2010-1-30-クリンもだん美術教室3:30クラス 「障害児の親として(10946)」

エネルギーの表出の仕方はそれぞれにスタイルがあるのだと思います。


知的障害があろうと、自閉症であろうと、エコラリアであろうと発語のある人の方が、卵の殻を自らのクチバシで割って出てくるヒヨコのような”目に見えやすい”エネルギーを持っているように思えて、楽しみに思えてきます。


エネルギーの表出方法を変換できたらいいのに。。。と思います。
























クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス







***2010年1月29日(金)-3月5日(金)
生野区役所展覧会

会場:生野区役所ロビー



****2010年4月2日(金)
KURIN MODERN in Takatsuki One day Exhibition
世界自閉症啓発デー   高槻市役所(大阪府)




クリンもだん美術教室:石井先生の別の仕事です。
ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2010-1-30-クリンもだん美術教室1:00クラス 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今日は、にぎやかな感じの教室でした。
人が多いと教室がせまく感じますが、本当は、広い教室です。
クリンもだん美術教室は、とても恵まれています。















エネルギーの表出の仕方はそれぞれにスタイルがあるのだと思います。

次男は「おとなしい」と言われることが多い人です。
幼少期からそうでした。
ウンともスンとも言わないで、「指さし」を一回もすることなく、一日が終わってしまうことが多い人でした。
だから、自閉症に多い「癇癪」というのがほとんどありませんでした。
一度だけ、小学校低学年のときに、黄色い通学帽子の頂点についていたボタンが取れてしまった時に、学校の教室の床の仰向けに倒れて大泣きしていたことがありました。

そんな感じの人だったので、本当に、一生、名前を呼ばれても返事しないままに年をとって老人になってしまって、死んでしまうのかもしれない。。。と思っていました。

いまだに、次男の発語量は極端に少ないので、声変わりを完了しましたが、男性としては可愛い声のままです。


では、次男がエネルギーを持たないのか。。。と言うと、そうではないのです。
次男の根気、集中力は、大したものだと思います。






次男に合った方法、場所で、次男の強さを引き出してやりたいです。



クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス







***2010年1月29日(金)-3月5日(金)
生野区役所展覧会

会場:生野区役所ロビー



****2010年4月2日(金)
KURIN MODERN in Takatsuki One day Exhibition
世界自閉症啓発デー   高槻市役所(大阪府)




クリンもだん美術教室:石井先生の別の仕事です。
ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村



2010-1-30-デイサービス 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

さて、美術教室の後は、デイサービスの再合流しました。

今日のオヤツ作りは、フルーツミックスジュースとクッキーです。
材料の買い出しは、指導員さんと土曜日の美術教室には参加しないENO君が行きました。

知的障害者、自閉症者は、圧倒的に男性が多いです。
指導員さんが男性だととてもラッキーです。

でもラッキーは少ないからラッキーなのです。
女性の指導員さん、スタッフさんに安心して関わってもらえる次男になってほしいです。


デイサービスクリンもだん
















「2010-1-31-仲間つくり教室「お楽しみ会」 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男はデイサービスで昼食をいただいた後、大阪養護教育振興会「仲間つくり教室」に行きました。
プログラムは、「お楽しみ会」です。



大阪養護教育振興会「仲間つくり教室」



帰宅した次男はビンゴゲームでいただいた景品を見せてくれました
ジャジャーン!!
仮面ライダーW。。。。だそうです。
ごめん、お母さんはRXくらいまでしか知りません。。。(~_~;)
片手を上げさせて、ボタンを押すとなんとも言えない効果音?がします。




次男はとてもうれしそうに見せてくれました。
次男はほとんど話せないけれど、毎回、嬉々として出かけていくのは、「仲間つくり教室」の担当の先生方が心を砕いてくださっているからだと思います。




写真を1枚いただいてきました。
「これは、何の写真?」と訊くと、「成人式」と答えました。

「ああ、そうなの。。」と答えましたが、どう見ても、写っている人達の中には、何年も前に成人式を終えた人もいるのです。

???????

たぶん次男の所属するH組のメンバーなのだと思います。
次男が写っていないのは、たぶん、写真撮影の時に次男が遅れたのでしょう。
次男はデイサービスから「仲間つくり教室」に地下鉄とJRを使って移動したので、少し遅れたのかもしれません。

次男は、この写真を大事そうに、写真アルバムに収納していました。
写真をいただけてよかったです。
次男は一人も名前を覚えられないですが、写真の顔を見てそれだけでうれしいのだと思います。
次男は言葉で記憶出来ない人なので、目で確かめられる「写真」はとてもありがたいです。
次男は、時々、一人で写真アルバムを開いて眺めていることがあります。
言葉では、なにも言えないけれど、なにか思っているのかもしれません。


今夜の夕食は、グラタンです。
材料を切ったり、炒めたりは次男がしてくれました。
材料の分量を判断することが、次男には難しいです。








今日も、小学生のように、8:00には熟睡していた次男です。
小学生でも8:00に寝ている人は珍しいかもしれませんね。(~_~;)

兄ちゃんがいる日曜日の朝 「障害児・者の兄弟、姉妹(145)」

昨夜も長男が泊りました。
熱が37.7cですと。。。。
金曜日の夜から不調なので、受診しないままで回復するでしょう。
長男も、次男も、病院にはあまり縁がないのは同じですね。
ま、よほど重症であれば、休日救急病院へ行かねばならないわけですから、ありがたい範疇でしょう。

3人で住んでいた家ですが、2人で住むようになったら、たまに3人になると、家が狭いです。
(~_~;)
人は、良くも悪くも環境に順応するのですね。

次男は普段は、3時か4時には起きていて、自分の時間を過ごしています。
ご飯を炊いたり、お茶を沸かしたり、洗濯したり、洗濯物をたたんだり、TVを見たり、新聞を眺めていたり。。。。
次男くん、長男の様子をうかがって、自室からでてきません。
電灯もつけません。

次男くん、ウォーキングもDVDも行かないと、シャワーの時間は長いです。
目が覚めないのでしょうね。

長男がシャワーしている間に掃除機をかけて、洗濯物を干して、窓や玄関ドアの結露を拭きとって、ようやくエンジンがかかった私達です。


知的障害者は、動かなあきまへん。(ーー゛)
動いてなんぼ!でっせ。

知的障害者の親は、子を動かさないとあきまへん。
親は先に死ぬのだから。
動かしてなんぼ!でっせ。

兄ちゃん、はよ、元気になりなはれ!






長男、風邪でダウン 「障害児・者の兄弟、姉妹(145)」

水、金、土曜日は、朝食も食べにくる長男です。

土、日曜日は、夕食も食べに来ます。

長男の背中を蹴って思いっきり遠くへ追い出したつもりだったのに、同じ町内のワンルームマンションを借りていた長男です。

アホ! ((+_+))

その長男が、電話をかけてきて、「お粥作っといて~~~~(@_@;)」

「お、家に来てから作りまひょ。(ーー゛)」 お粥と言わず、卵入り雑炊にしましたわ。

「雑炊を食べたら身体があったかいうちに自宅に帰ってグッスリ眠ったらいいよ。」とけん制したのですが、薬を飲んで泊っちまいましたわ。(ーー゛)

とても、「独立した。」とは言えない長男です。(ーー゛)アジャジャ。


次男は、いつも超早起きをして寝転んでTVを見たり、新聞や本を眺めている場所に長男が寝ているので、起きてきて電灯をつけるわけにもいかないので、我慢、我慢でベッドで寝ていたと思います。

いつもなら次男が起きている時刻に、居間の様子を見に行くと、長男はグピー、スピーと寝息を立ててミノ虫のようにくの字になって寝ていて、次男の部屋を覗くと、こちらはとても行儀よく棺桶の中の人のように寝ていた。

死んでいるのではないか。。。と心配になって様子をうかがったら、息をしていたので安心した。

修行のようですな、次男くん。
ま、こういう経験も必要ですわな。
次男は長男に目に見える形で気を使います。
長男は、「気を使うっちゅうことがあるのか、きみは!!」という形で気を使います。


今朝は、ウォーキングなし、DVDでエクソサイズもなし、掃除機をかけるのもなし。
7:00まで3人とも静かに寝ていました。


7:00から順番にシャワーしてやっと動き出した我が家です。

兄ちゃん、風邪治ったら散髪に行け!!(ーー゛)見苦しい













次男は、今朝もデイサービスに出かけました。
「今日は美術教室があるから、カメラを持って見に行くね。」と言うと、「うん!」と大きく返事してから出かけました。

「新しい靴」で 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今朝は、次男と二人でウォーキングに行ってきました。

次男は、昨日、今日と事務所勤務です。
昨日は、事務所勤務の給与からオコズカイを引き出しました。
そのうちから早速に、予算5000円で新しい運動靴を買いに行きました。
もちろん、スタッフさんのひとりに支援していただいたわけです。

もしかしたら、同じお店で、同じデザイン、同じサイズの靴を買うことなら、次男ひとりでもできるかもしれません。
でも、それでは、もったいないと思うのです。
できたら、”こんどはどんな色にしようかなぁ。。。”って迷ってもらいたい。

母親の私といっしょに行くと、次男は私の顏色を読んで、「母の選んだ靴」を、「次男の選んだ靴」と思ってしまうと感じています。
それはもったいないです。

それに、靴は、メーカーが違うと、微妙にサイズに差異があります。
靴を試し履きした次男の足元を見て、”あれ!?次男くん、ちょっとサイズがきついのと違うかなぁ。。。”って言ってもらえる人といっしょにいくことがどんなに助けになることか。

そして、靴の値段は幅が大きいですよね。
とても素敵なウォーキングシューズなんて何万円もします。
次男がこれにする。。。と高価な靴を選んだ時は、「次男くん、これは予算がオーバーだよ。」と次男にとって適価の靴のならぶ棚に誘導してくれる人といっしょに買い物に行ってほしいです。


今回も、かっこいい靴が買えました。
ありがとうございました。

白が基調のかっこいい靴です。 




ウォーキングに行くのは、古い靴の方がいいかな。。。と思いました。
古い靴の方が、足になじんでいると思うのです。
そこで、次男に、「ウォーキングに行くのは、古い靴で行こうか。」と声をかけました。
次男は、新しい靴を指差して、「新しい靴!!」と嬉しそうに返事をしました。
そっかぁ。。。。気に入っているようです。(^v^)







親以外の人の時間と手間と愛情をいただくたびに、次男の世界が広がります。
できるだけ、次男の“世間”を広くしてやりたいです。
できるだけ多くの人に声をかけてもらえる次男になってほしいです。

今日も、次男なりに懸命に働いていてほしいです。

福祉ネットワーク「うちの子どもは世界一 ぼくと音楽のたのしい関係」 「障害児の親として(10946)」

昨夜、(1/27)NHK教育TV、8:00-8:29

再放送:2月3日(水)午後1:20-49

福祉ネットワーク「うちの子どもは世界一 ぼくと音楽のたのしい関係」

を見ました。

内容:障害のある人との向き合い方について中学生とともに考える公開収録シリーズの第3回。
東京都世田谷区の小柳拓人さん(16歳)は自閉症で、落ち着きがなく集団行動や家族とのコミュニケーションがなかなかうまくいかなかった。5歳で、母親が音楽教室のグループレッスンに通わせると通常、子どもたちが苦手とする「同じことを反復練習する」などといったことがピタリとはまり、みるみる上達。「その子の欠点だと思っていたことが、見方を変えれば長所になる」と、母親が気付いた瞬間だった。中学に進むと、拓人さんはブラスバンドでフルートも始め、周囲の音を聞いて合わせるなどの経験を重ね、場面に応じた行動をすることを次第に身につけていく。
拓人さんの日常を紹介しながら、同世代の若者たちが自閉症や発達障害について正しく理解し、一人一人の個性を大切に生きるということを考える。



どこのお母さんもいっしょだなぁ。。。と思いました。



なんでもいいから、次男といっしょに何かをしてやりたくて、電子オルガンを買ってみたけれど、次男は食いついてこなくて、教室も見つからなくて、私も弾けなくて。。。
それじゃ、音楽ではなくて、絵はどうかと、書画教室を見つけて、生徒が増えると居場所がなくなって、別の美術教室に移って、先生の体調が悪くなると、今のクリンモダン美術教室を見つけて。。。。

「一緒に書く、描く」から「見に行って写真を撮る」にかわって行ったけれど、今もまだ、「一緒にしている」気分です。

上手く描けなくても、いいのです。
ともかく一緒にしてやりたいです。


番組には、木下航志氏が出演されていて、コメントと1曲を披露されていた。
私は、小学生のころの彼のストリートライブの映像を見て以来だったので、「ああ、大きくなってる。。。」と胸が熱くなった。



木下航志:(きした こうし、Kohshi Kishita、1989年5月8日 - )は全盲の日本のミュージシャン。鹿児島県薩摩川内市出身。幼い頃に未熟児網膜症で視力を失った。「和製スティービー・ワンダー」とも呼ばれる。




なんて可愛い歌でしょう。自閉症児本人が歌っています。
自閉症啓発・自閉児応援ソング

「ボクは元気な自閉っ子」

雨の木曜日はノンビリ気分 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

木曜日はウォーキングに行く日ですが、雨なので室内でエクソサイズです。
ヨロヨロでも、オタオタでも継続するとそれなりに力になります。

母と子で、いっしょにやれることがあるのは、うれしいことです。

それが洗濯物干しでも、食器洗いでも、ゴミ出しでも、窓ふきでも、なんでも良いのだと思います。














なんて可愛い歌でしょう。自閉症児本人が歌っています。
自閉症啓発・自閉児応援ソング

「ボクは元気な自閉っ子」


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。



もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」「私の兄」


いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

母親にも有効期限がある 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

寒くても、寒くても、この人のニコニコに救われる。
母が寝室から出てくるのが遅くても、気にしていないようだ。
自分の体内時計に従って一日の日課を始めている。
次男は、アラームを鳴らして起きるのではない。


母には、真似できない。
母は、アラームが鳴らないと起きられない。

しかし、寒い。

母は、先週から左の肩、アゴ、耳の下が痛いです。
ひょっとして、五十肩?(T_T)

母、有効期間が切れかかっているのか。。。。
気持ちが焦る。

息子達の役に立ってやれるのはいつまでだろうか。

生きててくれればいいと言うけれど、それだれじゃなくて、何かこう。。。後押ししてやれるような親でいられるのはいつまでだろうか。








<てんかん>防止のたんぱく質を特定 日米のチームが 「障害児の親として(10946)」





<てんかん>防止のたんぱく質を特定 日米のチームが


フェニルケトン尿症のように、新生児期のマス・スクリーニングによって早期発見できるようなって、食事療法などで治療できるようになるとよいですね。

「半分づつ」は大事なことです。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男は毎朝ご飯の用意をしてくれます。
お味噌汁を作ってくれて、お椀によそってくれます。
自分にはネギ入り卵焼きを作ります。
私は、卵焼きはいらないです。
煮豆やイワシの桜干しを添えます。

今朝は、煮豆が少ししか残っていませんでした。
いつもなら一つの器に盛っているくらいの量です。
次男は、それを半分づつにして、次男の器と母の器に分けて盛りました。


あら!?次男くん、学習しましたね。(^-^)


親と子どもならば、1つしかないものであれば、子にあげてしまうことが多いのですが、それではいけない。。。と気がついたのです。
次男は、親以外の人といる時が多くあるわけです。

次男は、充分に年齢も身体も大きくなっていますから、「かわいい、かわいい次男だから、次男くんだけにあげるね。」という場面はもうないわけです。

だから、次男だけに何かをあげる、用意するのはよくないかな。。。と思ってやめました。











なんて可愛い歌でしょう。自閉症児本人が歌っています。
自閉症啓発・自閉児応援ソング

「ボクは元気な自閉っ子」


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。



もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」「私の兄」


いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!

My Boy in Wonderland--新しいテンプレート- 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

本体ブログの大家さんのジョニーさんが、ブログのテンプレートをあたらしくしてくださいました。

私が不慣れで、一度投稿した後に、編集しようとすると更新がうまくいかなかったりしますが、日数が経ると私がコツを掴むかもしれません。


2010年は、次男の可能性が広がる年になるかもしれません。
なってほしいです。

「青空とブランコ」のテンプレートが期待を象徴しています。

My Boy in Wonderland

間に合ってほしい。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

同年代の子を持つ親は、やはり同年代であることが多い。
次男と同年代の自閉症で知的障害もある人の母親が亡くなったと聞けば、次は私かもしれない。。。と思う。

死ななくても、ボケル前に、次男の「親亡き後の暮らし方」を設定、実行しておかなければならない。
たまに、「兄弟姉妹がいるから大丈夫。」と言う親もあるけれど、なにが大丈夫なのかわからない。
共倒れ。。。ということもあるだろう。

間に合ってほしい。。。

そんなことを考えながら眠りにつけば、翌朝は頭が重い。
なにか夢をみたのだろうけれど、内容は思いだせない。

グググッと丸くなった背中を、ムリムリに伸ばして居間に行けば、もちろん次男はすでに起きていて、DVDを再生している。
思い悩むよりも、まずは、今朝の時間を大切にしなければ何も始まらない。。。と気がついて今日が始まった。













次男はデイサービスへ、 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男は今朝もきげんよくデイサービスに出かけました。
母は今日は休憩の日です。
TVニュースを見ながらボーッとする予定です。
こういう時間を持てるのは幸運です。

社会の変動に大きく影響を受ける障害者の親ですから、政局にはとても興味があります。
社会が安定しなければ、親亡きあと、次男は生きていけません。
生きて行く場所がありません。



子どもに知的障害があれば、自閉症であれば、子どもが、学齢期を終えたから、成人したから、ラクになるとは限りません。
身体が大きくなったから、不都合が大きくなる場合もあります。

次男は場所にも人にも恵まれているので、毎日ニコニコしてくれます。
ありがたいです。
この幸運が明日も続いてほしいです。

















地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス

NHK教育TV-心の時代~宗教・人生『光明をさがして』 「障害児の親として(10946)」

あら!残念!!TV放映見逃したけど-再放送あるらしいです。


午前 5:00~6:00 1月24日(日)教育テレビ
午後 2:00~3:00 2月1日(月)教育テレビ
午後 0:00~1:00

心の時代~宗教・人生『光明をさがして』

出演/書家 金澤泰子
ききて/山田誠浩アナウンサー

さっそく2月1日の予約録画をセットしようとしたら、うちのHDDは1週間前からしか予約できません。
2月1日の予約録画はできませんでした。

あらら、忘れることが多いので、明日まで覚えていて、予約録画できるでしょうか。
自信がないわぁ。(ーー゛)

2010-1-23-クリンもだん美術教室3:30クラス 「障害児と生きる日常(58953)」

クリンもだん美術教室の受講者は、障害のある人もいるし、障害のない人もいます。
最初から作業に集中できたり、お行儀が良い人もいますが、そうじゃない人もいます。

さて、うまく取り組めなかったらどうなるのか。。。。
うまく取り組めるように、先生方、ボランティアのお兄さん達、お姉さん達が工夫を重ねてくださいます。

他の受講者に迷惑をかけたらどうなるのか。。。。
叱られます。
しっかり叱られます。

叱ってもらえるってありがたいですよ。
安心して叱ってもらっていいですよ。

障害者アートは、特殊な才能のある障害者の、特殊な取り組みではないと思います。


アートは、最高の教育スキルだと思います。
たくさんの場所で、たくさんの人が取り組んでくれたらいいのに。。。と思います。



障害児を叱るなんて、可哀そうだわ。。。なんて思ってはいけません。
しっかり対峙しましょう。

叱られて、逆キレしてしまう障害児やただ単に性格の悪い子もいます。
大人は、”パニックおこされては困るから、もういいやぁ。。。”なんて思ってはダメだと思います。
可哀そうなのは、ごまかしてしまうことです。
どんなに可愛い子も年齢を経て、オッサン、オバサンになるのです。
幼いころに対峙しなくては、大きな後悔を作ることになると思います。
これは、私個人の想いです。

言責はとりません。


























クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス







***2010年1月29日(金)-3月5日(金)
生野区役所展覧会

会場:生野区役所ロビー



****2010年4月2日(金)
KURIN MODERN in Takatsuki One day Exhibition
世界自閉症啓発デー   高槻市役所(大阪府)




クリンもだん美術教室:石井先生の別の仕事です。
ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村



2010-1-23-クリンもだんデイサービス 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今日の利用者は3人です。
でも、一人はPCで持参したDVDを見ることに夢中なので、オヤツ作りに参加するのは2人です。
食べるのはみんなで食べますよ。









ココアカステラ、コーヒーカステラ、どちらも上手に焼けました。
コーヒー、ココア、お好みの飲み物といっしょにいただきました。
満足。満足。

次男のクールダウンはレゴブロックです。(^-^)







地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス


2010-1-23-クリンもだん美術教室1:00クラス 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今日は、カメラを忘れずにもってきました。


教室のドアを開けたら、次男が振り向いてニタリ!。。。としました。










きみ、後ろ姿がかっこいいねぇ。。(^.^)



クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス







***2010年1月29日(金)-3月5日(金)
生野区役所展覧会

会場:生野区役所ロビー



****2010年4月2日(金)
KURIN MODERN in Takatsuki One day Exhibition
世界自閉症啓発デー   高槻市役所(大阪府)




クリンもだん美術教室:石井先生の別の仕事です。
ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村



卵がコゲコゲ 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男くん、今朝もニコニコです。

昨夜も寝息をたてて眠っていました。
母は帰宅すると、次男に「ただいま!」と挨拶して、顔を見て、連絡帳を読みます。
連絡帳の内容をネタに、声をかけると、返事をしてくれたり、返事ができなかったりします。

成人しても連絡帳が欠かせないのは、言葉がいかに不自由かということです。


次男が、毎日、大きな問題なく生活できるのは、次男の運の良さです。
次男が歩いている様子を見た人が言うには、フフン♪フフン♪と鼻歌を歌うように、スキップするように歩いているそうです。
次男にとって良い場所、良い支援者に囲まれているので、次男はいつもルンルンです。

今朝も次男はルンルンです。

卵焼きがコゲコゲになってもルンルンです。











なんて可愛い歌でしょう。自閉症児本人が歌っています。
自閉症啓発・自閉児応援ソング

「ボクは元気な自閉っ子」


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。



もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」「私の兄」


いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


ウルトラマンスタイル 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今朝はウォーキングに行きました。
簡単な準備運動をして、まずはポーズ!!
今朝はウルトラマンスタイルです。



車いすが段差を超える時にしっかりお手伝いできるように、急ぎの御使いにタッタと走っていけるように、PC入力作業に集中できるように、お役に立つ身体を維持しましょう。

できないことがいっぱいある次男くん。
できることもいっぱいあるよ、次男くん。

健康に生まれたのだから、健康でいましょうね、次男くん。
親バカが言うのですから信憑性は薄いですが、次男のお尻はかっこいいです!!
背中の筋肉も普通くらいにシッカリしています。
(~_~;)





今朝は雨です 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今朝も早起きしましたが、雨ですので、ウォーキングはお休みです。
事務所勤務の木曜日なので、ウォーキングに行かないと、少し時間が余ってノンビリ気分です。

昨夜の次男はとても上機嫌でうれしそうに鼻歌を歌いながら眠りました。
ベッドのシーツをピン!と張り直したり、お人形を並べ直したり、ふざけてベッドから落ちてみたり楽しそうでした。

なんで特別に楽しいのか。。。わかりませんが、ともかく、ニコニコならいいことでしょう。

次男の体重:朝食をしっかり食べて、カフェオレも飲んで、着衣で73.0kg
現状維持ですな。。。













本当は、ホッとしている 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

昨日、次男の友達のM田くんからメールがあった。


「23日のことですが、K頭くんと相談したのですが、m(__)m 次男くんを誘うのは、また今度にしたいのですが、いいでしょうか。m(__)m」



私は、「いいですよ。また、今度ね。」と返信した。


新年会に来てくれた養護学校(現:特別支援学校)の同級生が、次男をカラオケに行こう。。。と誘ってくれていたのだ。

次男には、こういうこともあろうかと、日時を伝えていなくて正解だった。
ただ、「次男くん、M田くんやK頭くん達がカラオケに行こうって誘ってくれたら、行く?」と訊いたら、「はい!」と返事したので、「そうだね。行けたらいいね。」と言っておいたので、このままで良いと思う。


今度のカラオケの場所は、遠方で、次男はもちろん私も一度も行ったことがない場所だったので、ちょっと不安だった。
お友達は、我が家の近くの駅まで迎えに行くからと言ってくれて、「OK!」と言っていたのだけれど。。。

お友達も良く考えて、次男には移動時間も考えるとちょっと「しんどい」かなぁぁ。。。と思ったのだろう。


残念な気もするけれど、本当は、ホッとしている母です。

それでも、いつも、気にかけてくれて、ありがたいです。
心から、「ありがとうございます。」m(__)m


次男は、今朝もニコニコで作業所にでかけました。


これもまた、ありがたいことです。














障害者があたりまえに働けるニッポンへ
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

今朝もニコニコ、てんこ盛り 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男は今朝もニコニコです。

お鍋いっぱいの麦茶を沸かして、ごはん、お味噌汁、卵焼き、煮豆(市販品)をよそってくれます。








お味噌汁をよそってくれているときに、「今朝も上手にできた?」と訊いてみると、「ウフフッ」と声を出して笑いました。
お椀からワカメを盛り上げてよそってくれました。






降水確率は0%なのに、傘をもっていきました。
ま、本人が納得するなら、それでもいいです。(~_~;)


作業所へ行くのは楽しみなようです。
地下鉄に乗るのも好きなのかもしれません。
次男が乗り降りする駅にはすべて年賀状を兼ねて”手配書”を送りました。
何ごともなく、何ごともなく、通ってほしいです。


蓮舫「元々日本人じゃない」 平沼発言に批判集中 「ニュース(231454)」

それを言ってはおしまいだ。

良識ある人の発言ではないと思う。

蓮舫「元々日本人じゃない」 平沼発言に批判集中

えびす様 「障害児の親として(10946)」

昨日、次男が大阪養護教育振興会の「仲間つくり教室」に参加させていただいて、冊子「育誠」をいただいてきた。
No435号に「十日えびす」という題の文章があって、恵比寿様のことが書かれてあった。



日本で最初の障害のある子どもだった恵比寿様
海に流された恵比寿様
無事に陸地に辿りつき、そこで大切に育てられた恵比寿様
海の神、商売の神になった恵比寿様


福助さん。
仙台四郎さん。

近江学園を設立し、「この子らを世の光に」と言われた糸賀一雄氏


同じところに原点があるのだと思う。

手塚治虫氏の「どろろ」とも重なって胸をつかれる想いがする。

今朝もニコニコで 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男は、今朝もニコニコで出かけました。
今週もニコニコで過ごすことができたらいいなぁ。。と思います。


この人がニコニコで生活できるように、親が気持ちを砕くことが第一ですが、この人がニコニコで生活できる社会はきっとマトモな社会なのだと思います。・










障害者があたりまえに働けるニッポンへ
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

今年の目標 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男が小さな色紙に「今年の目標」を書いてきました。
「仲間つくり教室」で書いてきたのです。



実物は次男の署名もあります。
次男がこの目標を意味がわかって書いたのか。。。。わかってないと思います。
貯金をする。。は、とても理解しにくいことだと思います。



色紙を壁にかけました。
良い一年になって、貯金ができて、独立に備えることができたらいいなぁ。。。と思います。


次男は、帰宅すると教育TVやディズニーのウエブサイトにアクセスしていました。
易しいゲームや塗り絵をして「クールダウン」していました。
次男にとって、たくさんの人が集まる場所は、ちょっと「しんどい」のです。

ちょっと「しんどい」は、挑戦させてみる価値があると思います。
クッキーとカフェオレでホッ。。。としたようです。








4月新学期からは、「仲間つくり教室」の会場がかわるそうです。
今まで行ったことない施設で、我が家からは遠くなります。
次男を送って行って、教室が終わるのを待っていて、いっしょに帰ってくることになります。
地下鉄で2回乗り換えがあります。

それでも来年度も申し込むと思います。
とても良い企画ですから。



2010-1-16-デイサービス 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今日は、美術教室は休講です。
そこで、午後からは、

****2010年1月12日(火)-1月17日(日)
Potential Energy
クリンもだん美術教室xすずかけ絵画クラブ

会場:海岸通ギャラリーCASO

にお出かけしたそうです。


センターに帰ってきて、コーヒーとオヤツをいただいて、リラックスの次男です。




地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス



***2010年1月29日(金)-3月5日(金)
生野区役所展覧会

会場:生野区役所ロビー

朝食後、73.5kg 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男くん、朝食をシッカリ食べます。
とても良いことだと思います。

朝食後の体重を測ったら、73.5kgでした。
恐るべし。。。
(ーー゛)


朝食後が本当の体重ですね。

えらいこっちゃ!えらいこっちゃ!












次男は、今日は、大阪養護教育振興会の「仲間つくり教室」に行きます。
プログラムは、「新成人を祝う会」 です。

新成人の皆さんは、スーツやワンピースで来られると思います。
一人、一人名前を呼んでいただいて紹介していただいて、晴れがましい様子だと思います。

参加者に、お昼ご飯のお弁当が出て、ミニコンサートか、なにか、催しがあると思います。

今日は、デイサービスもありますが、いつも「間口を広く」を意識しているので、今日は、「仲間つくり教室」へ行かせます。

今日のデイサービスの昼食は、「ペペロンチーノ」で次男の大好物なんですけどね。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR