長男にカンパ 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

昨夜、長男にカンパした。


毎夏恒例の東北キャンプへ参加する資金を次男から借りることができないか。。。と長男は思っていた。。

確かに次男の貯蓄はある。
結構増えている。

が、6月からは、事務所勤務を2日に減らして作業所勤務を3日にしたので収入が減ったのだ。
第一、カードを作っていないので、本人が銀行の窓口に行って引き出さねばならない。

次男は、「おかしいなぁ。。」と思うだろう。


僕の今月のおこずかいはもう、もらったぞぅぅぅ。。。と思うだろう。


次男に理解できないことはさせるべきではない。

で、私の予算から長男にカンパしたわけだ。。(>_<)


長男は、あまりものをほしがらない。
誕生日のプレゼントもリクエストしない。

ま、されても困るのだけれど。。。。。(ーー;)







スポンサーサイト

随筆集「洟をたらした神」-吉野せい

今朝の読売新聞の「編集手帳」で紹介されたいた。

読んでみたくなって、紀伊国屋、アマゾン、楽天。。と探したけれど、すべて売り切れだった。

紀伊国屋の店員さんによると、今日一日でたくさんの問い合わせがあったそうだ。
しかし、すでに絶版で取り寄せはできない。

古本屋にも行ってみたが見つからなかった。

残念。



「洟をたらした神」は、ぼろの袖を鼻汁で光らせた数え年六つの息子ノボル。
ヨーヨーを買うのに二銭をせがむ、母親にはそのお金はない。少年はこぶのある松の枝でヨーヨーをつくった。そして母親の前でちょっと得意げに動かして見せる

吉野せい:よしの・せい 
1899-1977、福島県小名浜生まれ。検定で小学校教員に。結婚後は農業ひとすじ。
70歳を過ぎてから執筆。昭和50年「洟をたらした神」で大宅賞、田村俊子賞。

映画「ぼくはうみがみたくなりました」8月公開 「障害児の親として(10946)」

産経ニュースより

http://sankei.jp.msn.com/life/education/090729/edc0907290806002-n1.htm


原作者:久仁明さんは、「『障害者はかわいそう』『親は悲しいもの』といった特別視するのを払拭(ふっしょく)することが、障害を理解する一歩。懸命に、ユーモラスに生きているありのままの姿を受け止めてほしい」


全く、『障害者はかわいそう』『親は悲しいもの』ではない。と言い切ることはできません。

でも、それだけではないのは本当です。


そりゃぁぁぁ。。。

障害はないほうがいい。
障害がない方が生き易い。
障害がない方がお金の負担が少ない。
障害がない方が、気持ちの負担、時間の負担が少ない。

障害があるのは、苦しい。




でもね、投げ出したくないです。
投げ出してはもったいないと感じます。

久々にウォーキング 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男は、先週末は、ディズニーランドの行っていたので、金曜日の朝以来のウォーキングに行きました。

ヘロヘロになるけれど、「汗をかくくらいに動くこと」は大切なことだと思います。
汗をかかない生活は、どこかがおかしくなるように思います。
動ける体があるのだし、動かないと、汗をかかないと、バチが当たるように思います。

以前からそう感じていましたが、ダイスケくんとお別れしてからは、以前より増して、そう感じています。
次男はどうかな。














TRY Tシャツ


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。



もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」「私の兄」


いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!

それは、お餅のお米だよ。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男くん、今朝も気持ちよく起きたようです。

うらやましいです。
母は、アラームが3回鳴らないと起きることが出来ません。

次男は体内時計で起きています。

次男くん、今朝もご飯を炊いてくれました。
ありがたいです。

ありがたいですが。。。なんかご飯の香りがいつもと違います。

なんででしょう。。。


ご飯をお茶碗によそって、わかりました。

次男くん、「もち米」を炊いていました。
もちーーーーっとしたご飯です。
ああ、このまま、お米の粒をつぶして、小豆餡でくるんで「おはぎ」にしたいです。

でもやっぱり普通のご飯として食べました。

次男に
「これは、もち米。ほら、「もち」と書いてある。
ご飯に炊くのは、こっちの袋のお米だよ。」

と説明しました。

ざ ん ね んーーーー  と大げさに言いました。

次男が、本当に、「もち米はお餅にする米で、ご飯で食べるお米とは別の種類のお米だ。」とわかっているとは思えません。
それでも、今朝のお米はいつもとちがうなぁぁ。。。と気づいたかもしれません。

次男は、言語で気持ちを充分に表現することが出来ない人ですから、いつも推量になってしまいます。

本当は、どんな風に感じているのでしょうか。











次男は、デイサービスにいきました。
午後に美術教室があります。


TRY Tシャツ


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。



もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」「私の兄」


いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!

自分で作ったほうがいいね。 「障害児と生きる日常(58953)」

昨夜、私が帰宅すると、次男がベッドから「おかえり」と言ってくれた。
間もなく爆睡状態になった。

作業所との連絡帳をみると、特別な記述はなかったので、問題はなかったということだろう。

毎日、退屈しなくて、気持よく眠れて、この人は得な人だと思う。

今朝は、いつもの通り、早くに目が覚めていたと思う。
私のアラームが鳴って、居間に行ったら、DVDを再生してエクソサイズをしていた。

次男は、もう少し上手にできると思うのだけれど、母もメイッパイ体が硬くて、リズム感が存在しないので、次男の不格好は私からの遺伝に違いない。。。。ごめん。

何日かぶりで、自分で朝食を作る次男は、ご機嫌の様子。

お母さんは、次男が作るワカメ、エノキ、アブラアゲの味噌汁が好きだ。(^-^)

次男くん、ダイスケくんにも次男の味噌汁を作ってあげたかったね。










TRY Tシャツ


障害者があたりまえに働けるニッポンへ
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


この町のよさ 「障害児の親として(10946)」

昨夜、仕事の帰りにスーパーマーケットに寄った。
その帰りに次男の元同級生のお母さんに会った。

保育所の3年間は1クラスだったので、ずっと同級生で、小学校の6年間、中学校の3年間も何回か同級生になったかもしれない。
可愛い女の子だった。
保育所、小学校での写真には、次男の両脇をたくさんの子たちが固めていて、次男の右手を2,3人が握り、左手をまた2,3人が奪い合っている様子が多かった。

恵まれた時間を過ごさせていただいた。
ありがたかった。
次男ほど、周囲を巻き込んで生活することができた「知的障害のある自閉症児」は稀有ではないだろうか。

元同級生のお母さん:次男くん、時々、見かけるよ。。(^.^)

と言っていただいた。

元同級生のお母さん:こっちは、「あ!次男くんや。」と思っているけれど、次男くんはわかっていないけれど。。



そ、その通りです。((+_+))


元同級生のお母さん:次男くんを見かけて、「あ!次男くんや!」と思う人がたくさんいるのがこの町のいいところだから、ずっと、居てよ。


と言われた。
先のことはどうなるのか、わからないけれど。。。そう言っていただけるだけでありがたい。


元同級生のお母さん:そのために、がんばって学校に通ったんだもんね。 (^.^)


ああ、付き添いもしたなぁ。。。
たくさんの子供たちと遊んだなぁ。。。


元同級生のお母さん:もっと、たくさんの障害児がいたはずだし、今もいるはずだけれど、外に出てこないねぇ。。。


ま、私くらい目につく、鼻につく「障害児の母親」は珍しいわけでぇぇ。。
((+_+))はずかし。。



次男の近況をお話しすると、喜んでくださった。
次男の元同級生である娘さんは、1浪して九州の大学の3回生、デザインを専攻されている。
帰省すると、「次男くんは。。。」と話題に上るそうだ。


元同級生のお母さん:こんなにいい未来が来るとは思わなかったでしょう。
次男くんのお母さん、心配してたもんねぇぇぇ。。。




ああ、私はきっと、いっぱいの悲壮感を漂わせていたのだろう。


元同級生のお母さん:次男くん、楽しそうに、踊るように歩いていくもんね。(^.^)


そうだろうなぁ。。
このままのペースを維持したいなぁぁ。。。







TRY Tシャツ


障害者があたりまえに働けるニッポンへ
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

今朝は目が少し腫れています。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男くん、定時(6:50)に出かけました。
作業所に出勤しました。


昨夜、9:30ごろ帰宅しました。
マンションの玄関に到着のメールをもらったので、玄関ドアを開けて、屋外階段を上ってくる次男を出迎えたところ、「あーー!!ビックリした」と大声をあげて驚かれてしまいました。

そ、そんなにビックリせんでもいいやんか。。。(-.-)


上機嫌で帰宅した次男でした。
さっそく風呂に入り、荷物をほどいて洗濯機に衣服を突っ込んで、ベッドに横になりましたが、興奮が残っているようで、なかなか眠りませんでした。

飛行機は怖かった?怖くなかった?

と訊くと、小さい声で、


怖くなかった。 (-.-) 


と答えたのには、声を殺して笑ってしまいました。クックック。

今朝は、5:30ごろまで眠っていた次男でした。
いつもは、4:50に鳴る私のアラームより早く起きている次男ですが、さすがに疲れたようです。

今朝は、何年振りかで、私が洗濯機のスイッチをオン!して、ごはんを炊いて、味噌汁、卵焼きをつくりました。

次男は、”ちょっと、違うな。。。”という表情でご飯を食べていました。
洗濯物は、いつものとおり、次男が干してくれました。

次男くん、ふだんから”つぶらな瞳”が今朝は、より”つぶら”になっています。
DVDを見ながらのエクソサイズはお休みしました。

それでも、次男は、キビキビ動いていました。
作業所に行く用意を少しもためらわずにしていました。

次男のこういうところって、かっこいいなぁぁぁ。。と思います。










今回のディズニーランド行きのためにコーディネートしてもらったアディダスの白いショルダーバックを肩に斜めに掛けて、やはりコーディネートしてもらった帽子、靴で出かけました。
ズボンは、ノーマルな長さのジーンズにしました。

膝から下のモジャモジャを出して歩くのは、週末だけにしましょね、次男くん。(^.^)



TRY Tシャツ


障害者があたりまえに働けるニッポンへ
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

メイッパイ、遊ぶべし 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

昨夜、11:00を過ぎて、メールがありました。

ディズニーランドで閉園まで遊んで、今、宿泊場所についたこと。
充実した一日を過ごしたこと。。。


もちろん、次男からではなくて、ボスからです。
ありがたいです。

知らせてくださるのは、もちろんありがたいですが、それよりも、メイッパイ遊んでくださるのがありがたいです。


そういう遊び方を経験させてやりたかったのです。
クッタクタ。。。になるような遊び方、ベットに倒れこむような楽しみ方をさせてやりたかったのです。

親と出かけたのではできないですよ。
親は気力、体力が衰えています。

大人数で出かけるイベントではできないと思います。
同じくらいに、体力や忍耐力がないといっしょに動けないです。

何年間も、ずっと知っている間柄だからできることだと思います。
今は180cmくらいある次男の、中学生のころを知っていてくれます。


次男は、まさしく、青年期の真っただ中にいます。
毎日を、充分に楽しむことができていると思います。


ありがたいです。<(_ _)>

クリンもだん美術教室-3:30 「子供の習い事(44684)」

今日は次男はいないけれど、お月謝をお渡しするのを忘れていたのでやってきました。

次男くん、今頃、ディズニーランドで楽しんでいるかなぁ。
絶叫してるかなぁぁぁぁ。。。。
ジェットコースター、観覧車は死にもの狂いで逃げてる。。。と思います。(ーー;)



















クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

聖公会生野センター

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス
http://www.nskk.org/province/ikuno/


クリンもだん美術教室:石井先生の別の顔です。
ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村

次男がいない朝 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今朝は次男がいないので、朝寝坊しました。

8:00までベッドにいました。

長男が家にやってきて、2,3秒して


おかん!!次男は!?\(◎o◎)/!


そんなに声まで変えて叫ぶくらいなら、普段からもう少しやさしい声で話しかけてやれよ、お兄ちゃん。。。。(--〆) ボケ!


母:ディズニーランド。昨日から帰ってないよ。。。

長男:あ、昨日から。。。


次男がいないと、朝起きて、新しいお茶が沸いてないし、ご飯も炊けてないし、洗たくも自分しないといけないし、掃除機も自分でかけないといけないし。。。
味噌汁も自分ではつくる気持ちにならないですね。。。((+_+))

次男を独立させたら、私はきっと。。。ボケル。。(-。-)y-゜゜゜

イマドキの青年に見えるかな 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男くん、今朝は、「イマドキの青年」のかっこうで出勤しました。
今夜は、上司のお家にお泊りで、明日は飛行機に乗って東京ディズニーランドへ行きます。

昨夜、仕事の後に買い物に連れて行っていただいて、コーディネートしていただきました。

「イマドキの青年」に見えますでしょうか。(^-^)






しっかり仕事して、しっかり楽しんできてほしいです。


日課もしっかりこなしました。












親ができることは、親がやります。

親だけではできないことがたくさんあります。
たくさん助けていただいてありがたいです。
次男もなにかしらお役に立てる人になってほしいです。

TRY Tシャツ


障害者があたりまえに働けるニッポンへ
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


かっこいい服を買えるかな。 「障害児と生きる日常(58953)」

次男くん、今日、明日は事務所勤務です。

金曜日の夜は、上司のお家にお泊りさせていただいて、土曜日、日曜日はディズニーランド、ディズニーシーです。

いいなぁぁぁぁ、次男くん、お母さんもいきたいよぉぉぉ。(^.^)
楽しんできてね。

今日は、いつもより早いけれど、おこずかいを銀行の窓口で下します。

お兄さんのようなスタッフさんが、次男の買い物に付き合ってくれるそうです。
旅行に備えて、”イマドキの若者の服”を買いに行くのです。
ありがたいです。

実の兄(長男)とは、微妙な緊張感があって、そういうことはできないのです。
((+_+))

初めて出会ったのは、次男が中学生でスタッフさんが大学生でした。
それから、ずっと気にかけていただいているわけです。
ありがたいです。(T_T)









焦げた 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

焦げました。


なにが?


卵焼きが。



あら、黒い卵焼きになってしまったねぇ。。。

お母さんに味見させて。。。と頼むと、思いのほか、大きく分けてくれました。

ちょっと、苦い部分がありましたよ。
きっと、おいしくできていたら、少ししか分けてくれなかったのでしょうね。(^.^)

今日も、ニコニコ顔で、傘を2本もって作業所にでかけました。

傘は1本でいいよーーー!!((+_+)) 


TRY Tシャツ


障害者があたりまえに働けるニッポンへ
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

傘は1本でいいですよーーー!! 「障害児と生きる日常(58953)」

次男は、作業所にでかけました。

セミがシャンシャンシャンと鳴く中を、リュックに折りたたみ傘と500mlのペットボトルを差し込んで、なおかつ、折りたたみ出来ない傘も持って行きました。

次男くん、傘は1本でいいですよーーー!!

今日も張り切って作業してほしいです。



ビリー隊長、おはようございます。
いつまで経っても上手にはならないけれど、今朝もよろしくお願いいたします。


洗濯物を干して


アンダーパンツをたたんでいます。

自閉症だろうが、知的障害だろうが、仕込めば、できるようになります。
1000回させる前に諦めないでくださいね。


TRY Tシャツ


障害者があたりまえに働けるニッポンへ
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


「鼠先輩」は困るのです 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

今日は、のんびりゆっくり過ごした一日でした。

唯一、次男と二人で次男のアンダーパンツとパジャマを購入に行ったのがお出かけです。

長男も次男もボクサーパンツをはいています。
次男は自分のサイズがMと知っているので、サッサと選んで、レジに行ってお支払いしていました。

そりゃあ、それだけのことですが、次男にとっては、それだけのことではないです。
「買い物の金額よりも多い金額を店員さんに差し出す」って、次男くらいの知的障害者が出来るようになるとは、ちょっと考えられないことでした。

養護学校高等部を卒業して、NPO法人の事務所で、イロイロなオツカイや買い物、昼食の「買弁」に毎日行かせてもらったことがグンッ!!と次男の能力を伸ばすことになったのではないかと思います。

それまでは、「購入する品物をレジに持っていって、お財布ごとを店員さんに渡して必要な金額を取ってもらう。」という方法で買い物ができるようになったらいいなぁ。。。と考えていました。

嬉しく予想を裏切ってくれました。

さて、「パジャマの購入」でちょっとドキドキ。

私や長男ならば、「部屋着」として売っているものを買って「パジャマ」にしてもいいのですが、次男には、「パジャマ」という名前で展示してあるものを購入したほうがいいなぁ。。。と思いました。

で、紳士物のパジャマコーナーへ行くと、


なんだか、おもいっきりオッサンぽい柄のパジャマばっかりが展示してありました。

うわぁぁぁぁ。。。やばいぃぃぃ。。。(ーー;)

そして意外と価格が高いぃぃぃ。。。

これは、さっきの売り場の「部屋着」にしておくべきだったかなぁ。。。(ーー;)

私は、私や長男は家に帰ってくれば、どんな格好でもかまわないのだけれど、次男には、ウエストがゴムのズボンをはかせたくないです。
次男に、ウエストがゴムのものをはかせるのは、パジャマとトレーニングウェアだけにしたいと思っています。


お!ちょうど良い価格帯の一角を見つけました。

「次男くん、ここの中から好きなのを選んで良いですよ。」

私はシメシメと思いました。
が、次男が「黒!」と言って選んだパジャマを見てビックリ!!

そのパジャマには、「大正浪漫」という文字が染めてあって、流紋や桜柄をあって、ちょっと。。。ヤバイ人が着ている雰囲気がありました。

なんと言うか。。。”次男くん、それはタレントの鼠先輩が似合いそうだよ。。。”

そ、それが好きなの、次男くん。。。(>_<)

でも、好きなのを選んでいいって言っちゃったしなぁ。。。母はピンチ!(>_<)

あ!「M」という表示を見つけました。

次男くん、これは「M」だよ。
次男くんは、背が高いから「L」だよ。

というもっともな理由を見つけることが出来ました。  ホッ"^_^"

次男は紺色のパジャマを選び直しました。
レジに持っていってお会計を済ませて一件落着。

母は、ホッとしたわ。

ボスのお家に泊めてもらうのに、「大正浪漫」に桜吹雪の柄はちょっとマズイだろう。。
回避できてよかったです。

ウォーキングは雨で中止 「障害児と生きる日常(58953)」

今日は、祭日で作業所はお休みです。

そこで、ウォーキングにでかけましたが、準備運動が終わるころに大粒の雨が激しく降りだしました。


これは、ちょっとダメだぞー。。。と家に帰ることにしました。

次男は、タッタッタッタと走り出して、すぐに見えなくなりました。



帰宅して、シャワー、掃除機をかけていると雨はやんでしまったので、「あれ!どこかで雨宿りすればよかったかなぁ。。」とちょっと後悔しました。

朝ご飯を食べたらまた雨が降りだしました。
今日は一日こんな調子かな。
ヤレヤレ。。

それでも、一日家にいると退屈してしまうので、二人で買い物に行く予定です。

次男は週末は、事務所のスタッフの皆さんとディズニーランドへ行きます。
連れて行っていただくわけです。(^^)
だから新しいパジャマとアンダーパンツを買いにいきましょうかね。


金曜日の夜からボスのお家にお泊りさせていただいて、土曜日の朝はやくに飛行機に乗ります。
高所恐怖症の次男は、飛行機の中ではフリーズしていることでしょう。
でもパニクらないですよ。(^^)

「動いたらダメ。落ちる。」って小さい声で言ってるかもですよ。

そんな言葉を横で言われたら気持ち悪いですよね。
縁起でもない。。。(ーー;)  って思いますよね。

近くの席の人に聞こえないことを祈っておきましょう。
すいませんです。ごめんなさいです。m(__)m

ちゃんと行けました。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男くん、ちゃんと行けました。

「デイサービス」ー「仲間つくり教室」-「家に帰る」というスケジュールをこなせました。

まず、「デイサービスに着きました。」コールをとても嬉しそうな声でくれました。

1:00になっても家には帰ってこなかったので、「デイサービス」から「仲間作り教室」に行くことができたのだろう。。。と思いました。

3:30ごろに、上機嫌で帰宅しました。

母;「仲間つくり教室」に行った?

次男:行った!

母:「体育」は、なにをやったの?

次男:5階

(母:次男くん、場所を訊いているのじゃないよ。何をしたのかを訊いているのですよ。)

母:なにをしたの?

次男:風船!


きっと”風船バレーボール”でもしたのでしょう。
5階は体育館があります。

きっと楽しかったのでしょう。

次男の会話ってこの程度のものです。
でも、上出来じゃん! と思えます。

一生に一度も「お母さん」と呼んでもらえないのか。。。と思う時期がありましたから。

大阪養護教育振興

ちゃんと行けるかな。。。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男くん、デイサービスに出かけましたが、ちゃんと、行けるかな。。。。

今日は、

「デイサービス」ー「仲間つくり教室」-「家に帰る」というスケジュールです。

次男には、「二つのことを消化する」がとても難しいです。

たぶん、頭の中がいっぱい、いっぱいです。

デイサービスで昼食を食べた後に退所して、自宅とデイサービスの中間地点にある「青年センター」に向かいます。

1:00から月に1回の「仲間つくり教室」でプログラムは「体育」です。
体操服(半そで、半ズボン)室内用の運動靴を持たせました。


さて、順番通りに行けるかな。
フローチャートの予定表を書いて説明しましたが、どうかなぁ。。。

青年センターに先に行ってしまう可能性もあります。
そっちが近いですし、体操服、運動靴を持っているので、次男の脳には、印象が強くインプットされていると思います。

でも失敗してもいいのです。

今日は、私は家にいます。
次男が「行先」がわからなくなって帰ってきたら、「あら、帰ってきたの。」と言ってカフェオレ作って一緒に飲みましょ。(*^_^*)













次男は、味噌汁の具は、「エノキ、油揚げ、ワカメ」が一番好きなようです。
私も、次男が作ってくれる味噌汁の中で一番好きです。

キャベツやタマネギは、時々、ザクザクと大きく切りすぎている時がありますしね。
((+_+))

クリンもだん美術教室ー3:30クラス 「障害児の親として(10946)」

クリンもだん美術教室 3:30クラスは3人でした。

こんな日もありますね。















今日のベストショット!!

これは、先日まであった「二人展」の記事です。
盛況でした。





クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

聖公会生野センター

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス
http://www.nskk.org/province/ikuno/


クリンもだん美術教室:石井先生の別の顔です。
ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村

デイサービスはふたりだけ 「障害児と生きる日常(58953)」

今日のデイサービスは、ふたりだけだったそうです。

次男は「大勢でにぎやか」よりも、「安定した雰囲気」が好きなので、ニコニコしていたそうです。

午後からは美術教室。
美術教室の後は、「おやつ作り」でした。
ずーーーっと、ニコニコでした。









デイサービスクリンもだんHP

クリンもだん美術教室ーひとり+1 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

1:00からは美術教室です。

あらら、今日はなんと受講者が次男だけです。
欠席者がたくさんになりました。

先生やボランティアさんに注目されて、次男は贅沢な受講者になりました。

あらら、ひとり参加ですよ。
いつもは受講していないY君です。

文字に強く惹かれるY君です。

Y君、来週から受講しますか。(*^_^*)











クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

聖公会生野センター

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス
http://www.nskk.org/province/ikuno/


クリンもだん美術教室:石井先生の別の顔です。
ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村

くしゃみは治まったね 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

昨日の連絡帳を読むと、次男は職場でくしゃみを連発していたそうな。

ヤバイ!

今度の土曜、日曜はディズニーランドだよ。(ーー;)

念の為、総合感冒薬を飲ませることにした。

次男も私も普段は、薬を飲まないので、たまに飲むと効きすぎる感じがする。
次男は普段もグッスリ眠っているように見えるけれど、尚更、グッスリのように見えた。

加えて、私が居間で眠って、次男の超早起きを阻止した。
親孝行な次男は、母が居間で寝ていると、遠慮してベッドルームからでてこない。

次男は、くしゃみはなく。
元気そうで、ニコニコでデイサービスに出かけていった。

よかった。
居間で寝た母は背中が痛い。(ーー;)





5本は飲み過ぎ 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

昨日、次男が、リンゴやジュースを持ち帰りました。

ダイスケくんのご葬儀を無事に終えられて、ダイスケくんのお母さんが事務所にご挨拶にいらしたそうです。
次男にお供物をくださったのだと思います。

200mlのジュースを5本いただいて、帰宅して、全部自分で飲んでしまったようです。

5本は多いでしょう!!\(◎o◎)/!

それに、なにかいただいたら、お兄ちゃんとお母さんに分けてくれなくちゃ!!

ちゃ!!ちゃ!!ちゃ!!

久し振りに“説教”しましたよ。(-_-メ)










お通夜にうかがったときに、ダイスケくんのお母さんが、「これをお棺にいれてやります。」と見せてくださった写真がありました。

次男とダイスケくんとぬいぐるみのキャラクターが写っていました。

次男がそれを見て「シンデレラ」と言いました。
東京ディズニーランドのシンデレラ城のあたりで写した写真だそうです。
シンデレラのお話に出てくる「ネズミさん」が二人写っていたのでした。
ダイスケくんは、口を大きくあけていました。
筋緊張があるせいもあるでしょうが、うれしかったし、楽しかったのだと思います。

それは、次男はまだ高校3年の冬でした。
すでに、事務所に就職が決まっていました。
次男は、同級生の誰よりも早く、進路が決まっていたのかもしれません。

それから毎年1回は、社員旅行でダイスケくんと一緒に出かけていたそうです。
お互いに”物言わぬ人”なのに、お互いを意識していたそうです。

鷹揚に 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

朝の陽射しが気持ちいいです。
ウォーカーの人数が、グンッ!!と増えました。







今朝の卵焼きはこげました。
卵焼き専用のフライパンを次男に用意してやれば、もっと上手にできると思います。

でもね、「卵焼きは、卵焼き専用のフライパンでつくるものだ。」って決めなくていいと思います。
料理屋さんではないしね。

下手でも上手でも、”ま、いいやぁ。。”って 食べちゃえる次男で居てくれるほうが、次男にはいいことだと思います。


「お別れ」ができました。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

昨夜、急逝されたダイスケ君に「お別れ」してきました。

結果オーライですが、すんなりとは行きませんでした。

作業所から帰宅して、シャワーして着替えて、待ち合わせ場所の事務所に向かって出かけたのが、4:40.
長男が連絡をくれました。

やった!大成功!
と思っていましたが、そうではありませんでした。

次男が待ち合わせ場所に来ない!!と連絡がありました。

次男はどこへいったのか。。。。
もしかして、行き場所を間違えて、作業所に戻ったのか。
デイサービスにいったのか。
作業所の施設長、デイサービススタッフのお電話してご心配をおかけしてしまいました。


ちょうど、2時間ほどして家に帰っていることがわかりました。
まずは、ホッ。。
次にガッカリ。。


でも、なんとしてもダイちゃんにお別れさせなくては。
ちょうど、私が仕事を終わったので、急いで家に帰って、次男を連れてすでに終わっているお通夜の会場に駆けつけることにしました。
息せき切って帰ると、次男はすでにパジャマでベッドに寝転んでいました。

母:次男くん、事務所に行かなかったの?

次男:行った!!居なかった!!

母:ああ、やっぱり、次男くんは、行ったのね。

次男:行った!居なかった!


そーんなことはないであろう。
次男は、なにか勘違いして「いない。」と思ってしまったのでしょう。


ともかく、

母:そうかぁ。。。残念やったねぇ。。
次男くん、今度はお母さんがいっしょに行くから、一緒にダイスケくんに会いに行こう。

と言いました。

次男は、文字通り、飛び起きて、パジャマを一瞬で脱ぎ捨てました。
片足立ちであっという間に靴下を履きました。

私は次男の半そでワイシャツを探しました。
洗濯ネットに入れて、洗濯機のなかにありました。
幸い、濡れていないし、汚れていないので、もう一度きてもらいました。
二人で家を飛び出ました。


次男は混乱せず、愚図りもせず、ありがたいと思いました。
ボスに電話すると、事務所の最寄の駅まで車で迎えに来てくださるとのこと。
ありがたいです。

次男と私を拾ってくださって、連れて行ってくださった斎場は、小規模のきれいな場所でした。
すでにご親族しか残っておられませんでした。

次男や長男が亡くなったら、私の親族、元夫の親族はこないと思うので、友人、施設や職場関係の人達だけのお通夜、お葬式になるな。。と思いました。


お詫びして、お焼香させていただきました。

次男は、ボスの指導でキチンとご焼香していました。
作法知らずの私は、後で考ええると、ちょっと変なことをしていました。
お焼香を炭にパラパラとしないで、お線香を立ててある灰の方にしていたかもしれません。

私が変なことをしている間に次男はダイスケくんのお顔を覗かせていただいていました。

ダイスケ、寝てる。
ダイスケ、おきて。
ダイスケ、おきなさい


とお棺をトントン叩いていました。

ダイスケ君と次男は金曜日に会っていました。
土曜日の朝に、元気に、1泊2日のショートステイに出かけた人が、日曜日の朝に心肺停止状態で発見されたのです。


突然に、息子を見送ることになったご両親の心中は、いかばかりでしょうか。



私も、何年かぶりでダイスケ君のお顔を拝見しました。
生前のダイスケ君のお顔には、緊張がありました。
昨夜のダイスケ君は、筋緊張がなくて、穏やかで、お顔を剃ってあって、きれいで、安らかでした。
亡くなっているという感じがしませんでした。

きれい過ぎて、実感がわかなくて、不思議な感覚に陥りました。

次男は、なんとも形容できない表情をしました。
ダイスケ君の死を理解できたのか、できないのか、わかりませんでした。

次男は勧められるままにお寿司やオニギリをパクパクいただいていました。

私は、
「こんなでいいのかなぁ。。。
いいも、悪いも、これが次男なんだ。」と思いました。


その後、また、ダイスケ君のお顔を拝見して、次男はちょっと泣きそうな、でも泣くわけではなく。
次男は、幼児期を除くと、「涙を流して泣くということがない人」です。



ずっと以前に、公園で鳩の亡骸を土に埋めたときのことを思い出しました。



命はどこへいくのだろう。
掌からりんごが転げ落ちるように、どこかへ転がっていくのだろうか。

老人の命は、”消えて”無くなる感じがする。
若者の命は、”転がって”どこかへ行ってしまう感じがする。




また、ボスに最寄の地下鉄の駅まで送っていただいて、二人で帰宅しました。
11:00ごろでしょうか。


次男はすぐにシャワーを浴びてパジャマに着替えました。
いつもならば、ぐっすり眠っている時刻ですが、眠るのは時間がかかりそうな様子でした。
私もシャワーして自分の寝室に引き上げました。

今朝、次男はいつも通りにご飯を炊いて、お茶を沸かしていました。
二人でエクソサイズして、掃除しました。
卵焼きと味噌汁(キャベツ、わかめ)を作って、洗濯して、干して.6:50に作業所にでかけました。






子どもに先に逝かれるのは、無念です。
障害があろうとも、無念です。

「先に逝ってくれたらいいのに。」と言われる人もあるけれど、私は言いません。

偶然なのか、偶然ではないのか。。。 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男は、すでに出かけました。
セミがうるさいほどシャンシャンシャンと鳴いています。

今ごろ次男は地下鉄の車内で涼んでいるのでしょう。
地下鉄を降りてから、作業所まで1.5km歩くのが大変です。
あっついです。
次男は、自分でお茶を入れたペットボトルを持参していますが、駅から作業所までの徒歩で飲みきってしまいますね。
このときに、自販機で1本お茶を買っているかもしれません。

昨日のおこずかい帳は、「そうけんびちゃ 130円」「コカコーラ 100円」とありました。

今日はダイスケくんのお通夜にちゃんと行けるでしょうか。


次男は基本的に平日は仕事以外に出かけません。
帰宅したら、出かけません。

今日はは、初めて、

「家」ー「作業所」ー「事務所」ー「お通夜」-「帰宅」

という動きをします。

10年付き合うことができたダイスケくんときちんとお別れをしてきてほしいです。
うまくいってくれるといいのですが。。。

ダイスケくんの訃報を聞いて、黒いズボンと白いワイシャツと黒いネクタイを買いに行きました。
次男の運動靴も買うことにしました。
いつもの運動靴でもきれいなものを履かせようと思いました。
次男は黒い靴を選びました。
黒を選んだのは初めてでした。
ダイスケくんのお通夜に黒い靴で行くことができます。

黒を選んだのは、偶然なのか、偶然ではないのか。。。


私は次男が帰宅する時刻は、まだ職場にいます。
家に、長男が寄ってくれることになっていますが、うまく次男と顔を合わせることができるのか、微妙なところです。

フローチャートのような予定表を書いて、次男に指示して、予定表を冷蔵庫の扉に貼っています。













TRY Tシャツ


障害者があたりまえに働けるニッポンへ
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

別れは突然にやってきた 「社会人の障害者であるわが子との日々(1297)」

次男はすでに出かけました。
作業所に向かいました。
次男にもともと備わった性格なのか、あるいは、幼児のころから退屈させないように心がけてきたせいなのか、次男は嬉々として出かけていきます。
ありがたいです。

今日は、いつものように作業所に出勤して、帰宅して、シャワーして、食事して、あとはリラックスタイムです。

明日は、いつもとは違います。
帰宅して、シャワーしたら、黒のズボン、白いワイシャツに着替えて、黒いネクタイをポーチに入れて、再び出かけます。
お通夜にでかけます。


亡くなったのは、次男が木曜日、金曜日に勤務している事務所の関係者です。
重度の身体障害でした、
私は、一度か二度、会っただけですが、次男は良く会っていて、たびたび社内旅行でも一緒でした。
バギーに乗っておられました。
次男は、コップとストローを支えてお茶を飲むのを手伝ったり、靴を脱がせたりしていたそうです。
次男は、手足が長くて、力もあるので、バギーの移動を手伝ったりしていたそうです。

次男の落書帳にバギーに乗った「ダイスケ」くんの姿があります。
次男にどれだけのことがわかるのか、わかりませんが、明日は、事務所まで一人で行くと、お通夜に事務所のスタッフが連れて行ってくださいます。
次男より7歳年長でした。
ダイスケくん、ありがとうございました。
ご冥福を祈ります。


追記

ダイスケくんは、事務所で次男が作業しているのを見ると、”僕にもなにかやらせてほしい。”という表情をしたそうです。

人はそういうものだと思います。
誰かが何かしていたら、自分もしたくなって、何かが出来たら嬉しいし、役に立てばなお嬉しいし、「ありがとう。」って言われたらなお嬉しい。

自分が助けてもらったら、「ありがとう。」って言って、なにかお返しできたらいいなぁ。。。って思って。

そんなことの繰り返しが楽しかったり、嬉しかったり、時には負担であることもあるだろうけれど、そのやり取りの中に、常に次男を居させてやりたいと思います。





デカイ!デカイ!デカイ!ークリンもだんデイサービス 「障害児と生きる日常(58953)」

今日はホットケーキを焼いたようです。
次男とユカさんは、一仕事(?)の後で、ちょうど良いスケジュールです。






みんなスクスクと育ってますね。

次男も長身のうちにはいると思いますよ。
ズングリムックリの母から生まれたとはとても思えません。
イマドキの男子です。

でも、もっとスクスク、ノビノビ育った人達もいますよ。



シマシマのラガーシャツが次男です。
175cm以上はあると思う次男が3番目の背の高さです。
ちょっと、壮観です。

で、そのりっぱな体をしっかり使っているのか。。。と言うと。。
なんとも言いようがないらしいです。

たぶん、私の頭の中は、すでに化石化しているほど古いのでしょう。

次男は、健康であることだけでもありがたいので、額に汗して体を動かして働ける障害者になってほしくてしかたがありません。
幸いにも、作業所でも、事務所でもセッセと動かしていただいているようで、ありがたいです。




将棋する兄弟。
クリンもだん美術教室ー3:30クラス を待っています。
良い施設(建物)があるので子供たちがノビノビしています。

聖公会のご尽力に感謝しています。



デイサービスクリンもだんHP

クリンもだん美術教室ー3:30クラス 「障害児の親として(10946)」

クリンもだん美術教室ー3:30クラスは、1:00クラスよりもずいぶん平均年齢が若いです。

子どもは、障害の「重い、軽い」よりも、「どんなに大事にされているか」が目に入ってきます。
障害があろうと、なかろうと、”わが子”ですものね。








コンガリ、いい色に焼けていますね。(^。^)






カニの足だったら、カニ肉がいっぱい入ってますね。










クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

聖公会生野センター

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス
http://www.nskk.org/province/ikuno/


クリンもだん美術教室:石井先生の別の顔です。
ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪(市)情報へ
にほんブログ村
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR