復調 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男くん、復調しました。
よかったです。

今日は、仕事の後、新居用の買い物に連れて行っていただく予定です。
次男は、いろいろと選ばせてもらってゴキゲンになることでしょう。
お布団とか選ぶのかな。

サポーターさん達のお陰で次男の独立計画はちゃくちゃくと進んでいきます。
ありがたいです。

母の手からそろり、そろりと離れて行きます。
今朝着て行ったジャケットは、韓国旅行に行った時に、サポーターさんといっしょに買い物に行って買ってきたミリタリージャケットです。
かっこいいです。
託してよい部分は託しましょう。
母の手元では花開くことがない部分があります。

次男は気付いていませんが、次男ほど幸運な障害者は稀です。
ありがたいです。








スポンサーサイト

われ、説得に成功す 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男くん、シャキッ!!と起きました。
説得して、ウォーキングは休ませました。
掃除もお休みにしましたが、洗濯と洗濯物干しは、じっとしていられなくてセッセッと働いていました。

朝食作りはもう、いつもと同じです。
次男は動いてこそ気持ちのよく過ごせるのかもしれません。


それでも、今日のデイサービスを欠席することはやっと納得してもらえました。









袋から味噌を絞り出している次男です。しっかり仕事してくれますよ。(^_^)v


ーーーーーーーーーーーーー
デイサービスは休みましたが、退屈すると死んでしまうのではないか。。。と感じる次男ですから、なにかさせないといけない。

で、たこ焼きを焼いてもらいました。
粉の調合まではできないけれど、タコを入れて、ネギ入れて、天かす入れて、クルクルひっくり返して。。。アチチのチ






一家に一台たこ焼き器。
これはこのあたりでは常識なのです。

熱が下がった 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

昨日、帰宅して次男に挨拶したときに、次男が少しシンドイ様子であることに気がついた。

「次男くん、熱ある?」と訊いてみた。

次男は、「ない!熱がない!!」と即答した。

これが、怪しい。(~_~;)
熱があるか、ないか、という質問が理解できないわけではない。
次男は、理解できるけれど、意地をはるのだ。
次男は、いつも元気でいなければならない。。。と思っているように思われる。
頑張りなのか、強迫観念化か。。。。

次男の額に手を当てると、熱い。。。けっこうな熱がある。
次男は、夕食のクリームシチューをいつもの通りなら、6:00ころに食べているはずだった。
総合感冒薬をすすめると素直に飲んだ。
リンゴの皮をむいてやると、1個分をおいしそうに食べた。
額に冷却シートを貼るのは、嫌がったけれど、しぶしぶ受け入れた。
掛け布団を羽布団に取り替えた。

「明日は、ウォーキングをお休みしようね。」と言うと、「うん。。」と返事した。
「デイサービスもお休みしよう。」と言うと、これには返事をしなかった。
次男は、デイサービスを休むのは、いやなのだけれど、30日は出勤してその後、次男のマンションのための買い物にサポーターさんと出かける予定なので、29日は家で休養させて、完治させなければならない。

いつもは、魚河岸の職員のように早起きをする次男をベッドから出さないために、私は、居間で寝ることにした。

5:00、様子を見に行くと、熱は完全に下がっていた。
次男の体力は頼もしい。

さて、今度は、熱が下がった次男を一日家に居させることが、難しい。。
説得がたいへんだ。(~_~;)

亡くなっておられたか。。。。 「障害児の親として(10946)」

映画「レインマン」のモデルのキム・ピーク氏がなくなっておられたそうだ。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

キム・ピーク(Kim Peek、1951年11月11日 - 2009年12月19日)はサヴァン症候群の患者。アメリカ合衆国ユタ州在住。

恐らく先天性脳障害による発育障害で、小脳に障害があり、また脳梁を欠損している。そのため、生活には父親の介護を必要とする。その一方で写真または直感像による記憶能力を持ち、9000冊以上にも上る本の内容を暗記している。また、人が生年月日を言えばそれが何曜日であるか即座に答えることができる。

映画「レインマン」で、ダスティン・ホフマン演じるレイモンド・バビットのモデルとなった。

2009年12月19日、心臓発作のため58歳で死去した[1]。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


亡くなっておられたか。。
58歳でしたか。。

私も「レインマン」を映画館で観ました。
導かれるように、次男を抱っこして見に行きました。
日本公開が1989年2月25日でした。
次男は1歳2ヶ月でした。


何かが、私に、次男が自閉症であることを知らせようとしてくれたのだと思います。


高齢のお父さんが介護をされている様子は、胸が詰まるようでもあり、覚悟を決めた親の潔さを感じさせるものでもあった。
お父さんは、映画「レインマン」の監督から贈られたオスカー像を、初対面の人達にも、握手代わりに持たせてあげている様子をドキュメンタリーフィルムで見たことがった。

「彼だよ。彼があのレインマンのモデルだよ。ほら、これがオスカー像だよ。もってごらん。」という風に。


キム・ピーク氏が、「レインマン」のヒットの影響で、以前よりも注目を集めるようになって、彼自身も他者に興味を持ち始めたから、お父さんは、「彼に興味をもってやってくださいね。」と言う風に、オスカー像を持ち歩いておられたのだろうと思う。

息子の世界を外に向かって広げてやりたい。。。と思っておられたと思う。


最期は、お父さんに看取られたのだろうか。
本人もお父さんも満足であられたと思う。



振り返って、次男は58歳では死なない。
もっと、長生きするだろう。
私が死んだあとも、次男の寿命はある。

だから、今、挑戦しなくてはならない。
幸運の風が吹いてきた。
うまく乗せてやりたい。

自家製生キャラメル?自家製チュッパチャップス? 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男くん、今朝は少し咳をしていました。
喉がイガイガするようです。

飴があったらよかったのですが、基本的にお菓子の買い置きはしないので、こういうときに困ります。
サッと走って買いに行くか、がまんするかです。


ちょっと考えて、「お母さんが、飴を作ってみようか。。。」と言ってしまいました。
次男は体操の後、シャワー、掃除機をかけている間に手早く作ることにしました。

本当は、生キャラメルにしたいところですが、長い時間はかけられないので、ハチミツ、三温糖、牛乳少々を小さなフライパンで熱してグルグル混ぜて、割り箸に巻きつければ、黒茶色の飴の出来上がり!!



この配合が牛乳を多くして、長時間にわたってグルグルかき混ぜながら、熱して水分を飛ばせば、理論的には、「生キャラメル」ですよ。

時間をかけられないと、牛乳を少量しかいれられませんので飴状態です。

それでも、次男は嬉しそうな顏をしてくれて、チュッパチャップスのように口に入れたままで洗濯物を干してゴキゲンでした。
咳も止まりました。
メデタシ、メデタシ(^^)v

そのまま、機嫌良く作業所に出かけました。






府立支援学校・高等支援学校4校の整備事業進行状況 「障害児の親として(10946)」

「泉北・泉南地域新校」13年度末完成

「北河内地域新校」14年度末完成

「豊能・三島地域新校」12年度末完成

「中河内・南河内地域新校」14年度末完成


マンガは文化です。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

我が家では、ケーブルTVを契約しています。
私のお気に入りは、WOWOW、ムービープラス、AXN、ミステリーチャンネル、等々

次男のお気に入りは、カートゥンネットワーク、キッズステーションです。
今朝も4:00~「リボンの騎士」4:30~「ジャングル大帝」を見ていたようです。

子どもが保護者がいっしょでない時間にTVを見るようになると、ちょっと心配ですよね。
ケーブルTVだと年齢制限がかけられます。
ウチは、一番低年齢のところにしたと思います。

もっとも、WOWOWを契約すると、WOWOWは、R-12とかでも放送してますけどね。
それに、ミステリーチャンネルも子どもには見せられないシーンがたくさんありますけどね。じゃ、年齢制限。。。ってなんなんだ。???(~_~;)

それでも、カートゥンネットワーク、キッズステーションがあれば、次男はそちらを見るでしょうから、いいかな。。。


タイムボカンシリーズとか、手塚 治虫作品とか、次男と私が同じ知識(?)を共有していることは、うれしいことです。
マンガは文化だと思います。









母は寝坊。。次男はシャキッ!! 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

2回目のアラームでベッドから這い出て居間に行くと、トレーニングウェアに着替えた次男が体操していました。

不格好な体操ですが、それでも、とにかく、一人でも体操している次男はエライ!!

お母さんは根性なしです。

体力の低下を感じるのは、録画してある映画を見ていると、後半のストーリーがわからないことです。
後半の1時間は、脳が眠ってしまっているのです。
体力、集中力がないのです。
トホホ(>_<)

親はいつまでも生きてはいません。
いつまでも元気ではありません。

次男くん、次男くんは気ずいていませんが、大変に幸運なチャンスをいただいたことに感謝してほしいです。










次男くん、ニコニコの顔で作業所に出勤しました。
今日も精一杯のがんばりを見せてください。
毎日の積み重ねが、きみの未来を拓きます。


障害者があたりまえに働けるニッポンへ
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

2010-4-24-デイサービス-今日のクッキーは特別においしいです。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

授業の後、ダダダダダッと階段を下りた次男を追いかけて1階に下りると、次男は私を見つけて、ふふん♪と笑いました。
先週の授業の後よりも落ち着いているように思いました。

もうマッサージは必要ないかも。。。。と思いましたが、念のため、きいてみました。
「次男くん、マッサージしようか?」

「はい。」次男はサッと靴下を脱いで細い足を投げ出しました。
少量のシアバターをつけてマッサージしてやると、気持ちよさそうでした。

次男くん、新しい課題はテンパッテしまいますが、嫌がらないで挑戦するところは見上げたものです。
テンパッテしまったら、お母さんが年季の入った圧迫マッサージをしますよ。



今日のオヤツ作りは、クッキーつくりです。





YUKAさんと次男がクッキー生地を丸めてボールにして、押しつぶして平たくしてクッキーに成型していきます。
次男が作るボールが大き過ぎます。


あちゃ、ちゃ。。。私は、急いで手を洗って、「見本」のボールを作って次男の目の前のお皿にのせて見せました。
次男はチャチャッとボールを指で押しつぶしました。


私が作ったボールをYUKAさんの目前のお皿に3つくらい置きました。
YUKAさんが、ボールにおもむろに指を伸ばした時に、次男の指がYUKAさんの指よりも早くボールを押しつぶしていきました。

次男くん、YUKAさんにイケズしました。

次男くん、女性に優しくするのがジェントルマンですよ。(ーー゛)
お母さんがよその子に優しくしたら、いやですか。





クッキー生地を焼いてくださったのは、YUKAママさんと指導員さんでした。
今日のクッキーは、特別においしいクッキーになりました。
コーヒーと一緒にいただきました。


PCに夢中だったイッペイくんもクッキーを食べました。
満足そうでした。

イッペイ君は、ハイタッチが大好きです。
何度も、何度も、次男にハイタッチを求めてきました。
次男はレゴブロックをしながら何度もイッペイくんとハイタッチをしていましたが、だんだんと顔にイライラが見えてきました。
最後のハイタッチで、次男はイッペイくんの手をギュッと掴んで「んんんんんー!!」と唸ってしまいました。
次男なりにキレたのでした。
指導員さんが、サッと次男とイッペイくんの間に座ってくださって一件落着しました。

次男もイッペイくんも言葉が少ないタイプです。
イッペイくんにしてみれば、「ハイタッチ」が唯一のコミュニケーション方法です。
それを繰り返し、繰り返し、次男に求めてくれるのは、微笑ましいし、ありがたいし、イッペイくんの気持ちがいじらしいです。

次男にしてみれば、初めはうれしかったけれど、繰り返し、繰り返しになると、「じゃませんといてくれよ。レゴをさせてくれよ。」ってな感じでしょうか。
「すまん。ハイタッチは終わりにしよ。」と言葉で言うことができたら良いわけです。

言葉がもう少しだけ使えたら、二人とも生活しやすくなるのですが。。。


次男くん、今日は特別に、「わかりやすい次男くん」でした。(~_~;)



2010-4-25-仲間つくり教室-開講式 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

市内の特別支援学校の体育館で、大阪養護教育振興会の「仲間つくり教室」の開講式がありました。


大阪養護教育振興会


市内の特別支援学校の卒業生が受講できます。
今期は、176名が参加するそうです。
毎月1回の割合で1講座は、2時間です。

音楽、創作、手工芸、生け花、体育等々。。。

特別支援学校の先生方が指導にあたってくださいます。
24名の先生方です。

次男は開講式の間、おとなしくしていましたが、退屈すれば、椅子の座面や自分のヒザに指で字を書いたりしていました。

受講内容や持ち物の説明の時は、プリントをめくってその箇所を探していました。

次男くん、上出来です。










特別支援学校の先生方も、若い先生方は、「イマドキ」ですね。
とても良いことだと思います。

2010-4-24-クリンもだん美術教室3:30クラス 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

洗浄、ヤスリかけが終わって、いよいよペンキを塗始めました。
受講生の目がランランとしています。












晴天なり 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今朝は、絵に描いたように晴れた気持ちの良い朝です。
こんな日に、次男とお出かけです。
ラッキーです。


大阪養護教育振興会の「仲間つくり教室」の開講式に行きます。
お式だけですから、先生方の講話、紹介だけですから、次男にとっては、ツマンナイといえば、それまでですが、こういうクギリになる場所、時間はとても大切だと思います。
また1年間、月に1回の割合で先生方のご指導を受けられます。
ありがたいです。m(__)m










2010-4-24-クリンもだん美術教室1:00クラス 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男は、ボランティアさんのご指導のもとで、ミシンの練習をしていました。
他の受講者もそれぞれの課題に熱心に取り組んでいました。

かまってほしい症候群の人がちょっと拗ねていましたけどね。(^_^)
かわいいね。





















クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス



クリンもだん美術教室:石井先生の別の仕事です。
才能あふれるアーティストに指導していただける受講者は幸運です。

ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
  

にこにこしているので。。。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男くん、なんだか、にこにこしています。

なにか感じているようです。
次男の自宅になるマンションの外観をインターネットのストリートビューからプリントアウトして見せてやりました。

マンションの規模は私達が今住んでいるマンションより小さいですが、なかなかかっこよく見えるマンションです。
次男くん、わかったか、わからないのか、わかりませんが、にこにこしています。
すでに5月の予定表を冷蔵庫の扉の貼ってありましたが、その予定表には、泊る場所を「○○区」と入力してありました。

ちょっと考えて。。。「実家のマンション名」「次男のマンション名」に代えてみました。

次男くん、鍵をもらえるのは30日だそうです。
また、ケアマネージャーさんと一緒に買い出しにに行きます。
シャンプーや調味料や、トイレットペーパーや細々としたものを揃える予定だそうです。
またしても、母は行きません。
ずっと行きません。


普通は息子の部屋を母親が掃除に行くそうですが、私は行きません。
次男とサポーターさんの間の絆は、もう何年間も、長くお世話になっている方は10年近くもつながっています。
そこには、私が知らない次男がいると思います。

そこには、私は立ち入らないほうが良いと思うのです。

もちろん、サポーターさんから、「ここは、お母さんにお願いします。」と言われたら、駆けつけます。






まだ、桃苑の桃が咲いています。


こちらは、順当に藤が咲いています。







次男のマンションに次男のノートPCを持たせます。

長男:「次男、たまには帰ってくるんやろ。」

母:「たまには、じゃなくて、毎週帰ってくるよ。施設に入所させるわけじゃないんだから。」

長男:「次男が週末に帰って来るなら、ここにもPCいるじゃん。」と長男が一言。。。


\(◎o◎)/!
お、お、お母さんが気がつかないでいるふりをしていたのに。。。
言葉に出して言いおった。。


PCは、2台ないと次男が長男にすぐに譲るもんなぁ。。。
(T_T)

ケンカにならないくらいに、次男が長男に気をつかうのです。

電化製品を揃えて。。。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

昨日の勤務の後、次男は大型の電気店に連れて行ってもらいました。
もちろん、次男には商品を選ぶことはできないので、ケアマネージャーにサポートしてもらいっぱなしです。

それで、テレビやテレビ台、掃除機、洗濯機等々を購入して、搬入日を指定してもらいました。

遅くまで次男の為に拘束してしまって、申し訳ないです。
帰宅した次男はルンルンの様子。


さて、次男はたくさんの家電品を見てまわって購入したことをどう理解しているのでしょう。
理解していないかもしれませんね。(~_~;)

だた、楽しかっただけかもしれません。

それでもいいです。
言葉に出して、「一人暮らしがしたい。。。」と言っていて独立してみたけれど、上手くいかなかった。。。。という話はたくさんあります。


家事能力は普段の生活から養われるものです。
口が達者であることだけでは、生活は成り立ちません。

ペラペラ無駄口(人を不愉快にさせる言葉)をたたく人よりも、支援者に気持ち良く助けてもらえる人の方がスムーズに生活できるように思います。



次男のように、言葉に出さない人は、全く成功の可能性がないか。。。と言うと、そうでもないように思います。
さて、どうでしょう。。。
実行してみて初めて見えてくる問題もあるでしょう。


やってみなくては、わかりません。
やってみなくては、永遠になぞのままです。



お母さんは、中古の冷蔵庫をくださるという人にメールで連絡しましょ。
(^O^)/















次男は、フリカケが大好きです。
大袋のフリカケを渡すと大盛りにかけてしまうので、お弁当用の小袋に入ったフリカケを使わせています。
それを、毎朝、「タラコ」「シャケ」「ノリタマ」と声に出して選んでいます。
それも楽しいようです。
毎日生活の中で、ニコニコできることがたくさんある次男です。

雨だけど、持って行ってくれるかな。。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今朝は雨です。
雨だけど、次男に事務所に持って行ってほしいものがあります。
次男の新居で使うひげそり用のT字型剃刀です。
自宅で使っているものと同型を買ってきました。
これだと慣れていますし、替刃も次男が自分で取り替えています。

もっとも、他のものでも同じような構造なのでしょう。
たまたま、それを買っただけで、他のものを買っていれば、それになったのだと思います。

新しいアンダーパンツ、シャツ、靴下も持って行ってもらいます。
でも、これからは、サポーターさんの判断でもっと「若者らしいもの」に挑戦してもらってもいいのです。

なにせ、オバサンはオバアサンになるのです。
次男には、次男に年齢の近いアドバイサー、サポーターが必要なのです。



知的障害者が年齢よりもかけ離れて老けて見えるのは残念です。
外見とは不釣り合いな可愛い格好をしているのも残念です。


次男のプールセットの腰巻タオルには、「くまのプーさん」の模様のものがあります。
あれは、お母さんがもらいましょう。(~_~;)
トドがプールに行く時に使います。

次男くんには、もっとカッコイイものを新しく買って持たせましょう。








お母さんが用意しても良いものは、 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男の新生活に備えて、買い物をしておかなくちゃ。。。。と思います。
日曜日に次男がデイサービスにいっている間に、私ひとりで、あるいは、長男にも手伝ってもらって、買い出しに行けばよかったのに、思考が停止してしまっていて、動けなかった。。。。。情けない母親です。


次男を連れていかなくても買えるもの、


アンダーシャツやアンダーパンツ、
靴下、
パジャマ、
ひげそり、ひげそり替刃


くらいなら、私が勝手に揃えて、次男に新居に持って行かせてもいいでしょう。

いままで使っているパジャマ、マグカップ等々はこれまで通り実家(私の住む家)に置いておきます。
当分は、あと15年くらいは、ここがベースキャンプですから。


洗濯洗剤、シャンプー等々は、重さもあるので、新居の近くで買い出しに行った方が良いように思う。
サポーターさんの負担になるのだけれど。。。







新聞記事メモ-ホームレスの障害者 「障害児の親として(10946)」

新聞記事メモ-2010-4-20-読売新聞-朝刊より
ホームレスの障害者






次男が地元の小学校に通っていたころ、小学校に送り迎え、授業に付き添いをしてわかったことがあった。

次男のように明らかに、知的障害があって、会話ができなくて、自閉症である。。。という障害児の他に、各クラス(40人)に3人くらいは、軽度の知的障害、ADD/ADHD(注意欠陥障害、注意欠陥多動性障害)、学習障害が疑われる子ども達がいた。

先生方はもちろん気が付いておられて、悩みつつ配慮をしておられたが、家庭での配慮がなかったり、対応が不適切であったようだ。

保護者に「障害が疑われる。。」と伝えてみてはどうか。。と言うと。。

「教師には、学校には、できません。逆上した保護者から訴えられます。」という答えだった。

そういう時代だった。
今はどうなのだろうか。


親の役目は、

能力が高い子は、より高く能力を伸ばし、その子らしく生活できるように、

能力が低い子は、支援を受けながらも、自分のベストを尽くしながら、なんとかその子らしく生活できるように、

段取することです。

卵をこがしっちゃったー再構築 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男くん、今朝は卵焼きを焦がしてしまいました。
あらら。。。(*_*)

でも、めげないですね、この人は。
こういうところがこの人の良いところです。

「今日も、ハンサムだねぇ。」と言ってやると、素直に「うん。」と言える厚かましさ。
これも救いです。









次男が独立したら、もう一度長男を鍛えなおさなくちゃ。。。
実家(私の家)に呼び戻す気はないけれど、次男がいない週日は、長男と今までよりもシッカリ向き合えるかもしれない。

親になる前は、子どもは3人くらいをポコポコポコと産んで、芋の子を洗うようにゴロゴロ転がすようにして育てたいと思っていたが、長男を産んですぐに、私は「芋の子を1個づつしか洗えない人」であると気がついた。

せめて、もう一人。。。と思って産んだ(授かった)次男は、自閉症で知的障害があった。
手間もエネルギーも時間もお金も尋常ではないほど必要だった。
その分、長男をなおざりにしてしまった。
次男の顔を週日は見ないことになったら、長男との関係を再構築しよう。
仕込み直さないといけない部分が大有りだから。



なんて可愛い歌でしょう。自閉症児本人が歌っています。
自閉症啓発・自閉児応援ソング

「ボクは元気な自閉っ子」


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。



もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」「私の兄」


いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

散髪してスッキリ

次男くん、昨日散髪をしてスッキリしました。
もともと頭の形が良いですから。。。。。おお!親バカ((+_+))
昨日のデイサービスから帰ってオッサンのようにリラックスしていました。



本人はまだ、事態が呑み込めていないと思います。
新居に荷物を運びいれて、「さぁ、今日からここにお泊りやで。。。」と言われて、「あ、そうなん。。」と思うのでしょう。
普段の旅行やお泊りキャンプくらいに思うかもしれません。
そのうち、「あら、月曜日から木曜日はこの部屋に泊るわけだぁ。。。」と思うでしょうか。
実家(母が住む家)は今までどおりに次男のベッド、机等々そのままに置いておきます。
引っ越しではなくて、実家以外にも「自宅を持つ」と思ってほしいです。









次男の独立案が具体化してから、なんとも表現できない緊張感があります。
独立に備えて何かをすべきなのか、敢えてしないで普段の連続として送りだすべきか。。。
わかりません。(?_?)


次男くん、独立しても月ー水は作業所で作業させていただきます。
作業の時間帯を変更していただくことになっています。
それでも、基本的なスケジュールはなにも変わりません。

次男の生活は、たくさんの施設、方々に支えていただいています。
どこか一カ所にすべてを任せてしまうことはできないです。
一カ所ですべてが担えるわけではないですし、一カ所にすべてを委託できるとしても、そうすると、次男の社会への間口が狭くなるような気がしていやです。
可能ならば、避けたいです。

ハナミズキも咲きだした。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

気持ちも良い朝です。
川沿いの遊歩道に植えてあるハナミズキが咲き始めました。

次男といっしょに居られる時間を大事にしたいです。













次男くん、散髪に行ってからデイサービスに行く予定です。

「かっこよく見えるように散髪してほしいです。」
って、理容院のマスターに注文してしまう親バカです。

2010-3-17-デイサービス

クリンもだん美術教室1:00クラスの授業中に、美術教室を受講していないデイサービスの利用者は、野外で指導員さんといっしょにキャッチボールをしていたようです。

美術教室を終えたYUKAさんと次男が1階に下りてきて、合流しました。簡単にクッキーとコーヒーでオヤツにして、また、今度はデイサービスの利用者全員と指導員さん達で公園に出かけて行きました。
次男はちゃんとキャッチボールできたのかな?????
運動の苦手なYUKAさんはブランコを楽しんだそうです。


今日はお天気が良くて、気持ちよく陽を浴びることができたようです。

------------------------

美術教室を終えた次男は、パタパタパタ~~~!!と大きな足音を立てて階段を下りてきました。ミシンの練習をしている間は真剣に取り組んでいるようです。授業が終わると”ワー!!終わった!!”となるのでしょう。

オヤツの後、顔と手と足を圧迫マッサージしました。
次男くん、よく頑張りました。(^-^)

2010-4-17-クリンもだん美術教室3:30クラス 「障害児の親として(10946)」

クリンもだん美術教室3:30クラスでは、「阪神高速道路の落下物を使ってアート作品を作る」に取り組んでいます。
高速道路会社からの依頼ということです。
展覧会の予定も決まっています。
楽しみです。












2010-4-17-クリンもだん美術教室1:00クラス 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男くん、ミシンで新しい縫い方に挑戦していたようです。

頑固な次男ですが、”この人が教えてくれるんだ。。”とわかると、会って日数の少ないボランティアさんともガップリ四つ相撲を取ることができるようです。
自閉症特有の「その場とは関係ない独り言」を言いながらですけどね。
でも、それでも充分だと思います。
次男は、独り言を言いながらでも手を止めないですから。



















クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス



クリンもだん美術教室:石井先生の別の仕事です。
才能あふれるアーティストに指導していただける受講者は幸運です。

ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
  

米SEC、ゴールドマン提訴=サブプライム詐欺で巨利の疑い-投資家、数千億円損失 「ニュース(231454)」

どういう結果になるかはわからないけれど、先の国民保険改革と、この金融改革とで、政権の本気度がわかる。

働かない貧乏人のためになんでこれまでよりも多くの税金を払わなくてはならないのか!!!

金を儲けて利益を得て、何が悪い!!!


と言う人達もたくさんいるはずだから、現政権がずっと支持されるか、どうか、はわからないけれど、ともかく、本気なのだ。



【ニューヨーク時事】米証券取引委員会(SEC)は16日、米金融大手ゴールドマン・サックスが、低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローンの焦げ付き問題に絡み、値下がりの予想されていた商品を投資家に売り付けることで巨額の利益を得ていたとして、証券詐欺の疑いでニューヨーク連邦地裁に提訴したと発表した。米メディアによると、投資家の損失は数十億ドル(数千億円)に上るという。
 歴代の財務長官を輩出するなど政界とのつながりが深い同社に対する提訴は、抜本的な金融改革に対する米政権の決意の表れと言えそうだ。金融危機からの再起を目指すウォール街(米金融街)にとって、規制強化は業績の足かせ要因となるのは必至だ。


振り返って、日本の政権の本気度は、どこに見えますか??? 

参議院選に擁立するという候補者の名前を聞いてあきれるばかり。。。

独立準備始まる 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男の独立準備が始まっています。

ケアマネージャーさんが、事務所のすぐ近くのマンションの一室を押さえてくださいました。
次男の貯蓄から、
礼金
5月分家賃
共益費
保険料
賃貸補償料
仲介手数料
消費税

合計 389,050円 を支払いました。
礼金が大きいです。

このために次男の就労収入や年金を貯蓄してきたので、目的通りに使えることが嬉しいです。
もちろん、次男は、身体介助、移動介助をめいっぱいに使って生活をしてくことになります。
次男は、金銭的にはカツカツですが、愛情や援助については、めいっぱいぜいたくに暮らしてきました。
それ以外の部分は、ふだんから、ぜいたくな生活はしていないです。
それで充分です。
これからも、こういうスタイルで生活させてやりたいです。

サポーター、ケアマネージャーには、中学生からずっとお世話になっています。
ずっと、育てていただいています。
これからもお世話になります。
本当にありがたいです。


これから家財道具の準備になります。
次男の貯蓄で用意できます。

家から持っていけるのは、次男のノートパソコンとバランスボールくらいです。
それ以外のものは、新たに用意しなければなりません。
週末は私の家に帰ってくるので、私が死ぬまでは、二重生活になるわけです。

私は今年の誕生日で50歳になります。
あと、25年生きる。。。と仮に決めて、あと15年くらいが勝負でしょうか。
あとは、私は役に立たないかもしれません。

次男は私の死後、25年生きると仮に決めて、母が役に立たなくなってからの10年も含めて35年間を、めいっぱいの援助を受けながらも、次男なりに精一杯の仕事をさせてもらいながら、気持ちよく生活していけるように、準備しなければなりません。


と言っても、私はなにもしないのです。

次男の独立は、ケアマネージャー、サポーターと次男の信頼関係の中で成り立ちます。
部屋も家財道具も次男とサポーターが使い勝手が良いもの、気に入ってくれたものが良いのだと思います。

私が顔を出すと、次男は私の意向を探ろうとします。
それを避けたいです。

いよいよ「次男の生活」が始まります。
初めから、上手く順調に波に乗って風に乗って行けるはずもなく、いろいろな失敗や試行錯誤が続くと思います。
それでも、なんでも、挑戦してみなくては何も始まりません。

ただ、ただ、サポーターさん達の次男への愛情に感謝しています。
これまでも、これからも、次男の人生は幸運で幸福です。

次男の生活をしっかりさせることが、長男の幸福につながると思います。
障害のある弟の存在が、長男の生活に負担にならないはずはないのですが、その大小は変わってきます。











施設から街中へ。。。という耳に心地よいスローガンがありますが、実際には厳しいものがあります。グループホームは、利用者の判定が重度の人でなくては、成り立たないと思われます。かと言って、本当に重度であれば、グループホーム、ケアホームは成り立たないでしょう。では、一体どうやって親亡き後に備えればよいのか、次男の独立で、現在の自立支援法、その後の新法が本当に役目をはたしてくれるのかを見ることができると思います。

精一杯にがんばれば、なんとかなるかも。。。。という希望をもてなければ、生きていく力がわいてきません。

新緑-イチョウの芽吹き色 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男に良い風が吹いてきます。
次男はほんとに運が良いです。
人に恵まれています。
次男を助けてくれる人がたくさんいます。

幸運はお金では買えません。
もともとお金はないけど、もしお金があっても買えません。

良い風に乗せてやりたいです。
次男くん、良い風に乗って、ちゃんと頑張ってほしいです。


公園のイチョウが新芽を芽吹かせています。
公園が桜色から新緑に変わりつつあります。
それでも、まだ、桃苑の桃の花がシブトク咲いています。
今年は冷え込みが戻ったので長く咲いているのですね。
それにして、長く咲いているものですよね。











ウグイス

そろそろシーズン終了です。

ケキョ、ケキョ、ケキョ、ケキョ。ホケキョ。。。

と鳴いています。

夏になるとそういう鳴き声は聞こえません。

だから、もう、そろそろ、聴き納めです。

良い風 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男に良い風が吹いている。

本当にありがたいことに、次男にはいつも良い風が吹いているけれど、特に良い風が吹いて来ている。

この風に乗せてやりたい。

卵が焦げちゃった。こわれちゃった。

次男くん、今朝もニコニコで体調もよさそうです。





今朝の卵はまとまらなくて焦げちゃいましたけどね。(>_<)

それでも次男はゴキゲンの様子です。



プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR