に速やかに指導や助言を行う。


法務省などによると、無戸籍の人は今年3月10日時点で全国に567人おり、うち、ほぼ6歳から15歳の義務教育年齢の子どもは142人。142人中、学校に通っていることが確認されたのは20人だった。



続きを読む

テーマ : 思う事
ジャンル : 福祉・ボランティア

映画-真実の行方

「真実の行方」 パラマウント映画 1996年

原題 Primal Fear


シカゴの大司教が惨殺され、ミサの介添役の少年アーロン(エドワード・ノートン)が容疑者として逮捕された。
元検事の敏腕弁護士マーティン・ヴェイル(リチャード・ギア)は売名目的でアーロンの無料弁護を引き受ける。


エドワード・ノートンは、オーディションで2000人以上の中からアーロン役に抜擢されて、映画デビューした。
この作品で多重人格障害の疑いがある殺人容疑者役を演じる。
このデビュー作で、アカデミー助演男優賞にノミネートされた。

2015-4-15-1


2015-4-15-2


続きを読む

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

金太郎飴、ほしかった。

au のCM を見て、「携帯電話、スマホ を見せるだけで金太郎飴もらえます。」みたいに聞こえたから、

もらっちゃお!もらっちゃお! と au ショップに行ったんだけど。

いつもは、自動ドアが開いたらすぐに、お姉さんが、「今日は、どういったご用件ですか?」 と訊いてくれるのだけど、

今日は、お姉さんがいなかった。

あら!? (~_~;)

整理券を出す機械がぺ~~~~と券を吐き出したのを受け取って、展示品をちょっと触って店内の様子をうかがうと、たくさんのお客さんが待っている。

私のスマホに問題はなくて、質問もない。

このまま待っていて、整理番号を呼ばれて、お姉さん、お兄さんの前に行ってから「金太郎飴をください。」って、言うにはちょっと怖じ気づいてしまった。

ザリガニのように後ろに下がってお店を出てきてしまった。
おばさんなのに、要求を押しだせなかった。
ちょっと今日はダメだった。

金太郎飴、ほしかった。

2015-4-14-1

次男に見せてやったら、ウケタと思う。










テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

目薬

昨日は春の温かい良いお天気でした。
意外なことに、花粉症の症状が全く出ませんでした。
次男も私もマスクをする必要がありませんでした。
春は花粉もホコリも多いはずなのに、ラッキーでした。



それでも、帰宅して目薬をさすとすごく沁みたので、目にはたくさんのゴミが入っていたのでしょう。

次男にも、目薬をさしてやると、「うぎゃ!」と叫んで大げさに痛がっていました。
やっぱりなぁ。。。目にゴミがたくさん入っていたのですね。

次男にもう一度目薬をさして、しっかり目を洗浄させようと思いました。
次男に「もう一回、目薬しよう。」とすすめると、次男はガバッと身を起して自室に逃げていってベッドに潜り込みました。


そして、「いない。」 ですって。


へ!?(;一_一)


「次男くん、居ないの?」 と訊くと、「いない。」と返事しました。


なんでやねん。
「いない。」 と返事したら、「いる。」じゃないの。



次男くん、おかしいね。
そして、とてもラッキーです。

こんな次男なのに、こういうやり取りが精いっぱいの次男なのに、職場があって、居場所があるのですよ。
次男は、自分が世間一般の人に劣ることを知っていると思いますが、それでも自分であることに満足していると思います。
今朝もゴキゲンのようすで出かけていきました。

今週も、しっかり働きましょうね。
次男の居場所を大切にしましょうね。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

嵐電(らんでん)に乗って、ダブルデッカー車に乗って

今日もお出かけしました。

2015-4-12-1-3


今日の嵐電、北野線は、2両で走っていました。
2週間前は、1両で走っていました。
観光シーズンに入ったのですね。

次男は、今日も特等席でした。
次男のワクワクが伝わってきました。
ありがたいです。

小さいお子さんたちと一緒になったら、譲らないとダメですものね。
ラッキ-でした。


嵐電名物の桜のトンネルは、線路の200mくらいの距離を桜並木が左右にあって桜が電車を抱くように見えるところです。
残念ながら、60%くらいが散っていました。
先週が満開だったのだと思います。
先々週は、みんな蕾のままでした。
週末しか出かけられませんから、仕方がないですね。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

五十肩再び

一昨年半年ほど五十肩に苦しみました。
半年で、ウソのように痛みが消えました。

「五十肩はほっとけば治る。」と聞いたけど、ほんとうだったのねぇ。。。と思いました。


でも半年後、まだジワジワと痛みだしました。

(T_T) トホホ。。。痛いです。

痛みがなくなっても肩の体操を続けていけばよかったのよね。

プリマベーラ

プリマベーラ、順調のようです。

次男くん、根気が切れてしまわないと良いのですが。


次男なりに丁寧に取り組んでほしいです。


なにを描いても次男のオリジナルだからね。


大切に描いてほしいです。


2015-4-11-2-1

雨の日はカレー

また、チキンカレーを作りました。

雨が降って少し寒い日は、温かいものが良いように思って、チキンカレーにしました。
小鉢に、マカロニサラダと少しの野菜を付けました。

アイデアが乏しくて、申し訳ないことです。

鷹の爪、生姜、ニンニクチップを加えましたので、ちょっとピリッとします。
辛い物が苦手な次男も気に入る範囲の辛さです。

先週の日曜日は、長男と付き合う用事が出来たので、次男を外出させてやれませんでした。
今週は、大丈夫。
土曜日は美術教室。
日曜日は、遅咲きの桜を見に行きましょう。

次男は、あと何年かで30代に入ります。
気持ちの安定した健康な30代を迎えさせてやりたいです。

気持ちの中に澱(オリ)を溜めない生活をさせてやりたいです。

そんなの贅沢過ぎるよ。。。。と言われる方もあるでしょうが、
次男は、遺して行かねばならない人ですから、
今までも、これからも、私の死後はなおさら、たくさんの人に助けてもらわなければならない人ですから、

誰からも、気持ちよく助けていただけるように、次男の気持ちも身体も、きれいに保ちたいのです。
気持ちも、身体も、くすみのない人であってほしいです。


じゃあ、それにはどうしたら良いのか?


それがハッキリわかっていたら、正解がわかっていたら良いのですが、

わからないのですよ。

だから、試行錯誤してます。
ジタバタしてます。


テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

点検

自分の iphone を見たら、アプリを「アップデート」のがついていたので、ポチポチとアップデートした。

次男のipod touch も有り。
ポチポチポチとアップデート。

次男の ipd も点検。
あれ!?が無い!?

充電は12%
うん!?

几帳面な次男は、実家に帰ってくると、私の ipohone も含めてすべてのデバイスを充電するのが日課だ。
月曜日の朝に次男が出かけてから ipad を誰も触っていないから、12% というのは、減り過ぎのように思う。

なにか、オカシイのじゃないかしら。
ipad の充電コードは、純正だよ。
純正でも不調になることもあるわね。

しっかり接続を確認して充電してみよう。

それでもおかしかったら、修理?
それは、面倒な。(>_<)
修理に出したら2週間くらいかかるでしょ。
困るわ。


やっと知った-

あったかいんだかあ~~~♪♪  て、アッチコッチから聞こえていたけれど、

この人達が歌っていたとは。。。今朝、知りました。



え!?漫才師!?



あら、そうなの。
びっくりだわ。
世の中はどんどん走っていくのね。


名残の桜

雨が続いています。
青空を背景に桜を眺めることがなかなかできません。

曇り空のなかで桜が煙って見えます。
それでも早朝の公園は、気持ち良いです。
桜吹雪が吹いて、桜絨毯を踏んで歩きました。
贅沢なことです。

2015-4-7-1-1

2015-4-7-1-3

続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR