鼻歌♪はなうた 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男くん、今朝もニコニコです。

鼻歌が止まりません。
メロディーは、ディズニーの7人の小人が歌う、「ハイホー♪ハイホー♪仕事が好き♪」です。
1週間の始まりは雨ですが、次男はルンルンでニコニコです。
ありがたい子です。











母は、昨日から花粉症の症状が全開です。
目がかゆい。
耳の中もかゆい。
鼻もかゆい。
鼻水が出ます。
クシャミをします。


ああああ。。。。。苦しいです。(T_T)



次男はそれほど変化はありません。
マスクと花粉症ゴーグルをもたせます。
スポンサーサイト

新しいお守りをつけて。。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男くん、今朝もきげんよく目が覚めていたようです。
よかった。
よかった。(^_^)v










今朝、次男のデイサービスの連絡帳を書いて、フッ。。。。と次男のウエストポーチを何気なく見たら、お守りの皮紐がちぎれて残っているだけで、お守り本体はなくなっていました。

アリャリャ。。。。

お守りと言っても、私がかってに「お守り」と決めているだけのもので、古い琥珀や天然石や菩提樹の実に皮紐を通してつくったものです。

昨日、サイクルスポーツセンターでイッパイ遊んでなくしてきたのでしょう。


お守りをなくして厄落としになりましたね。\(-o-)/



次男くん、これまでにもたくさんのお守りをなくしています。
中には、「こ、これをなくしてはもったいないよ。。。。」と思うものもありましたが、ま、いいじゃん、いいじゃん、次男くんのためのお守りだものね。


次男くん、新しいお守りをつけるとニッコリしました。
次男にとっては、母が「次男くん、お守りだよ。」と付けてやることが大事なのです。
母にとっても、「次男くん、お守りだよ。」と言ってやることが大事なのです。
お互いに暗示をかけあって、今日も大丈夫。明日も大丈夫。。。。と思っているのです。
次男くんは、大丈夫。大丈夫。大丈夫。。。。って思って祈っているのです。
無事を祈るってそんなことだと思います。

次男に、「次男くんは、大事な子。」と言い続けてやることと同じくらい大事なことだと思います。


2011/2/26 もっとどようくらぶ「関西サイクルスポーツセンター」 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男くん、ルンルンで帰ってきました。
タップリ体を動かしてきたのでしょう。
シャワーして気持ちよさそうな顔をしていました。


先生に、無事に帰宅した知らせとお礼のメールをしました。
次男は、解散場所に、リーダーさんとお友達とルンルンで手をつないで、その手をブランブラン振りながらゴキゲンで現れたそうです。

楽しんできたようです。
よかったです。

次男に、「今日のお友達の名前は?」と訊くと。。。

「あっくん!リカちゃん!」と答えました。

あっくんはお友達です。
お互いに小学生のころから「どようくらぶ」にお世話になっています。
「リカちゃん」はリーダーさんの「ありさちゃん」です。

お名前がちょっとちがったね、次男くん。
でも、当らずとも遠からず。
次男くん、上出来ですね。(^_^)v


次男には、たくさんの場所があって、たくさんの支援者がいます。
ありがたいです。

次男くん、タップリ運動したようです。
7:30にはグッスリでした。
小学生よりも早寝です。

アチャ (>_<)





シクラメンが咲きました。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

シクラメンの蕾が開きました。
去年夏越ししたシクラメンです。
小さいけれど、濃い色でかわいいです。
うれし(^_^)v

良いことがあるような気がします。



次男は今朝もゴキゲンのようです。

今日は、「もっとどようくらぶ」で「関西サイクルスポーツセンター」へ行きます。
リーダーさん達、先生方、参加者といっしょに楽しんでくると思います。
この季節の恒例の場所です。
慣れている場所でリラックスして遊べるのでしょう。

よろしくお願いいたします。
次男はいろいろな「場所」を持っています。
幸運なことです。
ありがたいことです。








ビッグマック買ってしまった。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

ビッグマック買ってしまった。\(-o-)/

カロリー高いのに。。。
7日間200円。。。という言葉につられてしまった。
商売がうまいね!!

すでに食事を終えて、歯磨きを終えている次男には、「買ってきたよ。朝、起きたらレンジでチンして食べていいよ。」と言ってやると、「はーい!!」とにこやかな返事をしていました





朝からハンバーガーですって!?

ペロリ!!と食べてしまいますよ。


次男にとっては、朝飯前のナントヤラ。。です。


今週もきげんよく過ごしたようです。
次男は、幸運な人です。
ありがたいです。






21:00からTVの「金スマ」で金澤翔子さんの情報が流れるそうです。
前回は、見逃しました。
短い時間でも近況が流れるとうれしいです。

温かい風が吹いてきた。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今朝も次男がいる日よりも1時間遅くに歩いてみました。
スッカリ夜が明けていて温かいです。

でも、人が多いし、自動車もたくさん走っていて騒がしいです。
通勤、通学の人もたくさん歩いていますのでちょっと恥ずかしいです。

やはり、ウォーキングは5時台ですよ。(>_<)









温かい風が吹いてきます。
ひょっとしたら、次男にライブハウスのジャズライブを体験させてやれるかもしれません。
(^_^)v
ジャズコンサートは毎年1回経験させてもらっています。
ライブハウスは音が近くて、プレーヤーとも近くて良いですよ。

基本的に次男を夜に出かけさせることがないので、ライブハウスは経験させていません。

「昼間にライブハウスでライブ!」のチャンスがやってくるかもしれません。
実現したら、嬉しいなぁ。???

初桜

今朝は雨が降っていました。

雨が降り止んだのを確かめてから出かけました。
いつもより1時間遅れなので、明るくて、雨上がりの空気は気持ちよく肺に入っていきました。

桜が咲いていました。
雨に濡れていました。










やってきました、花粉症 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今朝出勤途中に歩きながら大きな大きなオバハンクシャミを連発しました。

やってきましたよ、花粉症。(;゚Д゚)!!

ポケットにいれていたマスクを装着。

これから2ヶ月程戦いの日々が続くわけです。

ウリャ。

マスクの在庫は充分。
花粉症用のゴーグルも準備OK!

次男にも持たせてあるけれど、臨機応変に使えるかというと。。。無理。。(-_-;)


でもね、これも経験を積み重ねていくしかないですよね。





今朝、長男が朝ご飯を食べに来て、「ご飯~~~。」とだけ言ったので、



バカモノ!”ご飯をお願いします。”とお願いしろ!
私は君のご飯係ではない。
好意で提供してやってるのだ。



と瞬時にブチ切れた私です。


内心、シマッタ!。。と思いました。


意外にも、長男は、ヘヘッ(^^♪  と笑って、「ご飯、お願いします。」と素直に言い直したのでした。


お互いに成長しないといけないですね。
母は、もう少し余裕をもって長男と接してやるべきですよね。(-_-;)


今朝はオサボリ

昨夜は、遅くまで映画を見ていました。
今朝は、ウォーキングに行くべき時刻に目が覚めませんでした。

スパッ!!諦めて、タップリのお湯をはって入浴しました。

なんて、ぜいたくなんだ。!!\(-o-)/!!
うっほっほ。



次男くん、昨夜も嬉しそうな声で、「(マンションの名称)に着きます!」と言ってくれました。

とっくに到着しているのですが、そう言います。
それでも、OK!です。(^_^)v


お母さんは、今日も頑張れる気がします。

ツアートラック

だれのツアートラックかな。

去年、大河ドラマに主演していた人ですね。







次男がいない日はゆっくりの時間にウロウロしています。

今朝は、パトカーが3台出動していて、自動車2台の接触事故(?)を処理していました。
近くに領事館が5,6箇所あるので、警察の反応が早いかもですよ。

気をつけましょう。

インターネットがつながらないと。。。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今朝は、インターネットがつながらなくて、スッタモンダ。。
「システムの復元」をしたら、セキュリィーをオフにして再度。。。。と表示されるので、指示通りにしたけれど、上手くいかなくて、イライラ!!

次男は我慢強く待っていて、その様子を見て、気の毒に思って、グッと平静を装いながら、私の心中はイラッイラッ!!

何度も繰り返して、2時間以上してつながりました。

ホッ。。。

次男にインターネットがつながることを確かめさせると、次男はニッコリ!(^_^)v

次男のこの性格に助けられています。(T_T)









時には客観的に 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

「仲間つくり教室」の閉講式の後、次男とふたりでチーズケーキを買って、デイサービスに急ぎました。

家からS特別支援学校に来た道順、地下鉄の線とは、違う道順を辿ります。
これが、方向音痴で、地下鉄の路線図が記憶できない私には難しいのです。
(ー_ー)!!


自宅:地下鉄O駅---S駅・・・路線を乗り換えて・・・Y駅---K駅:S特別支援学校

S特別支援学校:K駅---N駅・・・路線を乗り換えて・・・N駅---S駅;デイサービス


これが、未だに、駅で路線図を確認しないとわからないです。
特に、路線を乗り換えて駅の名称が変るとアウトです。

次男にも家を出てから「どの駅で乗り換えるのだっけ?」と訊いてみたら、「N駅」と答えました。
不正解です。
自宅からS特別支援学校に行く場合は、乗り換え駅はS駅です。
S特別支援学校からデイサービスに行く場合は、乗り換え駅はN駅です。
こんな調子です。
たぶん、ずっと将来になっても次男は記憶できないと思います。
付き添いがずっと必要です。


デイサービスに到着すると、利用者のSさんが既に到着していて昼食を食べていました。
Sさんは次男の先輩で、今日の「閉講式」にも参加していました。
Sさんは、地下鉄を乗り継いで、ひとりでどこへでも行くことができる人です。

Sさんは、今日、デイサービスに公衆電話から電話をかけて、「午後から行きますから、お昼ご飯をお願いします。」と連絡したそうです。

次男については、私が前もってデイサービスの利用表を提出しています。
次男は、冷蔵庫に貼りだした月間予定表で自分の予定を確認しますが、それについて補足はできません。


次男だけを見ていると忘れてしまっていますが、「仲間つくり教室」やデイサービスで他の知的障害者を観察すると、次男の能力が知的障害者の中でもかなり低くて、必要な支援が多いのがわかります。


次男と他者を比較すれば、時々、気持ちが落ち込むこともありますが、次男への愛情や応援する気持ちとは別に、次男のことを客観的にみることも大事だと思います。


仲間つくり教室-閉講式 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

S特別支援学校の体育館で、「仲間つくり教室」の閉講式がありました。

大阪養護教育振興会


先生方のお話の後、1年間の活動を振り返って活動中の様子が写真で紹介されました。

式というものは、待ち時間が長いものです。
言語理解力が乏しい次男にとっては、先生方の言葉は難しいですから、尚、退屈でしょう。
それでも、なんとか、最後まで持ち堪えることができました。

毎月1回、1コマ2時間の教室があります。
次男は、用事がない限り、毎回出席していました。
グズグズした様子は一度もないので、気に入っているのだと思います。

次男からは、なにも聞き出せませんが、今日の日記帳に、


「閉講式に行きました。4月からです。」


と、書いていますから、4月からの新年度を楽しみにしているのだと思います。

先生方、1年間、ありがとうございました。












やっぱり行こう! 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

珍しく、母が先に起きました。


息子達の様子を見に行ったら、長男が泊っていて居間で寝ていて、次男は自室のベッドでグッスリ眠っていました。


”たまには、いいかぁ。。”と思ってもう一度ベッドに戻りました。


が。。。。。次男の安定の素は、適度の運動と母が自分に時間を費やしてるという実感だろうなぁ。。。と思ってやっぱり起きることにしました。



次男に、「起きようか。ウォーキングにいこう。」と声をかけると、次男はサッと起きました。

ひょっとしたら目がさめていて、母が声をかけるのを待っていたのか。
きみ、忍者か。。。\(-o-)/。。。と思いました。








かっこいいジャケット!! 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今朝も次男はニコニコでした。

ニコニコの次男といっしょにウォーキングに行って帰ってくると、去年夏越ししたシクラメンが小さな蕾を持っていることに気がつきました。

ガーデンシクラメンなので咲いても小さい花ですが、楽しみです。









今朝は、朝食を食べに来ていた長男が次男の写真を撮ってくれました。







長男が次男の写真を撮ってくれて、次男もまんざらでもなさそうです。
また、プリンを1個いただいて、また、ゴキゲンのようです。




出かける時に、次男がかっこいいジャケットを着て見せてくれました。
え!?それどうしたの?

次男の言葉によると、いただいたそうです。
ありがたいです。
でも、次男の言葉が拙いので確かめのメールをしておきました。

次男の言語理解力はとても低いので、ひょっとして、ひょっとしたら、”寒そうなのでちょっと着てごらん。”。。。とかしてくださったものを、そのまま着て帰っていることだってあり得るわけです。


そんな母の心配をよそに、

次男はとっても嬉しそうで、自慢げで、”かっこいいでしょう。。”という感じでした。

おいしいプリンを食べて、長男に写真をとってもらって、かっこいいジャケットを着て、ルンルンの様子で出かけていきました。
玄関の外の明るいポーチでかっこいいジャケット姿の写真を撮ってやろうとしましたが、ニコニコ笑いながら逃げていきました。

2011/2/16 クリンもだん美術教室3:30--自己紹介しました 「障害児の親として(10946)」

4月からは短大生になるという、高校生のお姉さんが、3回だけボランティアにきてくれるそうです。
レポートを書くそうです。

そういう目的があるのなら、レポートを書きあげた後も、そのレポートの内容を検証するために続けて通ってくださったらいいのに。。。。と思う私はイケズのオバハンです。
(ー_ー)


















2011/2/19 デイサービス 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」


職員2
中途障害者1
知的障害者5

みごとに男性ばかりです。
特別支援学校での比率も圧倒的に男性が多いと思います。
胎児期にあっては、男性の方が脆いのかもしれませんね。



今日は、落ち着いた雰囲気でした。


おばはん、注文がうるさいって?
もちろんですよ。

どうでもよい。。。と思っていたら見に来ませんよ。


福祉施策が今よりも貧弱になるであろう、親が死んだ後(25年後)も、知的障害があって自閉症の次男が気持ちよく生きていけるようにしたいですから。
そのためには、今をどういうふうに過ごさせることがよいのか。。。


それを考えたら注文は厳しくなります。
多くの親が実現させてないことを実現させたいと思っているのですから。

























2011/2/19 クリンもだん美術教室1:00--やっと裏側に着手 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男くん、やっと裏側に着手したようです。

越智先生が産休に入る前に仕上がりませんね。\(-o-)/



イッペイくんは、抽象画作家になっています。










プリンだ!プリンだ! 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

帰宅して、テーブルの上にピンク色の紙袋があるのに気がつきました。


あれ?  と見ると、「お母さんといっしょに食べること。」というメモがつけてあります。
連絡帳をよく見ると、次男の職場の近くのプリン屋さんに行って買ってきたそうです。
そのまま持って帰ると次男が全部食べてしまうので、「お母さんといっしょに食べること。」とメモに書いてくださったのでした。

おおおおお!!\(◎o◎)/!

次男には、聴覚入力よりも視覚入力が確かです。


次男に「次男くん、ひとりで食べないで待っていてくれたの?」と訊くと、「はい!」ですって。

ふたりで食べました。
美味しいです。





4個のうち2個食べて、うれしい。うれしい。
明日、長男にも1個あげましょ。

また、ブザーを鳴らしたわね。(;一_一) 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今夜は、マンションの管理組合の理事会でした。

まずは、帰宅して、次男の顔を見て、連絡帳を読んで、「今週もがんばれたかな?」って訊いてやって、次男が「はい!」て答えるのを聞いてから、集会室に出かけました。

次男は、自動車からロボットに変形するおもちゃをカチャカチャ鳴らしながら「行ってらっしゃい!」と言ってくれました。

理事会が始まって10分くらいしたら、私の携帯電話がピロロロロン♪と鳴りました。
次男の携帯電話の緊急ブザーが鳴ったという知らせです。


な、なに!?


まったぁぁ。。次男め。(;一_一)


母を試してるのかぁぁぁ??????


なんにも危険はない!絶対にない!と確信していたけれど、理事会を抜け出して次男を見に行きました。
次男はベッドの中でウツラウツラと眠りに落ちようとしていました。

「次男くん、ブザーを鳴らした?」と訊いてみましたが、「う。。。」と言ったまま眠ってしまいました。


おい!<(`^´)>


また、走って理事会に戻りました。

次男くん、君が納得がいくまで、飽きるまで付き合うけどさ。
もう、あと、2,3回で飽きてくれませんかね。((+_+))

煮込みハンバーグ 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

大きな鍋に、


これでもか!


というほど、タップリ「煮込みハンバーク」を作りました。


メモも書きました。

長男も次男も腹イッパイ食べてほしいです。


<障害者基本法>「捜査、特性配慮を」改正案に規定 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

新聞記事は掲載期間が終了すると、消えてしまって参照できなくなるので、メモとして転記します。

転記して悪用しようとしているわけではないので、文句をつけてほしくないです。

-----------------------

政府は今国会に提出予定の障害者基本法改正案に、障害者が関わった刑事事件の際、障害の特性に配慮するよう捜査当局に施策を求める規定を盛り込む方針を決めた。知的障害者が関わる事件では、逮捕状の内容や黙秘権の告知について正しく理解できず、当局に迎合的な供述をする恐れがあることから、事実認定に重大な誤りを生む危険性を指摘する声が多い。規定には刑事司法手続きの適正化を図る狙いがある。

 内閣府によると、現行の同法には障害者の刑事手続きに関する規定はない。

 日本が今後批准をめざす障害者権利条約には、司法手続きの平等を図るための障害者への配慮が定められており、批准に向けた国内法整備が課題となっている。

 今回、改正案に盛り込まれる見通しなのは▽司法手続きで障害者との適切な意思疎通の手段を確保するなどの配慮を講じる▽関係職員に障害を理解する研修を実施する--の2点を捜査当局に求める内容だ。

 刑事事件を起こした知的障害者らに関わる福祉関係者の間には、「取り調べや裁判で問われることの意味が分からず、刑務所に行くことすら理解できない人もいる。取調官が誘導すると、事実関係や動機などを安易に認めてしまう危険性がある」との懸念が少なくない。

 政府の「障がい者制度改革推進会議」が昨年末にまとめた意見書も、障害者は適切に自己防衛できないことが多い、と指摘。障害者の特性に配慮し、理解しやすい手続きが求められるとして、「予算付けを含めた措置が必要」とも結論づけた。

 知的障害者に対する取り調べを巡っては、最高検察庁が昨年4月、心身の状況や立場、迎合的性格の有無などを把握して取り調べを実施するよう求める事務連絡を全国の地検に出すなど、「すでに一定程度、特性に配慮している」(法務省幹部)との声もあった。

 法務省によると、受刑者が刑務所服役時に受ける診断で、知的障害の疑いがあるとされる「知能指数相当値70未満」は6520人(09年)で全体の23%を占める。【石川淳一】

 ◇ことば 障害者基本法

 国や自治体が行う障害者施策の基本理念を定めることを目的として93年に制定。04年改正で「障害を理由とする差別の禁止」を条文に追加した。政府は今国会に再改正案を提出する予定で、差別禁止規定を具体化するなど内容を大幅に拡充する方向で検討している。

----------------------
ありがたいですが、次男が一生事件に関わりなく過ごせることが、一番ありがたいです。


先日、次男が財布をなくして、その財布がカラッポになって地下鉄の忘れ物センターに届いていたことがありました。
次男はなんにも言わないけれど、言えないけれど、あれは、カツアゲにあったのかもしれないなぁ。。。と思っています。

素直に財布を渡したから、次男は無事に帰って来たのだろうと思います。
逆らっていたら、殴られていて、もしも次男が屈強で殴り返して相手に怪我をさせていたら、警察に突き出されていたのだろうと思います。

10年ぶりに牛丼を買いました。

昨日の帰り道、”今夜はご飯がないなぁ。。”と思ったところに「280円」の文字が目に入りました。


38歳ころかな、今とは別のところに勤務していて、初めて「牛丼」を買って昼食にしました。
それから10年ぶりで買ってみることにしました。

お持ち帰りで「牛丼」を注文したら、380円ですって。


(?_?)



あ、牛鍋丼(並盛り)が280円でした。

10年ぶりの牛丼は少し、甘味が足りないように思いました。
写真では、「牛丼」よりも「牛鍋丼」のほうが美味しそうに見えます。

基本的に、親子丼、牛丼は家で作るもの。。。。て思いますが、たまには世間の味を知っておいていいですよね。(ー_ー)

先日、次男がカラオケに行った日に、「牛丼」を食べた。。。と言っていたので、食べてみたかったのでした。

念じながら。。

昨日は、少し頭痛がありました。
会社の建物のなかでもガレージと事務室では気温差が大きくて、そんななかを行ったり来たりしていたからでしょうか。

帰宅するとちょっとズキズキ。。。でしたが、先日スマートフォンの購入に付き合った老夫婦からチキンスープのプレゼントが届いて、感激して気持ちも体も温まってズキズキは吹っ飛びました。

今朝も気持ちよく目が覚めました。

長男、次男、私、それぞれが夢中になって暮らせたらいいなぁ。。。
助けたまえ、守り給え。。。と念じながらウォーキングで汗をかきました。

それぞれが活躍する場所が広がってほしいです。
収入が増えてほしいです。





歩きながら、次男の昨日の「帰ります!」コールを思いだして、充分にラッキーだよなぁ。。と思いました。
ちゃんと希望通りの道が見つかってきたことを思えば、苦悩することだって楽しみじゃないか。。。と思いました。




ゆっくり寝ました。

4:50にアラームが鳴って、”あれ!次男くん、まだ起きてないの?”と思った母は、ボケておりました。

あ、火曜日の朝だよ。。。と気がついて外を眺めると、路面が濡れていました。
雪は雨にかわったようです。

これは、これは。。。半分喜んで、半分残念に思ってベッドに戻りました。
歩けないほどではないでしょうけれど、まだ、雪が残っている場所で滑ってこけるといやですし。




朝のウォーキングの途中で、小さい祠に祈っておられる人を何人かお見かけします。
お百度参りではないけれど、心に祈念するものがある人は多いのかもしれません。


自分の生活も、一日、一日やりくりしていかねばならないし、どんなすがたで老いていくのやら、どんな生活に移行していくのやら、先は見えないです。

これ以上ない条件で独立させてもらった次男も、福祉制度が痩せていけば、生活の基盤が崩れるでしょう。
気ままに暮らしている長男は、今のままのスタイルが維持できるのはいつまでなのか。


どうしたらいいのか、わからないことだらけです。
ともかく、今日と向き合います。


昨日の雪景色


チョコを買いに走る! 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今朝、次男がおこずかい帳をつける時に、「2月14日、バレンタインデー」と言ったのを聞いて、気がついた。


しまった!!チョコだ!


次男の言葉に気がつかないフリをして、長男にだけ「ちょっと行ってくるから。。」と言い置いて、走った、走った。
スーパーマーケットに猛ダッシュ!!

走って、買って、走って帰った。
息が上がって苦しいのなんの。


長男と次男にチョコを渡して座り込んだ。

次男は目が八の字になるニコニコでチョコを食べていた。
ゴディバとかじゃなくても、うれしそうな顔をしてくれるのがありがたい。

長男な平然とした顔で食べていた。

おい!<(`^´)>
長男に、「なにか、リアクションをしろ!」と文句を言う気が失せるほど疲れた。



ともかく、間に合ってよかった。

2011/2/13 デイサービス-ギョーザをつくった!! 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男は、今日もきげんよくデイサービスに出かけて、きげんよく帰ってきました。

午前中は、餃子作り。
午後は、美術と掃除

だったそうです。

以前に指導員さんと利用者が作った餃子を焼き餃子にして食べさせていただきました。
おいしかったです。
きっと、今日の餃子もおいしかったのだと思います。

今日は誰が来てたの?。。。と訊くと、

指導員3人(O先生、Aさん、Mさん)
知的障害者4人(Hくん、Yくん、Iくん、Sさん)
おじちゃん(?)1人

と教えてくれました。

おじちゃん。。。ねぇぇぇぇぇx。。。(~_~;)
ボランティアのキムさんか。
中途障害者のNさんか。
精神障害者のおじちゃんか。

おじちゃんは何人もいるから誰だかわかりません。

もしかしたら、次男は、精神障害者の人達のことは、認識していないかもしれません。
次男から接点をもてないし、精神障害者からもありません。
言語コミュニケーションが基本のようです。

母はアラームが鳴るまで起きません。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今朝は、4:40に目が覚めました。
ベットの中から、次男が居間でDVDを再生して体操している気配を感じました。
でも、イヤだ。

母は、アラームが4:50になるまでベットにしがみついていました。
次男くん、今朝もゴキゲンでニコニコで、それだけでも親孝行です。

今週も作業所と事務所勤務と、精一杯がんばってほしいです。








2011-2-12-デイサービス 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今日も大人数だったようです。

午前中は、買い物に行って、みんなで昼食の準備をしたそうです。
メニューは、海鮮丼、かき揚げ、味噌汁。
豪華ですね。
きっと、おいしくできたと思います。
経験の積み重ねは本当に大事だと思います。


午後は、3組に分かれました。

美術教室組:知的障害者3人
カラオケ組:指導員1人、精神障害者1人、知的障害者3人
待機組:指導員1人、中途障害者1人、知的障害者1人は地域活動支援センターに残ってオヤツ作りの下準備をしました。

美術教室組と待機組が合流してチョコのオヤツを作りました。
掃除もシッカリしてきげんよく退所しました。






















次男が携帯電話で撮った写真をトリミングしました。
お迎えに来たママと娘さんです。

親子はずっと親子です。
でも、その暮らし方は、工夫が大事だと思います。
疲れてしまわないで、ずっと子のことを思っている母でいることは、あたりまえのようで、あたりまえではないと思います。
ずっと、子を大事に思っている母親でありたいです。
そうなれたらいいなぁ。。。と思います。

メロンパン見つけた! 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

昨日、スーパーマーケットでメロンパンがふたつまでは、ふだんの半額でした。
もちろん買っておきました。
メロンパンは長男も次男も大好きです。

夕食の後、長男はメロンパンを見つけて、ニタリ!(^_^)
「これ、」食べていいよねぇ。」と訊いてからパクリ!

今朝、次男が起きたかな。。。と様子を見に行くと、すでにメロンパンをパクついていました。
私の顔を見てニタリ!(^_^)

次男は、ひとつしかなければ、必ずそれは自分のものだ。。。。と思っているわけです。
ふたり兄弟の下に生まれたものの特権でしょうか。

安心し過ぎてもよくないですけどね。


グループホームで数人で暮らしていたら、どうしているのでしょうか。
マジックペンで名前を書いたりするのでしょうか。












今日も、デイサービスに出かけました。

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR