スポッチャ

次男くん、「もっとどようくらぶ」でお出かけしました。

先に出かけた次男を追って集合場所に行くと、次男をふくめて参加者の大半が集合していました。
今日は、みなさんシッカリと温かいジャケットを着ていました。
今日は寒かったです。
時折雪がチラつきました。


出発時刻になると、リーダーさん達と参加者達が出かけていきました。
今日のお出かけ先は、「スポッチャ」です。
楽しめると思います。



次男は、次男よりも二周りほど小柄な青年?少年?と手をつないで出かけました。
前を参加者とリーダーさんが手をつないで歩いていきました。
次男達の後ろも、参加者とリーダーさんが手をつないで歩いていきました。
次男の今日のグループのようでした。

次男くん、お役に立てたら良いけれど、自分が楽しむことが一番大切なことですよ。

リーダーさん、よろしくお願いいたします。
--------------------

次男が帰宅してから「スポッチャ」のホームページを開いて、「次男くん、何して遊んだの?」と訊くと、

アーチェリー
ローラースケート
バスケットボールのスローイング
ボルフ
ボーリング

などを指さししておしえてくれました。

上手にできたかどうか。。。は、わかりませんが、こういう場所に連れていってもらってありがたいです。
いろいろな機会に恵まれて、ありがたいです。

親と行くよりもきっと何倍も楽しいと思います。

続きを読む

スポンサーサイト

アニメーション「進撃の巨人」

世間で話題の「進撃の巨人」を録画して見ることにした。


恐い。
暗い。
絶望の連続。
どこにも希望が見えない。

とてもついていけません。

エレンが巨人化してたなんて。。。。。ビックリして思考停止。 (◎o◎)

時系列

引っこ抜かれました

夜、帰宅して大ショック!!


雷神の小苗が、引っこ抜かれてベランダに落ちていました。
なんでこんなことが!?

2015-1-28-1-1

もうひとつの雷神の小苗は、他の苗の上で逆立ちしていました。
なんでやねん!!

2015-1-28-1-2


道端に放置されていたのを拾ってきた「金のなる木」が、何カ所も折れています。
可哀そうに。
やっとここまで大きくなったのに。


2015-1-28-1-3


犯人は、カラスとしか思えません。
これがポーチの植木鉢だったなら、犯人はイタズラな子どもであることもあり得ますが、ベランダに置いてある植木鉢ですからね。
人の犯行だったらエライことですよ。
カラスだと思います。
見てないけどね。

カラスは、葉っぱをついばんだり、ちぎったりするだけじゃなくて、太い根が引っこ抜けるまで振りまわしたってこと!?
なんでそんなにまで執着するのさ。
ひどいなぁ。。。
なんでうちのベランダにくるのよ。(>_<)

植木鉢が一個なくなっています。
薄いプラスチックの鉢ですから、軽いです。
カラスが雷神を根っこまで引き抜いて、土を鉢から全部こぼしてしまったら、どこへでも転がってしまいます。
ベランダを探してもありません。
ベランダから落っこちて植え込みに落ちたのかな。

もしかして、カラスがクチバシで銜えて飛んでったのかな。
え、え~~~~。(--〆)
でも、軽いからね。
ありうるわ。

以前に、カラスが針がねのハンガーを盗んで飛んでいくところを現行犯で見たことがあります。
今日は植木鉢を盗られたのでしょうか。
やだわぁ。。。もう。。(>_<)

気持ちが どよよ~~~ん と沈んだ。

テーマ : ***ベランダガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

割り算

日曜日の夜に、次男が ipad で遊んでいていた。
四則計算のアプリをしていた。
小学校低学年用で、易しい問題ばかりのアプリだから、きげんよく遊んでいた。
リズムカルに「正解!」のピンポン音を鳴らしていた。
次男には、ゲームアプリになっている。

次男が小学生のころに、足し算は、おはじきと 「足し算の歌」で 1+1 から 9+9 までを暗記した。
掛け算の九九も、リズムのある歌で踊りながら憶えた。
次男は良く頑張ってくれた。
引き算もくり下がりがないものは暗記した。

桁数が多くなれば、計算機を使えば良いことにした。
大人も日常生活のなかではごく普通に計算機を使っているのだから。

私には、割り算がどうしても教えられなかった。
割り算を諦めた。
次男が、日常生活の中で割り算を使う機会はないかもしれないと思ったので、割り算を諦めたことはそんなに残念と思わなかった。




続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

説得中

今朝は、よい天気でした。
気持ち良く歩きました。



2015-1-24-1-1

明日もよい天気になるといいですね。
明日は、女子マラソンがありますからね。

明日は、早朝から交通規制がありますからウォーキングに行かないことにしましょうね。。。。。。
と、次男を説得中です。(~_~;)

次男くん、ナカナカ頑固ですから。
タハハ(~_~;)

ちょっと、てこずっております。

なんか、ヘンじゃない。

2015/1/24  後藤健二氏の母親である石堂順子氏が、1月23日に日本外国特派員協会で記者会見を開きました。


ちょっと、ヘン??????

【全文】イスラム国拘束・後藤健二氏の母親が会見

ボタンをつける

次男が帰宅するなり、裁縫箱を取り出しました。

2015-1-23-1-1


あとでこっそり点検したら、そんなに上手ではないけれど、ちゃんとボタンを縫いつけてありました。
上出来、上出来。


今日は、私はガン検診で会社を欠勤しました。
次男が帰宅する前に家にいたので、次男のお裁縫の様子を見ることができました。

ラッキーでした。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

インドアローズ

インドアローズと言うカテゴリーがあることを知りました。

我が家のあるマンションは向きが悪いです。
ベランダの向きも悪いです。

鉢植えのバラの勢いがなくなってきました。
日照不足なのです。
3年間、ほんとうに頑張って咲いてくれたのですが、もう死んでしまうようです。
しかたがないです。
お疲れ様でした。
ありがとう。


ホームセンターを覗くとかわいいミニバラが入荷していました。

インドアローズという名札がついていました。
「バラは、基本的に公園などの日当たりが良い場所を好みますが、このミニバラは、ベランダや室内でも元気に咲きます。」 と説明がありました。

あら、ほんとう???(^v^)
また懲りずに植えちゃいましょうかね。

ポールセンローズ(Poulsen Roses) のインドアローズのパレード(PARADE)シリーズ

2015-1-23-2-5

続きを読む

テーマ : ***ベランダガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

確信犯

次男のポーチにGPSを入れさせている。
昨年の4月から入れさせている。


次男も長男も私も、ドコモの携帯電話をもっていたのだけれど、長男と私がau に乗り換えてしまったので、次男の携帯電話の居場所を検索できなくなってしまった。
それで、au の小さなGPSを次男のポーチに入れてもらうことにした。

これで、安心。。次男がどこに居るかすぐにわかるわ。
スマホで探すと、携帯電話で探すよりも早く見つけることができます
よかった。。。。と思ったのだけれど。。。

次男は気にいらなかったようだった。
お兄ちゃんとお母さんがスマホを持っていて、次男だけがガラケーなのが カチンッ!!ときたのかな。


月曜日に出勤する時は、GPS は次男のポーチの中にあった。
次男が作業所に到着する時刻の少し前に、私のスマホに次男のGPSの居場所を知らせてくるようにセットいた。

これで、次男が居るべき場所にいることが確認できます。。。。。うれし。


ところが、月曜日の夜に、次男が自分のマンションに帰宅してから後は、GPSは動かない。
ずっと、次男のマンションに在るままになる。
次男が出勤しているのに、GPS は次男の部屋にあるのだ。

なんで??


次男くん、ポーチからGPSを取り出しているの??
次男くん、お母さんに反抗してる???

金曜日の朝に、次男が事務所に出勤すると、GPS は事務所に在って、勤務が終わると、次男と一緒に私の家に帰ってくる。

そして、次男はGPS に充電する。

私が、「次男くん、GPS を充電したら、また、ポーチに入れてね。ずっと入れておくのよ。ポーチから出さないでね。」と話しかけるたびに、次男は 「はい!」と気持ち良く返事をしてくれる。


でも、やっぱりGPS は、火曜日からずっと次男のマンションに在るままで、動かない。


これは、明らかに、確信犯でしょ。
次男くん、GPS を持たせた母に怒ってる?
反抗してますか???(~_~;)

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

電気使用量

「電気ご利用量のお知らせ」がドアポケットに入ってました。


予想していましたが、先月の2倍ですわ。


次男くんが一生懸命に洗濯物をドライヤーで乾かしてくれますからね。

ベランダに干しておいても洗濯物はシッカリ乾かないことが多いです。
それを、次男が朝早く起きて、ドライヤーや除湿機の衣類乾燥機能やホットカーペットで乾かしてくれています。
靴下とかシャツとか、ヌクヌクになったのをポイッ!ポイッ!と私のベッドの上に投げてくれます。
ほんとうにありがたい息子です。

だから、電気代が先月の2倍かかるのもしかたがないですね。


お母さん、何か他の物を倹約しますね。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

映画「人斬り」

三島由紀夫著「春の雪」を読みかけて、今は中断して他の本を読んでいるのだけれど、映画「人斬り」に三島由紀夫が出演しているので見てみた。



人斬り (映画)

三島由紀夫は、「人斬り新兵衛」こと薩摩藩士・田中新兵衛を演じた。
悪くなかった。

居酒屋の中にすでに勤皇の志士が数人いて、そこに入っていくと、三島の身長が足りないことや、頭の大きさの割には肩幅が狭いのがわかってしまって残念だった。
撮影の工夫でなんとかできなかったのか、気の毒に。。。。と思った。
三島本人は、気にしていなかったのかもしれないけれど。

映画の公開が1969年。
翌年、1970年に割腹自殺しているので、殺陣や切腹の場面を見ると、連想してしまって生々しい。

「春の雪」「奔馬」「暁の寺」「天人五衰」の4巻で、「『豊饒の海」(ほうじょうのうみ)となる。
私が途中で投げ出さないで、最終巻まで読めるのか。。。ちょっと怪しい。
三島由紀夫は、最終巻の入稿日(1970年(昭和45年)11月25日)に陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹自殺した。

発行日は、1969年1月5日(春の雪)
1969年2月25日(奔馬)
1970年7月10日(暁の寺)
1971年2月25日(天人五衰)


映画「人斬り」の製作の期間と、「豊饒の海」の執筆の期間が重なっているのかも。。。


続きを読む

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

日本語は、難しいのです。

次男は、ニコニコで出かけました。
ロールアップしたジーンズを履いてでかけました。
裾が充分に長いのでカッコイイです。
カッコイイか、悪いかよりも、ジーンズの裾が充分に長いと寒気が入りにくいと思うのです。
こう寒いと大事なことだと思うのです。


次男くん、健康だけど、本当は冷えに弱いのだと思います。
よくトイレに駆け込みます。
お腹も弱いと思います。
幼いころからずっとね。

でも、次男は言葉で言えないし、頑張らなくちゃいけないと思いこんでいるようで、

しんどい?。。。と、訊いたら、「しんどくない!」と答えます。

たくさんの人達に助けてもらっているのだから、頑張らなくちゃいけないけど、頑張りすぎないでね。。。と思います。
でも、「がんばり過ぎないでね。」と言ってしまったら、きっと混乱すると思うので、言いません。

次男にとって、日本語はとても難しいのです。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

「仲間つくり教室」の「新成人を祝う会」

次男と出かけた帰り道でした。

「仲間つくり教室」の「新成人を祝う会」がありました。
10人の新成人でした。

受講者は、それぞれに、ミニ色紙に今年の目標を書きました。

新成人の幼いころからの写真が大写しにされ、お母さん達がコメントされました。
本人達もそれぞれに抱負を述べました。
新成人のご両親の心中が想像できます。
それぞれに壁にぶつかりながら、越えながらたどり着いた20年だったと思います。
おめでとうございます。

セレモニーは大事です。
新成人は、壇上に並びました。
晴れがましく演出してくださったのでした。
退屈に感じることもあるでしょうが、節目らしく印象に残る様に「特別な感じ」を演出してくださって、ありがたいと思いました。

次男が新成人としてお祝いしていただいた時は、新成人は2,3人だったと思います。
次男もきちんとスーツを着ました。
特別な感じがして良かったです。

2015-1-18-1-1


2015-1-18-1-2

恒例のマジックショーも華やかでした。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

かっこいい!!

次男の美術教室に行こうとして、チョイチョイと化粧をして、洗面所から次男に声をかけました。

「次男くん、ジャケットを着てね。」


居間にいる次男の姿を見てビックリ!!



親バカモード1000%なので50倍くらいに薄めてちょうどよいかと思いますが、


「次男くん!!
かっこいい!!かっこいい!!かっこいい!!\(◎o◎)/!」


と、叫んでしまった。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

20年が経った

どんっ!!

と、落ちた。


目を開けたら、傍で寝ていた息子達の上に私が被さっていた。

でも、なにが起きたのかわからなかった。

私が落ちたのではない。
なにが落ちたのだ。
なにが。


TVを着けた。
アナウンササーがすぐに映った。

「阪神地方で地震がありました。」
と言った。
直下型地震だったのだ。


おお!さすが!すぐにニュースが入るって、すごい。
TV局が、電気がきちんと機能しているのだ。

TVをそのままにしてカーテンを開けた。
東と南のベランダから外の景色を観察したけれど、まだ暗い街並みに変化は何一つ見つけられなかった。

アナウンサーが、受け取った原稿を見て「大阪、神戸でケガ人が数名。。。」


なんだ。
その程度なんだ。なんだかすごいことのように感じたけれど。
よかった。。。。と安堵してTVを消した。


自分のふとんに戻った。
息子達の体温がすぐ傍に感じられて温かだった。
子どもは体温が高い。
私の布団までヌクヌクにしてくれて、頬をさわるとプクプクして気持ち良い。

長男は、小学3年生。
神経質で、学校で傷つくことが多いようだったが、私に言わなかった。
誰にも言わなかったのだろう。


次男は1年生の3学期だった。
昨年の4月に小学校に入学して以来、スッタモンダが続いていた。


私は、TVから得たその時点の情報に、なにも疑いを感じなかった。
感じたくなかった。
他者を労わる余裕がなかったので、営業時間が終わってお店のシャッターを下す店員さんのように、自分の感覚を閉じた。
地震のことは忘れた。

今度めを覚ましたら、朝だ。
いつもの時刻に次男を学校に送っていくことだけを考えよう。


その日の夕刻にTVから流れた光景に言葉を失った。
大火が地を這ってかつて街であった場所を飲み込んでいった。
あの赤い生きものの下に、誰もいないとは、ひとりもいないとは思えなかった。



今、出来る事は、忘れないことだけ。



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

第152回直木賞-『サラバ!』(小学館刊)-西加奈子

先日、TVで対談番組を見た。
椎名林檎(ミュージシャン)と西加奈子(小説家)がとても楽しそうに話していた。

椎名林檎の音楽は、それと意識して聴くことはなくてもどこからか聞こえてきているので、ちょっと横に置いといて、
西加奈子の著書を古本屋で探した。

しずく(短編集)を読んだ。
どの話の主人公も、思い当たるところがあった。
人は、ひとりひとりが全部ちがうけれど、少しずつ、少しずつ、”それ、あるよ。””それ、わかるよ。”と感じるものを持っているのだと思った。

また、読んでみよう。。。と思う作家さんです。
また、古本屋で文庫をさがしますわ。

「サラバ」上下巻が本屋に並んでいるのは知っていたけれど、とんでもない長編である。
上下巻とも厚い。
これは。。。。。。。読めるかなあ。。。。と、ひるんで手をひっこめた。

選考委員の作家、林真理子さんが会見でも、「今の若い人にこれを最後まで読んでもらうのは、至難の業だと思います。」といってるくらいです。
若い人でなくても、しぶといはずのおばちゃんでも読めるかなぁ。。。かなりあやしいわ。

直木賞選評:作家・林真理子さん「読後に青空が広がる小説」

激賞されてますよね。

西さん、おめでとうございます。

本人の会見は、西加奈子さんらしさ100%で会場の雰囲気の和み具合が想像できます。

直木賞受賞会見:西加奈子さん「プロレスからむちゃくちゃ勇気をいただいてます」

電車の中で、本や電子書籍を読んでいる人がたくさんいます。
本屋さん、古本屋さんにお客さんがたくさんいます。
本当にたくさんの新刊書や文庫本が店頭に並んでいます。
電子書籍はインターネットで買うのでお客さんの姿は見えないけれど、ちゃんと居るわけです。


それでも本の発行部数は減少していて、文字離れが進んでいると言われています。
本当かなぁ。。。
ちょっと信じられないけどなぁ。。。

テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

涙堂―琴女癸酉日記-宇江佐 真理

涙堂―琴女癸酉日記 単行本 –  


ブックオフで108円でした。
ありがたいです。

2015-1-14-1-1

主人公の琴は八丁堀の同心の妻であったが、思いがけず夫を失った。武士を捨て絵師になった末息子の誘いに応じて、八丁堀の役宅を出て日本橋通油町の町屋で暮らすこととなった。

なぜ、堅物の夫が斬殺されたのか。。。

大捕り物があるわけではないけれど、ジワリジワリと詳細が明らかになっていく。

死期が迫って秘めたる想いを告げる男。

想いを受け止めて、墓までもっていく琴。

琴の日記に記されたことば、

・・・涙堂とはいかなる建物にあるや。人の涙を満々と湛えた湖に浮かぶ東屋のごときものか。その中に供えるものは、また涙なるか。しかし、涙堂、この世にあるを知らぬ。人の心の中にひそかに建立したるものにあらぬか。涙堂の構え、大きなる人こそ、その悲しみも深しと思ゆ。妾(わらわ)の涙堂、中ぐらい。

テーマ : 時代小説
ジャンル : 小説・文学

電気料金が心配です。

次男はとっても良い人です。

セッセッと家事をこなしてくれます。
母親の私が指示しなくても、次男が考えてしてくれます。

寒い日が続くと、洗濯物をベランダに干していても、乾きにくいです。
靴下のゴム編みのところとか、トレーナー、長そでTシャツの脇の部分が乾きにくいです。
次男が、ドライヤーを使って乾かしてくれます。
ありがたいです。

このお正月休みはそれが顕著でした。


本当にありがたいです。
ありがたいですが。。。。。洗濯物は、室内に取り込んで掛けておけば、いつかは乾くので、ドライヤーは使わなくてよいのです。
靴下は、たくさん用意してあるから、心配しなくてよいのです。
ほっといていいのです。

でも、次男にそう言うと、次男は、「ダ~~~~メ!」と返事するのです。
穏やかですが、完全拒否の返答です。
どうしても、乾かします。。。と言っています。



次男くん、お母さんは、電気料金が心配なのです。((+_+))



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

お買い得

箱の一部が潰れてしまって、半額になったものを見つけて購入。


2015-1-11-3-2


2015-1-11-3-1


アクションフィギュアじゃないけど、オモチャだけど、次男はニッコリ。
次男がニッコリしてくれると、お母さんもニッコリしちゃう。


今週もがんばって、無事故で、できるだけ迷惑をかけないように。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

2015年の記念写真

恒例の年頭の記念写真を撮りにいきました。

2015-1-12-2-3


2015-1-12-2-2

パンジーの羊さんです。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

お天気続き

連休の間、お天気が続きています。
ありがたいです。

2015-1-12-1-1


続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

福笹

午後に、近くの小さな戎神社に行きました。
今宮戎は参拝者が多くて大混雑するし、社の周囲の雰囲気が猥雑すぎて苦手です。

正解でした。
ゆっくり気持ち良く参拝できました。
古い街並みに囲まれた小さな社でした。
3人にいた福娘さんは、いずれも美人さんでした。

「福娘さんのお写真を撮ってもいいのかな?」と訊いたら、「どうぞ~~♪」と言ってくれたのでパチリ!
でも、やっぱり芸能人でもないお嬢さんのお顔を載せるのはダメだと思うので、福笹で隠れている写真にしましょ。

2015-1-11-2-1

私が福笹を選んでいるあいだに、次男が商売繁盛のお札を買ってくれました。
福娘さんが付けてくれました。

次男は、私と出かけているときも、自分で代金を払おうとします。
とても、良いことだと思います。
支払ってもらって当然と思ってしまうのはダメだと思います。

でも、福笹は次男がいつも財布に入れている金額から考えると高すぎるので、次男には、商売繁盛のお札だけを買ってもらいました。
あとは、お母さんが払いますよ。
次男くん、ありがとうございました。


続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

失敗した。。。(>_<)

美術教室に急ぐ次男の後ろ姿を見て、”しまった!!” と思った。


先日、次男と一緒に出かけてジーンズを買った。
次男は、その新しいジーンズを履いている。

裾が短すぎた。
ちょっとかっこわるいわ。
次男くん、ごめん!!


裾を直してもらって、受け取るときに次男はいなかった。
待っている間に退屈するかもと思って、先に帰宅させたのだった。

私だけで、裾直しをしたジーンズを受け取った。
その場に次男が居て試着させてもらっていたら、すぐに裾が短すぎたと気がついたと思う。
失敗した。

ジーンズもヘルパーさんと一緒に出かけて見た立てもらうべきでした。

ものすごくショックです。(>_<)
次男くん、ごめん。ごめん。ごめん。

続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

居てくれたらいいのに。

息子達にプレゼントしてやれるものなら、してやりたい。


ドラえもん

2015-1-10-1-3


とか


ベイマックス

2015-1-10-1-1


とか。



続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

Story AI

Story AI 







続きを読む

テーマ : ディズニー映画
ジャンル : 映画

Big Hero 6 OST || Full Soundtrack 2014

Big Hero 6 OST || Full Soundtrack 2014





続きを読む

テーマ : ディズニー映画
ジャンル : 映画

日本国内で生産する企業が増えてほしい。

日本国内生産が増えてほしいです。
消費者としては、価格が高くなったら困るのだけど、安全な製品で長く使える製品であれば、きっとお得になると思うから。
そして、日本国内で職場が増えるわけだから。

安い製品をドンドン買って、すぐに買い換える。。。。という消費スタイルはやめるべきだと思う。
いままでだって、どんなに安価であっても、吟味して、熟考して買うようにしてきたけれど。

次男が通所する作業所で行う仕事量がきっと増えると思うから。

 中国メディアの環球網は5日、円安の加速を受け、日本の製造業にとって海外生産のメリットが薄れつつあるとし、家電メーカー大手のパナソニックが洗濯機をはじめとする40種類の家電を日本国内で生産することを検討していると伝えた。



また記事は、空調総合メーカーであるダイキンも家庭用エアコンの生産を中国から日本国内に移管すると伝えたほか、家電メーカー大手のシャープも大阪の工場で冷蔵庫の生産ラインを増設すると紹介した

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

「一年の計は元旦にあり」

だんだん明るくなっていくわけだけど。

まだ 5:30 は暗いです。
6:00 も暗い。
7:00 になって朝になった感じがします。

次男と一緒に行く時は、 5:30 でも真っ暗でもウォーキングに行きます。
次男を追いかけていきたいです。
暗ければなおさらで、なにかトラブルがあった時に、たとえば不審者と思われて職務質問を受けたりとか。。。。まだ経験ないけれど。。。。次男では答えられないので追いかけていってやりたいです。

ひとりの時にウォーキングにいくのは、朝がもう少し明るくなってからにします。
帰ってこれないと困るから。
ひとりの時はかなりボーッとしてるので、暗い時刻にウォーキングしていると自転車でひっかけられるとかありそうです。

朝がもう少し明るくなるまでは、おとなしく家で「ラジオ体操第一、第二とストレッチ」をしています。

続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

元気に出かけました

次男は、嬉しそうに出かけました。
働く場所があってありがたいです。
帰る場所があって幸運です。

実家はあくまでも実家であって、週末に帰ってくる場所です。
次男が一番居心地良く感じるのは、次男の部屋のようです。

冷蔵庫に栗ロールケーキがあります。
次男に「食べようね。」と言っていたのに、出し忘れました。
しまったぁ。。

週末に次男が帰ってくるまでおいておくと、悪くなると思います。
ロールケーキは、母のブタの素になるようです。
いかんなぁ。。。(ーー゛)


私のお弁当にオニギリを作っていきました。
オニギリのご飯と塩を混ぜたボウルに水をいれて、洗わないままにして出かけました。
私が帰宅すると、台所の水切りかごにきれいに洗ったボウルがありました。
長男が洗ってくれたようです。
ありがとうございます。

長男は何か食べていったのかな。
お鍋に、野菜タップリのスープを作っておいたんだけどな。

なにも、食べてない様子。

長男は、”生きてるよ。”と言うかわりに、メールに返信するかわりに、生きてる形跡を残しにやってきたのか?
で、なにも食べてないってぇぇぇぇ。。。


親にケンカ売ってるかい!? (ーー゛)

2015年は、2014年よりも寛容な人になりたいと思ったのだがなぁ。。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

明日から出勤です。

長男は、元日に来てお年玉をくれました。
その後、姿を見せませんので、「生きてるか?生きてるなら返信せよ。」とメールしました。

「はい、はい。」

と返信がありました。
生きてるなら、よろし。




次男は今朝も早くから起きて、除湿器の「衣類乾燥」ボタンとドライヤーで衣類を乾かしていました。
私が起床して居間にいくと、

「乾かしました。」

と、報告してくれました。

「ありがとうございました。」


と、お礼を言いました。


次男とのお正月休みを退屈しないで過ごすことができました。
まだ、今日一日あるけれどきっとうまくいくように思います。

今日は、近くのユニクロで次男のジーンズを買って、毎朝次男が食べるヨーグルトを買って。。。くらいのお出かけにします。
あすは、万全の体調で出勤させたいです。

2015-1-4-1-1

私もしっかり(?)出勤しますよ。
したくないけど。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR