イースト菌は偉大なり

ピザの生地をパン焼き機に作ってもらいましょ。。。と粉と水を入れたら、ドライイーストを切らしていた。


あら、(>_<)


仕方がないので、ドライイーストなしで強引にコネコネしてしまった。
その生地でピザを焼いたら固い。
そりゃそうなるさ。(>_<)


次男くん、ごめん。
今日のシーフードピザは固いです。m(__)m

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

また、買収?

また、買収?。。。て、こと。
票を買うってこと・

31万2千円は大金だけど、これにつられて票を売ってはいけない。

子ども手当は悪法だと思う。


中学生以下に年31万円 「未来」公約、小沢氏は無役職

  日本(にっぽん)未来の党(代表・嘉田由紀子滋賀県知事)は28日、総務相宛てに政党設立届を提出、受理された。未来は「卒原発プログラム」策定のほか、中学卒業までの子どもに子育て応援券を含む年間31万2千円の手当を支給するなどの政策要綱原案をまとめた。嘉田氏は、同党に合流する国民の生活が第一の小沢一郎代表の執行部入りを見送る意向。生活の森ゆうこ参院幹事長を要職で起用する考えだ。 (朝日新聞デジタル)




ぞっとするわ。
おだてられて、御輿に乗せられて、利用されてるのがわからないらしい。


冬鳥(?)は仲が良いように思う。
身を寄せ合って寒さをこらえることが多いからかな。


人も、仲が良いことはよいことだと思う。
でも付和雷同はダメよね。

少数派であることを恐れすぎると自分がなくなるわ。。。。とイケズのおばはんは思うのです。

2012-11-29-1-1


2012-11-29-1-2

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

北国の冬装備

以前にカナダのサイトで買い物をしました。
その後、オススメ品のメールが届くようになりました。

さすがは北国!!  というものがあります。


ソリとかカンジキとか。。。



ナニコレ!?   と思ったのがコレです。


2012-11-28-2-1

続きを読む

テーマ : 日々のつぶやき
ジャンル : 日記

黄金色

黄金色の中を歩きました。
ゴージャスです。

2012-11-28-1-2

しぶとく行こう、しぶとく。


テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

多肉植物の越冬

明日の朝も冷え込むという予報。


今年も多肉植物の越冬を考える季節になりました。
明日の最低気温は3度と言うことなので、耐寒性が弱いと思われる多肉植物を夜間は室内に取り入れましょうかね。

インターネットでダダッと調べて、「最低温度3度以上必要」と表示してある「高砂の翁」と「コロラータ」だけ、入れましょう。
あとは外で頑張ってもらいます。


カランコエ(胡蝶の舞????)は越冬温度が5度以上必要と書いてあるけれど。。。
大鉢にワッサワッサと生えているので、動かせないので、「がんばってね。」と声をかけるだけで、ごめん。m(__)m


大好きなアガボイデス系は昨冬も屋外で越冬できました。

せっかく越冬できたのに、夏の蒸し暑さで2鉢枯らしてしまった。

チビ鉢1個と中鉢1個。
チビ鉢は本当に一日で死んでしまった。
朝は元気で、翌朝は真っ黒になってしまっていた。
なんでもそうだけど、失うときは一瞬だ。

中鉢は初めて入手したアガボイデス系で、(たぶん東雲)これをきっかけのアガボイデスに目が行くようになった。
とても姿が良くて気に入っていた。
夏に黒いシミが出来て、それがジワジワと大きくなって枯れてしまってとても残念だった。
あれくらい姿を気に入った東雲をまだ見つけていない。
失うのは惜しい、今、失うと、今度見つけるのは何時になるのか。。。。と思うものほどあっけなく姿を消してしまう。

今冬も越冬できるといいなぁ。

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

冷え込み

昨日、今日と気温が下がって来た。
私は昨日の午後から鼻水を垂らしている。
軟弱で敏感だわ。やーね。(>_<)


こんなに寒いけど、次男からは元気な声で、電話連絡があった。
今日も無事に自宅に帰っている。
ありがたい。

長男の安否も確認できているし、ありがたい。



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

自閉症メモ‐脳内で免疫細胞活発化 抑制で治療に道

毎日新聞 11月27日(火)2時31分配信

 自閉症の人の脳では、そうでない人と比べてある種の免疫細胞の数が増え、その活動も活発になる傾向があることを、浜松医大と中京大などのグループが臨床研究で確かめたと発表した。この細胞の働きを抑えることができれば、自閉症の治療や予防法の開発につながるという。米国の精神医学専門誌(電子版)に27日、論文が掲載される。

 研究グループは自閉症の人たちのNPO法人「アスペ・エルデの会」(名古屋市)の協力を得て、18~30歳の自閉症男性20人の脳の様子を、浜松ホトニクスが開発した特殊なPET(陽電子放射断層撮影)装置で観察し、自閉症でない男性20人と比べた。すると、自閉症の人では脳内の損傷修復を担う免疫細胞の「ミクログリア」が各部位で一様に多く、活発になっていた。

 ミクログリアは胎児期に脳に定着すると考えられている。研究グループは、自閉症の人は複数種類の神経で情報伝達がうまくいかないことを確かめており、これにミクログリアの異常が関わっているとみている。浜松医大の森則夫教授(精神神経医学)は「症状との関係が分かれば、働きを抑える治療が可能になると思う」と話す。

 自閉症は発達障害の一種。【野田武




水銀説とかキレート療法よりも、信頼で出来そうな研究だと思います。




「乳幼児期の愛着形成の不足が軽度発達障害またはそれに似た症状を誘発する大きな要因」とする「親学」は論外。

親学推進議員連盟

バカの上に利権狙いが明らか。

選挙の度に候補者リストと親学推進議員連盟のリストを見比べようと思う。



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

Pink Martini Live Portland 2006

Pink Martini Live Portland 2006



テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

由紀さおり&ピンク・マルティーニ日本ツアー

「由紀さおり&ピンク・マルティーニ日本ツアー」がTV放送されました。

2012年度秋の“紫綬褒章”を受賞し、アルバム『1969』が世界各国のチャートを賑わせて話題となった由紀さおりさんの、ピンク・マルティーニとのジャパンツアー最終公演の映像でした。

2012-11-27-1



由紀さおりさん、ステキ。
バンドもステキ。
バンドの歌手もステキ。チャイナさんステキ。日系3世のニシモトさんステキ。

バンドマスターは気さくな天才さんです。

続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

1000円貸して

次男のおこずかい帳を点検するのが月曜日の日課です。

1500~1600円くらいをもたせます。
次男が残金をかぞえてノートに書きます。
私がお金を渡して、次男が合計してノートに記入します。


次男にお金を渡そうとして、「しまった!」私の財布に5000円札しかありません。
1000円札がありません。

しまったぁぁぁ。。どうしよう。。。



長男に電話しました。
「ごめん。1000円貸して。次男に渡す1000円札がないのよ。持って来て。」

「え、え~~~~(>_<)」長男眠そうな声です。
起きてもいい頃だからいいじゃん。
起きていただろ。
だけど、雨が降っているんだよね。
長男、持って来てくれるかな。


5分ほどで長男が来た。
さんきゅです。


長男が持ってきた1000円札を次男が財布に入れた。



長男は、もしかして、「ごめん。1000円ないから5000円札を代わりにあげるよ。」という言葉を期待していたかもしれないけれど、母も汲々とした予算でやりくりしているから、そうは言えない。
すまん。


私達はこんなにカツカツの予算で暮らしている。
それでも突っ張って一緒に暮らさない。
やがて遺していく息子達だから。
遺していく準備をしている。

テーマ : 障害児、障害者の兄弟、姉妹
ジャンル : 育児

新しい服

次男くん、新しいふくを着て見せてくれました。
来て帰って来たんだけど、洗濯して、それがなかなか乾かなかったので、今朝着て見せてくれました。
でもその上にいつもの赤いトレーナーを着てるから、いつもの同じ様子に見えるんだけどね。(~_~;)


新しい服ってうれしいのだと思います。
母とではなくて、ヘルパーさんと選ぶからイマドキになるのだと思います。
イマドキの青年らしく、若々しく見えます。
いつもありがとうございます。



2012-11-26-1-1

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

大阪マラソン

今朝、起きて、「あ!大阪マラソンだわ。」と気がつきました。
次男と私のウォーキングコースの一部がマラソンコースと重なります。
今朝は、ウォーキングに行かない方が良いのですが、それを次男に言葉で説明できるとは思いません。
言葉だけでは次男に理解できないと思いました。
そこで、いつものように着替えて出かけることにしました。


いつものように遊歩道で準備体操して歩き出すと、マラソン参加者、警備員、職員さんでたいへんな人波でした。
次男はいつものコースを歩こうとして警備員さんに止められました。
さぁ、次男はどうするかなぁ。。。



去年は、サッと身をかわして警備員さんと警備員さんの間をすり抜けてコースを歩きだしました。
去年は警備員さんも緊張感が緩かったのでした。
私は、「彼、自閉症ですから、あまり言葉がわかりませんから、私が連れ戻しますから。」と言ってコースに入れてもらいました。
次男を追うふりをしてそのままいつものペースでお城の周囲を一周してしまいました。
スタートの時間までに、余裕を持ってコースの外に出ることができる自信があったのです。
その通りにタッタッと歩いて、サッサッと引き上げました。



次男くん、今朝は、納得したのか、諦めたのか、逆方向に進み始めました。
振り返って私の顔を見て、ちょっとうなずきました。


次男くん、一年分理解力が増したのか、警備員さんが優秀なのか。
ともかく、次男はいつものウォーキングコースと逆方向へ行きました。
次男の後ろ姿を追って行きましたが、マラソン参加者の人波にまぎれて見失いました。


ありゃりゃ。\(◎o◎)/!


次男くん、諦めて帰ったかもしれません。
でも念のためそのまま次男の後ろ姿を探して歩き続けました。
次男はウォーキングには携帯電話をもっていません。
今度からは携帯電話をもたせたいなぁ。。(ーー゛)

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

次男くん、無事出発しました。

次男くん、無事に出発しました。
よかったです。
めでたし、めでたし。
次男くんが幸せだとお母さんも幸せです。

昨夜、10時にベッドに入る前に、たっぷりてんこ盛りマッサージをしました。
インターネットで調べたり、聞いたりして、就寝前に次男にマッサージすることにしています。

頭、顔、鎖骨のところにあるリンパ節、手、足、足の裏をします。
マッサージが効いたのか、グッスリ寝過ぎました。
慌てて、ラジオ体操、家事をこなしました。
次男くん、8:45になると、「8:45!」と知らせてくれました。
次男が出かける時刻です。
きげんよく出かけて行きました。
私も後を追っていこうと、化粧をしているところに、「もっとどようくらぶ」の先生からお電話をいただきました。


何ごと!?

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

自閉の深度

次男は、知的障害のある自閉症です。
知的障害のレベルは変化しませんが、次男の自閉の深度が時々変化します。


今朝は、雨が降っていたのでウォーキングはお休みしてラジオ体操にしました。
シャワーの後、いつもの家事をこなして、自然史博物館に出かけました。

地下鉄の駅に歩いて行くころから次男の自閉の深度が深くなりました。
歩きながらパントマイムをするように手振りが大きくなって、ひとり言も間断なく続きました。
中学生くらいの男子が次男を追い越して、何度も振り返りながら先に歩いて行きました。



アチャチャ(>_<)





続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

年賀状の準備

今年も年賀状の原稿を考える季節になった。
つい最近年賀状を出したように思うのに、もう1年が過ぎたんだ。
早いなぁ

次男が利用する電車の駅宛てに出す年賀状には、次男の全身の写真を入れて、私(保護者)からのメッセージを入れる。
これを地下鉄の職員が見てくれるとは思わないけれど、なのにどうして出すのか。。。と言われれば、そうなんだけど。
もしかしたら、どこかで、「あ、あの障害者、今日も乗ってるな。」くらいに気がついているかもしれないし。


なにせ、次男は、時々、歌っているのかぁ???という時もあるし、
踊ってるのかぁ????という時もあるし、
パントマイムしてるのかぁ????という時もあるから。


無駄な動き、その場に関係ない言葉が多いのが自閉症の特徴だと思う。
そんな歌やCMのセリフは、今の場面に関係ないのに。。。。ということがよくある。
次男は、きっと膨大な記憶量を抱えているのだと思うけれど、系統立てて整理して記憶しているわけではないので、どんなに重要な記憶も、情報も、適切な時に引き出して、有効に使うことができない。
もったいない。
それが自閉症なのだ。


ヘンですいません。m(__)m
ヘンはヘンなんですが、基本的に人畜無害なので、どうか大目にみてやってください。
もちろん、ご迷惑な時はご一報ください。。。。と私の携帯電話の番号を書いておく。


ご迷惑をかけている時は、知らせてください。
駈けつけますから。。。。。と知らせたい。
「障害者だから仕方がないでしょ。」と開き直っているわけではなくて、お手数やご迷惑をかけていることは、いつも申し訳なく思っているし、ホッチッチにするつもりもなくて、いつも気にかけていると知らせたい。



次男が直接顔を合わせてお世話になっている方々に出す年賀状は、次男の自筆で「明けましておめでとうございます。」と書き込むスペースを作っておく。
どうにかして、次男なりに感謝を伝える方法はないかと思うけれど、そこは、表現力が乏しい次男のこと。
言葉も表情も足りないから、とても難しい。

せめて、年賀状だけでもと思って毎年考える。
来年は巳年で、あまり良いと思えるデザインを見つけられないでいる。

へび。。。て困ったもんだ。

2012-11-22-1-1

2012-11-22-1-2

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

悶絶

今朝、公園をウォーキングしていたら、暖かった。
これは、ベランダの植木に水をやらなくては。

植木のゴキゲンを伺いながら水をやって、眺めて、よしよしって言って、かえすがえす残念に思うのは、鉢が落ちて首が折れてしまったゴールデングローという多肉植物。
名前が良いでしょ。
「黄金の輝き」ですよ。
なんと大袈裟な名前でしょうか。
そこがいいのよね。
うちには、大判小判もないし、キラキラ光るダイヤモンドもないし、「黄金の輝き」は、植物だけです。
珍しくもない普及品種ですけど、好きです。


首だけになっても葉っぱの端が紅葉して少しずつ華やかになって来ています。
折れた所から発根するのは1ヶ月くらいかかります。
それまでに萎れてしまわないでね。
生き残ってください。
たった160円だったのに、大きくなってくれて、取れた葉っぱから発根して仲間で増やして根性ある奴です。
頑張ってね。

そんなことを思っていたら、次男からの「(作業所に)行きます!」コールをベランダで受けてしまった。
ヤバイ!!
まだ着替えてないよ。化粧してないよ。


それから、慌てた、慌てた、大慌て。
慌てすぎて、足の小指をどこかにぶつけて悶絶した。


う、う~~~~ん。


うなる、うなる、脂汗タラリ。


なんで、足の小指をぶつけると、あんなに痛いのかな。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

笑えない事件‐コンビニ強盗 店前でパン食べ始め

笑う人もいるだろうけれど、私は笑えない。


 ■「とにかく腹が減って…」

 コンビニで現金と商品を奪ったとして、大阪府警住之江署は19日、強盗の疑いで大阪市住之江区粉浜のアルバイト、風早孝樹容疑者(44)を現行犯逮捕した。通報で駆けつけた署員が、店の前で奪ったパンを食べている風早容疑者を発見。調べに対し「とにかく腹が減って、食べることしか考えていなかった。1カ月くらい前から仕事がなく、最近全然食べていなかった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は19日午前2時45分ごろ、同市住之江区粉浜のファミリーマート粉浜3丁目店で、男性店員(51)にナイフを見せ、「金を出せ」と脅迫。持っていたパンなど食料品6点(約700円相当)と店員の差し出した現金3万3千円を奪ったとしている。

 風早容疑者は店を出るとすぐに奪ったパンを食べ始め、3つ目を食べているところで署員に逮捕された。






この事件を笑う人って、よほど安心な暮らしの糧を持っているのだろうか。

仕事が無いことは辛い。
食べるものがなくて、お腹がすいてたまらないのは辛い。

この人がどんな人なのか知らないけれど、何日も食べていなくて、食べることに夢中になって捕まるくらいに空腹だったのは気の毒だ。
胸に迫る。



自分たちが、この人と同じくらい辛い状況にはならないという確信はない。
いつ、事態がひっくり返るかわからない。



次男が、支援者とはぐれてしまって、あるいは福祉制度が今より貧弱になってしまって、次男が制度から弾き出されてしまって、お腹が空いてたまらない状況になることはないだろうか。

言葉が不自由な次男が、どうやって助けを求めることができるだろうか。

辛抱たまらず、お店に立ち入ってパンを掴んでムシャムシャと食べてしまうのではないか。

私の頭の中で、映画のように、次男のそんな悲惨な様子の映像が出来あがってしまう。

いやだ。いやだ。いやだ。
そんな状況にさせたくない。(-_-;)
なんとか、「次男は大丈夫。」と思ってから逝きたい。



私だって、長男だって将来になにが起こるか、わからない。
常に不安を抱えている。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

ゲイ疑惑に異例の公式発表!! 「セサミストリート」アーニーとバートの関係は?

「同性愛」関係で、ちょっと古い記事から 2011/8月

「セサミストリート」の人気者アーニーとバートは大の仲良しで、毎晩、並んだベッドで眠るルームメイト。どちらも男の子だけど、あまりの仲の良さに「実はゲイなんじゃないの!?」との疑惑が常にささやかれていた。

米ニューヨーク州では7月24日、同性婚を認める法律が施行。こうした動きなどにも後押しされ、同性愛の社会的容認をさらに進めるため、知名度抜群のアーニーとバートを番組内で結婚させようとする10000人近い署名が集められている。

番組製作者たち。アーニーとバートの関係について、異例の公式発表が行われた。


続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

「セサミストリート」エルモの声優、未成年に性的暴行疑惑も一転“無罪”に

次男がずっと、ずっと、今でも好きなエルモのニュース。

2012-11-20-1-1


夢を与える仕事の人達は、出来るだけ犯罪に巻きこまれないでいてほしいなぁ。。(*_*)

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

報道メモ-京都の高2が見せた100m世界新の走り

私は運動音痴で、たぶんこのニュースの凄さをわかっていないと思うけれど、とりあえずメモしましょ。



高校2年の桐生祥秀(洛南高)が、11月3日に行われた大会で、100m10秒19を出した。これは、年齢別の世界ランキングでは、18歳未満のユース年代の歴代世界最高記録だそう。


テーマ : 陸上競技
ジャンル : スポーツ

毎日、毎週のことを丁寧に

自閉症で、知的障害もあるってことは、2重のハンデキャップだよなぁ。。。と思うことがあります。
せめて、自閉症か、知的障害か、どちらかひとつだったらいいのに。。。。


でも、自閉症特有の「同じ状況を保持したい。」。。という欲求のせいで毎日、毎回のルーティーンにこだわるので、きちんと生活することができるのかもしれません。


乾ききっていない靴下でも、どうしても取り入れて、収納ケースに入れてしまうので、母がもう一度取り出して室内で干し直さなくちゃならなかったり、余分な手間が必要なんですけどね。
次男にしてみれば、母の行動は自分のルールを破ることなので、それでモメたりするんですけどね。

それでも、いい方向に考えていこうと思います。
特異な、天才的な才能があるわけではないフツーの自閉症、フツーの知的発達遅滞として生きていくわけですから、毎日、毎回のことを丁寧に大切にして積み上げていきたいです。
それが唯一の次男を活かす道だと思います。




続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

言えたらいいのに

次男くん、言ってくれたらいいのに。。。と思った。
いや、言えたらいいのに。。。。が正解。

言えたら、言ってるよね、次男くん。

本当に、次男にとって思考を言語に代えることがどうしても、どうしても出来ないことなのだ。
次男の脳のその分野は、壊れたか、未発達のまま固定してしまったのだ。

言えたらいいのに。。。と毎日思っているのは次男だよね。


続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

バナナカステラ発見

バナナカステラ発見しました。
無事でした。
カフェオレとともにいただきました。

いつもオヤツを入れている引き出しから落ちてしまったようでした。
一番下の引き出しのそのまた下に挟まっていました。
次男はいつもと同じ場所に保管していたのでした。
見つかって、気にかけていたことが解決して、次男はニッコリ!しました。

よかった。よかった。
どこかでカビてたらいやだもの。




続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

2コマ(3時間)でも大丈夫

次男くん、きげんよく美術教室を受講させていただきました。

今月の土曜日の開講は3回になるので、どこかかで2コマを受講できることになりました。
次男は今日に2コマ受講させていただきました。

そうしても、来週は次男は「もっとどようくらぶ」で外出するので、美術教室はお休みしますので、今月も3コマの受講になります。

1コマ(90分)を終えて様子を見に行きました。
本人に、「一度、外にでようか?このまま続ける?」と訊いてみました。
次男に、本当に選択肢が2つあることが理解できたのかどうか?少し疑問ですが、「続ける。」と答えました。

重ねて訊いても、たぶん、今度は、”別の答えを期待されているのかも。。。”と次男が混乱すると思うので、「じゃ、そうしようね。」と答えて、先生に2コマ目もお願いしました。


次男の言語理解力は相変わらず低いままなので、たぶんこのまま生涯にわたってそうなので、親も支援者も本人も困惑する場面は続きます。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

バナナカステラが行方不明です

次男くん、無事に帰って来ています。
ありがとうございました。
今週も元気に過ごしたようです。
次男なりに勤務させていただいて、ありがたいです。
次男なりに、自閉症なりに「キッチリさん」なので、上手く使っていただけると、本人はとてもうれしいと思います。
親は本人以上にうれしいです。


でも、そんな次男でも?????なときがあります。
バナナカステラが行方不明です。

こんなお菓子です。

2012-11-17-1-4




次男は、昨夜もいつものように、私がスーパーマーケットで買ってきた品物をそれぞれの場所に収納してくれました。
今朝、オヤツの引き出しを見てみると、「バナナカステラ」がありません。


「あれ~~~???バナナカステラがない。」と言って次男が捜してくれましたが、見つかりません。

なんでかな???
お母さんもわかりません。

ま、そのうち見つかるかな。
とんでもないところで見つかるかもしれませんね。
カビないうちに見つけたいです。(ーー゛)

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

動画メモ‐おりがみ

児童デイで使えるでしょうか。


おりがみくらぶ
アニメーションを見ながら折れます。


折り紙の折り方
折り紙(おりがみ)の折り方、作り方を集めたサイトです。キャラクターの折り紙や、こいのぼり、お花、兜などの基本折り紙まで、いろいろな折り紙の折り方があります。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

ちょっと走ってみた

朝のウォーキングでちょっと走ってみた。


皆さん、カッコよく走っておられるから、ちょっと走ってみたくなった。


結果は、3分がメイッパイ。(+o+)

3分走って5分歩いて。。。ヘトヘト。
あきまへん。



歩くと走るは全く違う運動ですわ。
私の場合は、ずっと歩いている方が、「ちょっと走ってみる」を入れるよりも早いんじゃないかと思うくらいです。

あきまへん。
あきまへん。(+o+)

走るとラジオ講座が聴きとりにくいです。
自分の息がゼエゼエと聞えて邪魔になっています。
いよいよ、ババアですわ。
わかってるけど。(+o+)

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

おでかけメモ‐「発掘! モンゴル恐竜化石展」

「発掘! モンゴル恐竜化石展」~ゴビ砂漠の恐竜化石はなぜ古生物学者を惹きつけてやまないのか?~


大阪市立自然史博物館ネイチャーホール

期間:2012年11月23日(金・祝)~2013年6月2日(日)


開館時間:
2月28日までは9:30~16:30、
3月1日からは9:30~17:00(入館はともに閉館の30分前まで)

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

お出かけメモ‐特別展ー北斎

特別展「北斎」‐風景・美人・奇想‐

大阪市立美術館

期間:10/30-12/9  9:30-PM5:00

前期展示が見られるのは今週末まで。


市の財政が逼迫していることは、ぞんじていますが、入場料の障害者割引は、このまま続けてほしいです。
介護者は、障害者が、他の入場者に迷惑をかけるようならば、すぐに退場させる覚悟で見に行っていると思うので、なんとか、このままでお願いしたいです。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

森光子さん

森光子さんが亡くなられた。
92歳であられた。


ご本人のお気持ちは、ご本人にしかわからないけれど、充分にお幸せだったのではないかと思う。

ご冥福をお祈りいたします。
そして、ありがとうございました。



私が92歳まで生きていたら、長男が67歳。
次男が65歳。

長男に、「生きすぎ。」って言われそう。(>_<)

それにきっと私はボケてるわ。
森光子さんは稀有の人なのだ。




75歳で、健康で、ボケてなくて、次男の成年後見人制度を手続きして、掃除して、洗濯して、トイレの掃除をしてから、ポクッと逝く


を、目指そう。
それだって、かな~~~り大変な目標だもの。(*_*)

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR