1/50の4/12 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今日で8月が終了します。
次男は5月の連休明けから独立しましたから、4か月が終了します。

本年から数えても、あと50年以上の寿命があるであろう次男の1/50の4/12が過ぎました。

長いです。

そのうちの半分の25年を見届ける覚悟でいます。

ボケないで、75歳まで生きましょう。。。((+_+))。。。大丈夫か・・









次男くん、「行きます!」コールをくれました。
作業所に出勤です。
気をつけてね。



障害者があたりまえに働けるニッポンへ
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること
スポンサーサイト

可能性は日常の中にある。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男は、毎週月曜日の朝にシーツを取り替えます。

金曜日、土曜日、日曜日の夜につかって、月曜日の朝に取りかえるのです。
パジャマは、汗をかく期間は毎日洗濯します。
次男が洗濯して、次男が干して、取り入れて、たたみます。

自分のマンションの生活でもヘルパーさんに指導してもらって、曜日ごとに、部屋の掃除、トイレの掃除、衣服の洗濯、足ふきマットの洗濯等々をこなしているようです。

小さいころからおだてて、励まして、よく手伝わしていたので、今の暮らし方が拓けたのだと思います。

親の死後は、入所施設かケアホームと思っていました。
それも、本人が若いうちに挑戦させなければ、成功しないように思っていました。
しかし、要介護の老人と同じく、入所施設もケアホームも可能性は低いのです。
















日常の生活の中に可能性があるのだと思います。

将来の可能性は、療育訓練の中だけにあるのではないと思います。
だから、「専門家の療育訓」を受ける機会があった、無かった。」は、本人の成長をそんなに大きく左右しないように思います。

専門家、支援施設の存在を否定するものではありませんが、それがなかったから、利用できないから、我が子の可能性が拓けない。。。とは思わなくてよいのだと思います。

良い学校、良い施設に通わせられなかったから、ダメだ。。。。と思わなくてよいと思います。


次男くん、ピンク色のタンクトップと半そでの上着を着ています。
年齢の近いヘルパーさんからいただいたようです。
イマドキの青年に見えます。(^.^)

コーディネートしてもらえると、次男本人も安心で、うれしいのだと思います。

「かっこいいねぇ。」と言ってやると、うれしそうです。

2010-8-28-デイサービス-ポテトチップスを作りましょ 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今日のオヤツ作りは、「さつまいもチップスとポテトチップス」です。

みんな嬉々として取り組んでいました。
大好物ですものね。(^.^)

おいしいものが食べられるぞぉぉぉぉ。。。という期待感が背中を押してくれて労働意欲につながるのですね。(^.^)。。。かかか(笑)










イッペイ君は、油にジャガイモを入れる時のジュッという感覚に惹かれました。
チップスがジュッ!!
イッペイ君が脳内イメージでジュッ!!(~_~;)




ジャガイモは、ピーラー(皮むき器)で皮をむいて、ピーラーで薄くスライスしていきました。
サツマイモは、包丁で2.3mmの厚さに輪切りにしていきました。

色よく揚がって、お店でつけあわせに出されるチップスのように美味しくできました。

大人はこれでビールがあれば、いいですねぇぇぇ。。。という感想です。






チップス作りには全く加わらず、「食べるだけの人」だったYUUGU君ですが、お掃除は頑張りました。

チップスでエネルギーチャージできたのかな。(^.^)
おいしいとうれしい。
うれしいと元気がでますね。









デイサービス クリンもだん



暑い日にも、熱い味噌汁 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

土曜日、日曜日、月曜日の朝は、次男が熱い味噌汁を作ってくれます。
暑い朝に、熱い味噌汁をフーフーしながら食べます。
汗が吹き出てきます。
汗をぬぐいながら、味噌汁をすすります。

「次男くんの作ってくれた味噌汁、おいしいなぁ。。」と言うと、次男は、「うん。」と満足そうに返事をします。

夏に熱い味噌汁はなんだなぁ。。。とも思いますが、汗で失った塩分を補給出来て良いのかもしれません。

たくさん写真を撮って、「見て、見て。次男くん、かっこいいねぇ。。」と言ってやって見せると、「うん。」とうれしそうな顔をします。

出来るだけたくさん、褒めてやりたいです。
出来るだけたくさん、一緒に汗だくになってやりたいです。

やがて、出来なくなる時が来ますから。
時間は有限ですから。













今日は、リクエストのあったオムライスの材料を買い物に行く以外は、何にもしない日です。
次男はデイサービスにでかけました。
ルンルンの様子で出かけました。
デイサービスがあって、ありがたいです。
ありがとうございます。


次男くん、サイフや療育手帳を入れてあるウエストポーチを持って行くのを忘れました。
家に取りに帰ってきて、再び出かけました。

次男は、夏バテ?
母は、夏ボケ?

2010-8-28-クリンもだん美術教室3:30クラス 「障害児の親として(10946)」

今日は、スタートがゆっくりしていました。
エンジンがかかりにくいようでした。








山根親子展

クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

地域活動支援センター:デイサービス



クリンもだん美術教室:石井先生の別の仕事です。
才能あふれるアーティストに指導していただける受講者は幸運です。

ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

2010-8-28-クリン美術教室1:00クラス 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今日も暑かったです。
残暑が厳しい。。。との予想を聞くと、ぐったりします。

外は暑くても、教室は快適です。
受講生はゴキゲンの様子でした。



















山根親子展

クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

地域活動支援センター:デイサービス



クリンもだん美術教室:石井先生の別の仕事です。
才能あふれるアーティストに指導していただける受講者は幸運です。

ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

山根親子展   「美術館・展覧会・ギャラリー(17087)」

親子展があります。

詳細は以下です。

是非、ご覧ください。












ちらし寿司の謎が解けた!! 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

昨日の夕食は「ちらし寿司」でした。

朝、作ってラップをかぶせて冷蔵庫に入れておきました。
長男、次男のお皿に分けて、大きなお皿も1皿用意して、合計3皿を冷蔵庫に入れておきました。

昨日帰宅して、次男に訊いてみると、「おいしかった。」そうです。
次男のお皿や箸がきちんと洗って片づけてありました。
大きいお皿のちらし寿司も少し減っていました。


「お兄ちゃんと会った?」と訊くと、「長男、いない。」と答えました。
昨夜は顔を合せなかったようです。

今朝、冷蔵庫の中をよく調べると、長男のお皿がありました。



??????



!?え!? 長男は昨夜、食べていないのか????

今朝、長男が来たので、「昨日、ちらし寿司、食べなかった?」と訊いてみると、「食べたよ。」



なに???わからん。




長男、あんた次男のお皿で食べたやろ。
次男は、自分のお皿がないから、大きなお皿から取り皿にとって食べたと思うよ。
あんたが間違えて次男を惑わすなよ。


「ああ。。」長男、納得顔。

今朝もちらし寿司を食べました。


次男は、いつも次男が使っているお皿に何も入ってなくて、すでに食べてあって、ビックリしたと思います。


長男、次男を迷わすなよ。(>_<)











金曜日です。

今週は月曜日から金曜日までで早く過ぎたように思います。
仕事量が多かったせいでしょうか。

日曜日がハードスケジュールでした。

次男と一緒に「仲間つくり教室」に行って、「デイサービス」に送っていって、夕方にはマンションの理事会の仕事で、放置自転車を撤去して、理事会の食事会に行って。。。


月曜日は背中が痛かったです。
オバンですから、手足が短いですから、大変です。



月曜日の朝、そんな中でも次男がうれしそうに出勤すると、「ありがたいなぁ。。。」と思いました。
学校時代も、その後も、朝、出かけることをイヤがったことがない次男です。



月曜日になると、熱を出したり、下痢したり。。。という人もいるらしいです。
学校時代も、社会人になってからも、次男は「居場所のある人」です。
それがどんなに幸運なことか。。。学齢期を終えるとマスマスよくわかります。



脅すわけではないですが、「居場所がない障害者」「毎日がおもしろくない障害者」はたくさんいます。




次男くん、昨日は仕事の後にスポーツセンターへ行って、5:30に「(マンションに)着きます!」コールがありました。
公立のスポーツセンターが近くにあるそうです。
次男は、人にも、環境にも恵まれています。
ありがたいです。







50歳で母になる人 「障害児の親として(10946)」

50歳で出産される人があるという。


産むということを熱望している母は満足できるだろう。


きっと、妊娠を試みる前に、「これは、熱望なのか。妄執なのか。」と自身に問うて、熱望であると、結論をだされたのだろう。



子どもが10歳で母親は60歳。

子どもが20歳で母親は70歳。


余計なことだけれど、子どもが障害を持っていた時、重い病気や怪我を負った時、対応できるのだろうか。。


しかも、国政にたずさわりながら。。。。


ヤワラちゃんと同じくらいにナメテますか。


私は25歳で長男を出産した。
27歳で、自閉症で知的障害のある次男を出産した。


50歳で出産していたら、長男にしてやれたことと同じ事はできない。
次男にしてやれたことと同じ事もできない。




同じことをしてやれなくても良いのだ。
お金が潤沢にあれば、援助の仕方、工夫の仕方はいくらでもある。。。。と言えなくもないが。。。。


お金で解決できないこともあるだろう。


それは、親の年齢に関わらないことか。


賛成も否定もしない。
お腹の中の命の幸福を祈る。

ホットドックを4本 「障害児・者の兄弟、姉妹(145)」

帰宅したら、長男が来ていた。

ただいま。。。。と言って母が帰ってきて、スーパーマーケットの袋を持っていたら、次男なら、タタタッと駆け寄って袋を受け取って台所へ運び、冷蔵庫に入れるべきものは、サササッとと冷蔵庫へ入れてくれるのが次男。

座ったまま動かないのが長男。



いかん!!これはいかん!!


次男には、「次男くーん。お母さんを手伝ってください。これ、運んでください。」と言って、育てたのだった。
言葉を獲得しない可能性もあった次男だから、身体を動かして、存在価値を獲得しなければならないと思ったのだった。




「長男!親が荷物を持っていたら、手伝いに来い!!」と声に出して指示することにした。
長男は、おっとりと腰を上げてやってきた。


まったく、もう。。。
次男と同じ空間に居ると、次男が先に動くから、長男は動かないでいられたわけだ。(-_-)


「ご飯を炊いた?と訊いてみた。
食べたければ、先に帰ったほうが炊けばよいのだから。
次男ならば、ご飯がなければ炊いておいてくれる。


「炊いてない。」と長男。

「ご飯炊いたら、食べる?」と訊いてみたら、「食べない。」そうだ。

あ、そ。
それなら良いのだけれど。。。







明日の朝は、ホットドッグにしようかな。。。と私が言うのを聞いて、「今、ホッドドッグしてくれる。。」と言う長男。


ま、いいけどさ。
カレーの香りが香ばしいホットドックを4本作った。
長男は、それをお皿に盛って、ラップをかけて持って帰った。


自分の住まいに持って帰って食べるってさ。
おう、おう、自分の時間と空間を大切にしてください。<(`^´)>

まだまだ暑い

まだまだ暑いですね。

この鳥さんは、スッカリお馴染みの住人になりました。

涼しい?





前向キング 「障害児の親として(10946)」

俳優、市村正親氏がTVCMで演じる「前向キング」


栄養補助ドリンクを「前向き」に並べている。


あら、うちの子みたい。。。。と思ったのは私だけでしょうか。

穏やかな声 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

昨夜、次男が「着きます!」コールをくれました。

次男が本当にマンションに帰宅した時刻としては遅すぎる時刻でした。

たぶん、ヘルパーさんに、

「次男くん、お母さんに電話した?まだだったら電話してよ。お母さん、次男くんが電話かけると安心するからね。。。」

とでも言われて電話をかけてくれたのでしょう。

とても穏やかな声で、一日を無事に終えて満足した様子が感じられました。

次男くん、とても幸運だと思います。










毎朝、「守りたまえ。助けたまえ。」と念じながら歩いています。
自分の為です。
なにか自分に負担をかけないと落ち着かないのです。

だからなんなのさ。。。と言えば、それだけのことです。
なんでもないことです。


親の手だけでは子は育ちません。
知的障害があれば、自閉症であれば、なおのことです。

そして、そういう子を残して親は先に死んでしまうのですから。


次男くん、「行きます!」コールをくれました。
暑い日が続きます。
きっと水筒をもっていったことでしょう。

鳥帰る 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

とても無遠慮なおじさんに近づかれてビックリして逃げだした鳥さん。
しばらく姿をみせませんでした。

あら、今朝はいますよ。











次男から「行きます!」コールがありました。
「はい。気をつけてね。」と返しました。
次男のうれしそうな、元気な声が聞けて、母もうれしいです。
ありがとうございます。

次男の朝食はトーストとコーヒーだそうです。
今朝は、母も牛乳とトーストにいただきもののサクランボジャムをつけて食べました。
おいしいなぁ。。。さんきゅです。

白い翼の ガッチャマーン♪ 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

長男が朝食を食べにやってきたので、

私が、 ♪だれだ だれだ だれだー♪


と歌ったら、次男が、


 ♪空の彼方にひそむ影♪
 白い翼の ガッチャマーン♪



と続けて歌った。



こういう掛け合いができるようになったのがうれしいです。

今週もがんばってくれるかな。
出来れば楽しく。

是非とも、無事故で。











障害者があたりまえに働けるニッポンへ
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

城灯り

夜の散歩のつもりで行きました。
少しだけ涼しかったです。













2010-8-21-クリンもだん美術教室3:30 「障害児の親として(10946)」

猛暑でも子どもたちは元気です。
そのエネルギーを分けてほしいです。













仲間つくり教室-手工芸-コラージュで作る小箱 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

市民学習センターで大阪養護教育振興会の「仲間つくり教室」がありました。

手工芸の講座です。
コラージュ技法でハガキ入れの小箱を作りました。
次男はきげんよく作っていました。
ノリが乾いたら、スプレーニスを買ってきて塗装してやろうと思います。

講座が始まる時、終わる時に「起立!礼!着席!」と号令がかかって、学校気分です。
先生方、ありがとうございました。



















「ハガキ入れ」が出来上がりました。


時間が余ったので、本年後半と来年前半のカレンダーの絵を描いていました。
懐かしい「ワンツードン」NHK教育TVのドンくんです。



次男を含め、知的障害者はゆっくり成熟していきます。
それなのに、学齢期の長さは、普通のスピードで成熟していく人達と同じなのです。

ちょっと不利過ぎますよね。
だったら、習い事や教室を用意してやらなくちゃ。。。。と思います。


なんと言う言葉が適当なのかわかりませんが、仕事ではなく、先生と生徒の時間を大切に持ち続けることができたら、とてもよいことなのではないかと思います。

2010-8-21-クリンもだん美術教室1:00クラス

今日もグッタリするほど暑い日です。
一番気温が高い時間に教室に見に行きます。

ヘトヘトの母と違い教室の受講者はニコニコでゴキゲンの様子です。














永井佐和子 展   山根由香 展


クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

地域活動支援センター:デイサービス



クリンもだん美術教室:石井先生の別の仕事です。
才能あふれるアーティストに指導していただける受講者は幸運です。

ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS


にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

今朝も暑いわ 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

朝は少し暗くなったのに、気温はまだまだ暑いです。

昨夜、夜の公園に行って少しだけ涼しい風を受けてきました。
それでも。大ぜいの人の中でちょっと疲れたけれど。。。夏の夜の感じを楽しんできました。

長男も来たので、次男が眠った後に、母も早く休みました。
いつ、長男が帰ったのか全然気がつかないくらいグッスリ眠りました。
長男、近くに居てくれてありがたいけれど、何とかして背中を押してやりたいです。

次男は今朝もニコニコで健康そうです。
大阪養護教育振興会の「仲間つくり教室」に送って行って、終了後は、デイサービスに合流させていただきます。
次男は少しも退屈しないで暮らせていると思います。
ありがたいです。
社会的資源に恵まれています。
恵まれているから、大事にしなくては、もったいないです。
粗末にするとバチが当たります。










少しスッキリしたかも。。。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

あれ。。次男くん、先週よりも少しスリムなように思います。
気のせいかな。。。












今朝もニコニコしてくれます。
「次男くん、おうちに帰ってきたら、うれしい?」と訊いてみると、

「うん。うふふ。。」と答えました。

「お母さんも、次男が帰ってくると、うれしい。」と言うと、また

「うふふ」ですって。
この人のこういうところが可愛いところで、得なところです。






今日は、次男はデイサービスと美術教室です。
帰宅して、シャワーしたら簡単なサンドイッチかなにかを食べてこれを見に行こうと思っています。
シャワーして気持ちがゆったりし過ぎたら行けないかもしれませんが。。。。
次男にこの写真を見せて、「行こう!」と誘うと、「うん。」と返事しました。

良さそうでしょ。(^_^)



くるぶしが黒い。。。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男くん、今日も無事に帰ってきました。

グッスリ寝ているところをこそって観察。。。
母、不気味。。


お。。。次男くん、クルブシが黒いように思います。
先週は気がつきませんでした。


明日は、ベビーオイルをつけて、マッサージしてみましょう。
ゴシゴシする前に皮膚をふやかしてみましょう。

知的障害があろうとも、自閉症であろうとも、清潔な感じの青年、おっちゃん、おじいちゃんになってほしいです。
キチャナイ人はかまってもらえなくなります。

母、ここからが、次男が、青年になって、週日は独立した今からが、本当の頑張りどころかもしれません。
スッキリ、好感をもってもらえる知的障害者を目指します。

業務連絡

いよいよボケてきました。

携帯電話を持って出なかったようです。

たぶん、家にあると思います。

夜、帰宅するまで連絡がつきません。

すいません。m(__)m


友よ、もし、見てたら、お米送ってください。



息子達にはないしょです。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

早朝の風が涼しくて気持ちよいです。
でも、すぐに気温が上昇しました。

本当に今夏は暑くて大変です。
会社(建設会社)の現場勤務の人が気分が悪くなって病院に駆け込んだことが2件ありました。

健康で普段から屋外の作業に従事している人で、休憩時間や水分補給に気をつけている人でも体温調節がうまくいかないくらいに大変な夏です。

健康な人も気をつけましょう。

若い人もおじさんもおばさんも気をつけましょね。


金曜日がくるとホッとします。
今日、一日頑張れば、明日は休みです。
私は本当は働くのがキライです。

ゴロゴロして一日が過ぎて、それでも生活が成り立てば、それが一番好きです。
息子達にはないしょです。

次男は今日も気持ち良く働かせてもらってルンルンで帰ってくると思います。





「着きます!!」コール 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今夕も、次男が元気な声で「着きます!!」コールをくれました。

木曜日の今日は、仕事の後に、スポーツセンターへ行ったと思います。
マイ自転車に乗ってルンルンの表情で行ったのだと思います。

マイ自転車に乗って、マイホームに帰って、気持ちよく眠っているのだと思います。

ありがたいです。
この幸せが次男にずっとあってくれることを願っています。

汗を流したほうがラク 「障害児の親として(10946)」

日中は暑いけれど、早朝の風は涼しくなっていました。

親のかってな思い込みに違いないですが、親が汗を流すと、子どもに良いことがあるような気がします。

次男くん、どうしてるかな。
毎日の生活に夢中になってるかな。
楽しいかな。


長男、方向が決まったようです。
夢中になれるかな。
頑張れるかな。
次男くんが、独立できたから、自分のことだけ考えれば良いのだから。






あまりの近さにビックリ!!

ビックリしているのはおじさんで、鳥さんは平気な感じですね。





ちょっとお休み 「障害児の親として(10946)」

今朝は、ウォーキングはお休みしました。

昨夜、寝付かれず、1:00過ぎまで目が覚めていたので、これで歩きに行くのはヤバイかと思いました。

ちょっと後ろめたい気持ちがします。
お母さんがサボルと次男、長男の運が下がるように感じます。



次男くん、どうしてるかな。。。
寝る前の腹筋運動してるかな。
朝のウォーキングは実家に帰ってきた土日だけになっているので、心配です。
ブタっちゃってはいけません。

医療費は補助なし、普通に3割負担の次男ですからメタボは死活問題です。

それにスッキリ見えたほうが好感をもってもらえますから。
次男は、長身ですから、巨漢になってしまうと恐がる人だっていると思います。



佐賀県で警官に取り押さえられた知的障害にある青年が亡くなりました。
不幸なことでした。
本人、親族の無念は察しきれるものではありません。


彼がもし華奢に見える人であったら警官の対応が違っていたのではないかと。。。と思います。



息子を、健康に体格良く育てることができたのは、母親としては胸を張ってよいことだと思っています。
思っていますが、そうできたら、できたで心配なこともあります。

恐ろしいくらいの暑さです。 「★つ・ぶ・や・き★(1264850)」

昨夜、今朝、寝苦しくて目がさめました。
ゆで卵の気持ちて、こんなでしょうか。

今朝は、ゴミの収集日です。
たくさんのゴミをだしました。
ちょっと、スッキリの気分です。









この鳥さんは、この場所が気に入ったようですね。(^_^)

海遊館へ行きました。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

海遊館は久しぶりだったと思います。

入場まで1時間待ちだったと聞きましたが、きげんよく待てたようです。
入場しても人・・・人・・・・人だったようですが、時間をかけて見ていた様子が写真からもうかがえます。
落ち着いた感じが伝わってきます。
環境、人に恵まれて、ゆとりが感じられます。
ありがたいです。
幸運な人だと思います。










次男が何歳になっても、汗をかいて働かしてもらえて、楽しみもあって、清潔に暮らしていけるでしょうか。
この幸運が、きっと続いてほしいです。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR